稲葉浩志さんが木村拓哉のラジオにゲスト出演した3回目の放送感想になります。

今回はまずはリスナーからの質問にお答えする二人。

「交際したりしたことはあるけど、本当に好きな人が出来ません。

友人はどんどん好きな人が出来るので羨ましいけど、どうしたら人を好きになれますか?」


という21歳男性からの相談でした。

稲葉さんは「自分の中に揺らがない物があって、それが揺らぐほど好きになれる人と、まだ出会ったことが無いんじゃないですか?

まだ21歳だし、もっと色んな人と会った方が良いと思います」


とお答えしていました。まぁ、そうよね。

B'zの歌詞にも「人を心から好きになれない」人の歌詞は書いたことないな、と語っていました。

確かに稲葉さんの書く歌詞は、心の中では妄想一杯で好きになりまくるけど、それを表に出せない男の歌詞が多いですもんね。


そこから日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』の主題歌だった「Still Alive」の歌詞作りの話に。

プロデューサーさん達に話を聞きながら作れたのが良かったそうです。

ドラマの曲なのでキムタクの演じる役のことを考えながら書いていたそうですが、そこで稲葉さんは、世間から見るとちょっと「あ…!」と思う言い方をしていた、かな?

「演技している木村拓哉を観ると、普段知ってる木村拓哉だなー、あ、この間もあんな言い回ししてたなって最初は思うけど、やっぱりよくよく観てると本人とは違うと気づく」

って、「常に何を演じてもキムタク」って言われてる木村拓哉を目の前にして言うかね…言うね、稲葉さんなら。

「よく観たら役だって気付くのが不思議」という、大変素直な感想を述べていて、そこがホント稲葉さんらしい!

でも…結構率直に言ったなぁ。

そこは稲葉さんが役者ではなくアーティスト、B'zのボーカルという目線で観ているからだろうなぁ、と思いました。

そして、稲葉さんはキムタクの出演作はちゃんと観に行き、感想を伝えるんだそうです。どんな感想を伝えてるのか聞きたいわー。
PR

お次の相談は「久々に同窓会に行き、15年前に書いたタイムカプセルに吹き込んだ自分の声を聞きました。

今28歳で北海道に住んでいるけど、当時は東京でアパレルの仕事をしたいと言っていました。

仕事はストレスが無くて満足しているけど、やっぱり東京に出たいと思い始めています。

今からでも遅くないですか?」

という質問でした。

稲葉さんは「本気でやりたいと思うなら、チャレンジする価値はあると思いますけどね」と答えていました。

とは言え、28歳という年齢にはちょっと引っかかってはいるみたい?

稲葉さんは小学生の時、「将来の夢はカーレーサー」と書いていたそうです。

そして自分では「流されて生きてきました」と思いながら、今の稲葉浩志になったそうですが…

確かにファンから見ると、松ちゃんがいたからこそ、B'zの稲葉浩志はいるんだなぁ、と最近特に思います。


その後キムタクの経歴を聞きながら犬の話になり

「これからどんどん犬の数が増えていくんじゃないですか?」

と稲葉さんがふざけた口調でキムタクに言ったら、キムタクが

「それ、バッチには言われたくない!」

と笑いながら言ってて、二人の仲の良さが伝わってきました。

次週で稲葉さんのゲスト回は終わりです…寂しい…

聞き逃した方はradikoでお早めにチェックしてくださいね!



前回放送の感想はこちら

●稲葉浩志さん、木村拓哉から「バッチ」と呼ばれてる!~東京FM「Flow 」感想1
●稲葉浩志、木村拓哉にLINEでB'z30周年ゲスト出演交渉していた~東京FM「Flow 」感想2
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加