PR


カテゴリ:映画

映画のカテゴリ記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2018-08-15 映画
映画「カメラを止めるな!」話題ですよね。低予算で作られているのに大人気だ、というニュースを見て気になっていたのですが、友人から誘われて観てきました!この映画の内容を話すことは、イコール、ネタバレになるということになります。ので、まずはネタバレにならない範囲の感想を書くととにかく笑えて、構成がしっかりしていて、感動もして、本当にスゴイ!映画館の中が爆笑に包まれ、私も笑い過ぎて涙がボロボロ流れました。...

記事を読む

2018-08-12 映画
新田真剣佑目当てで、「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命」観てきました!すでに観た同僚から「真剣佑である必要の無い役だった」と聞いていましたが、確かに「何で21歳の真剣佑を、この役にあてた?」と疑問です。岩田彰生(#新田真剣佑) ✅未知の元婚約者 結婚を目前に控えていたが未知の病気が発覚し、以来彼女を支えきれずに逃げ出してしまっている😰 #劇場版コード・ブルー #コード・ブルー pic.twitter.com/zRjvdUHD...

記事を読む

2018-01-11 映画
先日友人と有楽町スバル座に映画「花筐 HANAGATAMI」を観に行ってきました。入り口のポスターはサイン入り!最近映画チェックをしていなかったので、友人から誘われて知り、予告と出演者を見たらすごく面白そう!大林宣彦監督ならハズレも無さそうだし、快諾して速攻で行くことを決めました。「花筐 HANAGATAMI」期間:12月16日(土) ~■監督:大林宣彦■原作:檀一雄■脚本:大林宣彦、桂千穂■キャスト:窪塚俊介、満島真之介、長塚...

記事を読む

2017-11-12 映画
今「シンゴジラ」をテレビで観ながら、友達とLINEで盛り上がってます!で、映画公開時に海ほたるパーキングエリアでやっていたシンゴジラのイベント写真、以前ネタにしていたかと思ったら書いてませんでしたね。ということで今更ながらにアップします!まずは庵野秀明監督のメイキング写真。撮影時小道具。メガホンなどにサインがされています!そして、こちらがメイン!1/60サイズのシンゴジラ像です!...

記事を読む

2017-09-30 映画
三浦しをんの作品が好きだ、と以前も書いていますが、最近はどんなのを書いてるのかな?とググってみました。ブログはほとんど更新されなくなってしまっていて寂しいです。以前ネタバレを書いた●三浦しをん「あの家に暮らす四人の女」感想以降は、企画モノの随筆が出たくらいなんですね。ただ、「光」が映画化されたことを知り、それが11/25公開と知って驚きました。光【電子書籍】[ 三浦しをん ]楽天市場で買う「光」は映像化不可...

記事を読む

「カメラを止めるな!」ネタバレ感想~爆笑&謎解き&感動のゾンビ映画

  •  投稿日:2018-08-15
  •  カテゴリ:映画
映画「カメラを止めるな!」話題ですよね。

低予算で作られているのに大人気だ、というニュースを見て気になっていたのですが、友人から誘われて観てきました!



この映画の内容を話すことは、イコール、ネタバレになるということになります。

ので、まずはネタバレにならない範囲の感想を書くと

とにかく笑えて、構成がしっかりしていて、感動もして、本当にスゴイ!

映画館の中が爆笑に包まれ、私も笑い過ぎて涙がボロボロ流れました。

いや、もうホント、こんな映画久々に観ました。

以下ネタバレ感想です。


この映画は前半パートがゾンビ映画、後半パートがそのゾンビ映画撮影の舞台裏、となっています。

しかも、前半のゾンビ映画はゾンビ番組の撮影中が舞台になっている、という3段階の構成。

三谷幸喜の「ラヂオの時間」という映画がありますが、構成としてはアレに近いものとなります。


ラヂオの時間

生放送中にドタバタがあり、一見普通に放送しているようで、実はアドリブだらけだった、ってやつですね。

廃墟でゾンビになった彼氏に襲われる女性のシーンを撮影中に、女性の恐怖の芝居に監督がブチ切れるところから始まります。

怒鳴り散らして監督が去った後、男女の俳優2人はヘアメイクの女性から

「ここは表向きは浄水場だけど、戦時中は亡くなった人を生き返らせる人体実験を行なっていた場所だって言われてるの」

と聞かされた時に、外から大きな物音が。


その後ドアの外からゾンビに襲われたスタッフの腕が飛び込んできます。

怯える女優の元に、カメラを構えた監督がやってきて

「それだよ!その表情だよ!」

と迫ってきて、皆んなパニック!

趣味で護身術をやっているヘアメイク女性と俳優2人はゾンビから逃げようとしますが、ゾンビに噛まれた疑いのある女優をヘアメイクが襲おうとしたり、それを監督が

「カメラを止めるな!」

と怒鳴りながら撮影し続けたりしながら、一同は屋上へ。

男性俳優がヘアメイクを斧で倒しますが、彼もまたゾンビ化してしまい、女優は冒頭のシーンを再現するように怯えながらも、彼の首を斧で切り取ります。

「台本通りにやれよ!」

と怒鳴る監督にも女優は襲いかかり、最後の1人となった彼女は血まみれの姿で笑いながら空を見て立ちつくします。

その足元には大きな星のマークが描かれていました。

ここでエンドロールが流れて

「あれ?これで映画は終わり?」

と思っていると、画面に東京の風景と共に

「その一ヶ月前」

というテロップが流れます。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真剣佑の無駄遣い?「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命」ネタバレ感想

  •  投稿日:2018-08-12
  •  カテゴリ:映画
新田真剣佑目当てで、「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命」観てきました!

すでに観た同僚から「真剣佑である必要の無い役だった」と聞いていましたが、確かに

「何で21歳の真剣佑を、この役にあてた?」

と疑問です。



多分26~28歳設定の男性の役なんですよ。

飛行機事故で肋骨を怪我して運ばれてきた26歳の女性が、実は末期の肺がんで余命いくばくもないことが分かります。

彼女は婚約者がいたけど、ブライダルチェックで癌が見つかり、逃げられてしまっていました。

が、彼は病院まで来て

「やっぱり結婚式をしよう!」

と言い、一ヶ月後に式を挙げられるところを何とか見つけたけれど、もう彼女の容態がそれまで保たないから、と比嘉愛未&浅利慶太が予約していた式場予約を譲り受けて挙式します。

戸惑っていた彼女も、やっぱり彼のことが好きだから、と結婚式を決意。

「ゼクシィを買いに本屋に行った時、彼がついてきてくれたの。

いつも買い物なんて付き合ってくれないから『何で?』って聞いたら、『重たいだろ』って。

『これからは重たい物は俺が持って、君を守る』って言ってくれて、幸せだった」

と彼女が看護師に話すシーンでは泣いてしまいました。

「あぁ、私にはこんな風に、私を守ろうと思ってくれる男性は現れなかった」って悲しくなって…

でも冷静に考えると、癌だと分かって一旦逃げた男ってどうなの?


ラスト、病院の中庭で行われた医師の簡易結婚式に現れた真剣佑の左手薬指と小指には、2人分の結婚指輪が嵌められていて、彼女は亡くなったことが分かりました。

ホント、真剣佑はカッコ良かったし、結婚式の時の

「君を好きでいられることが幸せだよ」

と泣きながら言うシーンには号泣しました。

花嫁の肩に添えた親指をそっと何度も動かして、優しく彼女の肩を撫でる演技が、愛おしそうで良かった!

でも、でも、これもっと普通の見た目の30歳前後の役者さんでも良かったですよね?
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同性愛ぽい?映画「花筐 HANAGATAMI」大林宣彦監督ネタバレ感想

  •  投稿日:2018-01-11
  •  カテゴリ:映画
先日友人と有楽町スバル座に映画「花筐 HANAGATAMI」を観に行ってきました。



入り口のポスターはサイン入り!

最近映画チェックをしていなかったので、友人から誘われて知り、予告と出演者を見たらすごく面白そう!

大林宣彦監督ならハズレも無さそうだし、快諾して速攻で行くことを決めました。


「花筐 HANAGATAMI」
期間:12月16日(土) ~

■監督:大林宣彦
■原作:檀一雄
■脚本:大林宣彦、桂千穂
■キャスト:窪塚俊介、満島真之介、長塚圭史、柄本時生、矢作穂香

上映開始時間は

11:00(予告10分)~ 14:00
14:30(予告10分)~ 17:30
18:00(予告10分)~ 21:00

上映時間:2時間49分


主人公の窪塚俊介は窪塚洋介の弟。

満島真之介は満島ひかりの弟だし、

長塚圭史は長塚京三の息子で、常盤貴子は長塚圭史の嫁、

柄本時生は柄本明の息子

と、二世や兄弟も俳優の人たちが集められたキャストでした。


映画館に来ていたのは60代以上くらいの方が多く、観客は半分以下くらいの入りでした。

でもすごく面白かった!

やはり映像が面白いですよね。コラージュぽく色を変えたり、反転させたり、変化をつけるのがデザイン的に面白い!

ストーリーは、私は原作を読んだことが無かったのですが、そういえば過去に菅野彰さんがエッセイで

「なんとなくホモっぽい」

と紹介していたのを思い出しました。


時は第二次世界大戦の開戦の頃。

主人公は大学生で、クラスメイトの男性2人と、叔母とその義妹、そしてその義妹の同級生2人の少女がメインの登場人物となります。

主人公はとにかく能天気な榊山俊彦。

叔母の江馬圭子とその義妹の美那は、お金持ちで大きなお屋敷に住んでいます。

叔母の夫は肺病を抱えたまま満州の戦地に行って亡くなりました。

妹の美那も肺病になり、庭で吐血したところから物語は始まります。


血を吐く美那の元に駆けつけて、キスをする叔母。

それは血を吸い出す為なのですが、なんだかとっても隠微…。

美那役の矢作穂香ちゃん、ものすごい美少女ですね!

そして俊彦は学校で、鵜飼(満島真之介)というとにかくカッコ良く芯の通った、でも身勝手なところのあるアポロ神のような男と、吉良(長塚圭史)というニヒルで足が悪く杖をつく虚無僧のような男の2人に興味を持ちます。


鵜飼の可愛がっている子犬を吉良が死なせてしまったり、鵜飼がワザと熱湯の中に入れた硬貨を吉良が平然とした顔で拾い上げてみせたり、険悪な関係に見える2人。

でも、吉良は深夜の海で全裸で泳ぐ鵜飼を望遠鏡で見ていたり、なんだかこちらも、反発しながら惹かれ合う男2人、な感じがします。

そして、俊彦も鵜飼と全裸で馬に乗ってみたり、吉良と親しくしたり、ちょっと三角関係?

と思いきや、鵜飼は吉良の従姉妹の阿蘇(門脇麦)と交際しています。


美那と阿蘇とあきね、3人は仲良しの同級生。

そして、叔母の家で7人で食事会をしていたら、鵜飼は叔母にも色目を使い始めます。

あきねと俊彦も良い感じ。

阿蘇は美那と鵜飼が惹かれ合うのでは?と気を揉み、吉良も美那の美しさに惹かれていきます。

その後、美那と鵜飼は関係を持ちます。

俊彦も前半に美那にキスしようとして拒まれたり、

阿蘇と吉良が関係を持ったり、

阿蘇があきねに「私が一番好きなのは、あきね」と言って2人が見つめ合ったり…

と、もう恋愛関係はぐちゃぐちゃ?異性愛も同性愛もなんでもあり!
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンゴジラのロケ地・海ほたるの1/60ゴジラ&メイキング写真

  •  投稿日:2017-11-12
  •  カテゴリ:映画
今「シンゴジラ」をテレビで観ながら、友達とLINEで盛り上がってます!

で、映画公開時に海ほたるパーキングエリアでやっていたシンゴジラのイベント写真、以前ネタにしていたかと思ったら書いてませんでしたね。

ということで今更ながらにアップします!

まずは庵野秀明監督のメイキング写真。

シンゴジラのロケ風景2

シンゴジラのロケ風景


撮影時小道具。

メガホンなどにサインがされています!

シンゴジラのサイン


そして、こちらがメイン!

1/60サイズのシンゴジラ像です!

1/60シンゴジラのパネル
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11/25映画公開!三浦しをん原作「光」ネタバレ感想

  •  投稿日:2017-09-30
  •  カテゴリ:映画
三浦しをんの作品が好きだ、と以前も書いていますが、最近はどんなのを書いてるのかな?とググってみました。

ブログはほとんど更新されなくなってしまっていて寂しいです。

以前ネタバレを書いた

●三浦しをん「あの家に暮らす四人の女」感想

以降は、企画モノの随筆が出たくらいなんですね。

ただ、「光」が映画化されたことを知り、それが11/25公開と知って驚きました。


光【電子書籍】[ 三浦しをん ]

amazonで買う


「光」は映像化不可能だろうし、多分話題として取り上げられないだろう、と思っていました。

というのも、津波で小さな島の人々のほぼ全員が亡くなる話だからです。

「光」が出版されたのは2008年、文庫化は2013年です。

その間にあの東日本大震災が起こってしまいました。

そういう状況で、このお話のことを挙げるのは問題が起こる可能性が高いと思いました。

それでも、このお話はとても重く切なく、衝撃的なもので、私は好きです。

映画は井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミというメンバーで撮影されたそうです。



こちらが予告ですが、映画はR-15になります。

映画公開前ということで、「光」のネタバレ感想を書きます。


東京の小さな離島で生まれ育った信之、美花、輔。

信之と美花が中学2年生、輔が10歳の時、事件が起こります。

信之と美花は恋人同士で、信之は美しく小悪魔的な美花と交わることに夢中でした。

輔は父子家庭で父からDVを受けていて、信之は親に言われて輔の面倒を見てはいましたが、内心疎ましく思っていました。

信之と美花は村営のバンガローでするのが常でしたが、その日はオタクっぽい30代半ばの男が旅行に来ていたので出来ず、信之はイライラ。

2人で夜に神社で落ち合う約束をし、夜中に信之が家を抜け出すと、輔に出会いました。

そのまま輔は信之についてきてしまい、神社で美花と合流したとき、島を津波が襲います。


壊滅状態となった島の中で生き残ったのは、3人の他は灯台守のじいさんと、バンガローの客山中と、夜釣りをする山中を乗せて船にいた輔の父親だけでした。

憎かった父親がいなくなったと思ってはしゃいでいた輔は、父親の生存を知りガッカリします。

自衛隊が到着し、家族の死を確認し、学校に避難して眠った夜、信之はふいに目を覚まし、山中と美花がいなくなっていることに気付きました。

そして、外で山中と美花が交わっているのを目撃します。

「襲われた」と言う美花と「女が誘ってきた」と言う山中の言葉を聞きますが、美花に言われるがまま、山中の首を絞め、そして遺体を斜面に突き落としました。


翌日、山中がいなくなったことで捜索が始まりましたが、輔が

「おじさんの靴が崖下にある」

と言い、山中は崖から転落したと見なされて捜索が打ち切られました。

何故、遺体を落とした斜面とは違う場所の、崖下に山中の靴があったのか?

輔が移動させたのか?

分からないまま、信之と美花はヘリで東京の親戚の元へと向かうことになりました。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます