レンタル開始時によくバナーを見かけた、松坂桃李主演映画「娼年」をTSUTAYA TVのポイント消費のためにレンタルしてみました。

U-NEXTでは2018年の1位となった作品だそうです。

ジャケットの松坂桃李は色っぽくて素敵な雰囲気。


娼年

映画の冒頭、話し方や美術や色味の感じがクラシカルなので、昭和のお話なのかな?と思っていたら、今時のお話でした。

で、松坂桃李が大学生役。

…もう大学生には見えないよね?

原作は石田衣良の小説です。


娼年 (集英社文庫)


映画自体の感想を一言でいえば、つまらない!

単に、松坂桃李が18歳以下は視聴NGの映画に出て、肉体を披露し、そういうシーンを演じまくったってのに驚くだけ。

「あの美少女アイドルが、脱いで本格派女優に!」的な感じですね。

でももう、ほら、私もいい歳した大人ですから、単に服の有無じゃなく、その時の演技も評価対象になるじゃないですか。で、

「またコレ?テクニックなさ過ぎない?」

というワンパターンな演出に飽きてきます。


ストーリーを一言でいえば、

「やる気のない下がダラシない大学生が、美しいおばさま社長からスカウトされてボーイズクラブの会員になり、様々な女性達と関係を持つうちに感情が芽生えて成長する」

というもの。

原作が小説なのでアレですが、この「やる気のない少年がボーイズクラブに」ってのは、一条ゆかりのマンガ「正しい恋愛のススメ」とソックリ。


正しい恋愛のススメ 1 (集英社文庫(コミック版))

むしろ「正しい恋愛のススメ」の方がスリリングで面白いです。

「親子丼」(母と娘の両方と恋愛関係になる)も設定としては近いですね。

で、出会う女性たちがそれぞれドラマを抱えていて、それに接しているうちに感情が芽生えていくところも似てます。
PR

結局、松坂桃李を拝むための映画なんだなぁ、と。

話題になっているのも、そういうシーンが多いからでは?

入店試験として聾唖の少女と関係を持つ冒頭は、わーこんなシーンもやるんだ!と驚きましたが、以降はほぼ同じテクニックで…

だったらそんなにそういうシーンを女性を変えてやらなくても良いんじゃない?と思ってしまいました。

幼い頃亡くなった母親も同じような仕事をしていた、と最後に分かるのですが、そういう母親へのマザコン的な感情も、そんなに感情移入できません。

ラストに女社長への恋心に気付くも、女社長はエイズに感染している上に、店が摘発されたと置き手紙をして警察に向かいます。

その手紙の中に、聾唖の少女は女社長の娘だとも書かれていました。

これも、なんだか衝撃とまで思わないし、はぁ、へぇって感じ。


これ年齢的には新田真剣佑がやってもおかしくない役なんだなーと思った時に

「そんなことになったら、ファンの女子中高生は観られなくて怒り心頭。

キスシーンやちょっとしたシーンでもドギマギしている大人ファンは

『こんなの、私のまっけんじゃない!』

的になったりするのかなー」

とボンヤリ思いました。

私としては、ストーリーが面白くて演出が良ければ何でも…あ、暴力ものは苦手ですが。

この「娼年」のような映画が、漫画原作映画より本格的だ、と認識するのは、なんだか違う気がします。

漫画原作より下な内容なのに、映像の雰囲気で純文学風にしてるな、って感じ。


とか書いてるけど、これ先にやった舞台も人気で、映画も人気で、レンタルでも人気な作品なんですよね?

そうかー、こんな感じなら、「ノルウェイの森」の方が映画として良かったけど。

アレも松山ケンイチがブリーフ姿見せてくれて驚いた気がします。

菊地凛子の怖い演技と、初演技の水原希子も話題だったし、映像キレイだったな。

まー何かと比較しなきゃいけないってもんじゃないけど、なんかこう、下心で観てるオッさんとかも多いが故の人気なのでは?と思ってしまいました。

とはいえ、下心がある方にはオススメ致します。
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

 カテゴリ
 タグ