土曜日に手術した粉瘤?ニキビ?の傷口の経過観察を見せに、恵比寿ウエストヒルズクリニックに行ってきました。

経緯はこちら

●股の粉瘤(ニキビ)摘出手術の費用と所要時間
●鼠蹊部とお尻の粉瘤で恵比寿ウェストヒルズクリニックへ
●デリケートゾーンのニキビ(粉瘤?)に「たこの吸出し」を買ってみた
●【アラフォーの敏感肌に良い下着】デリケートゾーンにニキビ⁉︎

手術後特に痛みはなく、引き攣れた感じがあったり、座った直後はピリッと軽い痛みは走りますが、特に大きな不便は感じていません。

当日は入浴せず、24時間経ってからシャワーを浴びました。

特に上からテープを貼ったり、防水の処置はしていません。

ググると、昔は傷口を濡らしてはいけない説があったけれど、今はむしろ軽く洗った方が良いと言われているそうです。


傷口に触れると、数本糸の感触があります。

塗り薬を塗るときしか触れず、怖くてマジマジと傷口は見ていませんが、2cmくらいの長さかな?

そこまで深く切っているワケではないので、普通の手術に比べたら痛みはないのかもしれませんが、他の方の手術報告ブログを読むと、もっと炎症を起こしたりトラブルが起こる方もいるようですね。

大昔に手術した男性は、穴に綿を詰められ、診察の度に穴から飛び出す膿を抜く、というやり方をしたことがあるそうです。


今日の診察は、傷口を見せて、塗り薬を塗られて終わりました。

お会計は530円。

手術からちょうど一週間後に抜糸予定です。

それまで何事も無ければ良いのですが、やはり夜になると下着に当たることもあり、ちょっと痛みが出ています。
PR

医師からは、シャワー後は水気を拭き取るように言われました。

元々炎症を起こすと痛みがあった部位なので、これを乗り越えたらもう吹き出物が出続けないかも、と思えば耐えられます!

1番酷い時には2cm以上の長さで、5mm厚近い吹き出物が出来ていたので、もうそんな思いはしたくない!

ただ、粉瘤ではなく単に炎症を起こしやすい体質なだけだったら…また繰り返すかも?


この手術の話をしたら、やはり股と頭に粉瘤ができる、と年下女性が言っていました。

漫画家のTONOさんも女性器近くに吹き出物が出来て、潰れるまでひどく痛んだエピソードを描いていましたが、やはり周囲に同じ症状の経験のある女性が多かったそうです。

一時的な方もいれば、繰り返す方もいるようなので、心当たりのある方はぜひ皮膚科へ!
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加