PR


カテゴリ:女ですもの

女ですもののカテゴリ記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2018-09-25 女ですもの
昨日行った温泉は、夕方だったのでかなり混んでいました。脱衣所はかなり人が多かったのですが、それでも母親の着替え・身支度中に飛び跳ねたり走り回っている4歳くらいの男児がいて「なんで母親は一言も『ダメだよ』って言わないのかな」と内心イラッとしていました。いっそワザと軽くぶつかって、「人が多くて床が濡れているんだから、ここで走り回ると危ないよ」と身を持って教えた方がいいのかな?と思ったのですが、そこで母...

記事を読む

2018-09-16 女ですもの
プライベートの鍵付きTwitterでフォローし合っている、子持ちのママさんがいます。今3歳の息子がいて、パート主婦をしている方なのですが、連日育児を手伝わない夫、家事育児の大変さ、子育てを自分の都合の良い部分でフォローしない国への不平不満口をつぶやいたり、そういうツイートをRTしていて、正直うんざりです。「お前が好きで産んだんだろ?じゃあ産まなきゃ良かったのに」と言った夫への愚痴ツイートを昨日RTしてましたが...

記事を読む

2018-08-17 女ですもの
大人になってから驚いたことの一つにお箸やペンの持ち方がおかしい大人が多いというのがあります。これ、若い子だけじゃなく、現在50代くらいの人でもいますね。私の同世代でも「握り箸」とか、箸先を捻った形で掴む人がチラホラ。そういう人を見る度に「親からキチンと躾をされていない人=何をしでかすか分からない人」と思ってしまって、人として信用出来ません。ちなみに正しいお箸の持ち方は箸専門店 箸久さんが動画で紹介し...

記事を読む

2018-08-03 女ですもの
東京医大が受験時に女子学生の点数を一律で減点したり、男子に加点をして女子の合格者数を減らしていた件が話題になっていますね。これ、女としては腹立たしい、患者としては分からなくもない、複雑な気持ちになる話です。最近お腹の大きい看護師さんを見ることもあれば、会社で産休育休に入る女性社員に関わることがありますが、少人数ならともかく、ほとんどの女性がそういう状況になってしまうと、周囲のフォローが半端なくなっ...

記事を読む

2018-08-01 女ですもの
昨夜の飲み会に、某国の大使館の特命全権大使(特命ってすごいインパクトある肩書ですよね)ご夫妻が来ていました。私はほとんどお話はしませんでしたが、日本語が堪能な初老の某国男性と、上品なワンピースドレスを着てニコニコ微笑む日本人の奥様を、皆キリッとした態度でお出迎え。来られてすぐに、周囲の人に娘さんの写真を見せていて、私も見せてもらったらとっても可愛い赤ちゃん!「生後どのくらいなんですか?」と聞いたら...

記事を読む

子供が騒いでも、他人の足を踏んでも謝らない母親って…

モンスターペアレント

昨日行った温泉は、夕方だったのでかなり混んでいました。

脱衣所はかなり人が多かったのですが、それでも母親の着替え・身支度中に飛び跳ねたり走り回っている4歳くらいの男児がいて

「なんで母親は一言も『ダメだよ』って言わないのかな」

と内心イラッとしていました。

いっそワザと軽くぶつかって、「人が多くて床が濡れているんだから、ここで走り回ると危ないよ」と身を持って教えた方がいいのかな?と思ったのですが、そこで母親にキレられても嫌だな〜と思って、早々に身支度を終えて脱衣所を出た私は、そのままお風呂上がりのイチゴ牛乳を買おうと販売機に向かいました。

私が販売機の前でお金を出していると、先程の男児が駆けつけてきて

「このジュース飲むー!」

と良いながら私の足の親指、爪付近を思い切り踏んづけました。


いくら相手は子供とはいえ、足の爪あたりだとものすごく痛くて、

「痛い!」

と大きな声を出し、横を向くと母親が子供の肩を抱きながら

「…すみませんねぇ…」

と不満そうな顔で言ってきました。

その顔にはありありと

「子供がしたことなんだから仕方ないでしょ!

あーあー、大声出されてビックリしてるうちの子、可哀相」


と書かれていて、そのまま子供の肩をさすりながら

「どれ飲むの?」

と優しく話しかけていて、子供に謝らせようという気は一切ナシ!


私は確かに独身子供なしですが、友人の娘ちゃんを頻繁に遊びに連れていっています。

娘ちゃんが女の子だから、というのもあるかもしれませんが、娘ちゃんは3歳くらいの時から

「ありがとう」「ごめんなさい」

が言える子でした。

ふざけて走り回ったり、奇声をあげたり、というのも無い子でしたが、保育園でキチンと躾けられているので、内気で恥ずかしがり屋さんだけど、そういう挨拶や謝罪はキチンと言えます。

そして母親である友人も、子供のことで周囲に迷惑をかけたら

「すみません!」

とすぐに言う人です。

なので、この不満げな顔した母親には本当に呆れました。

子供が粗相をするのは仕方ない、でも、それを当たり前だと思い、周囲への迷惑をなんとも思わない母親は嫌いです。
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterで夫の愚痴ばかり言う、RTする主婦にウンザリ

ワンオペ育児

プライベートの鍵付きTwitterでフォローし合っている、子持ちのママさんがいます。

今3歳の息子がいて、パート主婦をしている方なのですが、連日育児を手伝わない夫、家事育児の大変さ、子育てを自分の都合の良い部分でフォローしない国への不平不満口をつぶやいたり、そういうツイートをRTしていて、正直うんざりです。

「お前が好きで産んだんだろ?じゃあ産まなきゃ良かったのに」

と言った夫への愚痴ツイートを昨日RTしてましたが、ごめん、ホント、他人事だとこっちもそう思ってしまいますよ。

そんな不平不満愚痴だらけの人を、職場でフォローしたい、税金で支援していきたいって思えないよ…

いや、大変なのは、独身子無しの私にも想像はできます。

あー、ウチの母親も、こういう不平不満愚痴でストレス溜めて、それで私や兄に手を上げてたんだな、と思うと、より一層アンニュイな気持ちになります。

私はまだまだ、母親ではなく子供目線でいる部分があるし、独身な分旦那さん側の気持ちがよく分かります。


正直な気持ちを言わせてもらうと、「ワンオペ育児大変!」とかって、今始まったことじゃないですよね。

昨日ネットニュースで、電動自転車に子供2人乗せていたお母さんが横転して、前に抱きかかえていた下の子を死なせてしまった事件を読みました。



これ、母親を責めてはいけないんだろうな、ってのは分かります。

ただ、最近何度か通勤中に、子供を自転車に乗せたママさんに轢かれそうになってる身としては

「そりゃ、あんな運転してたら、こんな事件も起こるよね」

と思う部分があります。


私を追い越してすぐに前に出てきて、信号待ちで停止するママさんが多いんですけど、それ、車だったら違反ですよ?

そっちは左折、こっちは直進ですから。

眼の前に急に自転車が横から出てきて停止するので、こちらは子供にぶつかるどころか、自転車を倒しそうになります。

それで倒れて子供が怪我した時に、私のせいにするおつもりですか?

都内だと車の免許を持っていないママさんが多いので、道交法違反が分かってないまま子供乗せて走ってるなって方多いです。

「こっちは子供がいて大変なの!独身にはわからないでしょうけど!」

って思う人がいるかもだけど、通勤中の身としては、道交法違反には独身も子持ちも関係ありませんから。

あと、子供乗せてる自転車はあなただけじゃないから、あなたを避けて他の子持ちママさん自転車にぶつかる可能性高いんですよ。

あの運転の仕方は、他の家の小さな子どもを平気で跳ね飛ばしたりしそうなので、とても怖いです。


とか言う私の母親はどうしていたか?というと、何しろ昔のことなので、本来は二人乗りをしてはいけない原付きの荷台に兄を乗せ、私をおぶって運転していたら、警察に停められたそうです。

「1人をおぶってるだけなら見逃してあげたけど、さすがに二人はダメだよ…」

と言われ、母は車の免許を取りました。

いやーほんと、昔のこととはいえ、ウチの母親あたまおかしい。

事故った時に3人全員お陀仏になるからね?

四半世紀以上前のことですが、こんな風に昔は野放図だったので、どんどんマナーや環境が良くなっている段階なんだろうな、と子供目線では思います。
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お箸やペンを正しく持てない大人は信用出来ない

大人になってから驚いたことの一つに

お箸やペンの持ち方がおかしい大人が多い

というのがあります。

これ、若い子だけじゃなく、現在50代くらいの人でもいますね。

私の同世代でも「握り箸」とか、箸先を捻った形で掴む人がチラホラ。

そういう人を見る度に

「親からキチンと躾をされていない人=何をしでかすか分からない人」

と思ってしまって、人として信用出来ません。

ちなみに正しいお箸の持ち方は箸専門店 箸久さんが動画で紹介しています。







もちろん親から、というだけでなく、本人が意識して直したり、学校や友人から指摘されて直した人もいると思いますが、

「大人になっても正しい持ち方が出来ない=やる気の無い人」

とも思えてしまい、見ていてすごく不愉快です。


大学時代に友人の箸の持ち方がおかしいことに気付き、学食でしつこく注意して直させたことがあります。

そんなことすっかり忘れて何年も経ってから、友人が

「会社の人とご飯を食べてる時に、『お箸の持ち方がキレイだね』って褒められた」

と言われ、そういえば若かりし日に直させたんだっけ、と思い出しました。

正しいお箸の持ち方をするのって、慣れてしまえば全然簡単なこと。

それで他人から褒められるなんて、こんな楽なことは無いな、と私は思います。

今は大人に口うるさく言って直させようとは思いませんが

「お箸の持ち方が変ですね」

とは言います。

それは、その人が自分の子供や孫とかに変な持ち方をさせてはいけないな、と思うので。

テーブルマナーって、知らなければ人それぞれ自由で良い、美味しければ良い、というものではないし、日本人なのにーと海外の人から笑われるのも嫌ですしね。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女子学生が不当に落とされるのは東京医大だけじゃない

マタハラ

東京医大が受験時に女子学生の点数を一律で減点したり、男子に加点をして女子の合格者数を減らしていた件が話題になっていますね。

これ、女としては腹立たしい、患者としては分からなくもない、複雑な気持ちになる話です。

最近お腹の大きい看護師さんを見ることもあれば、会社で産休育休に入る女性社員に関わることがありますが、少人数ならともかく、ほとんどの女性がそういう状況になってしまうと、周囲のフォローが半端なくなってしまう…

「少子化問題のためにも、周囲は妊婦や育児中の女性をフォローすべき」

というのはもちろん分かるのですが、お腹の大きい看護師さんには患者も気を使うし、職場だと引き継ぎに次ぐ引き継ぎで混乱することもあります。

それが、患者の命を扱う医師だったら、困ったことになるだろう、という判断かもしれませんね。

●東京医大、女子受験生を一律減点…合格者数抑制


さて、女子学生の数を抑制しているのは、医大だけではありません。

美大でも女子学生の数が抑制されている、というのは、以前教授から聞きました。

今の御時世、将来が不安な美大に通いたいと思う男子が少ない、ということと、女子の方が実力がある、という流れになってきてしまっていて、でも女だらけの学校にするのも…という理由なのだそうですが

名前で男女の判別が出来ない

性別であからさまに合否を決めることは出来ない

ということで、受験の時に自画像を描かせて、敢えてバランス良く男子を合格させるようにしているそうです。

確かに母校の受験問題を見てみたら、自画像や手を描かせていました。

美大だったら別に女が多くても良くない?と思うのですが、女子美術大学はあるけれど、男子美術大学は無いって時点で男子の方が不利なんですよね。

なので、共学の方で男子を合格させてあげるという状況だとか…
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大使館の奥様は、赤ちゃんをベビーシッターに預けてお出掛けする

眠る赤ちゃん

昨夜の飲み会に、某国の大使館の特命全権大使(特命ってすごいインパクトある肩書ですよね)ご夫妻が来ていました。

私はほとんどお話はしませんでしたが、日本語が堪能な初老の某国男性と、上品なワンピースドレスを着てニコニコ微笑む日本人の奥様を、皆キリッとした態度でお出迎え。

来られてすぐに、周囲の人に娘さんの写真を見せていて、私も見せてもらったらとっても可愛い赤ちゃん!

「生後どのくらいなんですか?」

と聞いたら、まだ片手で数えられる月齢だそうです。

ん?なのに夫婦で夜にお出掛け?


「え、じゃあ娘さんは誰かに見てもらってるんですか?」

と聞いたら

「はい、ベビーシッターに。

でも今日は早目に帰ります」


とおっしゃってましたが、これは日本の一般家庭の奥様には夢のような暮らしかもしれませんね。

先日三浦しをんの「ののはな通信」を読み終わりました。


ののはな通信

この小説についてはまた改めて感想を書きますが、外交官の娘さんが両親と離れて暮らしていて、外交官の妻は夫について各国移住し、社交の場に顔を出さなくてはいけない、という話が書かれていました。

実際に、ニュースでも夫婦同席でパーティーに出ている方々をよく見かけますね。

昨日はそんな、現職の議員が来たりするような会ではなかったので、それでも赤ちゃんを置いてくるんだーとちょっとビックリ。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます