日曜日夜に39.7°Cに上がった熱は、月曜朝には38°Cなり、午後には36.8°Cと平熱に。

解熱剤も飲み、日中はグダグダと眠ったり起きたりし、夜には元気になってきたのでお粥やプチシェイクを食べ、薬は飲まずにまた寝ました。

少し咳が出て、たまーに薄黄色い痰は出るけど、ものすごく不調な感じは無く、深夜に月曜から夜ふかしも観ていたのですが、その後少し熱っぽく。

測ると37.5°Cになっていたため、慌ててベッドに入るとゾクゾク寒気と足の痛みが。

テレビを観ていたときも、エアコンつけて温かくしてたのにー。

そして朝、熱を測ると37.8°C。

結局昨日は解熱剤で下がっていただけ?


インフルエンザの検査は1回目は陰性でも翌日陽性になることがある、と言いますが、
同僚はまさにそれで、土曜日陰性、その後高熱が出たので日曜日に再検査をしたら陽性となったそうです。

ちなみに木曜日に3人で会議室で打ち合わせをした内の、男性が金曜日に体調を崩してインフルエンザに、女性が土曜日に体調を崩してインフルエンザに、
で、私が日曜日に体調を崩したため、インフルエンザ疑惑が濃厚。

もしインフルエンザなら、あの男性が感染源だわ…
PR

ということで、再検査をしに行ってきますー。

でも昨日の病院は嫌だから、前に通ってた病院にしよう。

一応上司には逐一連絡を入れていますが、

「インフルエンザで何日も休む人は甘えてますよね?」

という質問がネットにあり、まだそんな認識の人がいるんだなーと驚きます。

接客業の人で、シフトの都合でインフルエンザでも出勤させられるって方も。

私としては、2~3日休んで感染させない方が良い、と思っていたのですが、最近は1週間は出勤させないというルールになっているようで、

「休んでくれ」

と会社から言われています…。
やだ…有給こんなんで使いたくないよー。


さて、2回目のインフルエンザ検査は…

最初
「反応出てないからインフルじゃないね」
と言われたのですが(おじいちゃん先生ならタメ口でも気にならない)、

「ん?ちょっと待って…あーうっすらだけどB型に反応出てるね。」と!

覗き込むと、光に当てたらうっすーら線があるかな?レベルなのですが、

「うっすらでも反応出てるから、インフルね」

とアッサリ言われ、診断書とイナビルという吸入の薬を出されました。

ちなみに、発症日を0日とし、そこから5日間は外出禁止。
かつ熱が下がってから2日経っていないとダメなので、熱が下がるのが遅くなればそれだけ復帰日は遅れるとのことです。

疑った感染源はA型だったので別の感染源があるみたい。なんなのー!
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加