はい!ついに岡山県津山市、稲葉浩志さんが生まれ育った街に行きました!

岡山市から高速を使って約1時間半。

長閑な、いわゆる地方の街です。

まずはホテル、セレクトイン津山にチェックイン。



このホテルから稲葉浩志さんの実家までは徒歩2分です。(赤いピンがイナバ化粧品店)




ホテルを出て右に曲がると、資生堂の看板が見えてきました。



到着!



でもドキドキしてすぐに入れず、まずはお向かいの神社へ。



鳥居の寄付芳名の10万円のところに、稲葉さんのお父さん稲葉一夫さんの名前がありました。



階段を昇ると



有名な、稲葉さんの名前が彫られた柱があります。



その上にはお父さんの名前が彫られた柱も。



やっぱり稲葉さんより、お父さんの方が上の段にあるんですね!
PR

八幡さまにお参り。



街を見下ろすと、

「ここで稲葉さんが育ったんだー」と感慨深いです。




店内に入ると、接客中だったお母さんが

「そこ、見ていって」

と声をかけてくれて、見ると稲葉さんの写真やサイン、バックパスやグッズがたくさんたくさん飾られていました。

実家の玄関で撮影した稲葉さんの写真も!

ただし、撮影はOKだけどSNS投稿はNGです。

なんでも嵐の相葉ちゃんの実家でグッズ販売があったのか問題になり、

「お店の売上に家族とは言え芸能人を使うのはダメ」と厳しくなっているそうです。


そして撮影もNGですが、稲葉さんの幼少期からのアルバムも置かれていました。

小学生の頃から、稲葉さんは今の面影があって可愛い~!

運動会のとき、海水浴のとき、部活中とか、高校でバンドしてるときの写真から

親族の結婚式、同窓会、実家で甥っ子ちゃんたち?を抱っこしてるところ、お父さんお母さんとの写真、ライブのバックステージなどなど、とにかく稲葉さんのプライベートな写真がたくさん!


その後は、店員さんにエステをしてもらいながら、お母さん含めてたくさんお話しました。

稲葉さんの本名は「ひろし」だと昔噂で聞いたことがあったり、あだ名か「ぺろし」だったとは会報誌で書いてありましたが、やはり本当に「ひろし」なんだそうです。

アルバムにはお祖母様の写真もあったので

「昔ラジオで、猫がお祖母様の靴に満タンにオシッコしたって話してましたよ」と言ったら

「あーチャコね。あれはあの子がもらってきた猫だったのよ」

とお母さんが話してくれました。


お祖母様は13年前くらいに93歳で亡くなったそうで、その時は稲葉さんは沖縄から駆けつけて、お母さんが駅まで迎えに行って葬儀場まで行ったそうです。

会話の中で

「お兄さんは稲葉さんの4歳上ですよね」と言ったら
「そうそう…50…何歳じゃったかな?」とお母さんが首を傾げたので
「今年57歳ですよ。稲葉さんが今年53歳です」
と言ったら
「もう子供がそんな歳になるんだもんねー私が来月で80歳だもの」
と笑っておっしゃってましたが、いやいやお母さん、お若い!おキレイです!


最近稲葉さんがご実家の写真をアップしてましたが、多分お父さんの一周忌だったんでしょうね。

マメに帰省しているそうですが、なんだかこんな普通の日本の住宅街で、あの稲葉浩志さんが生まれ育ったなんて、不思議です。

お店の裏のご実家も、普通にファンは見られるなんて!




「今度はどんなことしたら、来てくれたファンの人たちが嬉しいかな?

何度も来てくれる方も多いけど、もっと新規の人にも来て欲しい」と言っていました。

稲葉さんが岡山県に貢献していることも、とても嬉しいそうです。

多い時には1日に100人くらいファンが来ることもあるそうですが、今回は私が行った時間が遅かったのもあり、その後男性が1人来店していました。

ので、「いつか行こう」と思っていた方は、ぜひイナバ化粧品に行ってみてください!

本当に行ってよかった!

しかし、改めて稲葉さんって、普通に日本人なんだなぁ。なんだかそれが不思議に思えてしまいます。

よろしければこちらもどうぞ!

●B'z稲葉浩志さんの実家への旅~1出発
●倉敷の駐車場&激ウマ「かっぱ」でランチ~B'z稲葉浩志さんの実家への旅2
●古民家宿「矢掛屋」のワケあり部屋~B'z稲葉浩志さんの実家への旅3
●吉備津神社と吉備津彦神社で縁結び祈願!~B'z稲葉浩志さんの実家への旅4
●ついにイナバ化粧品へ!~B'z稲葉浩志さんの実家への旅5
●稲葉浩志さんの幼少期エピソード~B'z稲葉浩志さんの実家への旅6
関連記事


恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加