PR


カテゴリ:女ですもの

女ですもののカテゴリ記事一覧。
No Image

2017-04-26 女ですもの
昨日はおじさま方が集まる飲み会へ。以前書いた霊能者に恋のお悩み相談をしていたのですが…「その彼とは、相性は悪くない。でも、結婚する程の相性じゃない。だから他も探しながら、7月まで頑張ってみたら?」と言われました。私は結婚も出産も好きな人とはしたいけど、その為に婚活をするというのは、もう止めてます。でもおじさま方に「老後1人は寂しいでしょ?結婚しなきゃ」と言われまくり、「いや、私は恋愛がしたい!好きな...

記事を読む

No Image

2017-04-23 女ですもの
時々覗いているブログが2つあります。確か、「アラフォー 独身女性」というキーワードで他に出てくるブログってどんなのだろう?と思って確認したときに見つけたブログ。私のブログは、「アラフォー独身女性」というキーワード検索ではかなり後方です。でもアクセス数はその見ているブログより倍以上多いと思われます。というのも、そのキーワードで出てくるブログ主さんたちは、日々の生活のことだけ書いているので、あまり検索さ...

記事を読む

No Image

2017-04-21 女ですもの
今週はあんまりブログに力が入っていませんでした。iMacが壊れて、スマホだけでブログをやるのがキツイ…。新しく買ったテレビのAQUOSは、Huluを観ているとすぐに受信エラーが起きて、再生が止まります。これ、同僚も言ってたんですが、夜10時くらいとかアクセスが集中する時間はすぐに回線が混むのかエラーが続出しますね。パソコンで観てるときは、こんなこと無かったのに。他にも、数年振りのガツンとショックなことがあり、それ...

記事を読む

No Image

2017-04-20 女ですもの
先日ちょっと酔って失敗をしたのですが、その後すぐに男友達と電話で話して、一旦冷静になることができました。そして朝、別の長年の友達からLINEで「電話した?」と言われ、履歴をみたら友達に電話していたので「ごめん、間違えてかけてたみたい。実は…」と失敗について書いたら「君は1億年と2千年前から同じことをしている。」と突っ込まれ、いや、もうホントにな!と笑いました。その後友達からは「君はうまくいきそうにない男...

記事を読む

No Image

2017-04-14 女ですもの
アラフォー独身の友人で、やたらと男性の年収、家柄の話をする女性がいます。「知り合いが◯◯家(歴史の教科書に出る殿様)の子孫なの。そういう子孫が集まる会があるんだよ」とか「知り合いが◯◯(日本人なら誰でも知ってるメーカー)の長男なの」とか「◯◯の偉い人、飲み友達だからー」とか。こういう女性を嫌う男性って、多そうですよね。「そんなんだから、アラフォー独身なんだろ」とか思いそうですよね。ちなみにこの友人、長年...

記事を読む

No Image

2017-04-03 女ですもの
母が手術することになった、と従姉妹から連絡が来ました。私と兄は最近両親と距離を置いていたので、先に叔母に連絡が行っていたようです。これで連絡したら、また頼ろうとしてくるかもな〜先に兄に相談しようかな〜と思ったのですが、とりあえず家族のグループメールに「手術するって聞いたけど大丈夫なの?」とメールしました。その後すぐに、グループメールではなく、私個人のアドレスに、「明日検査結果が出てから連絡しようと...

記事を読む

No Image

2017-03-30 女ですもの
先日知人が海外ツアーに参加しました。そのツアーでは、人気観光地で1日1人2千円でガイドを付けることが出来、前評判が良かったのでガイドを頼んだそうです。メンバーの中には高齢の女性が参加していて、前日の観光中もその方はヨッコラしていたので、知人が腕を支えてあげると「いいのよ~大丈夫よ~」と遠慮して言っていたそうですが、翌日来たガイドさんは若い男性で、その男性がサッと腕を支えると、すごく嬉しそうにそのまま...

記事を読む

No Image

2017-03-25 女ですもの
以前何度か書いた、「知ったかぶりで良い女気取りなオバさん」の年齢、たまたま小耳に挟んで知ったのですが、アラフィフ前半でした。彼女の名前は仮にZさんにします。Zさんに関してはこちら。↓●何故一重の化粧下手なアラフォーはブルーやグリーンのアイシャドーを塗りたがるのか●もう限界!「自分は物知りアピール」おばさん●めんどくさいアラフォーおばさん、どうしたらいい?時々Zさんのことは周囲にネタとして話すのですが、毎...

記事を読む

No Image

2017-03-06 女ですもの
先日の記事●彼女持ちの好きな人からホワイトデーのお返しは欲しい?にコメントを頂きまして、返信もしましたし、その返信をしたときの気持ちも●正論や常識って人を追い詰めますよねぇに書いたのですが、いやーなんと言いますか…たまにコメント欄にコメントを頂くことがあり、とてもありがたいな、と思っているのですが、ぶっちゃけて言うと、私はこのブログは、Yahoo!知恵袋や発言小町をお手本にしております。それは、自分自身が...

記事を読む

No Image

2017-03-05 女ですもの
よく子連れで遊んでいる友人がいます。赤ちゃんのときから、会うときは常に子連れでした。私も甥姪感覚になっていて、子供ちゃんに会いたいから遊ぶ約束をしていました。友人も色々気を遣ってくれているし、昼過ぎにはベビーカーでお昼寝してしまうので、よくネットでみるような「ゆっくり話せないから子連れの友人とは会いたくない」という気持ちにはなりませんでした。友人も「子連れで当然だし、大事な友だちの子供なら可愛がれ...

記事を読む

アラフォーは「恋」じゃなく「婚活」しなきゃダメらしい

昨日はおじさま方が集まる飲み会へ。

以前書いた霊能者に恋のお悩み相談をしていたのですが…

「その彼とは、相性は悪くない。

でも、結婚する程の相性じゃない。

だから他も探しながら、7月まで頑張ってみたら?」

と言われました。


私は結婚も出産も好きな人とはしたいけど、その為に婚活をするというのは、もう止めてます。

でもおじさま方に

「老後1人は寂しいでしょ?結婚しなきゃ」

と言われまくり、

「いや、私は恋愛がしたい!
好きな人と、短い期間でも愛し合ったという思い出が欲しい!」

と言い続けたら、面倒くさい女扱いされました…。


実際その場には、その飲み会で出会ったアラフォー同士のご夫婦がいて、奥様は40歳直前で妊娠、出産。

ちなみに官僚と医師のご夫婦。

「やっぱり結婚して、子供を産まないと!」

とおじさま方に言われたのですが…。

でも恋愛結婚しても子供に恵まれない夫婦も身近に何組かいるのですが、すごく仲良しで、それは恋愛結婚ならではな気がしています。

婚活で結婚して、その後すぐに妊活が始まって、イライラしている女性のブログもよく見かけます。


そもそも私が恋愛をしたいのは、承認欲求を満たすことで、人として成長をして、その他の仕事や趣味を充実させたいからです。

でも「恋愛がしたい」と言うと、

「恋愛のことだけ考えていて、仕事や趣味が無い女」と思われました。

実際には、私は趣味と仕事を今融合させていて、割とそれは老後までやっていけそうなジャンルなので、ポカーンと恋愛のことだけ考えているワケでは無いと思うのですが…。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォー独身地方実家暮らし女性の気持ちって?

時々覗いているブログが2つあります。

確か、「アラフォー 独身女性」というキーワードで他に出てくるブログってどんなのだろう?と思って確認したときに見つけたブログ。

私のブログは、「アラフォー独身女性」というキーワード検索ではかなり後方です。

でもアクセス数はその見ているブログより倍以上多いと思われます。

というのも、そのキーワードで出てくるブログ主さんたちは、日々の生活のことだけ書いているので、あまり検索されやすいキーワードの情報を書いていないからです。


私が覗いているブログ主さんたちもアフィリエイトはやっているけど、普通に生活ブログの中にバナー貼ってるだけだから、日記を書くのが趣味って感じなんだろうなぁと思うのですが、

だからこそ、赤裸々で個人が見えてきて、面白いなと思います。

そして、両者共地方在住、アラフォー独身彼氏なし女性で実家暮らしで、本業は事務とか経理とか、そんな感じ。

もう恋愛はする気が無いのか、婚活的な話も、好きな男性の話も出てきません。


ブログに書かれているのが全て本当かは分かりませんが、なんて言うか、こう、

他人を見下してるけど本人は評価されていず、
特に趣味も無く、
向上心が無く、
職場や友達から刺激を受けることも無く、
親と仲が良いわけでは無いけど金銭的に実家暮らし、
ふと気付いたら年齢はアラフォー

って感じの人間像です。

ので、分かるーと共感出来る部分と、全く理解出来ない部分があります。


私は、友達や職場の人から刺激を受けない生活、というのがイマイチ分かりません。

面白いテレビ番組を教えてもらう、とか、マンガの話をする、とかもあれば、
人生観や仕事観を聞いて、面白いなぁと思うことは多々あります。

そもそも飲み会自体、ブログ主さんたちは行っていない模様です。


あと、休日にアレした、コレした、というのも特に無さそう。

暇だから映画を観に行った、とか、お買い物に行った、とかは地方在住でも出来ると思うし、

地方ならではの山登りとか、温泉巡りとか、美味しい食材で料理とか、

ブログやるくらいだから、稼げるサイト作りをする、とか出来ることがありそうだと思うのですが、特にそういう報告ネタもありません。

そもそも友達付きあいをしていないから、誰かと何かをしに行く、というのも無いみたい。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「前を向く」ということは「本当の願望」を忘れること?

今週はあんまりブログに力が入っていませんでした。

iMacが壊れて、スマホだけでブログをやるのがキツイ…。

新しく買ったテレビのAQUOSは、Huluを観ているとすぐに受信エラーが起きて、再生が止まります。

これ、同僚も言ってたんですが、夜10時くらいとかアクセスが集中する時間はすぐに回線が混むのかエラーが続出しますね。

パソコンで観てるときは、こんなこと無かったのに。


他にも、数年振りのガツンとショックなことがあり、それを気にしていないフリをしていたら、また新たなちょっとショックなことがあったんですが、

もう何だかヤケになって、何もかも知るかよ!って気分になってます。

大きなショックだったことさえ、もう考えたくない。

ホントは他にも考えなきゃいけなかったり、やらなきゃなことがあるのですが、

他人のこと考える気持ちになれない!

自分のことだけで精一杯!


こんな時には、飲みに行く気力もありません。

友達に愚痴るために話す気にもなれないし、友達の話も聞きたくないし、下手に愚痴って正論言われたり、お説教されたり、アドバイスされたりしたくない!

落ち込んでいる、というより、無気力だけど心の中がワーワーしている感じで、それに不貞腐れています。


世の働くママさんは、こんな時にも家事育児をして、旦那は仕事や飲み会で帰りが遅くて、イライラしたりしてるのかなー。

いっそストレス発散にアクセサリーでも買いに行きたいのですが、だったらパソコンを買わなきゃ…

いや、もう貯金なんて忘れて、パソコンもアクセサリーも服も買おうかなー。


一応、月に5万円貯金しよう計画を年明けに立て、順調に今月で20万円になるはずでしたが、テレビに続いてパソコンまで買ったら吹っ飛びます。

いやーもうホントは物じゃなくて、愛が欲しい!

誰からでも良いんじゃなくて、「この人」って人からの愛が欲しい!


私が今、「この人」で思い浮かべる人は2人います。

どちらも私のことを、「その他大勢」よりは「女」カテゴリーに入れていると思いますが、でもその女カテゴリーの中で1番好きでいてはくれていないから、どーしようもありません。

そして、その「愛」があったら完全無欠にハッピーになれるワケでは無いだろうなぁ。

相手を想って優しくしたり、大事にするのも、気力体力を使いますからね。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「タラレバ娘」みたいな長年の友達は、ありがたい存在

先日ちょっと酔って失敗をしたのですが、その後すぐに男友達と電話で話して、一旦冷静になることができました。

そして朝、別の長年の友達からLINEで
「電話した?」
と言われ、履歴をみたら友達に電話していたので
「ごめん、間違えてかけてたみたい。実は…」
と失敗について書いたら

「君は1億年と2千年前から同じことをしている。」

と突っ込まれ、いや、もうホントにな!と笑いました。


その後友達からは

「君はうまくいきそうにない男と酔って関係持って、
で、そのあとメンヘラになって、
周囲の友達に迷惑かけて友情を壊す、

という一連の流れの前歴があるから、もうそういうことはしないように」

という大変ありがたいお説教をされました…。

いや、まぁ、うまくいきそうにない男と関係もてる程の機会は、今後はそうそう無いと思いますが。


長年の友達だからこそ知っている過去の失敗に基づくお説教、というのはありますね。

それは時に耳が痛いこともありますが、自分にとって都合悪いことって忘れてしまいがちだから、そこを冷静に突っ込んでくれる友達と一緒のは、一朝一夕で出来るモノではありません。

長年の友達でも、性格によってはお説教しないで見守って慰めてくれるだけの人もいますが、「うまくいきそうにない男」とハッキリ言ってくれる人がいるのは、

「えーきっと大丈夫だよ!頑張れ!」

と上辺だけ合わせて優しくノリで言うだけの友達より、必要な時があります。


ちなみに一億年と二千年前からってのは「創聖のアクエリオン」というアニメの歌詞だそうです。

オタクらしい友人の突っ込みに笑い、お陰で

「わー!あんなことしちゃって恥ずかしい」

と思いながらも悲劇のヒロインぶる気持ちが和らぎました。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高収入、家柄の良い男が好きな女は嫌?

アラフォー独身の友人で、やたらと男性の年収、家柄の話をする女性がいます。

「知り合いが◯◯家(歴史の教科書に出る殿様)の子孫なの。そういう子孫が集まる会があるんだよ」
とか
「知り合いが◯◯(日本人なら誰でも知ってるメーカー)の長男なの」
とか
「◯◯の偉い人、飲み友達だからー」
とか。

こういう女性を嫌う男性って、多そうですよね。

「そんなんだから、アラフォー独身なんだろ」
とか思いそうですよね。


ちなみにこの友人、長年付き合っている彼氏がいます。

お金儲けの為にオタクゲーム業界で働いているリア充イケメンさんだそうです。

「声優の◯◯と一緒に仕事したんだってー」
とかいう話もよく聞きます。

そして友人本人は超絶美人で、気が利いていて、頭が良く、華やかだけどオタクでもある人。


「とにかく、ブサイクが嫌い」

と言い放つ友人は、多分

「男を金や家柄で選ぶような女は汚い」

と思うような男性のことは、眼中にありません。

友人自身は地方で長年続いた家系の家柄だそうです。


「父方は武家の出だからー」
とか言われたことがあります。

武家の出より豪農の家柄の人の方がお金持ちだったりするし、家柄はあまり今の時代は関係ないですが、でもそこが誇りと思う気持ちも分からなくはありません。

日本人は歴史好きですしね。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

息子ではなく、娘ばかり頼ろうとする親に疑問

母が手術することになった、と従姉妹から連絡が来ました。

私と兄は最近両親と距離を置いていたので、先に叔母に連絡が行っていたようです。

これで連絡したら、また頼ろうとしてくるかもな〜先に兄に相談しようかな〜と思ったのですが、とりあえず家族のグループメールに

「手術するって聞いたけど大丈夫なの?」
とメールしました。

その後すぐに、グループメールではなく、私個人のアドレスに、

「明日検査結果が出てから連絡しようと思っていた」

ということと、諸々経緯が書かれていました。


何故、兄も読むグループメールではなく、私個人宛に送ってくるのか…?

嫌な予感がしたため、昼休みが終わる頃だったこともあり、そのまま返信は夜にしよう、と画面を閉じました。

それから1時間後に、父からグループメールに、手術のことと近況と共に

「返信が無い、とママが悲しがっている。

親を大切にしたいと思ったときには遅いよ

という脅し文句が書かれていました…。


何故、兄は仕事中にメール返信をしない、それだけでなく休日でさえも返信しなくても

「お兄ちゃんは仕事が忙しいから」で許され、

私は仕事中に返信しないことを責められなければいけないのか?

これが嫌だから、私は両親と距離を置くことにしたんです。

こういうことを男兄弟がいる同世代〜年上の女性に話すと

「親ってのは、嫁よりも実の娘に面倒を見てもらいたいって思ってるものだから仕方ないよ。

可愛がっているのは息子でも、自由に使って良いのは娘だと思ってるんだよ」


と説得するような口調で言われます。いやいや、何故なの?おかしくね?

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金を払っても、優しくして欲しい女心

先日知人が海外ツアーに参加しました。

そのツアーでは、人気観光地で1日1人2千円でガイドを付けることが出来、前評判が良かったのでガイドを頼んだそうです。

メンバーの中には高齢の女性が参加していて、前日の観光中もその方はヨッコラしていたので、知人が腕を支えてあげると
「いいのよ~大丈夫よ~」
と遠慮して言っていたそうですが、

翌日来たガイドさんは若い男性で、その男性がサッと腕を支えると、すごく嬉しそうにそのまま支えられていたのだとか。


「荷物を持ってくれたり、支えてくれたり、すごくその若いお兄さんガイドのサポートが良くて、女性たちはみんなメロメロになっちゃったの。

やっぱり歳を取ると、男性に優しくされることって無くなるじゃない?

それが2千円で優しくしてもらえるなら、安いもんだよねー」

と言われ、納得でした。


ホストクラブに行くのは嫌。

でも、男性にちょっと優しくされたい。

そういうときは確かにあります。

仕事関係の男性に親切にされることもあるにはありますが、おじさま相手だとホステス役をやらなきゃいけなかったりするし、気も遣います。

ただただ、その場だけちょっと優しくして欲しいとき、サービス業の男性相手なら、単純に楽しめて良い気分になれて、ちょっとキュンと出来たりしますね。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痛いアラフィフ独身女になりたくない!

以前何度か書いた、「知ったかぶりで良い女気取りなオバさん」の年齢、たまたま小耳に挟んで知ったのですが、アラフィフ前半でした。

彼女の名前は仮にZさんにします。

Zさんに関してはこちら。

●何故一重の化粧下手なアラフォーはブルーやグリーンのアイシャドーを塗りたがるのか
●もう限界!「自分は物知りアピール」おばさん
●めんどくさいアラフォーおばさん、どうしたらいい?


時々Zさんのことは周囲にネタとして話すのですが、毎回笑いが取れます。

Zさんの外見は、かなり太めで、顔は朝青龍系。

実家暮らしで、彼氏がいるっぽいことを匂わせるような話を一度していましたが、突っ込んで欲しそうだったけど面倒だったから聞きませんでした。

今は私はあからさまにZさんとは話さず、たまに話しかけられても一言で返して会話終了しちゃいます。


Zさんのネタは過去記事でも書いてますが、

●スキンケアトークで「牛乳石鹸がすごく良いんですよ~」とドヤ顔で言う

●「メイクについて教えてあげる」口調で話してくるけど、本人はデビルマンメイクか素っぴん

●「ダイエットでは炭水化物は抜いちゃダメ!」と教えてあげる口調で語るが、私の倍くらい横幅がある

●「私、眼力があるって人から言われて~何でかな?っておもったら、黒目が大きいからだって気付いて~」
と言うが、単に瞼が腫れぼったい一重で目付きが悪いだけ。
黒目が大きいのではなく、白目の面積が少ない。

●「私、胸が大きいから外国製の服しか着られなきて~」と言うが、デカイのは胸じゃなく体全体。
そして服装は部屋着レベル。

私が「パンツは外国製の方がスタイルが良く見える(ヘルムートラングやポール&ジョーのパンツは、ユニクロと違って足が長く細く見える)」と話しているのとは意味が違う。

●「胸が見えるから胸元が開いた服を着るなって言われたけど、セクハラ!」と言うが、男性陣も別に見たいとは思っていない。

●太った男性社員を笑い者にするが、アンタこそ…

●「私ドSだから~」と言いながら男性陣を上から目線でディスる。


私はアラフィフでも、キレイな人も素敵な人もいるので、女性は年齢だとは思っていません。

実際

●48歳でイケメンと再婚した美魔女の話がスゴイ!

で書いた女性はZさんより歳上だけど、比べ物にならないくらい素敵でした。

Zさんと同じ歳でも、スタイルが良くてオシャレな人、話していて楽しい気さくな人はたくさんいます。

でもZさんは、見た目も性格もイマイチなのに、良い女気取りなのが痛くてキツイ!

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォーは、正論や常識以外のダメなこと言ったらダメですか?

先日の記事

●彼女持ちの好きな人からホワイトデーのお返しは欲しい?

にコメントを頂きまして、返信もしましたし、その返信をしたときの気持ちも

●正論や常識って人を追い詰めますよねぇ

に書いたのですが、いやーなんと言いますか…

たまにコメント欄にコメントを頂くことがあり、とてもありがたいな、と思っているのですが、

ぶっちゃけて言うと、私はこのブログは、Yahoo!知恵袋や発言小町をお手本にしております。

それは、自分自身が悩んでググッたときに、そういうサイトが上位表示されているからです。

で、そういうお悩みサイトの解答欄って、正論や常識をドヤ顔で書く人が多くて、ウンザリしてるんです。


日常生活でも、当たり前のことをドヤ顔で言う人って多いんですが、

私が好きなのは、弱い人の感情を一旦受け入れてから、その人に合うアドバイスをする人です。

マンガでもそういうのが好きです。

エッセイでも、菅野彰さんや三浦しをんさんや雨宮まみさんや向田邦子さんが好きです。


女に生まれてみたものの。 (ウィングス文庫)


妄想炸裂 (ウィングス文庫)


まじめに生きるって損ですか?


思い出トランプ (新潮文庫)

関連記事

●【爆笑】エッセイ~菅野彰さん~
●三浦しをん「あの家に暮らす四人の女」感想
●死にたいくらい落ち込んでるアラフォー女性に読んで欲しい!雨宮まみさんの最新エッセイ
●雨宮まみさんは自殺なんてしていない、という真実は残したい
●元祖 こじらせ女子、向田邦子さん大好き!


彼女たちは、自分の中の常識外の感情を面白おかしく書くことで、

「私だけが、こんなことで悩んでるんじゃないんだ!」

と思わせてくれるし、

「あー同じように考えながらも、実際他人と接する時はちゃんとしてるんだなぁ」

と参考になることをたくさん書いてくれています。


私がブログをやっている理由の一つに、よく人から
「本を出せば?」
と言われる、というのがあります。

もちろん文章力があるからではなく、ツラツラと感情について語ったり、身の回りに起きたことを面白おかしく語ろうとしたりするからなんですが、

作家にはなれないけど、ブログなら誰でも出来るなぁ、と思って、日々思ったダメなこととかを書いてみています。


ま、私自身たいして常識も身に付いてませんし、ダメダメなんですが、

でもダメな人っていっぱいいっぱいいますよね。

で、ダメな自分を他人に受け入れて欲しい!
って言うのではなく
ダメな人がここにもいますよー
って見知らぬ人に言えるのが、ネットなんじゃないかな?

と思っています。

常識とか正論は、他の人がたくさん書いてるから、それは私が書かなくてもいいんじゃないかな?


でもねーそれをやってみたら、
「なんで正論や常識を書かないんだ?
分かってないんだろ?」
ってコメントを頂くことも、チラホラあるんですね。

で、あまりに罵詈雑言ってコメントのときは、読んだ人が気分が悪くなる、というか、

私と同じように悩んでいる人が目にしたら、否定された気持ちになってしまうだろうなぁ

と思って、そっと削除しています。

» 記事の続きを読む


PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子持ち友人とのランチ、直前に子連れに予定変更はアリ?ナシ?

よく子連れで遊んでいる友人がいます。

赤ちゃんのときから、会うときは常に子連れでした。

私も甥姪感覚になっていて、子供ちゃんに会いたいから遊ぶ約束をしていました。

友人も色々気を遣ってくれているし、昼過ぎにはベビーカーでお昼寝してしまうので、よくネットでみるような

「ゆっくり話せないから子連れの友人とは会いたくない」

という気持ちにはなりませんでした。

友人も「子連れで当然だし、大事な友だちの子供なら可愛がれるはず」みたいな価値観の人ではないので、全然問題なかったんです。


ただ、段々子供ちゃんが大きくなってきて、5歳になった今はお昼寝をしなくなりました。

大人同士で話していると嫌がり、話を中断させようとしてきます。

可愛いし、比較的物分りも良くて大人しい子なのですが、それでも友人と話したいことを話せない、という不完全燃焼な気持ちにはなるようになりました。

なので、今回また遊ぶ約束をしたときに「旦那さんに子供を見ていてもらうから、今度は大人だけで」という流れだったので、
「あー久々にゆっくり話せるなぁ」
と楽しみにしていました。


最初約束の段取りを話していたときは
「子供も一緒に行きたいって言い出した」と友人が言ったので、
「どちらでも良いよ」と返したのですが、
「やっぱり今回は大人だけで」と言っていたので、私は友人だけに会うテンションと言うか、気楽な気持ちでいました。

やはり子供ちゃんと会うときは、喜びそうなことを考えたり、常に機嫌良くお相手をするための気力体力がいります。

ですが、朝起きてLINEを見たら
「やっぱり子供が行きたいって言うから一緒でもいい?」
というメッセージが来ていました。

子供ちゃんからみたら、普段一緒に遊んでいるんだから、ついて来たがって当然です。

ただ、正直私はガッカリしました。

返信をどうしようか…と思いながら、こういうとき他の人はどうしてるんだろう?と思ってネットでググりました。

やはり「子連れで当然でしょ!」ってママさん派とか、「ゆっくり話せないから子連れは嫌」とか、「子供好きだから気にならない」とか、意見は色々ありました。

ただ、それは毎回の話であって、今回のように「久々に大人だけで会えるかもって思っていたのに…」というケースは出てきませんでした。


別に、大人同士であれを話そう、これを話そう、と思い描いていた程では無いのですが、それでも話そうと思っていたことのほとんどが話せなくなるなぁ、というのと、

子供ちゃんに気を遣う体力が、今は無いなぁ、と思ってしまっている部分があります。
私の中で何がモヤモヤしているのか?を考えてみました。

それは、「自分とゆっくり話すことより、子供を優先した」ということに対する不満な気がします。

もちろん子供が1番なのは当然ですが、
「子供の預け先がない」
というケースと違い、今回は旦那さんに事前にお願いしてあったのです。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます