PR


カテゴリ:ココロのお悩み

ココロのお悩みのカテゴリ記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2018-06-07 ストレス・鬱
昨日、ケイト・スペードのデザイナーさんが首吊り自殺をしたニュースを観ました。私はケイト・スペードの商品は持っていませんが、もちろん知っています。ケイトスペード ショルダーバッグ アウトレット KATE SPADE WKRU4194ニュースでは、ケイト・スペードさんは躁鬱病で、でもキチンと治療を受けていなかったと親族が話していると言っていました。そしてトランプ米大統領長女のイバンカさんは、彼女の死を悼んで「鬱病で苦しんで...

記事を読む

No Image

2018-06-06 ココロのお悩み
時々過去記事の●言葉に心がこもってない人、いません?●言葉に心がこもってない人、理由判明!にアクセスがあります。「言葉に心がこもっていない」と感じる人って、やはりチラホラといるんですね。この「言葉に心がこもっていない」のは「社交辞令」を言われている、ということであれば●社交辞令と冗談と嘘と本音の境目はどこ?でも「社交辞令」について書いていますが、いや〜ホント、自分もついつい使ってしまうけれど、他人か...

記事を読む

No Image

2018-05-24 ストレス・鬱
私はアメフトのことはよく分からないし、ワイドショーもあまり観ないのですが、昨日たまたま宮川泰介選手の会見を観ました。アナウンサーやコメンテーター達は、監督もコーチも付き添わず、たった一人で会見を行った宮川選手に同情的で、「大人として、彼をここまで追い込んだ監督やコーチは情けないと思う」と怒り心頭でしたし、私もそう思いました。その後、監督の会見が炎上したというのは、今朝のニュースで観ました。無理矢理...

記事を読む

No Image

2018-05-11 ストレス・鬱
友人の職場が今日から移転するそうです。これまで自宅から徒歩通勤出来ていたのに、これからは電車通勤になる。一見、まぁそんなこともあるだろう、という普通の話なのですが、友人にとってはこの環境の変化が怖くて仕方ないそうで、移転が分かった先月から精神的に不安定になってしまっていました。元々、鬱で休職したことは数回ありましたが、その時々で症状も変わってきていて、最近は眠れなくなってしまったようです。この友人...

記事を読む

2018-05-06 ココロのお悩み
先日NHKで「発達障害困りごとのつき合い方」という発達障害の特集をしていました。発達障害を生きる栗原類くんや、様々な発達障害の方が登場していて、どんな症状があり、どんな対策をしているのか、を紹介する番組でした。光に過敏な人がいるので、スタジオ内は薄暗くしていたり、音に過敏な人がいるので、セットの水槽の音を止めたり、いつでも離席してOK、休めるソファゾーンも作り、無理なく放送出来るよう配慮した構成。●NHK ...

記事を読む

ケイト・スペードは「躁鬱病」だったのに?トランプ米大統領長女イバンカのツイートに疑問

昨日、ケイト・スペードのデザイナーさんが首吊り自殺をしたニュースを観ました。

私はケイト・スペードの商品は持っていませんが、もちろん知っています。


ケイトスペード ショルダーバッグ アウトレット KATE SPADE WKRU4194

ニュースでは、ケイト・スペードさんは躁鬱病で、でもキチンと治療を受けていなかったと親族が話していると言っていました。


そしてトランプ米大統領長女のイバンカさんは、彼女の死を悼んで

「鬱病で苦しんでいる人は、誰かに相談をしてください」

とツイートしたそうです。



ちゃんとご本人のツイートを見てみて、Google翻訳を使うと

ケイト・スペードの悲劇的な合図は、他人の苦痛や負担を真に知ることがないという痛ましい思い出です。

あなたがうつ病に苦労して自殺を考えているなら、助けを求めてください。


となりましたが、私はこのコメントを読んで

「え、鬱病と躁鬱病は違うものなんだけど?

躁鬱病の人は、他人に悩みを話したら自殺を止められるってものじゃないって聞くけどなぁ」

と違和感を感じました。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社交辞令を言うのは「嫌い」ではなく「面倒」だから?

時々過去記事の

●言葉に心がこもってない人、いません?
●言葉に心がこもってない人、理由判明!

にアクセスがあります。

「言葉に心がこもっていない」と感じる人って、やはりチラホラといるんですね。

この「言葉に心がこもっていない」のは「社交辞令」を言われている、ということであれば

●社交辞令と冗談と嘘と本音の境目はどこ?

でも「社交辞令」について書いていますが、いや〜ホント、自分もついつい使ってしまうけれど、他人から、しかも好意のある人から社交辞令を言われるのは、悩んだり寂しかったりするものですよね…


私は基本的には社交辞令で「今度飲みに行きましょう〜」とその気も無いのに言うことはありませんが、それでも

「この人のことは苦手だけど、でも必要があって話さなきゃいけない」

という時には、あからさまに社交辞令な、心のこもっていない、愛想の良い声で話しかけてしまいます。

先日、「この人って、ちょっとアスペルガーっぽい感じがする人だな…距離を置こう」

と思っていた派遣さんに、あるソフトのことで質問をしました。

アスペルガー自体は、本人が自覚して公言されているのであれば、こちらも対処方法を考えることができます。

でも、これまでに他人から「私はアスペルガーです」と公言されたことはありませんし、むしろ無自覚のように感じる人が多い印象があります。

こういう無自覚な人と対応するのは、なかなかシンドいものです…

●ゆとり?発達障害?に苦しめられた佐倉色の怖い話エッセイコミック感想
●アスペルガーの人に苦しむカサンドラ症候群

で書いた記事でも、そういうアスペルガー疑惑の人との対応について、これまで書いてきました。


派遣さんに

「この部分を修正したいんですが、私はこのソフトがよく分からないので、どこの設定で変更出来るかわかりますか?」

と質問をしたところ、案の定

「私が他の案件でやっていた時は、こういう状態になってて」

と、別のケースの話をし始めたので

「いや、これはそれとは違う状況なので、そうではなくて、多分基本操作のどこかの設定で変更できることだと思うんですけど、それがどこか分からないんで教えてもらえます?」

と再度聞きました。が、

「私が他の案件でやっていた時は〜」

と繰り返し同じことを言っていました。

この派遣さんは、こういう思い込みが激しく、別の話を延々とし続けることが多い印象があります。

それが直接の理由か分かりませんが、もうすぐ契約を切られる予定です。
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「心労で入院」を馬鹿にして笑うネット反応はイジメではないのか?

私はアメフトのことはよく分からないし、ワイドショーもあまり観ないのですが、昨日たまたま宮川泰介選手の会見を観ました。

アナウンサーやコメンテーター達は、監督もコーチも付き添わず、たった一人で会見を行った宮川選手に同情的で、

「大人として、彼をここまで追い込んだ監督やコーチは情けないと思う」

と怒り心頭でしたし、私もそう思いました。

その後、監督の会見が炎上したというのは、今朝のニュースで観ました。

無理矢理会見を打ち切ろうとした司会者に、SNSで批難が殺到しているというツイートも見かけました。

そうして、先程同僚から

「監督と司会者が心労で入院したらしいですよ」

と半笑いで教えてもらい、私もちょっと失笑してしまいました。

それから、Yahoo!ニュースのコメント欄も見ましたし、元記事の毎日新聞の記事も見ました。

アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ


「選手を追い詰めた監督、取材陣に傲慢な態度を取った司会者が、世間に叩かれて心労で入院した」

となると、世間は「逃げだ」とか「お前が心労なんて言うな」という、より一層否定的な反応を見せます。

確かに、その心情は分かります。

でも、パフォーマンスとしての謝罪がキチンと出来なかった人に対して、世間がそれを叩いて嘲笑うのもまた、私にはイジメの構図に見えてきました。

擁護する気はありませんが、監督も司会者も世間からそこまで叩かれる対応をしたと思っていず、予想以上に叩かれたことにストレスを感じるのは、想像出来ます。


私は本当に、この問題のことは詳しく無いし、ある程度ワイドショーやネットの反応に感化されています。

それでも、

「普通、こういう時は監督やコーチは、こういう対応をすべきだ!」

という世間の常識通りの行動が出来なかった彼らが、心労で入院したなんて嘘に決まってる、逃げだ、と嘲笑って良いのでしょうか?

同情は出来ないけど、それさえも叩くのはイジメにも見えます。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眠れないのは鬱症状かも~マンガ「ウツぬけ」感想

友人の職場が今日から移転するそうです。

これまで自宅から徒歩通勤出来ていたのに、これからは電車通勤になる。

一見、まぁそんなこともあるだろう、という普通の話なのですが、友人にとってはこの環境の変化が怖くて仕方ないそうで、移転が分かった先月から精神的に不安定になってしまっていました。

元々、鬱で休職したことは数回ありましたが、その時々で症状も変わってきていて、最近は眠れなくなってしまったようです。


この友人、会うと普通に元気そうに見えます。

話も面白いし、ノリも良く、ポーッとしてそうに見えてしっかり者。

なので、彼女が鬱になったばかりの時は、単に会社のストレスだろうと思っていました。

しかし、何度転職しても、職場の人とも有効的な関係が築けてるいても、朝起き上がれなくなったり、職場で倒れることが続きました。

最近初めて過呼吸にもなり、昨夜は電車通勤になることが不安で堪らず、睡眠薬を飲んでも眠れなくなってしまったそうです。


何となく、そういう風にメンタルが弱い人って、神経質そうだったり、大人しい真面目なタイプの外見というイメージがあるかもしれません。

私の周囲にはメンタルが弱い人が多いですが、皆んなそれぞれタイプも、発病する理由も違います。

過労が原因の人もいれば、人間関係や孤独感など、人それぞれ。

そして、一見そこまで悩んでいなそうに見える人は、いきなり倒れたり、友人のように眠れなくなったりして、体に不調が出て発覚する人も多かったです。


このことを最近出産した友人に話すと

「私も育児とホルモンバランスの変化で眠れなくなって、心身共にヤバイ感じになったから心療内科に行って睡眠導入剤出してもらったんだ。

眠ったら良くなってきたけど、やっぱり睡眠は大事だね」

と、こちらの友人もやはり眠れなくなってしまっていたこと発覚。

彼女も以前鬱で休職していた時期があり、子供はミルクで育てることにしているので、薬を飲んで眠ることが出来て良かったです。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発達障害は「理解」より「自覚」「公表」を推し進めて欲しい

先日NHKで「発達障害困りごとのつき合い方」という発達障害の特集をしていました。


発達障害を生きる

栗原類くんや、様々な発達障害の方が登場していて、どんな症状があり、どんな対策をしているのか、を紹介する番組でした。

光に過敏な人がいるので、スタジオ内は薄暗くしていたり、

音に過敏な人がいるので、セットの水槽の音を止めたり、

いつでも離席してOK、休めるソファゾーンも作り、無理なく放送出来るよう配慮した構成。

●NHK 発達障害プロジェクト

というサイトでも、発達障害に関して説明されています。

出演者さんも放送後にツイートしていました。




「ぱっと見では健常者と同じように見えるので、周囲から理解され難い」

「普通に論理的に話せるけど、計算が出来ない」


そういう現状を話しつつ、それぞれが

「これなら出来る、これは出来ない、と判断しながら、日常生活を送っている」

と分かりやすく伝えられていて、とても興味深かったです。

音が聞こえすぎてしまう学生さんは、ノイズキャンセラーとしてイヤホンをしているそうです。


ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN : カナル型 Bluetooth対応 ブラック MDR-EX31BN B

大学にも最初にそのことは告げたけれど、最初の授業で

「イヤホンを外しなさい」

と講師から言われてしまったことがあるけど、キチンと伝えてことなきを得たそう。

音の過敏さは人それぞれで、この件は以前菅野彰さんもブログで書いていらっしゃいました。

●「自分や身近な人の、耳の聞こえ方に悩む方へ」

また、注意力散漫な方は、忘れないように目印を付けたり、

薄暗い部屋で休む時間を作ったり、

自分なりの対処法をみなさん見つけながら過ごしていると話していました。

じっとしていられない子供の為に、最初に何をどういう手順でやるか説明をして、納得させてヘアカットをしている美容院も紹介されていました。


ただ、観ていて思ったのは

「じゃあ、あの同僚も発達障害かもしれない」
「あの友人も発達障害かもしれない」
「自分も発達障害かも?」
「その境界線はどこなんだろう?」


そんな疑問を持ちました。

知人の娘さんは、19歳の時に専門病院に連れて行き、そこで診断されて発覚したそうです。

そのことは以前

●アスペルガー診断チェックをオススメする理由

でも書きました。

結局、病院で診断されなければ分からないのが現状だと思います。


発達障害の自覚が無く、社会に出ている人はたくさんいるのではないでしょうか?

●ゆとり?発達障害?に苦しめられた佐倉色の怖い話エッセイコミック感想

で紹介した漫画では、アスペルガーでは?と思われる編集さんに苦しめられたことが詳細に描かれていましたが、それは本人から公表されていることではないので、それが正しいことかはわかりません。



amazonで買う


私も発達障害の診断をされるような機会はありませんでした。

転職する度に、性格などで色々苦言を呈されることが多々あり

「自分はどこかおかしいのかな?」

と思ったことはありますが、先日友人がTwitterで紹介していた漫画では

「おかしいのは自分ではなく周囲だった」

というケースもある、と描かれていて、何が正しいのかよく分からなくなってきています。




「自分は発達障害で、○○が出来ない」

と人から公表されたことは、ありません。

友人のお母さんは「自分はADHDだ」と自覚しているそうで、確かに彼女の実家に遊びに行った時に、家の中が散らかっていて驚いたということは、以前

●「大人の発達障害」に周囲はどうフォローすべき?

でも書きました。

私も部屋を常にキチンと整理整頓出来ない方ですが、いわゆる全てごちゃごちゃで何がどこにあるか分からない、というレベルまで山積みにする程ではありません。

「性格」なのか「発達障害」なのか?

それは医師の診断があるかどうかでしょう。

私から見たら「あの変に神経質で攻撃的だった人は、発達障害だったのでは?」と思う人がこれまで何人もいましたが、その答えは分かりません。
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます