2024年個人FC2ブログはアクセス数激減、のGoogleコアアップデート

2024年01月15日
このブログのこと 0
このブログを始めてからもうすぐ10年になります。

最初はJAL陸マイラーのブログとして始め、どんどん趣味に特化していき、一時はかなり収益もありましたが、Googleのコアアップデートが起こるたびにアクセス数が減るようになり、それも最初はネタにしていたけど、今はもう確認するのさえ面倒になってきちゃいましたね。

月間10万PV超えてたのが、今は3万PVちょっとになり、収益も半分以下どころか1/4くらいになってきています。

毎日のアクセス数は9,000を越えていたときもあるのに、今じゃ1,000以下になる日が増えてしまった…

FC2ブログ_アクセス数激減_Googleコアアップデート

Googleコアアップデートでブログアクセス数2019年3月から激減!の対策

Googleコアアップデートでブログアクセス数2019年3月から激減!の対策

3月12日にGoogleが検索結果を大きく変えるアルゴリズムの更新をし、多くのサイトやブログの検索順位が変動しています。今回のは「コアアップデート」と呼ばれていますが、去年もデカイ変動があり、そこからなんとか回復してきた、と思っていたうちのブログも15日辺りから被害を受け始めました。そして19日以降は半分以下のアクセス数に落ちています。はぁ…こりゃブロガーが「ブログはもうオワコン」って捨て台詞吐いて去っていくわ...



別に推しのことは趣味で書いてるから良いけど、でも私が書いたことをリライトした他ブログが検索上位になっていたり、ちゃんとインデックスされている自分のブログが検索結果に出てこないこともあり、

あー、噂通り、Googleはもう個人ブログは無くしていきたいんだな

と感じています。

八木勇征の出身大学とか、ファンの私がブログに書いた後、それをそのまま使ったファンでも無い人の他のブログが上位に来る、とか、納得いかないんですけどね。(しかもこれより上にまだ数サイトあり、新規ファンでも「ググっても八木勇征の出身大学が出てこない」とSNSでボヤいていました)

ドメインが.comのところが今は上位表示されやすいのかな?

八木勇征の出身大学_関東学院大学中退

八木勇征の学歴は東京国際大学人間社会学部を中退、らしい

八木勇征の学歴は東京国際大学人間社会学部を中退、らしい

八木勇征にハマり出した時に一通りプロフィールを確認したのですが、その時には「スポーツ推薦で高校(堀越高校)と大学に進学した」しか分かりませんでした。しかもネタブログ系が「美しい彼」が流行り出した頃に書いたものだったから、根拠が不明。(それ系はファンじゃない人が、アクセス数稼ぎで話題になりそうな人のことをネットで調べてまとめるだけだから…)特に大学に関しては、「サッカー部が関東2部リーグだった」という...



数年前のコアアップデートの段階で、それまで大金を稼いでいた方もブログを止めていきました。

とは言え、私は自分が仕事や趣味で検索をしている時、個人ブログに書かれていることのお陰で助かることもまだまだあるから、止めるつもりはありません。

Wikipediaに書かれていることだと情報が足りず、検索結果に出てきたものでも上位のモノだと知りたいことが書かれていず…で、更に下の方へスクロールしたら有益な情報が出てきた!ということ、よくあります。

Googleのコアアップデートは、企業サイトを上位表示するようになった、というのもあり、体調悪い時に似た症状の人の話を読みたいのに、色んな病院が書いている同内容のサイトばかり上位表示されることもあって、どんどん「ググれカス」と言えなくなってきている昨今。

推しのことを調べる時も、アクセス数稼ぎの誤情報ブログばかり出てくるのは、本当に困ります。

中村悠一のこと調べた時も、ファンなら配信部屋と分かっている部屋の画像貼って「中村悠一の自宅」と書いてるブログが上位に出てきちゃうし…

ブログをやっている人には、「コアアップデートの対応をしましょう」とか「様子を見ましょう」とか「リライトしましょう」とか色んなアドバイスをしているサイトもありますが、こればかりはもう、どこまで本気でブログを上位表示させたいと思っているか?次第なのかなぁ。

X(旧Twitter)の方が検索しやすい、と思っていた時期もありましたが、今は外国人がトレンド入りしてるキーワードを無闇にハッシュタグに入れてるモノばかり表示されるようになっちゃいましたね。

インプレッションが多いと収益化出来るから、だそうですが、明らかに他人のポストをコピペし、動物や無関係な画像や動画を貼っているアカウントは、私は見つけ次第どんどんブロックしています。

名前もアラビア語みたいなアカウント名のが多いですねー。

これはもうイタチごっこ状態なので、いくらブロックしてもどんどん新規アカウントが作成されているみたいで、疲れてきましたが…

ブログからYouTuberに転身したり、セミナーを開いたりとか、色んな活路を見出し、そこでまた頭打ちになる方々もよく見かけます。

結局、私だって一般人のYouTubeよりも、わしゃがなTVとか中村悠一の個人配信を観たいし、それだけで時間はかなり使ってしまっているからなぁ。

あと、テキストの説明より動画の方が良い、という説も以前は見かけましたが、私は必要な情報のところまで動画を見続けるのがダルいので、あまり得策ではないなと思ってました。

動画の方が分かりやすいものも無くはないけど、それは内容によるし。

一つだけ言えるのは、長期間運営しているブログだから評価される、ということは無い、のが今のGoogleの判断です。

八木勇征の情報に関しては、アメブロのファンブログがオススメに出てくることが多いですね。

短文だし、無断転載しまくりだし、そんなに大したことは書かれていないのだけど、オススメに出てくるのよねぇ。
こういうブロガー側の意見と、ググっている利用者の意見、Googleに広告費を支払っている企業、どこの意見をGoogleが取り入れていくかは分かりません。

SNSってこういうシステム変更を急に行いますしね。

知人がXでトレンドの上に表示される広告の制作に関わっていたのですが、ちょうど掲載開始になった日にXの仕様が変更になり、思ったような効果が出なかったこともありました。

依頼したクライアントは数千万円かけて広告を打ってるのに、まさかX自体が仕様変更するのを知らされていなかったとは…鬼…

Googleもそういうことをこれからもどんどんしていくでしょう。

私のブログの場合は、Xの検索に引っかかって欲しいから、と「八木勇征」という名前を記事タイトルに入れているため、その多くが「同じ記事」と判断されているのか、書いている中身もタイトルの内容も違うけれど、検索から除外されるようになっています。

Google的には、1つの記事にまとめろや

と思っているのかもしれないけど、それじゃ読む側は必要な情報にたどり着くまでにスクロールしまくらなきゃいけなくなるから、ユーザビリティとしては良くないですよねぇ。

ちなみに私はFC2ブログの有料版で独自ドメインを使用していますが、FC2ブログは特に他のエロ系のせいで検索順位が落ちやすいという噂もあります。

でもそうじゃなくワードプレスでやっていても落ちるところは落ちるから、答えはわからないかなぁ。

何が言いたいか、というと、単なる愚痴です。

だって、せっかくこれ良い情報!と思って書いたのに、それが同担に見つけてもらえないのは残念だしさ。

リライトしなくきゃいけない過去記事がたくさんあって、放置している自分も悪いんですけどね。

Amazonも画像リンクが貼れなくなり、過去のものがリンク切れになってしまっていて、それを直さないといけないのですが、あまりに大量過ぎて放置中です…

そんな対応している時間があったら、推し活とか英語の勉強したいもん。

と割り切れないFC2ブログユーザーの方々、どうしてますか?

アクセス数とか関係ないぜ!ブログ書くの楽しいから良し!という人が報われる状況がまた来ると良いですね…

ブログをやっていない、ただググることはある、という方は、こんな風にしてGoogle側の原因で過去に読んだ記事が見つからなくなったりする、ということにご留意下さい。

下手すると記事タイトルで検索しても出てこない(ブログ自体は削除されていないが、インデックス除外されている)なんてこともありますから…

Google AdSenseの収益計算方法も変わるというし、どうなることやら、なのですが、結局企業側が変更を加えたことにより、Xのようなスパムとか悪徳な方法を考える人が大量発生してしまうというのは、皮肉が過ぎると思います。

個人的には、悪いことしていないし、Googleの規約違反になることはしていないんだけどなぁ。

推しをもっと広めたい!と思っている心さえ、Googleが「邪魔」と思っているなら、ションボリです…

ってくらい最近私、八木勇征のことしか書いていないからね…

一時は「こんなに八木勇征のことを書いても検索されていないって、彼は本当は人気ないの!?」と不安になったのですが(新田真剣佑の時はアクセス数がすごく増えたので)、やはりこれはGoogleの仕様のせい、だと思います。

推しの認知度をもっと高められるよう、私も今後ちょっとやり方調べて対応していきますね。

ブログで稼ぎたい!という方の役には立たない愚痴ですが、大変なのは自分だけじゃない、と思っていただければ幸いです…
関連記事
※当ブログ記事内には、実際に購入・使用した感想に基づく商品プロモーションを含んでいます。