浅草・待乳山聖天でご利益絶大「節分札」を今年も買った

2020年02月16日
心霊・占い・スピリチュアル

PR
節分が終わって2週間近く経ってしまいましたが、やっと浅草の待乳山聖天に行き、今年の節分札(立春長札)を買って来ました。



昨年は節分会も体験出来ていたのですが、今年は平日だったので遅くなってしまったわ…

お値段は500円。

昨年のお札を持っていき、そちらは本堂内のお焚き上げ用の箱に入れました。

● 浅草の待乳山聖天で節分会法要を体験&立春長札を買った!

知人霊能者曰く、1番効果絶大なお札とのことなのですが、私のこの1年を振り返ると…

まぁ、食うに困ってはいないし、無事故かな。

ただ、チケット運は異様に良かったんですよね。

早稲田の穴八幡宮の一陽来復御守りも持ってるので、どちらのご利益か分かりませんが…

ちなみに知人は、穴八幡宮の方はご利益を感じられなかったので買うのをやめ、この待乳山聖天のお札は買い続けているとのことです。

待乳山聖天は元々、めちゃくちゃご利益があるけど、一度お願いごとをしたらずーっとお詣りしなきゃいけない、怒らせると怖い、という話をネットで見て行ったことがあった場所。

「HONKOWA」でも永久保貴一さんが「聖天様は怖い」と描いていました。

でも、どうなんでしょうね?

私はそういうのは分からないのですが…

「浴油祈祷」は効果絶大といわれていますが、私はまだお願いしたことはありません。



ただ、割と小さなお寺なのに、行くといつもお詣りしている人がいます。

そして、本堂でお詣りしている人は、他のお寺では見たことがないくらい、ゴリゴリのガチの感じの方がいる印象…



浅草駅から徒歩10分くらいの場所にあり、浅草寺からここまで来る観光客はあまりいなそうです。
PR
いつもなら、この後浅草寺にも立ち寄るのですが、アメリカのインフルエンザとコロナウィルスの流行もあるので、今回はザ・観光地に行くのはやめておきました。

でも普通に外国人観光客や、日本人の若い子で浅草駅周辺は賑わっていてホッ。

帰り道にスカイツリーを見てみたら



どれがスカイツリーだか分からないくらい真っ白~

今日、展望台にお客さんはいるのかしら…?

一時期はあちこちの神社仏閣に行っていたのに、最近すっかりご無沙汰です。

お賽銭は5円派なのですが、それだけだと申し訳ないので、御神籤は引くことにしています。

待乳山聖天では以前凶を引いたことがあるのでドキドキでしたが…



79番の吉。

こういう漢文の御神籤って、インパクトありますよね。

このタイプで凶が出ると、結構ビビるので、吉で良かった…。

今年は恵方巻も食べてないし、家で豆撒きも長らくしていませんが、お札の御利益がありますように…。


そう言えば、節分の時の菅田将暉のオールナイトニッポン、めちゃくちゃ面白かったので内容を書いておきます。

「豆とナッツって、何が違うんだ?」

と菅田将暉が言い始め

「豆は殻が柔らかい、ソフトタイプ。

ナッツは殻が固い、ハードケースタイプ…だよな?」

と言いながら、次々と「じゃあこれは豆?ナッツ?」とふざけて話す内に

「じゃあヤシの実は…?

…ココナッツ!

あー!ハードケースタイプで、やっぱりナッツや!」

と大はしゃぎ。

本当に柔らかい殻は豆、固い殻はナッツに分類されているということも分かりました。

そこからリスナーとやり取りする内、

「ピーナッツは、豆か?ナッツか?そもそもピーってなんやねん?殻が柔らかいけど、豆ナッツ?」

「ライチは豆?ナッツ?」

「ドーナッツは?」

と話が広がっていったのですが、調べた人から

「ピーナッツのピーは豆、ナッツはあのナッツなので、本当に豆ナッツという意味でした」

「ドーは生地、それにクルミのナッツを乗せていたので、ドーナッツという名前になったそうですよ」

というメールが届き、もう鬼そっちのけで豆とナッツトークで2時間終えたのです。

そんな風に豆とナッツについて考えたこと無かったので、面白かったなぁ。

と、節分の話を今書くのもあれなのですが…

気付いたら今年がもう6分の1終わるのかと思うと、月日が経つのはあっという間。

季節感は暑いか寒いか、でしか捉えられなくなりがちなので、乗っかれる行事には乗っかっていきたいと思います。

立春長札、いつまで買えるのか分かりませんが、気になる方はお早目にーもしくは来年行ってみて下さいませ。
関連記事

気に入ったらシェア!