さて、岡山のどこを観光しよう?と思い、縁結び神社が無いかググってみたら、吉備津神社と吉備津彦神社が紹介されていました。

違いがよく分からずに更にググると、昔歴史の授業で習った「大化改新」が関係しているとか。

元々1つの国に「吉備津神社」があり、それが大化改新で3つ(備前・備中・備後)に分かれたので、新しい国側にも造ろう、と出来たのが「吉備津彦神社」だそうです。


桃太郎のお話は鬼退治がメインですが、それは当時の戦がモチーフになっているそうです。

これは出雲大社の国造りも似てますよね。

出雲の神様はそもそもは国を追われた王様だったとか。

桃太郎の鬼も、当時この辺りを統治していた一族のことだそうです。


軽くググっただけなのでよく分かりませんが、とりあえず、まずは吉備津神社に向かいました!





階段を昇った先の門が素晴らしい!

上から見たら植物が屋根に生えてます。



門を抜けて階段をもう少し昇ったらすぐに拝殿。

良縁祈願!


こちらのおみくじはタイプ毎に分かれていて、子供用といにしえと英語とよろこびがありました。

よろこびは縁結びや子宝などのものと書かれていたので、そちらをチョイス。



やったね!大吉!



しかし、書かれているのを読むと…かなりアダルトな言葉が並んでいます。

子宝の項目は…エクスタシー満載な感じです。


こちらの神社は鳴釜の神事が名物だそうですが、見に行ったらちょうど女性が1人で受けていました。





そのあと団体の方々も待っていて、3千円払って良縁を占って釜が鳴らなかったら寂しい…と思ってやめておきました。


ところで舞姫募集のチラシがあったのですが…



こんなところもオタク向け?古式ゆかしい神社でも、最近こういうところ多いですね。


お次は吉備津彦神社へ!

歩いても行ける距離のようでしたが、車で行きました。

まぁ2km歩くのはキツかったから、車で正解でした。
PR

吉備津彦神社の駐車場は運動会の人も停めていたので一杯でした。






こちらの方が桃太郎推し、そして商売に力が入ってる感じでした。

桃絡みで腕輪やおみくじやお守りがあります。






おみくじマニアとしては、普通のおみくじと桃みくじをひいておきました!







うーむ、桃みくじの素っ気なさ…

そして書いてあることが微妙に相反しています。

吉備津神社の大吉だけ持ち帰り、こちらのおみくじは結んできました。


観光に行くならどちらの神社も行くのが良いと思います。

パワースポットとしてどうかは私には分かりませんが、久々に観光って感じで楽しかったー。

吉備津神社の鳴釜の神事が当たるかどうかは、興味あります!

でも音色や長さで自分で判断するのは、むずかしそうですね?

よろしければこちらもどうぞ!

●B'z稲葉浩志さんの実家への旅~1出発
●倉敷の駐車場&激ウマ「かっぱ」でランチ~B'z稲葉浩志さんの実家への旅2
●古民家宿「矢掛屋」のワケあり部屋~B'z稲葉浩志さんの実家への旅3
●吉備津神社と吉備津彦神社で縁結び祈願!~B'z稲葉浩志さんの実家への旅4
●ついにイナバ化粧品へ!~B'z稲葉浩志さんの実家への旅5
●稲葉浩志さんの幼少期エピソード~B'z稲葉浩志さんの実家への旅6
関連記事


恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加