ロリータ教師うさぎのみみちゃん、角川暴露の炎上怖い

2019年07月15日
女ですもの 0
PR
友人から最近Twitterで見かけた炎上ネタを3つ教えてもらいました。

私と見てるタイムラインが全然違うので、面白いです。

その内の1つ、「うさぎのみみちゃん」の炎上は、私は今まで全然知らなかったので興味深く、色々ググッてまとめサイトとか見ちゃいました。

本人のアカウントより先にまとめを見てしまうと、フィルターかかってしまうのでアレなんですけどね。

「うさぎのみみちゃん」はTwitterで、いわゆる世の中への不満を漫画にして投稿しているアラサー女性。

ロリータファッションが好きな一般人だそうで、ロリータファッションに纏わる話から、職場や友人間などであった理不尽なこと、無自覚の悪意などを、自分をうさぎキャラにして描いている方です。


7/26には単行本が発売されます。


戦うみみちゃんと不条理な世界
戦うみみちゃんと不条理な世界【電子書籍】[ うさぎのみみちゃん ]



いくつかマンガ読みましたが、私はロリータじゃないから分からないなぁってのと、

こんなベタな、笑いながらイジメをする系の周囲の人をネタにするのもねぇ、何となく言いたいことは分かるけどさぁ

って感想を抱きました。

こういう嫌な陰口言う人は男女共に、世の中にいっぱいいますけど、こうやってマンガにしても当の本人には全く響かないじゃない?

そういう人ってこのマンガ読んでも「いるいる~こういう人~私は違うけど」って思うんじゃないかな。

みみちゃんは私より若いから、こういう嫌なやついるよね~ってネタにすることで、世の中何か変わると思ってるかもしれないけど…。

結局こういうのって「わかるー」って声を集めるだけで終わるのさ…世直しになんてならないのさ…

どうせ本にするなら「だから、こういう人にはこうすると良いよ」って前向きなコメントが欲しいなと勝手に思ってしまいました。


みみちゃんは何年も前から「知る人ぞ知る」存在だったようで、某掲示板にはヲチスレが以前からあったようです。

そのヲチスレと今回の炎上は別物ですが、本人は現在はフンワリと職業をボカしているけど、元々は教師だと公言していた、のかな?

元教え子だと言う人のツイートに貼られた学校ホームページ?の服装と、みみちゃんがSNSで公開した服装が一致、とかあるらしい…

角川はこういう過去の炎上やヲチスレの存在を知らずに書籍化のオファーをしたのか、知ってて炎上からの売り上げ増を狙ったのか知りませんが…

友人がメインで教えてくれた最近の炎上は、

「裏アカウント(鍵付き)で角川との契約書画像を流出したり、友達と公言している他のロリータさんの悪口を書いていた」

というのが発覚、というものだそうです。

なんかね、角川って聞いた時点で私は

ゆとり?発達障害?に苦しめられた佐倉色の怖い話エッセイコミック感想

ネットでたまたま、佐倉色(さくらしき)さんという漫画家が話題になっているのを見かけました。新人漫画家が出版社(角川の少年エース編集部)に、「無償で1,600枚カラー色紙を描かされた」というのがメインのようなネット記事だったので、「へー、そんなことあるんだなぁ」とボンヤリと記事を眺めつつも「なんか絵がいかにも今時のpixivとかでありそうな感じだし、若いゆとり世代のオタクが『ブラック企業叩き』をしてんのかなー...



で書いた佐倉色さんのトラブル思い出しちゃうけどね。
PR

みみちゃんの炎上まとめを読むと、Twitterで鍵アカツイートのスクショを無断転載し、彼女を糾弾しているアカウントがメインで出ていました。

個人的に恨みがあるのかな?

それとも過剰な正義感?

私はそもそも、鍵付きアカウントだろうが鍵無しだろうが、RTじゃくスクショ貼って晒す人は

「盗人猛々しい」

と思って、一切信用しません。


その人が貼ったツイートが本当にみみちゃんの裏垢でも、無断転載した人に責める権利は無いしさ。

角川との契約書を鍵垢でも晒したらダメだろうけど、それは角川とみみちゃんの問題であって、赤の他人でも過去の友達でも誰でも、匿名で晒す権利は無い、ってか犯罪よね。


だから友人から話を聞いた時も

「何それ、ウケるー」

というノリでは返しませんでした。

友人に合わせてでも、鵜呑みにして一緒に笑うのって、イジメに加担するみたいだし。

SNSに関しては、自分がコンテンツを発信する側スタンスで見てるので、

「法的にNGか?自分に実害はあるか?共感出来るか?」

で考えてしまいますね。明日は我が身だもの。

SNSで発信をしている人たちって、特定のアンチが湧いたり、ヲチスレが出来たりすること多いみたいですね。

私もたまに、そういうの見てすげー、ってなったりしちゃってますけど。

虚言癖のある女は怖いんだっちぷぅの - 復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

私、今まで自分のこと色々ここで書いてきていますし、ヤバイんじゃない?と自分でも思うことは多々あったのですが、この週末は 「本当にヤバイ女性は、こんなもんじゃなかった…ごめんなさい、この程度でブログやってて」 という気持ちになる方々のSNSを見てしまいました。 1人目はメインブログで書いた urarara0724.jp の飼い主さんで、この方は掘り起こしていくと、とてもブログでご紹介出来ない方でした。 愛犬の写真だけでなく、自撮りも彼氏の写真もアップしていたり。 愛犬が亡くなった時はFacebookで再会した生き別れ状態の実母に会いに行く時だったのだとか。 男性達との金銭的な授受とか、病気詐称と…



世の中、色んな人がいるからさ…それを笑うことも、怖いと思うこともあるけど、でも無断転載してばら撒いてアンチ活動するのは違くないかなー。


私がこのうさぎのみみちゃんの炎上を見て思ったのは

なんにせよ、単行本を発売できるみみちゃんは勝ち組

ということです。

みみちゃんがデブのロリータを馬鹿にした、許さん、的な人の気持ちは一切わからんです。

ロリータと言えば、昔々、高校時代の同級生が、気付いたらロリータになってました。

当時は某ビジュアル系バンド好きのオタク女子がロリータになるって、多かったのです。

高校の制服姿しか見ていなかった、地味系オタクの子がロリータになったのには、ビックリしたな…

しかもその格好で、田舎の地元お役所でバイトしてたんだもん…(ちなみに彼女の高校時代の「将来の夢」は、「マッドサイエンティストになること」でした)

みみちゃんは職場でもロリータっぽい格好していたりするようですが(本人的にお葬式ではNGとか線引はしているらしい)、私は若い頃

「ロリータファッションは推しのコンサートでのみ許される、電車内ではNGの服装」

と思っていたため、そこまで許容範囲広くありません。

今は当時よりOK範囲広くなってて、原宿にその格好で行くのは普通なのかな?と思うけど。

なんかねー中二病マンガ全開で、学生時代にハマっていた由貴香織里を思い出して、おばちゃん恥ずかしくなっちゃうのよ…


天使禁猟区1【電子書籍】[ 由貴香織里 ]


みみちゃん本人に関しては、マンガと噂をちら見しただけなので、私には語る権利がありません。

ただ、無断転載スクショを拡散している人、それを鵜呑みにして一緒になって叩いて、みみちゃんのリプ欄で暴言を吐いている人には

「罪にならない、真っ当なやり方しなさいな」

と思います。

「裏垢でツイートしていたことの真相を、自ら説明するべきです!」

とか言ってる人いたけど、いや、誰の何のために?

だって匿名の裏アカウントで、証拠は無断転載スクショって…それ裁判で使える?ってか裁判にあなた持ち込む権利ある?

角川の提示した条件ってのは、本当っぽいな~ウケる、とちょっと思ってしまいましたけど、でも真実は私はどちらでも関係ないからなぁ。

ので、ただただ「嫉妬か何か知らんけど、こうやって歪んだ正義感で炎上させる人って怖いな」って思いました。

その炎上見て、私もこうやって書いて拡散して、それでみみちゃんの本が売れたら、みみちゃんは嬉しいかな?

炎上なんて一時的なものですしねぇ。

教師が漫画家デビューして良いのかどうかは、学校の規約次第なので、そこも他人があれこれ言えることじゃないし。

でも学校の先生がロリータファッションで、日々思ったことをマンガにしてSNSに投稿し、書籍化されるって、ちょっと面白いですね。

そしてみみちゃんとロリータ友達で仲良しという青木美沙子さん


ロリータファッションBOOK [ 青木美沙子 ]



35歳でこの可愛さはすごい!


可愛くなきゃ、痩せてなきゃ、若くなきゃロリータファッションをしてはいけない、とは、思いません。

いや、ごめん、私は「SNSでは発信できません」というのが本音です。

Instagramとか、イベントでそういう格好をしているのは、お好きにどうぞ。

ただ電車や職場で見かけたら、チラ見どころかガン見します。

それは見立つための衣装だから、その格好で町中にいたら目立つのは普通でしょ。

それで見苦しいと思う人がいても、それは仕方ないと思う。

でも面と向かって笑ったり、「止めて」とは言いません。(職場でお客さんの前に立つ人なら言うけど)

このみみちゃんの炎上に関しては、とりあえず、晒している人も論外だな~すごいな、と思ったので、それを拡散しようと思います。

正義感のつもりで無断転載して、匿名じゃない個人を糾弾するのはダメ!絶対!
関連記事
ベストコスメ45冠受賞!【POLA】リンクルショット

コメント0件

コメントはまだありません
更新順
  1. NEWER ENTRY

    マシュマロホイップロリータ批判に怒るアンチが怖い

  2. OLDER ENTRY

    ニュースもSNSも本当に真実か?松坂桃李主演映画「新聞記者」ネタバレ感想

同カテゴリ
女ですもの
  1. NEWER ENTRY

    マシュマロホイップロリータ批判に怒るアンチが怖い

  2. OLDER ENTRY

    若い女の子の甲高い笑い声がうるさいのは老化現象