数年前から不妊治療をしている友人と、母親に関する話をしました。

「何で母親って、1番味方でいて欲しいのに、1番酷いことを言ったりするんだろうね?」

という話題だったのですが、

「私、一年前くらいに母親に

『子供が出来なかったら、どうするつもり⁉︎』

ってヒステリックに言われたことあるんだ」

「マジで⁉︎酷すぎる…なんて返したの?」

「『出来なかったら、子供がいない人生を考えるだけだよ。ハイハイ帰って!』って追い返した」

「そりゃそうだわ…」

「あんな価値観で、某公務員だってことにビックリしたよ。

最近職場で不妊治療してる人の話を聞く機会があって、やっと理解が出来てきたみたいだけど、

それまで不妊治療をしている人の情報を得る機会が無かったから、よく分かって無かったみたい。

最近は『芸能人が行ってるような病院に行けば?今行ってる病院ダメなんじゃないの?お金なら出してあげるから!』って言われる」

「そりゃお金出してくれるのは有り難いけど…

そっとしておいて欲しいよね…」

「うん…」

という会話をして、何だか色々私もショックを受けました。


独身だったり、不妊の娘に対して、暴言を吐く実母の話は、枚挙に暇がありませんね。

既婚者も義母から暴言を吐かれる人もいるんでしょうが、

実母から暴言を吐かれたときの悲しみと言ったら、もう本当にキツイ。

案外息子には、母親って暴言吐かないんですよねー。


以前別の友人が

「母親ってのは、実の娘は絶対に自分の味方みたいに、分身みたいに思ってるから、

介護とかも息子の嫁じゃなく、実の娘にやって欲しいって思ってるもんだよ」

と言われたのですが、

私は暴言吐かれたことが許せないから、無理!


小林麻央さんのブログを見たり、身近で母親と仲が良い人の話を聞くと

世の中には、娘をちゃんと愛して、大事に優しくする母親もいるのに、何でうちの母親はこうなんだろう?

と不運な気持ちになります。

「私を優先して!」

って母親に嫌気がさして、距離を置く娘の話もたまにネットや本で見ますが、

何が嫌って、そういう母親は、娘に謝らないし、自分の暴言は忘れてしまうこと。


思うに、娘も暴言を吐かれたら傷付く、ということが分からないというか、

「愛の鞭を与えるのは母親の務め!」

と思い込んで、既に傷付いている娘の痛みを理解しないままに、暴言を吐く母親がいる気がします。


まるで自分にべた惚れしている恋人に甘えるように、

何でもかんでも自分を優先して欲しがる母親

というのは、成人した娘から見たらホラーです。

娘が悩んでいるときに、知ったかぶりをして悪態を吐く母親というのは、他人より厄介。

他人なら客観的に良いアドバイスをくれたり、慰めてくれたりするのに、

何も分からないくせに、暴言を吐く。

そして、機嫌が良いときはベタベタしてくる。


以前たまたま見かけたブログでは、結婚して子供もいる娘に四六時中電話やメールをしてきて、

たまたま電話に出られないと怒り狂い、

アポ無しで家に押しかけてきたり、

今すぐ実家に来いと呼びつけたり、

とんでもなく身勝手な母親と、距離を置いている、と書かれていました。

うーん、その母親は心の病?
PR

こういう母親を見ると

「そんなんだから結婚出来ないんだ!」
「子供がいない人には分からない!」

と独身や子無しは既婚者子持ちより格下と思い込む人に

「いやいや、既婚者だから、子供がいるから、人間的に優れているワケじゃないですよね?」

と言いたくなります。

人の痛みが考えられない母親は、結構いるし。


友人のように不妊治療をしている娘には、母親はそっとしておいてあげるか、金銭的援助だけをしてあげて欲しいです。

1番焦ったり悩んでいるのは娘であって、孫を欲しがってる母親じゃない。

子供を作りたがらない娘がいたとしても、冷静にその理由を聞いて、尊重して欲しい。

娘は、母親の思い通りになる存在じゃない。

母親が出来なかったことを、娘でリベンジしようとするのも、おかしい。


娘は、母親には味方でいて欲しいと思っています。

母親は娘に味方でいて欲しいなら、自分の価値観を押し付けたりしない方が良い。

それぞれ別の人格だと分かった上で、お互い尊重し合える親子関係を築けたら良いのに、難しいですね…。

よろしければこちらもどうぞ

●アラフォーで不妊治療している人に、周囲はどう接するべき?
●「透明なゆりかご」試し読み&沖田×華エッセイを無料で読んでみました
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加