2週間前に心身共に疲弊したとき、軽い咳が出始めました。

熱を測ると37度。

でもこれは高温期だから、風邪とも通常とも言える微妙なライン。

鼻水やくしゃみは出ないし、ダルさも高温期だからな気もする。

一応安静にしつつ過ごしていたのですが、咳はどんどん酷くなっていきました。

どうも風邪ではなく、単に喉に炎症が起こり、それが続く咳に刺激されているように感じました。


最初は薄い黄色い痰が出ていました。

歯を磨くと刺激で咳込み、洗面台で咳をしていたら吐いて、しかも吐いたものが鼻の方に入ってしまって辛かったことも。

ただ痰の出る咳自体は、風邪や肺炎の時に何度か続いたことはあり、

「まー1週間くらいで治るだろう」

と思っていたので、とりあえず手元にあった炎症止め兼肝斑に効くトランサミンを飲んでいました。


しかし、ゲホゲホした咳は続き、寝る前は咳が出続けて寝付けず、就寝中も咳で目覚めるのが続き、体力的にキツくなってきました。

咳をし始めて4日目くらいには、痰が真っ黄色になりました。

ネットで調べると、細菌感染している可能性があるようです。

そこで、肺炎になった時にあちこちの病院からもらった薬を引っ張り出しました。

肺炎日記はこちらに書いてます。

●【孤独死の危険】アラフォー肺炎記録

これ今読み返しても、肺炎になりかけの人には参考になる気がします。
PR

薬袋に書いてある効能を読みながら、抗生物質、アレルギー性の気管支炎のとき飲む薬、痰を出やすくする薬、炎症止め、薬で胃が荒れるのを防ぐ薬、の5種類くらいを飲みました。

また気管支拡張の貼り薬もあったので、それを貼っておきました。

寝る前には、これもすでに期限切れになっていた龍角散があったので飲みました。

とりあえず、どれかは効くだろ。古くなってる薬だけど…。

で、薬を飲んだ翌日には、痰は薄黄色く、ブルブルと塊感のあるものになりました。


その後、徐々に痰の色や粘度は少なくなりましたが、丸10日間は時々激しい咳込みが続きました。

丸2週間経った今も、咳をすると痰が出ます。

ただ、激しい咳込みは止まりました。


周囲の人から「病院行きなよ」と言われましたが、とりあえずネットで2~3週間咳が続いたら病院へ、と書かれていたのと、手元に古くても処方された咳と痰の薬があったので、それで乗り切れましたが…

ホントは病院行った方が良いんでしょうけどね。

同じ症状で熱があった時は

「このままじゃ肺炎になるかも」

と言われながら、抗生物質を出され、レントゲンを撮り、を1週間で3回くらい続けていたのですが、今回は熱が無かったので、とりあえず抗生物質を飲んで様子見をしちゃいました。


ネットに咳や痰に関するページは色々ありますが、痰に関しては

「痰を止める薬」と「痰を出やすくするために量を増やす薬」の2種類ある、と以前病院で言われました。

痰が喉の奥に絡んでいるのか、出続けて苦しいのかでも処方が変わるそうです。

黄色い痰が出たら抗生物質を飲む

というのは有効なので、咳と痰で苦しんだら病院に行って下さいね!
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加