八木勇征を「美しい彼」の清居奏の流れで推しにするか検討中

2023年05月18日
八木勇征 0
ネットをみていると、「美しい彼」経由で八木勇征にハマり、

●FANTASTICS from EXILE TRIBEまで追って箱推しになった人


FANTASTIC VOYAGE(CD+Blu-ray2枚組)

●あくまでも清居(ひらきよ)の八木勇征を求めている人


【Amazon.co.jp限定】美しい彼 Blu-ray BOX(L版ブロマイド2枚セット付)

●熱愛報道で離れた人




とか色々いるようですね?

私はど新規なので、まずは「美しい彼」絡みの番宣動画を観たり、今やってる「ホスト相続しちゃいました」や



「夜な夜な不思議の館にて ~御曹司・八木勇征からの招待状~ supported by 原神」を観つつ、



FANTASTICSメンバーのYouTubeチャンネルで彼の出てる部分をチラホラ見始めているところです。

あと「沼る。港区女子高生」と、それに付随する配信ドラマも観てみました。



沼る。港区女子高生

タイトルでイメージしていたのと違うストーリーだったのと、八木勇征の役もいかにもイケメン枠かと思ったら実は主人公の実兄という設定で、ちょっとビックリしました。

リアリティーショーの劇中劇の方は、あくまで本人ではなく園宮蓮役として出ていたので、影のある大人しいイケメン役がキラッキラしてました…

あと「FUN!FUN!FANTASTICS」も観てみましたが、アイドル番組っぽくて、こういうの久々に観たなぁ。

私はバブル期の頃まだ子供だったので、20代の子らと同感覚で

「え?タクシー運転手が客を選んで、窓の隙間から10万円投げ入れたら乗れる、なんてことあったの⁉︎」

とビックリしましたね。

2の方では大黒摩季がゲスト出演していたので、B’zファンとしては

「そっかー、B’zは学園祭周りとか、商店街でヒソッと宣伝活動させられた時期あったとは聞いてたけど、でもあっという間に爆売れしたからなぁ。

バックコーラスからデビューまで色々あった大黒摩季とはまた違うのねぇ。

しかも、ZARDとかは大黒摩季がデビューした後もご指名でバックコーラスを頼んできてた、と話してたけど、そこに挙がる名前の中にB’zが入ってなかった…

とか感慨深かったです。

サバサバ強気のマキ姐って感じで話していたのに、八木勇征から「ら・ら・ら」を歌わせて欲しいと頼まれ、最初は「何もしてもらってないのに~?」と強気だったのが

「じゃあ、この後どこ行きます?」

と目を見つめながら微笑まれたら

「その顔で言われたらヤバイ」

とメロってしまうマキ姐。


反応に喜んだ後、照れ臭そうに八木勇征が自分の頬を押さえて下向いてるのも可愛かったですねー。

FUN!FUN!FANTASTICS SEASON2


今まで私がブログに新田真剣佑のこととか書くと

「おばさんが若いイケメン追い回しててキモい」

というコメントが何度か来たりしてたんですが、おばさんだからこそ、こういうやり取りに笑いながらキュンとするもんなんですよ。

あと私ブロガーだから、本当に興味持ったことしか書かないけど、でも「これは話題になりそうなネタ」はやはりネット情報漁りつつ、自分の意見を書いてはいます。

その流れで、ガーシーが暴露系YouTuberになる前からネタにしていたくらいですからね。

私はめちゃくちゃミーハーだから、既に人気ある人を後追いすることが多いけど、他のファンのツイート漁って貼るだけのまとめアフィをする気は無い。

現時点で八木勇征の過去をまとめたアフィサイトはいくつかありますが、間違ってるものもあったり、それは今は言わないであげればよいのになぁと思うものもありますね。

自分も楽しみつつ、このネタいける、をファン目線で探って書いてまとめるのが趣味なので、本人がまとめられたら嫌だろうなということまではしたくない。

若い子のリアコと違って、イケメンはファンタジーとして楽しめる!

おばちゃんファンも若い子の心も掴む、器用な臨機応変な対応をしつつ、ピュアさも見せる美形の八木勇征には、こう言うとアレだけど「第2のピーク時の新田真剣佑」と思わされています。

実際、まだ八木勇征を知らない周囲の人に彼の写真を見せると

「この角度の写真、まっけんじゃないの?」

と言われがち。

昨年の熱愛とか匂わせに対するファンの怒りツイートまとめサイト、とかちょっと見ちゃったけど、新田真剣佑のスキャンダル続きを見続けてきた身からしたら、あんなの全然良くない?

そもそも、「彼女の住む高級マンションから出てきた」とかも、この手のは「同じマンションに別の芸能人が住んでただけ」ということもあるし。

同じアパレルアイテム着てた、とかも、スタイリストさんやスタッフが渡した物が被ることはある。

同じ時期に海外旅行してた、母親と旅行と話してたのに、相手は女だったのかよ⁉︎とかもあったけど、似た話は真剣佑も何度かあったなー。

真剣佑はガーシーのアテンドで韓国で写真集撮影して、ママがベンチに座ってる後ろ姿が映ってたんですが、それを公表する前には

「アレは彼女か?スタッフか?」

と一部に騒がれてたし…

真剣佑と大原櫻子のも匂わせとか色々言われてたけど、結局本当にスクープ通りに結婚したのは今の奥さんだし、真実と妄想は色々混ざってるものなんでしょう。

「推しの子」にハマってる身からしたら「好きにさせてやれや…」と思いますね。(犯罪者に関わらない程度にね…)

役者面を先に観た身としては、グループ内だととにかく1人顔だけで目立ってしまうから、グイグイ前に出ずにマイペースにフワッといながら合いの手を入れる感じ?

ボケでもツッコミでもなく、ここでこの合いの手を入れたら丁度いいかな?というタイミングで話し、そこで顔が映れば雰囲気持っていく。

歌は…プロの歌手ほどでは無いけどカラオケなら上手、かな?

という印象を最初は受けました。

ただ稲葉浩志さんはデビュー当時と30代で全然音域が違うから、伸び代ありそうですけどね。

ハスキーな声なので、歌えるイケメン枠としては今も十分素敵とは思います。

私の比較基準は稲葉浩志さんがベースなのと、元々EXILE系の曲に興味が無いからそう思う、というくらいの話ですが。


私はそこまで若手イケメン俳優にハマり続けるタイプではなく、音楽系はとにかくまずはB’zが1番、ザイル系は基本手を出さない、というかダンスパフォーマンス系にあまり興味がないから、今はまだ八木勇征をどのくらい推すか見極め中。

ザイル系の役者だと、鈴木信之は結構好き。

この間出ていたスキャンダルはビックリしたけど、まぁプライベートで何があろうとそこまでショック受ける程のハマり方をしていなかったので、「ふーん」程度です。



というか、新田真剣佑にハマり、ガーシー絡みで騒がれているのを見てから、そもそも芸能人を推すことに疲れてしまったかな…

アニメやマンガはやっぱり良いね、と3次元から2次元に戻る典型になりつつ、オタ活と英語の勉強を掛け合わせて日本のオタ活を英語で説明して同士を探しているのが最近の基本生活スタイル。

中村倫也も以前はガッツリとハマっていたけど、コロナ禍からB'zの活動が増えていき、しかもチケット代とか円盤代も値上がりしまくっていて、純粋に他のオタ活を楽しんでお金遣いまくる生活が続けられなくなりました…

それで舞台観劇とか止めていたら結婚しちゃった…(いや、おめでたいなと思ってますよ?)

そういう身には、ザイル系は供給が多過ぎるので、手は出せません。

でも役者としては、まだ八木勇征は活動し始めたばかりの段階だから、そこまで追える過去の出演作が無い…

新田真剣佑の1学年下の26歳。

デビュー経緯がかなり違う(というか2世の真剣佑はかなり特殊ですが)ため、まだまだ可能性を拡げている最中の八木勇征は、今後が楽しみだなぁと思います。

協調性があって、サービス精神が豊富で、甘いマスクのマッチョで、スタイル良くて、歌えて、ピュアな感じのギャップが良い、けど、その手の若手は沢山いる。

あくまでもグループ活動始まりだから、ソロで活動してもメンバーの名前を出すようにしたり、気を遣ってそうだなぁ。

そういうのはジャニーズの人達にもあるんでしょうね。

クールな見た目に反して、熱かったり可愛いキャラ、みたいな役が今は合うし、いずれ大河ドラマに出たいと言ってるし、演技力の成長具合とタイミングが合えば、若手イケメン俳優として活躍出来そう。

今の「美しい彼」のブレイクのタイミングで写真集出したり、MCをやったり、売り方もさすがザイル系はお上手だなと思います。

「まだ深夜ドラマ枠くらいしか出られてないなんて、ザイル系は枠取る力無いのかな?」

と美容院で言われたのですが、人気なだけで21時や22時のドラマとか、脚本面白くない映画にゴリ押しのように出てもアレだし、その手の枠は数年前から押さえられてるもののため、今はまだ発表前のものもあるのでは?

中村倫也も、結構ブレイクしたな、というタイミングでも、脇役出演が1~2年続いたし。

いざ主演になったら胸キュン系のイケメン役になり、「え…期待してたのと違う…」と思ったりしたことあるから、難しいところですね。

今のところ、八木勇征は単なる顔だけ俳優にはならない、という気概も、「美しい彼」の清居とリンクしていて、そのままファンを残していけそうー。

大体この手の流れだと、劇団☆新感線とか有名どころの舞台でも起用されて、一定の地位までいくかどうか、なのでしょうけど…

で、実力派になれたところで結婚してー、とかなんでしょ?

と思ってしまう、変な癖が出来てしまいました。

いやまぁ、それはそれで良いことなんですが。

母子家庭だったみたいだし、努力家さんだし、ブレずにコンスタントに頑張っていきそう、だから、私が推すまでも無い感じ。

既に推し活しまくってる方も多いし、チケットも取れないレベルみたいだし。


比較するつもりではないのだけど、新田真剣佑を推して、でも人気がますます出て楽しんでたのに、出演作が好みに合わないことが続いて疲れた時のことがトラウマ状態になっているんですよね…

アレはアレで楽しかったけど、ライトなファン層でいるのが1番楽。

そんな感じで、生田斗真もヒソッとライトなファンでいて、中村倫也の舞台観劇に行った帰りにすれ違い、

「おぉー、生で真横にいる生田斗真見ちゃった」

と楽しんだこともありましたが、最推しにならなかったのは気持ちが盛り上がった段階ではあまり露出が無かった、というのを経ていたからかな。

話題になってるタイミングでガンガン露出しまくる、でも飽きられる直前でちょっと減り、実はその期間に良作に取り組んでいました!

的な流れが結構良い路線な気がします。

人気盛り上がりのタイミングからハマると、既に舞台とかコンサートとか映画舞台挨拶のチケット取れないんですけどね。

八木勇征は既にチケット取れない、露出が続いているタイミングなのですが、認知度としては中高年世代にはまだまだそこまで、という感じかと思います。

「美しい彼」はBL耐性ある女性に人気だからかな。

国宝級イケメン3位でも、アレはジャニーズとかザイル系は固定ファンが箱で既にいるから、一般層に響くまでちょっと時間かかるような?

とりあえず、現状は八木勇征は「めちゃくちゃキレイな顔して、でも性格可愛い細マッチョ、で大食いでストイックでマイペースなイケメン枠」だと思います。

コロナ禍でダイエットして筋肉の付け方を変えるまでは、いかにもマッチョなザイル系という見た目だったのを、あそこまでシャープに変えたのはすごい!

首から鎖骨のラインがキレイだなぁと思います。
ただ…その手のイケメンは人気あるから同じ枠の人が既にたくさんいる…

と考え出すと、そもそも芸能人って「こうなれば1番」というのは無いか。

本人の目標が達成されるかどうか、が重要なのだとしたら、大河ドラマに出られるくらい演技力と知名度を上げつつ、あまり安売りしない段階なのかなという気はします。

他の俳優さんと並ぶと、顔もスタイルも圧倒的に良いから目立つ、けど、ここがピークになる可能性もまだあるし、どうなんだろう。

その後やっぱり実力派、となって、30代40代でも人気の俳優になるルートに乗るかどうかかな。

とは言え、グループに所属している人って、そちらのガチファンが怖くて後から役者として推そうって気にならないんですよねぇ。

特にジャニーズとザイル系は、単に役者の部分だけ観て良いなと思っても、

「でもメインの活動はグループでやっていて、そっちに団結したファンが付いてるんでしょ?」

となるから、

「じゃあ、自分は表面的にライトに推そう」

となり、そのまま何か出演作があれば観るだけ、になりがち。

だってSNSでファンが揉めたりするし…

そういう輪に入る気無くても、検索してるとその手の話題がバンバン流れてきて、う…となるんですよね。

とダラダラ書くほど、私もイケメン俳優界隈に詳しくは無いのですが、長年テレビや映画を観てきていると、

若手イケメン俳優、と呼ばれる人は多いけど、一定ラインを超えるとそのまま残るし、数番手くらいで実力派脇役として残る人もいるし、何故か消えていったり、スキャンダルで消える人もいる…

とは思います。

遡ると、私の世代なら木村拓哉、いしだ壱成、武田真治がトップ3だった頃までいくのですが、若い子は今のお騒がせないしだ壱成しか知らないそうですね…

それが今や、吉沢亮だの山崎賢人だの横浜流星だの色々いる!

菅田将暉はまた別枠な気がしますが。

新田真剣佑も前は若手イケメン枠にいたけど、彼はもう…出演作に恵まれることを祈り続けて何年経ったか…

弟の郷敦君の方が話題作に出ているから、売り方って大事!

皆んなそれぞれ、アクションも出来るとか、語学力があるとか、歌が上手いとか、顔以外に色々ポテンシャル高い上にトーク力もあり、協調性もある…とか今は求められるものが多いですね。

今のところ、八木勇征は「美しい彼」でとにかく美形としてインパクトを出し、その後もキレイな顔を大前提とした上で若い子向けのドラマに出たり、MCで可愛いところを見せたり、と積み上げ中。

あまり言葉を知らない(阿吽の呼吸、和三盆が分からなかったり)とかはあるけど、勘が良くて、言葉選びが上手で、周囲に合わせて前に出たり引っ込んだりしつつ、ファンサをしっかりする人だなぁという印象を受けています。



学生時代にずっとサッカー三昧だった子と、勉強漬けだった子ではそりゃ語彙力は違うでしょう…

でも臨機応変に話すのは上手いし、顔や筋肉を褒められたら「ありがとうございます」「嬉しい!」とはにかみながら言うところも良し。

嬉しいとすぐ泣いちゃうところも可愛い…



あと集中力がある、というか、即興を真顔でやった後に大笑いして照れたり、パッと表情を切り替えられるので、そういう訓練してきてるのかなと思います。

「美しい彼」のクランクアップで泣いてるところと、演技で泣いてるところが同じ感じだったけど、どちらも自然で可愛かった…



あざといことも、可愛いことも、キレイに見せることも、自然に出来る。

大鶴義丹から「演技が器用。良い意味か悪い意味かはまだ分からないけど」と言われてましたが、それもまた「推しの子」のアクアや、「美しい彼」の清居を思い起こさせます。

セリフがまだ固いけど、ちょっとした動きで表現するの上手いなと思うし、他人をよく観察して取り込む努力をし続けてるんだろうなぁと思います。

俺が、俺が、タイプじゃないのかな?

若手イケメン枠では遅めのスタートだから、その分「この先が楽しみ」感がありますね。

同年代の若手イケメンは俳優業もっと早くから始めているし。

私が芸能関係者なら、既に決まってるグループ活動を終えたら音楽はソロ、でも役者メイン、とさせるか、事務所をトップコートとかに変えさせそう。(無理だろうけど)

ジャニーズの人達とか、役者とグループ活動を両立させてはいるけど、体力的にも精神的にもスケジュール管理的にも大変だと思う。

せっかく演技力あるのに、グループ活動に時間取られてて勿体無いなと思う人もいるんですよね。

まぁ、役者一本の人でも「こんなの出る?」と思うのが続くケースもあるけども。

ただ、棒読みとは言わないけど、まだ表情や身体の動きで演技してるから、更に話し方の幅を広げられたら良いんだろうなぁとは思うんです。

顔が整ってるから、クールな表情と可愛い笑顔を切り替えるとか、目の演技はすごく映える!

華があるから、歩くだけでも、座るだけでもキレイに見えるし、相手と合わせるのも上手。

グループでわちゃわちゃしてるのも可愛らしいけど、その中で目立ち過ぎないように引いてる感じもするんですよね。

ボーカルも2人の内の1人だから、バランス合わせてる感じ。

でも、ずっとそのまま皆んなの中の1人にしているのは勿体無い!

ということで、立て続けに1人で俳優活動もしてるんだと思いますが、それでこの先客寄せパンダになるのは気の毒…かな…

そういうのは若いうちしか出来ないだろうけど、もう26歳ならここからイケおじになる間に出来ることが色々ありそう!

大体28歳くらいが1番若々しさもありつつ大人っぽくて色気がある、が私の持論なので、あと2年は見た目で良い部分の記録をもっと残して欲しい!

清居奏のビジュアルが全盛期、になったら勿体ないし。

なんて、グループでの番組を観始めた当初は思ってたんですが、その後

「本当にグループの人らと仲良いんだなぁ」

という姿を見ていてホッコリし始めたため、箱推しになる人が出るのも分かりました!

私は個人的にはそこまでああいうグループノリを推すタイプでは無いから、ガチファンのチケット争奪戦に入り込もうとは思いませんが。

やっぱり、興味本位で流れていく新参者を嫌がる人もいるだろうし。


とりあえず、写真集を買うかどうか悩み出したタイミングでチェックしたら、楽天やAmazonやセブンネットではことごとく売り切れ!

恵比寿に行ったついでに駅ビルの有隣堂に行ったら特別限定版が2冊残ってて、貴重な気がして買っちゃいました。


八木勇征 1st 写真集 『 CONTACT 』 特別限定版



しかも本屋内に「美しい彼」の作者 凪良ゆうのサイン入りポスターも貼られてたし。



ただ私は「萩原利久くんと、ずっとイチャイチャしていて欲しいー!」という系の腐女子ファンではありません。

以前トップコートランドに入っていたから、萩原利久くんが自分のInstagramアカウント作った時も覚えてるし、中村倫也が3番手くらいの役で出てた映画の中で、更にそのバーターとして会社の後輩役としてちょっと出てたのも観てたからね…

古参ファン気取りというわけではないけど、トプコ3兄弟の下の子がやっとブレイクしたのかー、という、遠い親戚のおばちゃん目線で見てるんですよ。

売れる前の中村倫也も大変だったみたいだけど、その頃の下積みが実る人もいれば、菅田将暉や松坂桃李みたいに一気に売れる人もいて、八木勇征みたいにグループ活動中に痩せて美形度増してイケメン枠で急に盛り上がる人もいる。

2世で美形の新田真剣佑でさえ「鳴かず飛ばずの真剣佑」と10代の頃言われていたから、芸能界って大変ですね。

そういえば、八木勇征が舞台出演した「脳内ポイズンベリー」は、舞台は観ていないけど原作は持ってて大好きです。




そもそも水城せとなが好きだから。

休載中だけど「世界で一番、俺が◯◯」を実写化するなら、前はアッシュは真剣佑かなと思っていたけど、今なら八木勇征を推します。

「世界で一番、俺が◯◯」6巻ネタバレ感想~正論通りに生きられない人もいる

「世界で一番、俺が◯◯」6巻ネタバレ感想~正論通りに生きられない人もいる

水城せとなの「世界で一番、俺が◯◯」最新刊の6巻が発売になりました。5巻までのネタバレ感想記事にアクセスがあったので、もしやと思って検索したら新刊ヒット!ブログのアクセス解析のおかげで情報を得られるの、本日2回目!世界で一番、俺が〇〇(6) (イブニングKC)楽天で買う無料立読実は5巻を読んだあとに待ちきれなくて、たろちゃんがどうなるのか雑誌のネタバレを読んでしまっていました。端的に言うと、ナナミが代償を支払う...



原作ファンだから、完結するまで実写化して欲しく無いですけどね。

ヒモのプロのイケメンで、友達想いな気持ちを隠して1人でクズ男になる計画を立て、利用した女に刺される男、なんですが…

馬鹿っぽい時と、闇落ちしたみたいになる時のギャップと、でも実は内心友達を大事に思っている熱さ、とか丁寧に演じたら良さそう。

本人は声優もやってみたいと話してた、というの読んだけど…それは…中村悠一ファンとしては、めちゃくちゃ大変だと思うからオススメし辛いかな…

高杉真宙くんが声優し始めたりもしてるけど、彼は元々アニメとか好きな人だし…

「二ノ国」みたいなアニメの声優なら、やらない方が絶対良いし…

映画 #二ノ国 ネタバレ感想~ドラクエ並なんて笑えない酷いアニメ

映画 #二ノ国 ネタバレ感想~ドラクエ並なんて笑えない酷いアニメ

映画公開前の試写の時点で酷評され、完全ネタバレ記事まで書かれていた「二ノ国」、公開初日に観てきました!本当なら土日に観たかったけど、完全ネタバレで叩かれていたのを読んで「そこまで酷いのか、この目で一刻も早く確かめたい!」となり、仕事中もウズウズそわそわ。こういう感情を昨今では「ドラクエ映画より酷いなら、いっそ観てみたい」と、ドラクエ基準で語るのが流行っています。⚔最新予告 公開⚔#映画ドラクエ 最新予告...



と、久々に「この若手イケメン、どういう売り方して育てていくんだろ?」が楽しみな気持ちになる程度には、ハマり始めてます!

多分、今年か来年辺りには、もっと「美しい彼」視聴者層以外にも観られる作品に出そう。

そこでスキャンダルが出ないと良いけどねー。

たとえそのスキャンダルが嘘だったとしても、SNSにずーっと残り続けて、好き勝手言われて訂正も出来ない時代だからさ…

あ、私やっぱりもう、結構八木勇征にハマってますね…?
関連記事
※当ブログ記事内には、実際に購入・使用した感想に基づく商品プロモーションを含んでいます。