30歳くらいから、結婚や出産をキッカケに友達が減る、ということに寂しさを感じる女性は多いですよね。

そして40代近くなり、すっかり孤独に慣れてしまって、自宅に閉じこもるのが楽、と思うようになりながらも

「ホントにこれで良いのかな…」

と考えだした方のネットのお悩みをよく見かけます。


私はここ最近、趣味が合う女性と出会う機会がちょこちょことあります。

●私がオススメする大好きなブロガーさん4人

でご紹介したアリさんは、ブログに私が好きなものを好きと書かれていたので、一気にテンションが上がりました。

マツコデラックスが好き、ドラマの「カルテット」が好き、私が与論島に行ったキッカケとなった映画「めがね」が好き。

で、アリさんがブログで紹介されていた、南海キャンディーズの山里✕オードリーの若林の2人漫才番組「たりないふたり」をHuluで観たら、めちゃくちゃ面白かったです!




元々バカリズムの「住住」で若林は面白いなぁとは思っていましたが、私はお笑い番組自体はあまり観ません。

騒がしいお笑い芸人がたくさん出ている番組は苦手。

ウィットに富んだ脚本がしっかりしているようなお笑いは好きですが、コレは内容をアリさんが紹介されていなかったら観なかったです。

で、観たらもう面白くて面白くて、笑いまくりました!

もちろんこれらは、とても人気があります。

でもこれらに興味が全然無いって人もたくさんいます。

だから、趣味の合う人から面白いモノを紹介してもらえて、より一層アリさんが好きになりました。


同僚女性にも、テレビの趣味が合う人がいます。

マツコの番組を「観た?」と話したり、
「バカリズムの『架空OL日記』面白いよ!」
「観た観た!さっきのランチ中の私たち、あの酢豚のシーンみたいだったよね」
と話したり出来ます。

「カルテット」の時は熱く語り合いました。

架空OL日記に関してはこちらに書いてます。

●Huluバカリズム「架空OL日記」が面白い!
●女子必読!バカリズム「架空OL日記」原作面白い!


ネイリストの女の子とはスピリチャルとかオタクな話が出来たり、

昨年再会した友人とは、オタクな話や政治的な話とかで盛り上がれます。

学生時代からの友人とは、お互いが今ハマっていることの話をします。

美容院ではアラフォーの恋愛について語り合い、

昔の同僚とは仕事や最近あったことの話をします。


先日

●アラフォー女性が友人と縁を切る理由1~決定的な喧嘩をして縁を切った事例~

にコメントを頂いて、そういえば今より若い頃は、趣味が合うかどうか?より、タイミングが合うかどうか?だけで会っていたな、と思い出しました。

出会いは学校や職場で、そこまで趣味が合うワケじゃないけど、なんとなく近況を話すだけの関係。

仕事や恋愛や共通の知人の話はするけど、でも話す相手はホントはその人じゃなくても良い。

言葉は悪いけど、お互いただの暇潰し要員。

だから環境が変わったら会わなくなる。
PR

私は元彼を引きずったり、転職をしなくてはいけなくなったり、ネガティヴな気持ちばかりが溢れていた時期がありました。

まぁ今もそこまで元気ではありませんが。

で、友達にそういう話をすると、否定してきたり、上から目線でアドバイスしようとしてきたり、「そんなに嫌なら止めれば?」的な斬り捨てるような発言ばかりされ、お互いイライラしてしまい、

長年の友達だったけど、もうダメかもな

と思ったりしましました。


その時友達からのハッキリと

「友達は居心地が良い時間を楽しく過ごす為の存在だから、会って嫌な思いをしたくない」

と言われました。

以降その友達とは、趣味の楽しい話しかしません。

私が愚痴を言い出すと生返事されます。

私も友達から上から目線アドバイスをされたら、生返事をします。


この友達は、ずっと不妊治療をしています。

●アラフォーで不妊治療している人に、周囲はどう接するべき?
●不妊治療している娘に、母親はどう対応すべき?

でも書いた友人ですが、彼女はその悩みや愚痴は、あまり私には言いません。

多分私以外にも、言っても仕方ないから言いたくないんだと思います。

「みんな、それぞれ色々大変なんだよ」

とこの友達から言われたことがありましたが、やはり自分自身が辛くて仕方ないときは、

「アンタは旦那に話を聞いてもらえるけど、こっちは1人で孤独なのに!」

と思ってしまったりしました。


この友達とも共通の今ジャニオタをしている友達は、最近は趣味の話以外はしたがらなくなりました。

仕事とか恋愛とかに疲れてしまった友達は、私からその手の話を聞きたがりません。

でも、それで良いんですよね。

友達だから一緒に人生を考えよう、なんて、しなくて良い!

だって家族じゃなく友達なんだから。


テレビの話とか本やマンガの話を、単なる上辺の会話、と思う人もいるかもしれません。

でもそれを観てどう思ったとか、コレもオススメとか話せる人がいるのって、すごく楽しいです。

趣味こそ生き甲斐!

若い頃はどうしても、生活も趣味も全部親しい友達と、深く話したくなるものです。

広く浅い付き合いの友達ばかり、なんて虚しく思えます。

でもアラフォーにもなると、趣味も結構深く濃くなっているので、若い頃の上辺の会話とは違ってきます。


好きなジャンルについて、お互い色んな引き出しに溜めてあることを語り合えるのって楽しいです。

そして自分の中に引き出しがあれば、それを好きだと公言すれば、同じ趣味の人と出会いやすくなります。

なんとなく同じクラスだとか、同じ部署だったから、それなりに毎日のように話していた友達、

とかの方が、全然上辺の付き合いです。


上辺の付き合いだった友達が周囲にいなくなったな、と思ったら、自分の好きなことを話せる友達を見つけてみると良いし、アラフォーはそれに最適な年齢だと思います。

もうそれなりに趣味の傾向も固まってるし、人生も見えてきているので。

どこかに出掛けて出会うかもしれないし、ネットの中で見つけるかもしれません。

そういう趣味の合う友達を見つけることが出来ると、恋に落ちた時くらい楽しくなります!


まずは自分の引き出しに色々溜め込むことから始めてみると、良いと思います。

前述の友達たちは、今pixivやTwitterでどんどん友達を増やしています。

私もブログで色んな方と交流出来て、それをまた身近な友達と話せて、楽しいです。

インプットとアウトプットを繰り返し、友達と人生をちょっと楽しくする。

アラフォーはそんなお年頃なんじゃないかな?と思います。

よろしければこちらもどうぞ!

●アラフォー女性が友人と縁を切る理由1~決定的な喧嘩をして縁を切った事例~
●アラフォー女性が友人と縁を切る理由2~都合よく扱われていた相手を切った事例~
●アラフォー女性が友人と縁を切る理由3~男女間のトラブル事例~
●アラフォー女性が友人と縁を切る理由4~愚痴ばかり言う人と縁を切った事例~
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加