PR


カテゴリ:美術・デザイン

美術・デザインのカテゴリ記事一覧。

2017-04-08 美術・デザイン
昨日は森美術館で開催中のN・S・ハルシャ展へ。作品は撮影可で、絵やオブジェなどたくさんの作品が展示されていました。特に曼荼羅を連想するような、たくさんの人物が描かれたものが多かったのですが、みんなそれぞれ顔や表情が違っていて、それをじっくり見るのが楽しかったです。隣の女性を口説いている男?かなりザックリ描かれたハロウィンかぼちゃ。そして、絵を見ながら「この人って男?胸があるよね?」「いや、女なんじゃ...

記事を読む

No Image

2017-03-24 美術・デザイン
数年前からSNSキャンペーンってよく見かけますね。成功例をまとめたサイトや雑誌も見かけます。が、失敗例がまとまっているモノはあまりないので、ついつい「SNSキャンペーンをやったら新規顧客が取れるかも!」と期待した企業が、広告代理店やコンサルティング会社に騙されて何百万円円も損をしているのが実際です。もちろん広告代理店やコンサルティング会社を絡めずに独自でやってみて失敗しているところもあるかもしれませんが...

記事を読む

2017-03-20 美術・デザイン
BOOT CANPで起動出来た、と思いきや、やはりWindows画面でも画面に縦線が入った、と思ったら、ついに起動出来なくなりました…もうこれは完全にダメた…と思って一旦電源を抜いたのですが、やっぱり気になって再起動してみたら…あれ?縦線出ないし、C起動が出来る!これは私がアホだったのですが、探していたらインストーラーディスクがもう一種類出てきたのです。前のiMac用に持ってた2005年製のiMacG5のインストーラーと、今使って...

記事を読む

2017-03-19 美術・デザイン
先日iMacのグラフィックボードが壊れた、と書きました。もうこれは修理に出さないと直らない、と分かっていても、今更5万円も出して直したくない…とりあえずC起動でROMから立ち上げられないかな?と思ったのですが、iMac自体が以前からROMを読み込めなくなっていて、外付けを買ったばかりでした。しかし外付けに入れたROMからC起動を試みるも、立ち上がりません。ふと、「このiMacにWindowsも入れてるけど、そっちから立ち上がらな...

記事を読む

2017-03-13 美術・デザイン
我が家のiMacは2010年に買ったモデルです。今まで元気に働いてくれていました。元々テレビを買うかiMacを新しくするか悩んで、iMacでテレビを観よう!と買ったモノ。ピクセラのStationTVと繋いでテレビを観てました。ピクセラ 3波対応(地上 / BS / 110°CSデジタル) StationTV USB接続 テレビチューナー PIX-DT195ちゃんと録画出来なかったり、徐々にハードディスクがいっぱいとか出て立ち上がらなくなることも多々ありましたが(外...

記事を読む

2017-02-27 美術・デザイン
グラフィックデザインをやっている人なら知らない人はいない、超有名グラフィックデザイナー仲條正義さんの展示「IN & OUT, あるいは飲&嘔吐」を観にギンザ・グラフィック・ギャラリーに行ってきました!仲條正義さんは御年83歳。40年前の作品も現在の作品も、とてもオシャレでユーモラスがあってカッコ良くて、まったく時代を感じさせないという、驚異のデザイナーさんです。有名な作品は、「花椿」と資生堂パーラーのパッケージ...

記事を読む

2017-02-22 美術・デザイン
2/23から渋谷文化村で開催の「ゴールドマン コレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力」に行ってきました!ポスターの元絵はこちらと同じものですね。絵画風 壁紙ポスター(はがせるシール式) 河鍋暁斎 きょうさい 地獄太夫と一休 落款 惺々狂斎画 キャラクロ K-KNK-002S2 (332mm×603mm) 建築用壁紙+耐候性塗料実は今まで暁斎を知らなかった私…暁斎のフルネームは河鍋暁斎(1831~1889)、日本画家。「ぎょうさい」だと...

記事を読む

2017-02-18 美術・デザイン
先程LINEニュースを見ていて、ディック・ブルーナさんが亡くなったことを知りました。オランダの故郷ユトレヒトで、静かに息を引き取ったそうです。おはようミッフィー [ ディック・ブルーナ ]丁度今日ユニクロでもミッフィーとのコラボTシャツを見かけていました。友人に消しゴムはんこ作家の人がいるのですが、彼女は昔からディック・ブルーナさんの大ファンで、オランダまで会いに行ったこともあるそうです。またお手紙を書いた...

記事を読む

2017-01-09 美術・デザイン
年末年始にHuluでベルサイユのばらを観た、と●Huluでアニメ「ベルサイユのばら」一気見中で書いていましたが、ちょうど観ながらマリー・アントワネットに関してググっていたときに、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで「マリー・アントワネット展」をやっていると知ったので、行ってきました!森アーツセンターギャラリーって初めて行ったかな?久々に行ったかな?よく覚えていません。2階でチケットを買うのに3分くらい...

記事を読む

No Image

2016-11-15 美術・デザイン
リリーローズメロディ、今はリリーローズ・デップで活躍してる、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘ちゃんの、今やってるシャネルNo.5のCM、美しすぎますよね!目元の力強さはお父さん似だけど、全体の雰囲気はお母さん似だなぁ。私、子供の頃にヴァネッサ・パラディのシャネルのCMを観て、すっっっっっっごく好きで好きでずっと忘れられませんでした。以前は動画がYouTubeに無かったんですが、今は公式が上げてくれてま...

記事を読む

森美術館N・S・ハルシャ展感想~学芸員に怒り

昨日は森美術館で開催中のN・S・ハルシャ展へ。





作品は撮影可で、絵やオブジェなどたくさんの作品が展示されていました。


特に曼荼羅を連想するような、たくさんの人物が描かれたものが多かったのですが、みんなそれぞれ顔や表情が違っていて、それをじっくり見るのが楽しかったです。



隣の女性を口説いている男?



かなりザックリ描かれたハロウィンかぼちゃ。


そして、絵を見ながら
「この人って男?胸があるよね?」
「いや、女なんじゃない?」
と指差しながら友人と話していたら

「絵に触れないで、もっと離れてください」

と若い女性の学芸員さんに背後から言われました。

もちろん触れていないし、距離も30cmくらい離れてたんですが…

「え…触ってませんけど?」
と言ったら
「もっと離れて下さい」
と言いながら学芸員さんは向こうに行ってしまったんですが…

私たちの会話レベルが低かったから、絵に触るような人間に見えたんでしょうか?

背後からだったので、作品との距離が学芸員さんから分からなかったんでしょうが、

一般的な作品を見る距離にいたし、私も友人も元美大生なんで、そんなマナー違反しませんが。


色んな展示に行ってきたけど、あんなツンケンしながら捨て台詞みたいな言い方する学芸員さん見たことない。

「絵に触った」
と決めつけた言い方。

「触っていない」
と言っても、謝りもしない。

近付いたときに、私と絵の間に距離があることは分かったはずなのに。

そもそも額縁のない作品は、最低限の距離は保ちながら筆のタッチなど細部を見る

というのはマナー違反では無いでしょう。


息がかかるくらいの距離で見ながら話す、とかはもちろんダメですし、

最低限の距離というのも曖昧な言葉で、人それぞれ感覚が違うかもしれません。

ただまぁ、今までそんな疑いを学芸員さんにかけられたことも無いわ。

体と作品の距離は1mは離れてました。
伸ばした手との距離が30cmくらいでした。

「もっと離れてください」
って捨て台詞のように学芸員さん言ってたけど、他の人と私たちは同じくらいの距離で作品見てましたよ?

「このマナー知らずが!」
みたいな物言いしてたけど、なんなんだ、アレ。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告代理店に騙されるな!SNSキャンペーンがほぼ失敗する理由

数年前からSNSキャンペーンってよく見かけますね。

成功例をまとめたサイトや雑誌も見かけます。

が、失敗例がまとまっているモノはあまりないので、ついつい

「SNSキャンペーンをやったら新規顧客が取れるかも!」

と期待した企業が、広告代理店やコンサルティング会社に騙されて何百万円円も損をしているのが実際です。


もちろん広告代理店やコンサルティング会社を絡めずに独自でやってみて失敗しているところもあるかもしれませんが、最近特に目にするのがInstagram&Twitterを使った「SNS写真投稿キャンペーン」。

企業の狙いは、オシャレな写真をInstagramでアップしてもらうこと。

でも実際、Instagramにオシャレな投稿してる人って、まだまだ少ない!

ほんのわずかなオシャレ投稿している人が話題になっているだけだし、そもそもInstagramをインストールしていない人もまだたくさんいます。


ちなみにLOHACOが2017年2月1日~2017年3月20日迄まで

「#ロハコギフト」または「#今日もロハコ」をつけて、ロハコでご購入して贈ったギフトやもらったロハコ商品の写真、又は動画を投稿しよう!

というキャンペーンをやっていたのですが、

「#ロハコギフト」の投稿数は91件
「#今日もロハコ」の投稿数は959件ですが、キャンペーン3回分の投稿全てがカウントされています。

同一人物が複数回投稿していたりもするので、LOHACO規模でも100人〜300人くらいしか集められないんですね。


そして、今は自分の顔写真をSNSに投稿するのなんて、タレントか業界志望のタレント気取りか、情弱でしょう。

ただ商品の写真をアップするだけでも人は集まらないのに、顔出しさせるのなんて更にキツイ!

事件の加害者になっても被害者になっても、SNSが探されて拡散されてしまう

というのは、すでにあちこちで問題視されていること。

●スキーバス転落事故で被害者の個人情報流出に視聴者の怒り爆発

でも書きましたは、スキー旅行のバスが事故を起こしたときも、被害学生のSNSがニュースやネットでバンバンに使われていましたし、

新幹線で放火があったときも、被害者のFacebookが拡散されてました。

特に若い女性は下手に顔写真をSNSに投稿するなんて、ストーカーに狙われたくないから、これからどんどん顔出し投稿する人は減るでしょう。

●SNSへのプライベート投稿は、どこまでアリでどこまでがナシか?


危機管理のことを考えると、自宅や家の近所を撮影するのも注意が必要となります。

しかし数年前に成功したキャンペーンを例に出し、SNS投稿キャンペーンでオシャレな若者たちに拡散してもらおう!とする企業がまだまだあります。

ちなみに、TwitterやInstagramの反応をグラフ化して資料にまとめるためのプログラミングを組み込めるサービスを提供するしている会社が色々ありますが、

そういう会社にキャンペーン企画&ページデザイン&プログラミングの構築等全てお願いすると、数十万円~数百万円かかります。

それにプラスして、キャンペーン当選者へのプレゼント代や、イベントをするならイベント代、告知のための広告や媒体費がかかります。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初期化したOS10.6.8のiMacをSierraにアップデートする方法

BOOT CANPで起動出来た、と思いきや、やはりWindows画面でも画面に縦線が入った、と思ったら、ついに起動出来なくなりました…



もうこれは完全にダメた…

と思って一旦電源を抜いたのですが、やっぱり気になって再起動してみたら…

あれ?縦線出ないし、C起動が出来る!


これは私がアホだったのですが、探していたらインストーラーディスクがもう一種類出てきたのです。

前のiMac用に持ってた2005年製のiMacG5のインストーラーと、今使ってるiMacG5用の2010年製が手元にあったのです。

で、コレで立ち上げたりしていたら、またWindowsでも起動出来るようになりました。


ディスクユーティリティを使うも、Macintosh HDはマウント出来たり、出来なかったり…

修復をしても途中で「修復出来ません」と出てしまいました。

初期化しようにも、インストール先に出たMacintosh HDには「このディスクにはインストールできません」と黄色い!マークが出てしまい、更に困惑。

が、「消去」でMacintosh HDを選択し、消去してみたら、OS Xインストール先にキチンと表示されるようになったので、その隙にインストールを試みました。


そもそもグラフィックボードだかグラフィックカードだかが壊れた場合は、物理的な問題なので初期化では直らない、というようなことが、修理屋のサイトには書かれていました。

私はTime Machineにデータ保存もしていなかったので、初期化をしたら全て真っさらになってしまいます。

仕事で使用している方は初期化しないで修理に出していた可能性もありますが、でももう私はデータはすべて諦めるので、初期化で直るなら直したい!

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
Mac 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

縦線が入って起動しないiMac、Windowsから起動出来た!

先日iMacのグラフィックボードが壊れた、と書きました。

もうこれは修理に出さないと直らない、と分かっていても、今更5万円も出して直したくない…

とりあえずC起動でROMから立ち上げられないかな?

と思ったのですが、iMac自体が以前からROMを読み込めなくなっていて、外付けを買ったばかりでした。

しかし外付けに入れたROMからC起動を試みるも、立ち上がりません。


ふと、「このiMacにWindowsも入れてるけど、そっちから立ち上がらないかな?」と思いました。

とりあえず「option」を押しながら起動(Boot camp)したら、画面に縦線が出ない!

これ、なんとか出来るかも?

とりあえずWindowsを選択せず、復旧ディスクを選択してからfirst aidで修復をしてみて、再起動。

ちなみにoption起動すると、このような言語選択画面が出たあとに、起動ディスクが選べます。



縦線は消えましたが、メインディスクでは起動出来ず…。
(起動バーがフルになると勝手に電源が落ちます)


再度optionを押しながら起動。

Windowsを選択したら、無事に立ち上がり、ネットが出来ることを確認。

ってことは、このiMacはMacとしてはもうダメだけど、Windowsとしては使える!


そもそもこのiMacにWindowsを入れたのは、以前青色申告するために弥生のソフトを入れる為だったのですが、お陰でまだこのiMacが使えることが分かってホッ。

ブログを書くのには、やはりiPhoneだけじゃ不便だったのです。

これでブログの為だけにパソコンを買い直さなくても良いと分かりました。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
Mac 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iMac G5兼テレビが壊れた!原因はグラフィックボードみたい

我が家のiMacは2010年に買ったモデルです。

今まで元気に働いてくれていました。

元々テレビを買うかiMacを新しくするか悩んで、iMacでテレビを観よう!と買ったモノ。

ピクセラのStationTVと繋いでテレビを観てました。


ピクセラ 3波対応(地上 / BS / 110°CSデジタル) StationTV USB接続 テレビチューナー PIX-DT195

ちゃんと録画出来なかったり、徐々にハードディスクがいっぱいとか出て立ち上がらなくなることも多々ありましたが(外付けはまだ空きがあるのに…)、それでも空欄の録画項目を削除したら使える、というよく分からない状況でも、まだ使えてました。


Mac自体は職場にもありますが、やはり家でちょっと作業をしたいときもあるし、ブログもiPhoneだけじゃなくパソコンで作業した方が楽なこともあります。

基本的に電源は落とさず、スリープ状態にするようにしていました。

が、3日前の夜中に、いきなり勝手に再起動していて、なんか変だな?と思っていました。

翌日は帰宅したらグレー画面のまま起動していたり、スリープに何か問題でもあるのかな?と思って再起動したら



こんな縦線が入ってしまってました…。


それでも起動すると



「問題が発生したためシステムを終了しました」

とは出ますが、起動できました。

最初のうちは…


その後、うまく起動できなくなり、ネットで調べてSMCリセット、PRAMクリアをしたら起動できました。

なんとかなるかな?

と思いつつまたテレビを観て、その後またスリープ状態にしていたら、また勝手に再起動。

強制終了したまま眠り、翌朝になったら



また縦線が発生。

今度はSMCリセットやPRAMクリアをしたら縦線は消えたけど、グルグル回りながら下のバーが少しずつ増えていっても、フルになるとシステム終了してしまい、立ち上がりません…

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
Mac 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【3/18まで】花椿を手掛けた仲條正義の「IN & OUT, あるいは飲&嘔吐」展

グラフィックデザインをやっている人なら知らない人はいない、超有名グラフィックデザイナー仲條正義さんの展示「IN & OUT, あるいは飲&嘔吐」を観にギンザ・グラフィック・ギャラリーに行ってきました!

仲條正義展1

仲條正義展2

仲條正義さんは御年83歳。

40年前の作品も現在の作品も、とてもオシャレでユーモラスがあってカッコ良くて、まったく時代を感じさせないという、驚異のデザイナーさんです。

有名な作品は、「花椿」と資生堂パーラーのパッケージですが、展示会ではこの花椿が一面に飾られていました。

仲條正義展3

仲條正義展4

仲條さんは2011年まで40年間「花椿」のデザインを担当されたのですが、どれも新鮮でエッジがきいたデザインなので、よくよく見ると

「あ!このモデル20代の頃の草刈正雄だ!」「こっちは10代の頃の吉川ひなのだ!」

と、一体何年前の作品なのかデザインからは予想が出来ませんでした。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これぞ暁斎!展(渋谷文化村)の感想~グッズも可愛い!~

2/23から渋谷文化村で開催の「ゴールドマン コレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力」に行ってきました!



ポスターの元絵はこちらと同じものですね。


絵画風 壁紙ポスター(はがせるシール式) 河鍋暁斎 きょうさい 地獄太夫と一休 落款 惺々狂斎画 キャラクロ K-KNK-002S2 (332mm×603mm) 建築用壁紙+耐候性塗料

実は今まで暁斎を知らなかった私…


暁斎のフルネームは河鍋暁斎(1831~1889)、日本画家。

「ぎょうさい」だと思っていたら「きょうさい」でした。

展示されていたのは、最初のコーナーは動物たちの絵が並んでいました。

いかにもな日本画もあれば、鳥獣戯画のタッチで描いた蛙や兎など

「あれ?これ鳥獣戯画の本物だっけ?」

と思うくらい、そっくりで可愛い動物たちの絵がたくさん!

もう入り口の時点で、あまりの素敵さに夢中になってしまいました!


他にも、地獄や妖怪、幽霊などおどろおどろしいものもあれば、

墨を付け合ってはしゃぐ大人数の人たち、美しい遊女、まぐわう男女の春画などなど、

恐ろしい水墨画のような絵もあれば、マンガのように可愛いコミカルな絵もあれば、と幅の広さに感服!

春画は3月8日発売で書籍も出ます。


どれも線が美しくて、色がキレイで、もうどれも見ていて全然飽きません!

線が柔らかいものもあれば、力強いものもあれば、繊細なものもあるのですが、何ていうか、日本画の良い技法のアレコレを1人で使いこなしてる!って感じでした。

でもどれもこれも、「こういう表現好き!」ってので描かれていたので、全部お家に飾りたいくらい。


作品たちは、直接美術館でご覧になって頂くのが一番だと思いますが、行って損は無い!とだけは言い切れます。

そして出口にあるお土産品コーナーには、オリジナル商品と関連商品がたくさん並んでいました。

これぞ!暁斎展グッズ_一覧

部数限定の複製画も高いけど欲しかったな~。

そして三味線を弾く骸骨や蛙が印刷された升が並んでいたのですが、これがもう可愛い!可愛い!

ポストカードはもちろんですが、他にも手ぬぐいや扇子、スマホケースやマスキングテープなど、オリジナルの商品がたくさんありました!

更に目を引いたのが、バンダイのガチャガチャ!

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ミッフィー」「うさこちゃん」の作者ディック・ブルーナさん(89歳)が老衰

先程LINEニュースを見ていて、ディック・ブルーナさんが亡くなったことを知りました。

オランダの故郷ユトレヒトで、静かに息を引き取ったそうです。


おはようミッフィー [ ディック・ブルーナ ]

丁度今日ユニクロでもミッフィーとのコラボTシャツを見かけていました。


友人に消しゴムはんこ作家の人がいるのですが、彼女は昔からディック・ブルーナさんの大ファンで、オランダまで会いに行ったこともあるそうです。

またお手紙を書いたら、丁寧にお返事も頂いたことがあるとか!

とても良い方だったと言っていたので、ますますミッフィーのことを好きになりました。


私はディック・ブルーナさんのグラフィックデザインをまとめた本「ZWARTE BEERTJES」を持っています。


ZWARTE BEERTJES -Book Cover Designs by Dick Bruna

中にはポスターとか色々な、たくさんのディック・ブルーナさんのイラストとデザインが紹介されていて、とっても大好きな本なんですが、こちらもう絶版なんですね…


中で紹介されているポスターの中でも、この煙草を吸う男性のイラストと、クマちゃんのイラストのシリーズはすごくたくさん収録されていて、とても可愛い!

このクマちゃんは1961年の作品、



この煙草を吸う人のは1970年の作品ですって!



今見てもすごく素敵だし、可愛いですよねぇ。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2/26まで六本木ヒルズ】「マリー・アントワネット展」の感想

年末年始にHuluでベルサイユのばらを観た、と

●Huluでアニメ「ベルサイユのばら」一気見中

で書いていましたが、ちょうど観ながらマリー・アントワネットに関してググっていたときに、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで「マリー・アントワネット展」をやっていると知ったので、行ってきました!



森アーツセンターギャラリーって初めて行ったかな?久々に行ったかな?よく覚えていません。

2階でチケットを買うのに3分くらい並び、エレベーターで一気に52階まで。

以降の写真は、ちゃんと撮影可のところで撮影したものです。

ネットで見ていたら、撮影不可の場所で撮影したものをアップしたTwitterやInstagramがキュレーションメディアにまとめられていましたが、ダメですよー。


前半は肖像画の展示が続いていました。

マリー・アントワネットの両親や、ルイ15世の世代の一族の肖像画が並んでいます。

このあたりの人間関係は「ベルサイユのばら」を読んでいればバッチリ!

とまでは言えませんが、「あ!デュ・バリー夫人だ!」と興奮できちゃいます。

マリー・アントワネットのお母さんのマリア・テレジアは、どのマンガでもこの肖像画に似せているなぁと関心しました。

家系図でも肖像画が使われていて、とてもわかり易かったですね。

マリー・アントワネットの娘の肖像画、かわいすぎます!




こちらはマリー・アントワネットのお部屋「プチ・アパルトマン」を再現した空間。





レースがふんだんに使われたカーテンやテーブルクロスが乙女心をくすぐります!



撮影可能の場所はこちらと、もう一箇所ありましたので続きます!

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャネルNo.5のCMで惚れた!演出・振付家フィリップ・ドゥクフレ!

リリーローズメロディ、今はリリーローズ・デップで活躍してる、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘ちゃんの、今やってるシャネルNo.5のCM、美しすぎますよね!



目元の力強さはお父さん似だけど、全体の雰囲気はお母さん似だなぁ。

私、子供の頃にヴァネッサ・パラディのシャネルのCMを観て、すっっっっっっごく好きで好きでずっと忘れられませんでした。

以前は動画がYouTubeに無かったんですが、今は公式が上げてくれてますね。



これ1991年のCMだったんですね。えーと、今から25年前か!


で、このCMの演出をした演出・振付家フィリップ・ドゥクフレの舞台も2006年に観に行ってます。

今調べたら10月末に埼玉でフィリップ・ドゥクフレ カンパニーDCA『CONTACT-コンタクト』ってのやってたんですね!行きたかった!



あーこういう情報ってちゃんと追ってないと入ってきませんよね…

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます