ピアスホールを開けたのは、高校生の時でした。

田舎の真面目な女子校出身なのですが、当時周囲で何人かがピアスホールを開け始め、私もやりたくなって、つい、

氷で耳たぶを冷やして安全ピンでブスリ…

という、今なら絶対出来ない方法で開けました…

ピアッサーは高校生には高かったんですよねー。

安室奈美恵ちゃんが当時たくさんピアスホールを開けていて、それを真似したくて初めたのですが、

「ピアスの数は偶数より奇数が良い」

というどこかの迷信を聞き、結局3箇所開けています。


ちなみに風紀検査の時はファンデーションで穴を埋めると良い、と同級生が言っていたのでやったら、余計色の違いが目立ってバレました…

でももう開けてしまってるものを埋められないので、呆れられて終わったような記憶が薄っすらあります。

水晶のピアスならバレない説とかあったけど、今思えば全然バレますね。

ピアスを開けた子は、学校内では透明ピアスをしていました。

確か開けたての時は18Kじゃないとダメだって聞いたから、最初はジャスコ(…田舎だから…)で買った18Kって書かれたピアスをしていたような気もします。

バイト禁止の田舎の女子校で、せめてもとピアスをしたり髪を脱色していたあの頃を思い出すと、ほんっっっと都会で生まれ育ちたかった…


という思い出話はアレなのですが、ピアスホール自体はその後何度か膿んだり、穴が伸びてしまったり、とかはあるけど、その後キレイに開け直したりはしていません。

そのせいか、揺れる重めのピアスをすると、すぐに黄色い体液が出てきて痛みます…

あと首肩が凝るので、何度か揺れるタイプのピアスを買ってはみたけれど、数回使って結局諦める、というのが続いています。

根がズボラだから、朝晩ピアスを着けたり外したりするのも面倒くさい!

ので最近は小さなダイヤのピアスを着けっぱなしにしていました。

でも最近真剣佑がピアスをしてるのを見て、あ〜こういうメンズのピアス好きなんだよな〜

というかリアル中二病の時に、イヤーカフスとか、こういうメンズのピアスが流行ってて欲しかったな〜と思い出し、久々にピアスを買おう!と渋谷に行きました。


で、アメリカンラグシーが閉店していてがっかりし、その後ヒカリエのIDEEで一目惚れして買ったピアスがこちらsimmonのCAT THROUGH PIERCED EARRINGです!
(画像と説明は公式のオンラインショップより)

simmonの猫ピアス

やんちゃなネコが飛び跳ねる姿をモチーフにしたピアス

ボディ部分がキャッチになっており、耳たぶを挟んで付ける事で、ネコが耳を通り抜けているように見える仕組み。
しっぽが耳たぶを巻き込むように覗く愛らしいピアスです。

ピアスホールに後ろから刺して、しっぽをフロントに持ってきたり、軟骨のホールなど上の方に着用するのもおすすめです。

MATERIAL
gold:SILVER(K18ygコーティング)

black:SILVER(ブラックロジュームコーティング)※ポスト部分はコーティング無しのSILVER
SIZE
H=1.6cm W=2.0cm
※片耳(1ピース)での販売です。
¥12,000+税


PR

メンズのピアスって話はどこに行った??と思わなくもないですが、かわいい!!!!!

重いかも?とか、タオルや髪の毛が引っかかりそう?と思ったけれど、今のところ全然大丈夫です。

この猫以外にも他の動物もあるし、猫のも別のタイプがあり、見ていたらどれも欲しくなってしまいました!

●アラフォーは何故動物柄のアイテムがお好き⁉︎猫・梟・馬・虎・豹!

でも書いたけれど、この年々動物柄とか、動物の形のアイテムが欲しくなるのはなんなのかしら…

先日はハリネズミのブローチも買ったと

●渋谷に偽オシャレロハス系ビル「渋谷ストリーム」がオープン!でも渋谷川、臭い…

で書いたので、次々に動物アクセサリーを増やしています。

ちなみに買った日は、猫柄の服も着ていました。

ま、猫アレルギーなんですけどね、私。

うさぎも好きなので、次の機会にはこの指輪も欲しいな〜と思っております。

うさぎの指輪_simmon

店舗も今度行ってみたい!けどスタッフが不在の時もあるので、電話かメールをして行った方が良いようです。

動物好き、猫好きの方はsimmon、要チェックです!

simmon[シモン]
東京都渋谷区鶯谷町18-5 / 1B
TEL:03-6455-3467
MAIL:shop@simmon-s.com
OPEN:13:00-18:00(不定休)
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加