アニメ「ワールドトリガー」S1&2を中村悠一目当てで観たネタバレ感想~呪術廻戦より面白い、か?

2021年06月27日
マンガ 0
「呪術廻戦の五条悟から、声優の中村悠一にハマったので、オススメをおしえて欲しい」

と周囲に話したところ、オタク達はWikipediaを観ながらオススメをリストアップしてくれました。

中村悠一のWikipediaは出演リストが多過ぎて、この中から好みに合うのを探し出すのが大変そう…

ただ、私の数少ないオタク友達の中に、中村悠一を意識してチェックしている人は0人…

まぁ人気声優さん、多すぎるしね…

トレンドサイト系で「中村悠一出演作のオススメ10位」みたいなサイトも色々あるけど、そもそもセレクトしている人の好み次第。

で、大抵そういうサイトを運営しているのは男性のため、私と好みが被るとは限らない…

だから、私の好みもそこそこ把握しつつ、オススメを紹介してくれそうな人に依頼しました。

●長過ぎない&いわゆるスポーツ少年漫画はほぼ観ない
●面白い
●中村悠一がそこそこ出て来る


という条件を出し、選ばれたのは

●ワールドトリガー
(迅 悠一役)



ワールドトリガー 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

●ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
(ブローノ・ブチャラティ役)



ポルポの遺産を狙え!

●ハイキュー‼︎
(黒尾 鉄朗役)



「罠」

●DRIFTERS ドリフターズ
(島津豊久役)



FIGHT SONG

● うどんの国の金色毛鞠
(俵 宗太役役)



第8話 小豆島

※Amazonプライムビデオ、Netflixでの配信はしていません。

Huluで「うどんの国の金色毛鞠」を観る

● 月刊少女野崎くん
(野崎梅太郎役)



第四号 男には、戦わねばならない、時がある。

ちなみに

●おそ松さん
(カラ松役)



第22話 「拾った」「やりたい刑事」「かくれんぼ」

●歌舞伎町シャーロック
(ワトソン役)



♯24 歌舞伎町で会おう

●PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR
(炯・ミハイル・イグナトフ役)



前編(Ziggurat Capture Part 1)

●ドラゴンズドグマ
(イーサン役)




は視聴済み。

●多田くんは恋をしない
(多田光良役)



ほっとけないだろ

は今途中までNetflixで観ています。

で、とりあえず「ワールドトリガー、略してワートリってよく名前は聞くよな」と思って観始めました。

が、「めっちゃ面白いし、そんなに長くないよ、もうすぐ3期始まるし」と言われて観始めた、と他の人に伝えると

「あ~途中で脱落したわ」という声がポツポツ…

ネタバレを気にしない方なのでWikipediaを読んだところ、

「え…何このキャラの多さと、シーズン1の話数の長さ…(全第73話)」

と驚きましたね。

どうもアニメ化するのが早すぎて原作に追いつきそうになり、昔のアニメあるあるのようにアニメオリジナルで第49話から第63話は埋めたそうです。

「このアニオリはめっちゃつまらない」

と事前に聞いていたので、私はそこをすっ飛ばしました。

それでも冒頭に「これまでのおさらい」がやたら長時間入るし、引き伸ばししながら進めていたのがよく分かります…

ま、Netflixで観てるからガンガン飛ばしていったお陰で、中4日程で全部観終えてしまえましたが。

シーズン2は12話しか無いし、コンパクトにまとまっていて、シーズン3も面白そう!とワクワクさせる終わりになっていました。


「中村悠一が演じてる迅さんがメインで観たいなら、多く出てくるのは前半だよ」

と言われてはいましたが、確かに主要キャラとはいえメイン3人の保護者的立ち位置、いわゆる五条悟的な存在のため、フルでは出てきません。

五条悟が「最強」であるように、迅は「未来予知が出来るサイドエフェクトの持ち主で、飄々としておふざけ多いながらも最強」というところは近いかも?

シーズン1:人間と敵の説明、主人公と主要キャラの関係性の説明、部隊ボーダーの説明

シーズン2:主要キャラが宇宙側に行って目的を果たすため、他の部隊とランク戦を行う


というのがざっくりとした説明、でしょうか。

迅さんはシーズン1ではチラホラと出てきて戦ったりアドバイスしたりしますが、シーズン2は上層部に予知を伝える工作員っぽくなるため、たまーにしか出てきませんでした。

ネットで検索すると

「鬼滅の刃や呪術廻戦より、ワールドトリガーの方が面白い!」

と言う人達もいました。

まぁ作品の内容が違うので、どちらが面白いかは人それぞれ好み次第でしょう。

アニメに関して言えば、やはり

「ワールドトリガーのシーズン1は長過ぎて、登場人物多過ぎて、しかも皆んな死なない(特殊なスーツを着ていてば傷を負っても基地に転送されるだけ)から、誰が誰だか分からなくなる」

というのがネックですね…

「口の形が嫌い」

という説もあり、私はこれは女の子キャラに関しては納得です。

最初は「エヴァンゲリオンのパクリ?」とも思いました。

宇宙から現れる敵に対応した組織のある街、白髪に赤眼の主要キャラ、なんてエヴァンゲリオン…と思っちゃうかな。

アスカみたいに気の強い能力高い子も出るし。

ただ、超能力とSFの混ざったオリジナル用語満載の戦闘物だし、イケメンキャラが次々出てくるし、女性キャラも強いし、好きな人は好きなはず。

個人的には、現代物でホラーや神道や仏教の基礎知識があればスンナリ入り込め、キャラが増えたと思えばお亡くなりになる残酷さがあり、かつ勧善懲悪では無い時代に合ったキャラ設定の「呪術廻戦」の方がハマりやすいです。

が、「ワールドトリガーはつまらない」とも言えません。

シーズン2後半で、本来敵側の捕虜ヒュースを隊員に引き込んだのですが、このヒュースがイケメンさんだし可愛いキャラ。


ワールドトリガー 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)

シーズン1みたいにダラダラせず、主人公達のチームがどんどん強くなっていく過程も面白い。
問題点を挙げるとすると、「原作が終わるのか分からない」という部分が大きいかもしれません。



このTwitterで上げられていた図、すごく分かりやすいですね。

色んな話が混ざっていて、そして週刊から月刊に以降し、作者の体調不良により休載も多い。

現在第23巻が新刊のようですが、あれだけアニメシーズン1が長かったのに、まだ23巻?というのも驚きます。


ワールドトリガー 23 (ジャンプコミックスDIGITAL)

多くのキャラを把握し、戦闘シーンを楽しみ、世界観を堪能出来る人には面白いはず。

でも、冗長なアニメを途中まで観て脱落した人の気持ちも分かります…

ここはもう、時代の流れが原因かなぁ。

サブスクでどんどんアニメを観る時代では、「これまでの流れ」を毎話に長時間使って引き伸ばし作戦をされてしまうと飽きます…

ランク戦も時々「ほぼ同じ顔してるけど、髪型が違うから別人?」という人もいるし、圧倒的に強いキャラの人もたくさんいて、段々と脳内が混乱。

個人的には太刀川 慶が好きだし、迅さんと好敵手って感じなのも良いのですが。


ワールドトリガー 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)

主要キャラが皆んな若いし、上層部も若いし、でも見た目年齢はもっと上になってる、というのも昔の漫画っぽいですね。

なので今は感情移入しにくいかな〜って部分は確かにある、かなぁ。

シーズン3が10月から始まるので、それに合わせてまたファンが増えることはある、かも。

コラボもまだまだ色々やってるから、固定ファンも多いのでしょう。



それでも、今から新規ファンがドハマリするには厳しいかな。

私はあくまでも「中村悠一の出演作を観ておこう」というのが前提にあったので、次はもう他作品を観ます…

これはもう、私がそこまで少年漫画好きじゃないから、なのですが。

色んなキャラを丁寧に描くと、段々と本筋が何だか分からなくなりがち。

そこをシーズン2で一気に巻き返した感があるため、あとは3でどのくらい迅さんが出てくるか、を後でチェックしようかな〜と思っています。

まぁ中村悠一を追う場合は、更に頻繁に更新されるYouTubeのチェックもあるから、時間足りないのよね…

というのが、頑張ってアニメ「ワールドトリガー」を一気観した感想です。

「呪術廻戦」みたいに本誌を追おうとまでは、私はならなかったかなぁ。ごめんなさい。
関連記事
※当ブログ記事内には、実際に購入・使用した感想に基づく商品プロモーションを含んでいます。