チャイと紅茶の違いは茶葉の質?インド土産にチャイの素「Brooke Bond 3 Roses」をもらった

PR
昨夜の飲み会で、インドから帰ってきたばかりの知人からお土産にこの「チャイの素」をもらいました!

Brooke Bond 3 Roses Dust Tea

「牛乳と、あとはお好みで砂糖とシナモンとか入れるだけで本場のチャイが作れるんだって!

地元の人オススメの商品らしいよ」


と言われて頂いたのですが、「粉だよ」と聞いていたのでインスタントかと思って開けてみたら、細かくなった茶葉でした。

ちなみに開けると袋は紙箱に接着されていて



茶葉はこんな感じ。



もしかして、これでもインスタントで溶けるのかな?と思って試しに水に入れてみたら、底に沈んだだけでした…


ってことはやはりこれは、ミルクパンで紅茶を煮出して、茶漉しで漉して飲むタイプのようですね。

日本で同じ商品は買えるのかな?と思って調べてみましたが、同じブルックボンドの出しているこの商品が同じシリーズのようです。


■ レッドラベルティー 250g インド CTC紅茶 チャイの素 Red Label Tea ■【 ブルックボンド Brooke Bond タージマハールティー Tajmahal インドティー 茶葉 アッサムティー マサラチャイ リーフティー アッサム紅茶 業務用 お茶 料理 食品 食材 スパイス ハーブ 】

説明を読むとやはり、牛乳と煮出してから漉すように、と書いてありました。

それをチャイの素って言うの??

そもそも普通の紅茶とチャイって何が違うの?

と思って調べたところ、チャイで使用される茶葉は紅茶には使えない、ダストティーと呼ばれる質の落ちた、苦味のあるものなんだそうです。

今まで「チャイって美味しい~紅茶より好き!」と思っていたし、安いものってイメージは無かったのですが…

で、その質の悪い茶葉を美味しく飲むために考え出されたのが、今私達が飲んでいる、甘い牛乳で煮立てたチャイ、なのだとか。
PR

ちなみに知人がインドに行ったのは、友人の妹の結婚式があったから、だそうです。

「インドはとにかく、宗教に関することはものすごくキッチリしてるけど、あとはものすごくいい加減!

時間どおりに集まるって概念が無い。

結婚式は1週間かかるって言われてるけど、それも土地によってずいぶん違うみたい。

俺は2日間行ったんだけど、とにかく色んな人が入れ替わり立ち替わりでフラッとやってきててさ。

クロックス履いた人も来てたもん。

で、進行も何もルールがないから、次に何が始まるのか誰も分かってないの。ものすっっっっごくアバウト!」

と、あまりのインド人の適当っぷりに心底驚いたそうです。


また、カースト制度が本当に今でも厳しくて、貧富の差があるだけでなく、カーストが違うと会話も出来ないそうです。

今の時代にもまだ本当にそんなこと、あるんですね。

そして何よりも彼が驚いたのは

「インドの空港ってセキュリティがめちゃくちゃ厳しくて、出入国のフロアに入ったらもう外には出られないの。

チェックインしていなくても、だよ?

武器を持った人が空港に入る時に厳重に検査してくるんだけど、日本だとチェックインしてなければまた外に出られるでしょ?でもインドはダメなの。

俺、インド内で飛行機の乗り継ぎをしたんだけど、そのために一度荷物を取りに行かなきゃいけなかったのに、出たらダメだって止められてさー。

必死になって4人くらいに状況を話して、無理やり自分の荷物を取りに行ったよ…。

しかも…」

とここから先の話が、本当にとても怖いお話で、インド人から怒られるかもしれなのですが…でも書いてしまいます。


彼は帰国するために空港に行き、ビザの確認をするカウンターに行ったけれど、担当者が誰もいない!

大声で何度も人を呼んで、やっと受付の人が来た!と思ったら

「?やり方がよく分からないから、他の人呼んでくる」

「え?私もやりかたよくわからない」

こんな感じで4人がかりでビザの確認をモタモタとしている内に、乗る予定の飛行機は飛び立ってしまったそうです…

「航空会社に電話して、何とか別の便の振替をさせたんだけど、空港のスタッフじゃダメなんだよ…

結局トランジットで8時間もかかったから、帰国にトータルで26時間もかかっちゃってさ。

久々に空港のロビーの床で寝たよ…」

コレ、知人は英語が話せる人だから対処出来たけど、ロクにしゃべれない私ならどうなることやら…です。

インドの日本大使館にスマホから電話するしかないってことですよね、空港から外に出してもらえないから…。


これは、知人が海外に慣れていて英語が話せるだけに、普通に日本からの直行便ではなく、しかもインド国内で乗り継ぎをしたから起こったトラブルなのだそうです。

私の友人も以前インドに行っていましたが、こんなトラブルがあったとは聞きませんでした。

とはいえ、空港のスタッフが仕事をよく分かっていないせいで乗り遅れる、なんてあるんですね…

また、インド国内でも隣の市とは言語が違うので、出身地が違う人の公用語は英語なのだそうです。

「とにかくカオスだった!面白かったけどね」

と言いながら、このチャイのお土産を笑顔でくれた知人の思いを受け取り、このチャイはキチンと明日牛乳で煮出して作ろうとおもいます!

でもうち、砂糖もシナモンもないから買わないと…

なかなかもらうことのないインド土産と、トラブル話を聞けて、とても楽しい飲み会でした!
関連記事
☆世界でひとつの美白メカニズム。
透明感あふれるような肌を目指す集中美白美容液
ポーラ ホワイトショット
urarara0724
Posted by urarara0724
投稿 2018年12月14日
最終更新 2018年12月14日

0 Comments

comment