映画「アルキメデスの大戦」ネタバレ感想~ラストがめちゃくちゃ面白い!

2019年07月27日
映画
PR
菅田将暉主演映画「アルキメデスの大戦」を観ました。

昨年の私ならスルーしただろう作品です。

人気の若手俳優が主人公で、ベテラン俳優盛り込んで、最新CG駆使した映画=ストーリー単純でつまらない娯楽作品だろう

って先入観があったのです。

が、めちゃくちゃ面白かった!

いやー、こんなに正しくベテラン俳優をたくさん起用している映画って、そうそう無いのでは?

これ、多分ネタバレは読まずに映画を観た方が面白いけど…

ので大事なネタバレは後半に書きますね。

映画に興味ある方は前半だけお読み下さい…

ちなみにネタバレを読まない方が良い理由は、櫂直(菅田将暉)が必至になっている過程を楽しめなくなる可能性大だから、です。

この映画は「数学の天才が、戦艦大和の建造を止めようとする話」と宣伝されています。

しかし、日本人ならば、「数学の天才が戦争を止めようとするって言っても、止められないんでしょ?」と思うはずです。

何故、櫂直は戦争を止められなかったのか?

それが描かれるまでは、私は

「んー、柄本佑の演技面白いし、大好きな田中泯が渋カッコイイし、菅田将暉も浜辺美波もルックス良いけど、地上波で観ても良いレベルかな」

と思ってました。


あらすじ

物語は、戦艦大和の沈没シーンから始まります。

激しい戦闘の末に転覆する戦艦。

この時3千人近くの海軍兵が犠牲となりました。

その後、この戦艦が造られる以前、12年前に時間は巻き戻ります。

当時はまだ第一次世界大戦後で、日本は世界の協定から離脱し、第二次世界大戦が始まりそうなムードはあるけれども、未確定な状況でした。

櫂直(菅田将暉)は尾崎財閥の娘 鏡子(浜辺美波)の元家庭教師で、元帝大数学科の学生。

娘と恋仲になったこと、新しい戦艦を作ろうとしている海軍少将の前で

「新しい軍艦を作るのは無駄」

と言ったため、海軍と組んで戦艦を作り儲けようとしていた尾崎の怒りを買い、手切れ金を渡され、大学中退に追い込まれていました。

その手切れ金を豪遊で使い果たし、アメリカの大学に留学しようとしていた櫂直は、山本五十六と料亭で出会います。

航空母艦を作りたい山本五十六は、巨大戦艦建造推進派と対立中。

「あんな巨大戦艦の見積もりが、自分達の案より安いはずがない。

推進派は虚偽の見積もりを大臣に提出しているに違いないので、2週間後の決定会議までに、推進派の巨大戦艦の正確な見積もりを計算して欲しい

と山本五十六は櫂直に頼みました。


「日本がアメリカと戦争するはずがない。

そんなことしても負けるのは明白だ」


と櫂直は突っぱねますが、

「あの美しい巨大戦艦を造ってしまったら、国民は希望を抱いてしまい、日本は戦争に向かってしまうだろう」

と言われ、愛する鏡子が戦争に巻き込まれるのを止めるため、山本五十六に従うことを決めました。

櫂に与えられたのは、僅かな山本五十六達の記憶をメモした戦艦の資料のみ。

推進派の資料は機密のため見られません。

しかも推進派に邪魔され、過去の軍艦建造にかかった費用も何も見られない状況。

それでも櫂は1隻の戦艦を実際に見て、巻尺で測り、コッソリと設計図を見た知識と、造船に関する本を読み、「推進派が造ろうとしている戦艦の設計図」を描き起こしました。

それまで全く造船の知識など無かった櫂ですが、僅かな資料と造船基礎知識を叩き込んだだけで、完璧な設計図を数日で描いてしまったのです。

急遽櫂の部下にさせられた田中少尉(柄本佑)は、変人の櫂に振り回されて最初は憤りますが、櫂の頭脳に感服し、付き従うようになりました。


しかし、実際に材料費、人件費にいくらかかるのか?は、元となる資料が無いと計算できません。

軍の資料が見られないなら、民間の造船会社から聞こう

そう思いつきましたが、推進派に邪魔されて東京の造船会社からは協力を拒まれました。

しかし鏡子から

「昔は父と親しかったけれど、不興を買って遠ざけられた大里造船会社社長(笑福亭鶴瓶)が大阪にいるので、協力してもらえるかもしれない」

と言われ、大阪に向かいました。

大里は「軍には関わりたく無い」と突っぱねますが、櫂は諦めずに居座ります。

2日後、心配した鏡子が駆けつけて大里を説得。

やっと会見資料が見られる!あと数日で見積もりが作れる!

喜んだ矢先に山本五十六から

「急遽会議の日程が明日に前倒しになった」

と連絡が入ってしまいました。

明日の会議に間に合うようにする為には、あと1時間で大阪を経たないといけない…

絶望的と思われた時に、櫂は

「戦艦の重量から建造費を割り出す数式」

を発見しました。


ならば、この戦艦の重量を割り出し、この数式に当てはめれば、正確な見積もりが割り出せる!


田中少尉と鏡子の協力もあり、ギリギリ、会議時間に食い込んでも計算し続け、櫂はこの数式の正確性を示した後に、正しい見積もりを出しました。

その額は推進派の提出した見積もりの倍近く。

民間業者と結託して、推進派は不正な取引をしようとしている。

そんなことは認めてはならない!

しかし、推進派の造船中将 平山(田中泯)の説明が始まります。

以降は大事なネタバレとなってしまうため、ここまでで興味を持った方は映画館へ!!!
PR

以下、後半ネタバレです。

平山は「戦艦建造費を正確に発表してしまうと、敵国に戦艦の規模がバレ、それに対抗する戦艦を造られてしまう。

なので警戒させないために、ワザと安い見積もりにした」と話しました。

これには大臣も納得し、やはり戦艦を造る、と決定してしまいます。

しかし櫂は推進派の戦艦模型を実際に見て、自分の考えた設計図との相違点に気付きます。

「この船には重大な欠点がある。

この構造だと、大型台風が来たら沈没してしまう。

設計者は数百、数千分の1の可能性にも備えた設計をしなくてはならない」


これに平山中将は自分の負けを認め、引き下がりました。

喜ぶ山本五十六達。

しかし、山本五十六達には元々、推進派の戦艦建造を止めた後に、それより素晴らしい戦艦を造ろう、という計画があったのです。

それを櫂は知らずにいたのですが、後日平山から呼び出され、戦艦の1/20模型を見せられながら

「先日の数式を教えて欲しい。

君もこの戦艦を造りたいはずだ」


と言われました。


事実、設計図を描いている時、櫂は「楽しい」と思っていました。

「美しい戦艦を造りたい。でも、それをしたら国民は戦争に向かってしまう」

抵抗する櫂に、平山は

「私も日本がアメリカと戦争したら負けると思っている。

だからこそ、美しい日本の象徴となる戦艦を建造し、その戦艦か沈没後に日本が敗戦を認めるように仕向けたい

と言われます。

開戦も、敗戦も止められない。

しかし、戦争を早くに終結させることは出来る。


数年後、戦艦大和の着水式には、山本五十六や平山中将と共に、櫂の姿もありました。

式終了後に戦艦を振り返って見つめる櫂は、部下から

「何故泣いておられるのですか?」

と質問され

「日本の象徴となる戦艦だと思って」

と答えながら、涙を流しました。

終わり


冒頭の戦艦大和沈没シーンには、田中少尉の姿がありました。

「あれ、柄本佑が戦艦に乗ってるな。

これは大和が出来る前の話なのかな?」

と思って観ていたら、テロップで「12年前」と出て驚いたのです。

フィクションなので、「この物語の中では戦艦大和は造られない」という可能性もあるのかなと思っていましたが、やはり冒頭の戦艦が大和だったんですね。

ので、エンドロールの時に

「あぁ、櫂の予想通りに戦艦大和は沈み、田中少尉も巻き込まれたんだ」

と思ったら、泣きそうになりました。

柄本佑のコミカルな演技は最高に良かったです!

菅田将暉の演技も良かったけど、正直ベテラン俳優陣と比べると、ちょっと固いなぁと思いました。

感情を抑えた役だというのもありますが、CG合成も違和感があり

「あー番宣でも観たけど、菅田将暉はいかにも『何も無い場所で、模型を見てるフリした演技をしている』感があるなぁ」

と思ってしまいましたね。

でも、それで良い映画なのです。

ベテラン俳優(策士の軍人)に翻弄される、若き天才数学者

という役なので、初々しさがある程度が良かったと思いました。

橋爪功の滑舌が、ちょっとおぼつかなくなってきてるかなぁ、というのは気になったかな。

いつまでも変わらないように見えるけど、77歳と結構いい年になってるのね…


ちなみにWikipediaを読む限りは、原作では櫂は戦争中様々な活躍をし、戦艦大和だけに関わっているわけではないようです。

あくまでもこの映画では、戦艦大和の部分だけピックアップしたんですね。


アルキメデスの大戦(1) (ヤンマガKCスペシャル) [ 三田 紀房 ]

今日は公開2日目ですが、映画館は半分以上空席でした。

人多いなーと思ったら、皆んな「天気の子」のスクリーンに入っていってたので、特にカップルはあちらのデートムービーが観たいのね…

「アルキメデスの大戦」は男性客が多かったです。

若い人も中年もいたけど、全体的に少年漫画っぽいノリなので、男性は楽しめると思います。

女性は、人によるかもなぁ。

戦争モノ興味ない、とか、頭脳戦よくわかんない、って女子もいるかも?

でもマンガやアニメ好きは楽しめるはず!

いやー、面白かったです。

後半の展開は「なるほどなぁ」と膝を叩きそうになりましたもの。

菅田将暉のファン以外にもオススメです!
関連記事

気に入ったらシェア!

更新順
  1. NEWER ENTRY

    ドラマ「ノーサイド・ゲーム」試合観戦エキストラ参加してきた!

  2. OLDER ENTRY

    ドラマ #凪のお暇 2話の原作との相違点~坂本さんが引っ越してきた!?

同カテゴリ
映画
  1. OLDER ENTRY

    ニュースもSNSも本当に真実か?松坂桃李主演映画「新聞記者」ネタバレ感想