PR


記事一覧

No Image

2018-01-20 ビットコイン
Googleトレンドでビットコインについて調べている人の多さを調べられることを知りました!下記に貼っているのはリアルタイムで更新されていく画面なので、時間とともに表示される都道府県は変わっていくと思うのですが、とりあえずここ1週間でどの地域の人が多くググっているのか、が表示されています。 2018年1月20日現在はカテゴリ: すべてのカテゴリ国/地域,ビットコイン: (2018/01/13 23:13~2018/01/20 23:13)東京都,100大阪...

記事を読む

No Image

2018-01-20 B'z
今の若い人は知らないと思いますが、元々B'zは小室哲哉のTMネットワークの弟分でした。松本孝弘がTMネットワークのバックで演奏していたことから始まり、服装もTMネットワークのような肩パット入りのキラキラしたのを着てデビューしています。ちなみにデビュー直後くらいに、稲葉さんはTUBEの前田さんの為に曲を作ったことがあります。B'zの人気がで始めた頃は、TMネットワークのファンとB'zのファンは被っていました。同派閥の中...

記事を読む

2018-01-20 ビットコイン
ビットコイン含む仮想通貨の暴落がニュースになっていましたが、その後急速に回復してきていて、私の一時マイナス1万円だった損益はマイナス5,500円になってきました。1/20暴落後1/17暴落中1/12暴落前でも、ニュースでは大暴落は取り上げられても、回復しつつあることは言わないので、仮想通貨を買っていない人達は「そんな怪しいモノに手を出した人が悪い。損するのは当たり前」と、もう終わったことのように話し続けていて、うー...

記事を読む

2018-01-18 ビットコイン
昨日はビットコインがものすごい暴落でニュースになっていましたが、少しずつ回復してきています。朝起きてから、損になるかもしれないなぁと思いつつも、初めてビットフライヤーライトニングでビットコインをイーサに変えてみました。これ、今まで使い方をググってもよくわかりませんでした。というのも「売り」と「買い」のどちらを選べば良いのかわからなかったのです。のに、説明を調べても「簡単にビットコインをイーサに変え...

記事を読む

2018-01-17 ビットコイン
今日は仮想通貨界隈では色んな情報が飛び交っています。ある意味祭りに参加できておもしろい!で、全然仮想通貨のこと、ブロックチェーンのことが分からずに発言している人が多くて、笑ってしまいました。中でもコレは酷いな、と思ったのが、ロケットニュースで佐藤英典というライターが●【リアル】仮想通貨暴落で損こいた? ビットコイン保有者に「2日でいくら損したのか」聞いてみた!という記事で書いていた内容です。昨年ビッ...

記事を読む

和歌山はビットコインに興味津々!一番興味がない県はどこ?

Googleトレンドでビットコインについて調べている人の多さを調べられることを知りました!

下記に貼っているのはリアルタイムで更新されていく画面なので、時間とともに表示される都道府県は変わっていくと思うのですが、とりあえずここ1週間でどの地域の人が多くググっているのか、が表示されています。



2018年1月20日現在は

カテゴリ: すべてのカテゴリ

国/地域,ビットコイン: (2018/01/13 23:13~2018/01/20 23:13)
東京都,100
大阪府,80
和歌山県,77

沖縄県,77
福岡県,76
愛知県,76
兵庫県,75
愛媛県,73
神奈川県,72
広島県,71
高知県,71
三重県,70
京都府,70
奈良県,69
埼玉県,68
千葉県,68
岐阜県,68
石川県,68
滋賀県,67
福井県,66
静岡県,66
岡山県,65
富山県,64
徳島県,63
香川県,62
北海道,62
熊本県,61
山梨県,60
長野県,60
大分県,59
茨城県,58
島根県,58
栃木県,57
鳥取県,57
群馬県,57
山口県,57
福島県,56
佐賀県,56
宮城県,56
宮崎県,55
岩手県,53
山形県,51
新潟県,51
長崎県,51
秋田県,49
鹿児島県,48
青森県,48


意外なことに、和歌山県がベスト3に入っています!

そして元々ググるということをあまりしない東北の秋田県と青森県がワースト3位に入っていますね。

いかに東北の人がググらないかはこちらに書きました。

●東北にはまだインターネットが普及していないんですか?


東京と大阪は人口の多さ的にググる人が多いのも納得なのですが、和歌山県は意外でした。

沖縄県も多いですが、元々沖縄はググる率も高いという印象があります。

これは地元の人だけでなく、観光客がググっているというのもあるんでしょうか?

神奈川県は思っていたより低いですね。

愛知県、兵庫県、愛媛県より下ということは、ビットコインで儲けたい、みたいな人がそんなにいないということですかね。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引退する小室哲哉、生き残れたB'zの違い

  •  投稿日:2018-01-20
  •  カテゴリ:B'z
今の若い人は知らないと思いますが、元々B'zは小室哲哉のTMネットワークの弟分でした。

松本孝弘がTMネットワークのバックで演奏していたことから始まり、服装もTMネットワークのような肩パット入りのキラキラしたのを着てデビューしています。

ちなみにデビュー直後くらいに、稲葉さんはTUBEの前田さんの為に曲を作ったことがあります。

B'zの人気がで始めた頃は、TMネットワークのファンとB'zのファンは被っていました。

同派閥の中で、稲葉さんは一番の弟分扱いだったので、いつまでも可愛い子供ノリのままでしたね。

私は初めて好きになったのがB'zでしたが、周囲にはTMネットワークファンはたくさんいました。


シンセサイザーを使って新しい日本の音楽ブームを作り出した小室哲哉の後身は、Accessになりました。

その流れで西川貴教もいますね。

B'zはどんどんロックを取り入れていって、シンセサイザーより技術力を売りにした海外のロックバンドのノリとJポップを融合させたバンドになり、今も大人気。

B'zの後続のようなT-BOLANとかワンズもいたのですが、そちらは消えたと言っては失礼ですが、気付いたら名前を聞かなくなりました。


この辺りの音楽ブームの流れは、雑誌等で書かれていることもあるのかもしれませんが、私は読んだことがありません。

B'zの1ファンとして思うことを書いていていきます。

TMNの活動を休止し、安室奈美恵や華原朋美や篠原涼子やTRFやglobeのプロデュースをし、爆発的な人気となったし、本人もよく出演していました。

一方B'zは着々と自分達の気持ち良いと思う音楽を追求していってたと思います。

先日のライブでも稲葉さんは

「古いとか新しいとかは、もう考えても仕方ないから」

と言っていましたが、B'zの曲はTMネットワークに近かったのは「Lady navigation」くらいまで、デビューから5年間くらいだったのかな?と思います。

私にはこの25年間でそこまで大きくイメージを変えずにやってきている感じがします。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースにならない仮想通貨の回復とチューリップバブルの違い

ビットコイン含む仮想通貨の暴落がニュースになっていましたが、その後急速に回復してきていて、私の一時マイナス1万円だった損益はマイナス5,500円になってきました。

1/20暴落後



1/17暴落中



1/12暴落前




でも、ニュースでは大暴落は取り上げられても、回復しつつあることは言わないので、仮想通貨を買っていない人達は

「そんな怪しいモノに手を出した人が悪い。損するのは当たり前」

と、もう終わったことのように話し続けていて、うーん…と思っています。

過去4年間仮想通貨は1月中旬には暴落していたので、今回もそれと同じでは、という説もあるのですが、コレはニュースにはなってませんね。


イケダハヤトのジョークツイート「仮想通貨引退します」がニュースで使われていて、笑ってしまいました。

また、今回の暴落で「1,600万円の損失を出した」という方が話題になりましたが、FXで損失を出した人と、コイン自体を保有している人の損失は別物なんですよね。

そこもごっちゃになってニュースになっていて

「仮想通貨を買った人が大金を失った。ザマァ」

というコメントをたくさん見かけます。


韓国では仮想通貨絡みの詐欺等、若者が就職難なので仮想通貨にハマる一方で問題も起こっているから、と取引所閉鎖を考えている、との報道がまたありました。

ヨーロッパでも規制を考えていくそうです。

これを見て日本人がアンチ仮想通貨になって、ブロックチェーンを知らないまま否定するのは残念だなぁと思います。

一応、日本人の「ナカモト サトシ」が考案したものだし。

ビックカメラで既に支払いが出来るし、ぐるなび決済も始まるけど、それもニュースでは言わないので、いまだに

「単なるデータ上のお金だから価値がない」

って思ってる人が多い。

で、そうやって実情を知らない人に詐欺師が近寄って

「ブロックチェーンはこんなにすごいから、仮想通貨はまだまだ伸びる」

って話して、詐欺と絡めて勧めてしまうのも原因の一つなんじゃないかと思います。


仮想通貨の単純なメリットとして

●両替しないで海外で買い物ができる

●店舗の負担金がクレジットカードより安い

●枚数が有限なので、インフレを起こさない

ので、東京オリンピックの時に外国人観光客が支払いをしやすくなるから、日本では受け入れ体制を整えているので、通貨の価格変動以外にそういう説明も付け加えて、詐欺の注意点も伝えた方がいいのでは?

「チューリップバブルと同じ」
「小豆相場と同じ」

と言われていますが、それよりは

「ITバブルと同じ」

だと思います。


ITバブルの時のように、怪しい仮想通貨ビジネスとか、価値の無いコインは無くなり、キチンと使えるコインだけ残るのかな?と思いますが、それがビットコインなのかは分かりません。

イーサはイーサリアムのベースがしっかりあるから今年は伸びると言われていますが、どうなんでしょう?

とりあえず、私はITバブルがイマイチ分からないまま生きてきましたが、そのバブル期に色々あったからこそ、今パソコンで仕事して、Wi-Fiを使って遊べているのは確か。

ヨーロッパの規制も「禁止」という意味ではなく、危険性を伝えるということなら、かえって良い情報だという見方もあります。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットフライヤーライトニングでビットコインをイーサに変えるには「買い」を選ぶ

昨日はビットコインがものすごい暴落でニュースになっていましたが、少しずつ回復してきています。



朝起きてから、損になるかもしれないなぁと思いつつも、初めてビットフライヤーライトニングでビットコインをイーサに変えてみました。

これ、今まで使い方をググってもよくわかりませんでした。

というのも「売り」と「買い」のどちらを選べば良いのかわからなかったのです。

のに、説明を調べても「簡単にビットコインをイーサに変えられます」としか出ていなくて…

ということで、ビットコインをイーサに変える方法を書いておきますね。


まずbitFlyer Lightningを立ち上げ、左上のメニューの隣のプルダウンからETH/BTCを選択します。

2018年1月現在は下から2番目にあります。



最終取引価格を確認します。



1ETCが0.08999BTCってレートで取引されてる画面、です。

ということは、ここの数字が低い方がイーサに変えるのはお得、ということでしょうか?


数量のところに買いたいイーサの数字を入れます。

私は0.02ETCと入れました。

で「買い」のボタンを押したら、数秒後に確定しました。



イーサを買いたいなら「買い」、イーサを売ってビットコインに変えたいなら「売り」ってことなんですね。

いや、ETC/BTCって書いてあるから分かるでしょ?と思ってる方が多いのでしょうが、わからないです…
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【嘘発見】ロケットニュースで佐藤英典がビットコイン暴落便乗で誤記事をアップしてる

今日は仮想通貨界隈では色んな情報が飛び交っています。

ある意味祭りに参加できておもしろい!

で、全然仮想通貨のこと、ブロックチェーンのことが分からずに発言している人が多くて、笑ってしまいました。

中でもコレは酷いな、と思ったのが、ロケットニュースで佐藤英典というライターが

●【リアル】仮想通貨暴落で損こいた? ビットコイン保有者に「2日でいくら損したのか」聞いてみた!

という記事で書いていた内容です。

昨年ビットコイン1枚100万円で買い、2ヶ月間で100万円儲かったという知人に、今回の暴落でいくら損をしたのか?と聞いてみたら

「2日で100万円損した」

と言っていた、と書いていました。

いやいやいや、ビットコインの価格は確かに下落しているけど、100万円にはなっていませんから!



本当に1BTCを100万円で買ったのなら、今120万円台なので20万円儲けてます。


一時期1BTCが200万円だった時と比べたら-100万円近くなっているでしょうが、それは損をした、とは言いません。

そもそも昨年売却していないなら、儲かったという100万円はあくまで数字上増えていただけで、現金として儲かっていたわけではありません。

それに、昨年末好調だったビットコインが年明けあたりを境にジリジリと値を下げたって書いてますけど、1月5日あたりに高騰して190万円近くなっていました。

あと12月末にも一度暴落しているから、その知人はその時点で50万円減った、を経験していたはずです。


この人チャートもろくに見ないで、ビットコインの価格も分からないで記事書いて、それでお金もらってるの?

っていうかそれでライター名乗れちゃうんだ?

「儲かった」「損した」とか人が食いつきやすいと思う言葉選びをしているのでしょうが、ワザと誤解をされやすい書き方をしたり、嘘を書くのはどうなんですか?

しかも最後には「プラマイ0なら損しなくて良かったね!めでたしめでたし」とか、もう終わったことのように書いていますが、この知人がビットコインを売却しない限りは、終わりません。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます