PR


カテゴリ:女ですもの

女ですもののカテゴリ記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2018-06-22 女ですもの
このことはいつかネタにしよう、と思っていたら、ブログ友達のずずずさんも書かれていて、「同じこと思ってたんだ!」とシンパシーを感じたので書きます。ずずずさんの記事↓●オフィスで爪を切るという行為ちなみに爪切りといえば、先日新潟に行った時に友人が「新潟の三条市の爪切りがすごく高級で人気なんだよ」と言っていました。確かにお高い!SUWADAのつめ切りブラック&メタルケースセット(通販天国オリジナルセット)スワダ爪...

記事を読む

2018-05-06 女ですもの
羽海野チカがTwitterでリツイートしていた「#名画で学ぶ主婦業 」が面白くて笑いました!このタグあばらに刺さってくる!こんなにも笑わせてくるのに切なさまで襲ってくる!ご武運を!と叫びたい https://t.co/VorQZNppKX— 羽海野チカ (@CHICAUMINO) 2018年5月6日落ち穂拾いをしている女性たちが、子供が食べ散らかしたベビースターラーメンを拾う主婦になっているなんて!他にもオフィーリアが、残り少ない湯船のお湯で温ま...

記事を読む

2018-05-01 女ですもの
一時期、他のアラフォー独身女性はどんなブログを書いているのかな?とググッて読んでみていました。大体が婚活、日々の仕事の愚痴、節約術、病気、テレビで観たワイドショーネタが多くて、最初はふむふむと読んでいましたが、徐々に読まなくなってしまいました。普段何か知りたいことがあってググッた時には、そういう方のブログがヒットすることはありません。文字数が少なかったり、SEOを考えていなかったりするので、検索上位...

記事を読む

No Image

2018-04-21 女ですもの
昨夜は派遣主婦さん2人とお食事会をしました。この2人、とても良い人達ですし、私より在籍期間が長いので色々社内事情を教えてくれるのですが、ある時から「この人達のアドバイスを聞きすぎると、かえって疑心暗鬼になってヤバいな」と思い始めました。「あの人は過去にこういうトラブルを起こしたことがあるから、気をつけて」「あの上司は、気に入らない人にとことん冷たくした後に他部署に飛ばしたんだよ」「あの人は言ってるこ...

記事を読む

No Image

2018-03-25 女ですもの
久々にサンジャポを見ていたら、西川史子先生があまりに激ヤセしていてビックリしました。こんなこと言ってはいけないのですが、「もしかして癌かな?」と思うような、ゲッソリと痩せて顔色は悪く、皺の深い顔立ち。こういう風に激ヤセしていたら、その後癌告知する芸能人の方も多いので、もしかして…と思っていたら「ずっと大好きだった人に一週間で『もう会いたくない』ってタクシーで言われて振られちゃったの」と涙ぐみながら...

記事を読む

仕事中に爪を切る子持ちママ社員のモラルにイラッ!

このことはいつかネタにしよう、と思っていたら、ブログ友達のずずずさんも書かれていて、

「同じこと思ってたんだ!」

とシンパシーを感じたので書きます。

ずずずさんの記事

●オフィスで爪を切るという行為

ちなみに爪切りといえば、先日新潟に行った時に友人が

「新潟の三条市の爪切りがすごく高級で人気なんだよ」

と言っていました。確かにお高い!


SUWADAのつめ切りブラック&メタルケースセット(通販天国オリジナルセット)スワダ爪の切り/新潟三条市の諏訪田製作所

同僚の子持ちママ社員さんが、自席でパチンパチンと1~2週間に1度爪切りをしています。

多分家では忙しいから、仕事中に切るんでしょう。

キーボードに爪が当たって不快、と思うところまで伸びたら、自席で切っているのだと思います。

が、めちゃくちゃ気持ち悪くて不快です!


せめて、トイレに行って爪を切るという配慮はないのかな?

家族以外がどう思おうと関係ないって思ってるのかな?

仕事中に男性が髭剃りを自席でしたり、鼻毛を切り出すのと同じような行為だと思うのですが。

もちろん過去にも、そういう男性社員を見たことがあります。

その時より気になるのは、やはり「女としてどうなの?」と思ってしまう部分があるからかもしれません。


ママ社員が時短勤務をすること、突然休むことへのフォローは当然やるべきと思いますが、プライベートのフォローまでさせられる義務は無いのでは?

以前ググッていた時に、爪の長さで仕事に支障をきたす職場では、社内に爪切りがある所もある、と書かれていました。

ただ、デスクワークの私たちは爪の手入れはあくまで自己都合なので、ってかホント音が気持ち悪く感じています。

他の同僚男性に話すと

「実は俺もアレは気になってた」

と言っていました。

私は最近は、彼女が爪を切り出したら離席します。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

爆笑!「#名画で学ぶ主婦業」が素晴らしすぎる!

羽海野チカがTwitterでリツイートしていた「#名画で学ぶ主婦業 」が面白くて笑いました!



落ち穂拾いをしている女性たちが、子供が食べ散らかしたベビースターラーメンを拾う主婦になっているなんて!

他にも

オフィーリアが、残り少ない湯船のお湯で温まる主婦に…!



聖母子像かと思われる絵が、選挙カーにウンザリした主婦に…!



美しい舞妓さん?が、愛想笑いをする主婦に…!




羽海野チカがセレクトしたもの以外にも、どんなものがあるか見てみました。

これは…痛そう!


確かに、この子の着物は大きすぎる…!


ああ!お母さん怖い!


誰か、子連れで行ける美容院を紹介してあげて!


これ顔がめっちゃ怖い…

PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォー独身の愚痴や婚活ブログはつまらない?

愚痴っぽいアラフォー女性

一時期、他のアラフォー独身女性はどんなブログを書いているのかな?とググッて読んでみていました。

大体が婚活、日々の仕事の愚痴、節約術、病気、テレビで観たワイドショーネタが多くて、最初はふむふむと読んでいましたが、徐々に読まなくなってしまいました。

普段何か知りたいことがあってググッた時には、そういう方のブログがヒットすることはありません。

文字数が少なかったり、SEOを考えていなかったりするので、検索上位にはなり辛いというのもあるし、

「私はこう思う」

という話が、狭い価値観だったり、上から目線で語られる程のモノでもないなーという感じで、特に共感出来なかったのです。


もちろん、美容や旅先のことなどを楽しく書いている方もいます。

そういう方は文章も面白くて、参考になって良いのですが、毎日更新している方は少ないですね。

Yahoo知恵袋に「何故アラフォー独身女性の婚活ブログは、身の程知らずで、太ったとか愚痴とかばかりなのか?食事はコンビニばかりだし、努力していないくせに、と思う」という書き込みがありました。

「そうやってなんの努力もせずに、何も考えていないから売れ残ってるのに気付いていないんでしょう」

という回答に、花丸が付いていました。

…てか、そんな馬鹿にしながら何故読んでるんだろう…。


先日友人が「世の中の80%の人間は馬鹿だから、馬鹿でも分かるものを作らなくてはいけない」と知人が言っていたと話していました。

学歴どうこうではなく、短絡思考な馬鹿が多いって意味なのかな?

でも、そういう短絡思考のまま日々の生活をブログに書く人もいれば、

馬鹿でも分かる参考になるネタを書く人もいて、

私はその両方を交えたブログを作りたいなぁと思いながら3年以上続けてきています。


同僚とか会社の愚痴、太ったとか今日は何をしたとか、

婚活で出会った男がこんなに酷かった、とか

そんなのって余程面白く無いと読み続けられませんね。

先程久々に以前読んでいたブログを覗いてみましたが、相変わらず愚痴に溢れていて、タイトルを見ただけで閉じてしまいました。

紹介している美容術みたいなのも、貧乏くさいというか、特に真似したい感じじゃなさそうだったし。


一方はてなブログだと、意識高い系の女性ブログもよく見かけます。

良い大学を出ていて、文字量も多く、文章も工夫されていて、興味惹かれるモノもあります。

ただそれも、段々と「私はこう思う!」の自己主張が強くて、疲れている時は読めなくなりました。

ってか、私が他人のブログに何を求めていて、自分はどうしていきたいか?がポイントだと思うのですが。

私のブログは基本的には、毎日愛読している方はいないと思っているので、どれかの記事が検索でヒットすればいいやーと思って、その時興味を持ったネタを書くようにしています。
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

噂好きネガティブ妄想派遣主婦のアドバイスは、要注意

昨夜は派遣主婦さん2人とお食事会をしました。

この2人、とても良い人達ですし、私より在籍期間が長いので色々社内事情を教えてくれるのですが、ある時から

「この人達のアドバイスを聞きすぎると、かえって疑心暗鬼になってヤバいな」

と思い始めました。

「あの人は過去にこういうトラブルを起こしたことがあるから、気をつけて」

「あの上司は、気に入らない人にとことん冷たくした後に他部署に飛ばしたんだよ」

「あの人は言ってることと内心は全然違うから、信用しない方が良いよ」

そういう、有り難いようでネガティブな情報が多いんです。


もちろん世の中の派遣主婦さん全てがそうではないし、派遣とか社員とかそういう立場の違い等関係なく、男女も関係なくそういう人達はいるし、私もそういう話をしてしまう時がありますが、この2人の女性は特にそういう傾向が強い気がします。

私が現在悩んでいることを話しても

「えーでも、そうなったらあの上司なら、こういう風に周囲に言って、よりヤバい状況になるんじゃない?」

「そういう風にしたところで、一時的に状況が多少改善されても、結局今の辛さは変わらないままだと思うけど」

と言う割に、じゃあどうすれば良いか?は言いません。

「だからって、私は今から転職を考えても同じ待遇のところはなかなか見つからないし、旦那の稼ぎをアテに出来るわけじゃないから、とりあえずこうやって状況を見ようと思ってるんだけど」

と言っても

「えーでも、探せば派遣とか色々あるんじゃないかなー」

とピンとこない感じで言われましたが、私も過去色々転職してきて、その大変さは身にしみていた上で言っています。


「この会社、どうしていくつもりなんだろうねー意味分かんないよね」

「ホントあの会社って、普通のところと違っておかしいよ」

「あんな人が上司の立場でいるべきじゃないよねー」

そういう愚痴は、どこの会社でもあるものだと思いますし、私もそう思う部分はあります。

ただ彼女たちは派遣という立場なこともあり、トップの人達の意向や、社員間のプロジェクトの情報は知らず、自分の目に見える範囲のことでアレコレと噂話をしていました。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西川史子先生、失恋で激ヤセ?

久々にサンジャポを見ていたら、西川史子先生があまりに激ヤセしていてビックリしました。

こんなこと言ってはいけないのですが、

「もしかして癌かな?」

と思うような、ゲッソリと痩せて顔色は悪く、皺の深い顔立ち。

こういう風に激ヤセしていたら、その後癌告知する芸能人の方も多いので、もしかして…と思っていたら

「ずっと大好きだった人に一週間で

『もう会いたくない』

ってタクシーで言われて振られちゃったの」


と涙ぐみながら話していて、じゃあ失恋痩せなのかな?とも思いました。




私が片思いのこととか色々書くと

「いい歳してそんなこと悩むなんて、くだらない。

精神年齢が低すぎる」

みたいな書き込みが時々きますが、何歳だって人それぞれ価値観は違っていて、子育てに夢中な人もいれば、失恋して苦しむ人もいます。

ググると西川史子先生は昨年から激ヤセを心配する声が上がっているようなので、ずっと激ヤセ状態が続いているんですね。

そのずっと好きだった人のことで悩み続けていたのか、体調が悪いせいなのか分かりませんが、医師がこれでは患者さんも不安になるかも…
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます