母が手術することになった、と従姉妹から連絡が来ました。

私と兄は最近両親と距離を置いていたので、先に叔母に連絡が行っていたようです。

これで連絡したら、また頼ろうとしてくるかもな〜先に兄に相談しようかな〜と思ったのですが、とりあえず家族のグループメールに

「手術するって聞いたけど大丈夫なの?」
とメールしました。

その後すぐに、グループメールではなく、私個人のアドレスに、

「明日検査結果が出てから連絡しようと思っていた」

ということと、諸々経緯が書かれていました。


何故、兄も読むグループメールではなく、私個人宛に送ってくるのか…?

嫌な予感がしたため、昼休みが終わる頃だったこともあり、そのまま返信は夜にしよう、と画面を閉じました。

それから1時間後に、父からグループメールに、手術のことと近況と共に

「返信が無い、とママが悲しがっている。

親を大切にしたいと思ったときには遅いよ

という脅し文句が書かれていました…。


何故、兄は仕事中にメール返信をしない、それだけでなく休日でさえも返信しなくても

「お兄ちゃんは仕事が忙しいから」で許され、

私は仕事中に返信しないことを責められなければいけないのか?

これが嫌だから、私は両親と距離を置くことにしたんです。

こういうことを男兄弟がいる同世代〜年上の女性に話すと

「親ってのは、嫁よりも実の娘に面倒を見てもらいたいって思ってるものだから仕方ないよ。

可愛がっているのは息子でも、自由に使って良いのは娘だと思ってるんだよ」


と説得するような口調で言われます。いやいや、何故なの?おかしくね?
PR

ネットでググると

「男は食事や介護の手伝いなんて能力的にうまく出来ない人が多いから、家事に長けた娘に手伝ってほしいと思うのが普通」

という回答が多く出てきました。

または「そういうのは家庭によるから、ネットで聞いても仕方ない」とか「ウチもそうです」とか。


私が専業主婦になっていたり、子育てしながらパートしている主婦くらいだったら、まぁ頼られるのも分からなくないです。

いや、実際問題は独身の私より子育て中のママさんの方が忙しいだろうとは思うのですが、家事に協力してくれる旦那さんなり、旦那さんのご両親なりがいるのであれば、実家に行くのもアリかも?と。

でも、私は普通に男女関係ない仕事をしているのに、何故兄は「仕事」で許され、私は許されないのか…?

私より兄のほうが家事は得意なのに?


まぁこれは兄妹が男女に分かれているだけまだマシ、というか、男だけの兄弟とか、女だけの姉妹とかでも、一人にだけ負担がいくことはあるそうです。

私の兄は「俺の代わりにお前が行け」と私に言うような人ではなく、ただただ、どちらとの距離を置き、嫁を大事にして暮らしたい人です。

私も別に、兄嫁に親の面倒を一人で見てもらいたいとは思いません。

3人で協力し合おう?とは思いますが。

でも私、嫁に行ったら旦那の親の世話を実の親より優先したいけどね。実の親、好きじゃないから。


って言うか、私も兄も祖父母の介護とか見たことなくて、親もヒステリックだから好きじゃない。

温かい普通の田舎の家庭で育った兄嫁だけが、真っ当な人です。

そんな子供に育てた両親が、娘に仕事より自分たちを優先しろって言うのは、無理ですわ。

兄と話し合って、平等にするのじゃなきゃ嫌だ!

と私は思っているのに、両親はそう思ってくれなんですよ…


親の介護のために会社を辞めたりする人、今増えてるそうですね。

偉いですよねぇ。すごいなぁ。親、良い人なんだろうなぁ。

嫌いでも、「家族だから仕方ない」って面倒見る人もいるんだろうなぁ。

老人ホームで寂しく暮らすお年寄りの特集とか、よくテレビとかマンガで見ますけど、あれ、どんな育て方をしたのか次第でもありますからね。

教育を受けさせて、衣食住を与えたってだけじゃなく、愛情を与えたかどうかだと思うのですが。


あー返信するの、面倒だなぁ。

こういうこと言うと、従姉妹に怒られるんですけどねー。

怒る人の正論も分かるけど、心がついていかないんです。

「親を大事にしたいと思ったときには遅い」と言われても「大事にしたいと思う日が来るかしらねぇ?」って感じですが。

孫もいないんだし、あんまり長生きしない方が幸せだと思うけどなぁ。

あ、これ、あくまでも本音をそのまま書いているだけなので。

自分の意見が正しいと思っているワケではないんです。

でも嫌だな〜納得いかないな、という愚痴でした。
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加