さすが動物好き中村倫也、外来亜種の蝶「アカボシゴマダラ」の飼育は違法と注意喚起

2019年09月14日
中村倫也 0
PR
先日、中村倫也が撮影中に見かけた蝶を「アゲハさんがやってきましたとさっ」と紹介していました。

が、その後リプで複数の方々が

「それはアゲハではなく、タテハチョウの仲間のアカボシゴマダラで、特定外来種ですよ」

と教えてあげていて、それを受けて中村倫也は

と、真面目に「捕まえて飼育したら違法だそうです」と注意拡散。

さすが動物好きさん…!

ちなみに私も調べてみたところ「ゴマダラチョウ」自体は日本にもいる種類だけれど、


ひみつのゴマちゃん: ゴマダラチョウの不思議な生活

「アカボシゴマダラ」は東南アジアのものだけれど、誰かがゲリラ的に日本に放ったものが定着している可能性があるのだとか。

…ゲリラ的に日本にいない蝶を放って拡散させようとする人とは…?

そして「特定外来種」とは「環境破壊の可能性があるので危険」として環境省が定めている生物のこと。



捕まえて飼育したら違法、とはなっていますが、現在は埼玉や東京にも生息しているため、公園で見かける方も多いようです。
PR

そして中村倫也が好きだという「アオスジアゲハ」は、こういう子でした。


NatureScience コーティング標本 アオスジアゲハ

青い蝶はキレイですよね。

しかし生物に関するルールって、調べてみないと知らないこと多い!

道路にメジロの雛鳥が落ちていたら、連れ帰ってはダメ

昨日の帰り道、鳥が地面ではね飛びながらピーピー鳴いていました。見るとウグイスのような緑色の小鳥で、その側には20代前半くらいの青年がスマホ片手に立ち尽くしていました。その時は鳥の種類が分からなかったのですが、ググッとてみると「メジロ」だったようです。どうしたんだろ?と思って見ると、青年の足元で親指の先くらいの雛鳥がピーピー鳴いていて、どうもはね飛んでるのは親鳥みたい?巣から雛鳥が落ちてしまったのか、...



で書きましたが、巣立ちが出来るのか不安な雛鳥も保護してはいけないルールになっていたりしますし。

蝶をマジマジと見ることも、種類を調べることも普段無かったので、中村倫也のお陰で「アカボシゴマダラ」という種類がいると知ることができました。

わざわざ注意喚起するとか、ほんっと動物好きさん!

でもって、ファンのリプをちゃんと読んでるってことですよね。

そういう部分でも、ファンをホッコリさせる方だなぁと改めて思いました。

前もリプ祭してましたもんね。

中村倫也、ファンの質問に答えるリプ祭り開催!

食後にTwitterを開いたら、中村倫也が誰かの質問にリプしているツイートが見えました。ん?この人、一般人アカぽいけど、なんなんだろ?前にも中村倫也がファンにリプしているのを見かけたことがありますが、それ?と思って改めて彼のアカウントを見たら…美容院の待ち時間なう。超久しぶりにみんなからの質問にでも答えようかな。— 中村倫也 (@senritsutareme) 2019年4月27日美容院の待ち時間に、ファンの質問に11個も答えて...



こんなに売れているのに、マメで偉い…!
関連記事
ベストコスメ45冠受賞!【POLA】リンクルショット

気に入ったらシェア!

コメント0件

コメントはまだありません
更新順
  1. NEWER ENTRY

    「氷像コンテスト」攻略法〜アナ雪フリーフォール

  2. OLDER ENTRY

    「#凪のお暇 」6巻ネタバレ感想~ドラマ9話との相違点で、凪母が毒親の理由判明

同カテゴリ
中村倫也
  1. OLDER ENTRY

    「#凪のお暇 」6巻ネタバレ感想~ドラマ9話との相違点で、凪母が毒親の理由判明