ラドンはゴマすりクソバード?「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」ネタバレ感想

PR
ハリウッド版ゴジラ「GODZILLA ゴジラ」の続編となる映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観てきました。



元々そんなに興味無かったのですが、友人から誘われたので。

で、1作目は先日Huluで観て

「んー、パニック怪獣ムービーって感じ。

私はシン・ゴジラの方が好きだなー。

でも、シン・ゴジラを『あんなのゴジラじゃない』って言ってた人は、ゴジラにこういう怪獣プロレスを求めていたんだな」


という感想を抱いていました。


GODZILLA ゴジラ(字幕版)

友人から「渡辺謙って、ハリウッドではかわい子ちゃん扱いらしいよ」と教えてもらったのですが、確かに言われてみたら、ちょっとヒロインぽかった、かな?

んー、何が良いとか悪いとか語れる程ゴジラを知らないので、あんまり適当なことは言えないのですが…

「シン・ゴジラ」はゴジラ対人間の話で、各登場人物や政治家たちのキャラクター設定が面白くて、CGのチャチさを人間ドラマでカバーしていた気がします。

一方ハリウッド版は、とにかくゴジラが怪獣同士でプロレスするお話。

登場シーンは「来るぞ来るぞー」という恐竜やらジョーズやらが出るところに似た、スリルがありました。

それが初代ゴジラの面白さだったのだとしたら、忠実に、最新のCGを駆使してリメイクしたのかもね、とは思うけど…

子供の頃にゴジラとかミニラとか好きだった記憶はあるけど、その頃はストーリーなんか全然分かっていなかったので、なんとなく怪獣の名前言いたいだけみたいだったかな。

なので、初期をちゃんと観ていない上に、今となっては特撮にピンと来ない私には、「シン・ゴジラ」を観るまでそんなにゴジラへの思い入れがありませんでした。

だから順番おかしくなってしまうけど

「パシフィック リム」と同じ展開だなー

と思う部分もあったりします。

「パシフィック・リム」ネタバレ感想~ガンダムとエヴァとゴジラと進撃の巨人が混ざってる?

ネタバレを書くには今更感のある、2013年の映画「パシフィック・リム」をHULUで観ました。パシフィック・リム(字幕版)新田真剣佑が出演している続編「パシフィック・リム: アップライジング」の円盤が10/11に発売され、オンデマンド視聴も始まるので、その前に1を観ておかないとね、ということで、慌てて観たわけです…私はそんなに、こういう海外のアクション映画を観ません。CGは凄いけど、ストーリーが単純明快で薄いな~という...



ネタバレですが「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」では、渡辺謙が演じる芹沢博士が、自らを犠牲にしてゴジラを蘇らせると共に、人類を救います。

あー、パシリムの人も最後犠牲になってたー、

とか思ってしまうのです…
PR

1に比べると、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は怪獣出まくりでした。

モスラ・ラドン・キングギドラ、その他もろもろ。

1ではどこに出ていたのか分からなかったチャン・ツィイーが2ではたっぷりと出ていて、可愛かったな~。

途中トイレに行ってしまって、チャン・ツィイーが双子役だってのがよく分かっていなかった私…

ショートヘアに見える髪型だけど、実は三つ編みしているってことかと思っていたら、別人設定だったんですね。

ホント私酷いのですが、途中でラドンとキングギドラの区別がつかなくなりそうになるくらい、特撮ノリに飽きながら観てしまいました…

友人と、隣席の人が途中でクスクス笑っていて、

「あれ?これギャグ映画なの?」

と思う時もありましたねー。

友人が笑っていたのは、昔の映画でもあった「オキシジェン・デストロイヤー」という最強兵器が出てきたからだそうです。

私が笑ったのは、海中にあるゴジラ神殿に、汚いカタカナ文字で「ゴジラ」って書かれていたところ。

あと、キングギドラが出てすぐの時に、2つの首が攻撃を止め、まだ戦闘態勢の1つの首に隣の子が噛み付いて

「こらこら、攻撃止めー」

って嗜めていたところが可愛くて笑いました。

とにかく次々とバンバン怪獣出てくるし、どれだけ爆風を浴びても主人公たちはピンシャンしているし、で、そういう

「次はこの怪獣、次はこれ!どや!どや!」

って感じのてんこ盛り感にも笑いました。


私は観終わった後

「これ絶対3作目のキングコングは大コケするなー。

2でこれだけてんこ盛りにしてしまったら、今回はまだ笑えるけど、次作は失笑ものになるでしょ。

小栗旬が出るらしいけど、まぁ小栗旬に思い入れないから良いや」


と思っていたのですが、それを友人に話したら

「いや、2がこれだけ面白かったんだから、3も期待大だよ!」

と言われ、私と友人で全く感想が違うことに驚きました。

私は、怪獣と人間の目が合うスリル満点のシーン、が何度も出てくることに

「いや、それ1作品で最大2回まででしょ」

と思うのですが、友人は

「ゴジラさんとなら、何度だって目が合ったら嬉しいじゃん!」

と言います。

少年漫画とかアベンジャーズが好きな友人は、この映画とても良かったみたい。

ちなみに友人から

「ラドンはTwitterで『ゴマすりクソバード』って呼ばれているんだよ」

と教えてもらって、爆笑しました。


ゴジラ キング・オブ・モンスターズ ムービーモンスターシリーズ ラドン2019[バンダイ]《発売済・在庫品》

映画最後、キングギドラを倒したゴジラの元にラドンや他の怪獣が集結するのですが、ラドンがゴジラを前にしたら

「ハハーッ王よ、従います」

って感じにひれ伏すのですが、そこがゴマすりしていると言われる所以。

ちなみにググったら「ゴマすりクソバード」自体は、けものフレンズから来てる言葉みたいですね。

友人は「なんでラドンはゴマすりクソバードって呼ばれてるんだろ?」と思いながら映画を観て、最後に納得して笑ったそうです。

私もこれ先に聞いておけば、ラドンに注視できたのに…

ゴジラに思い入れのない私は

「ゴジラ、あんた本当に強いの?モスラに守られてるじゃん?

手が短か過ぎるし、やられっぱなしだし、弱い子に見えるよ?

人間に助けられているアンタと違って、ラドンは『オキシジェン・デストロイヤー』使われても自力で生き残ってるし、モスラに刺されても平気だし、ラドンのほうが強いんじゃないの?」

なんて思ってしまうんですけどねー。

そしてエンドロールでは「ゴジラが通った後に生命が誕生した!」「怪獣の排泄物が有効利用できることが分かった!」「怪獣のお陰で絶滅危惧種が復活した」とかいうニュースが流れる映像があって

いや…怪獣がいるお陰で地球が復活って…そんな安易な…

と笑ってしまいましたが、これも友人は

「皆んながハッピーなラストは良いこと」

と言っています。

…さすがゴジラ…神よ…友人はあなたの信者になりました…

ということで、ゴジラ教に入信している方は絶対に観たほうが良い映画です。

私のように、ゴジラ…んーまぁ観てもいいかな、レベルの人は、観ても観なくても…

どうせ観るなら、ゴジラに詳しい人と観たほうが楽しいでしょうね。

とりあえず「ゴマすりクソバード」で爆笑できたので、友人と観に行って良かったです!
関連記事
☆世界でひとつの美白メカニズム。
透明感あふれるような肌を目指す集中美白美容液
ポーラ ホワイトショット
urarara0724
Posted by urarara0724
投稿 2019年06月06日
最終更新 2019年06月06日

0 Comments

comment