10歳近く年下の彼氏に振られた理由

PR
これは5年前に、友人が当時付き合っていた10歳近く年下の彼氏に振られた時のお話です。

二人の出会いは、友人の友人が行きつけのヘアサロンが開催したバーベキューでした。

美容師さんたちの友人知人が大勢河川敷に集まり、その中で意気投合したそうです。

(ちなみに私もその場にいたけど、友人と話していただけで終わりました…)

当時彼氏は大学生、友人はアラサーでした。

この友人は割とコンスタントに次々彼氏が出来る、というか、積極的に出会いの場に行く人なので、何人か結婚を考えた男性もいたのですが…

結局男性側が結婚に踏み切ってくれなくて別れる、を繰り返していました。

そんな時に出会ったこの若い元彼は、年下だけど俺様タイプだったそうです。

そして、友人は彼にとっては初めて付き合う女性でした。

アレコレとありながらも付き合い続けていたある日、突然彼から

「俺より前に付き合った男がいることが、やっぱり耐えられない…」

と言われ、フラれたたそうです。


それは…若い学生さんと違い、彼女には歴史があるから…仕方ないだろうよ…

嫉妬する気持ちは分からなくないんですが、それが別れの理由になるの??

おばちゃん若者の気持ちよくわからないよ…

友達もさすがに、そんな理由で別れを切り出されたのに呆れ果てたそうで

「思ったより落ち込んでいないんだよねー」

と笑いながら、失恋話を語っていました。

この友人は子供の頃からアトピーに悩まされていて、改善したと思うとまた季節の変わり目やストレスで悪化、を繰り返していました。

若い元彼と別れる直前は、アトピーが酷くなり、色々と体調も悪かったそうです。

しかし、別れてから数ヶ月後に

「なんかめっちゃ調子良い!

私、あの元彼に合わせて過ごすことに、すごくストレスを感じてたんだってことが分かった!」


と笑顔で言っていました。

それはなによりー。
PR

それからしばらくは、友人は新たな婚活に精を出していました。

しかし職場のストレス、婚活で休日出歩くことに疲れる内に、また体調が悪くなってしまったそうです。

そして寂しくなってつい、元彼に電話をしてみたのだとか。

この時、友人は「電話なんかしたら、迷惑がられて怒られるかもしれない…」と思ってしまい、怖くて怖くてたまらないけれど、それでも我慢できずに電話したのだそうです。

電話に出た元彼は普通に「どうしたの?元気?」と返したそうで、そうやって話せたこと自体に友人は満足し、特に復縁も何もその後はありませんでした。

ただ、友人がその話をしながら

「今更電話なんかしたら怒られるかも…って思うくらい、私は元彼から精神的DVをされていたんだって分かった」

と言っていたのが印象深かったです。

元恋人に電話をするのが怖い、という気持ちは分かるし、そう言う人は多いです。

「迷惑がられたら嫌だ」

と思ってしまいますから。

でもその時の友人は、迷惑がられるよりも「怒られるかも?」という方向で怖がっていたんですよね。


この友人とは、ここ数年会っていないので、今どうしているかは知りません。

共通の友人も特に連絡を取っていないようなので、結婚したのかもしれないし、まだ独身のままかもしれないし、分かりません。

数年前に会った時には、婚活しまくってましたねー。

このお若い元彼と別れたあとも、次々と出会いがあり、ノリのように短期間付き合った男性もいました。

彼女はゴマブッ子さんの本を妹から勧められて読み、この恋愛マニュアルに沿って行動していたので、大変モテてました。



と書いていたら、なんだか懐かしくなってきたので、久々に連絡してみようかな?

もしかしたら、結婚したって連絡したらお祝い要求してるみたいだし…って気にして連絡してこないのかもしれないし?

都合よく扱われていた相手を切った事例〜アラフォー女性が友人と縁を切る理由2

今回書くのは2.昔から都合よく扱われていたことに限界を感じて縁を切ったパターン
で縁を切った友人Cの話です...



で書いた子とも共通の友人だったから、当時の私の愚痴も聞かせてたし…

いざ連絡してみたら、実はこの元彼と復縁してた!なんてこともあるかもしれないし、この年齢だと環境が変わる人は多いですものね。

あ、でも、私自身は特に何も変わっていないから…やっぱりこちらから連絡するのは、止めておこうかな…

うーん、でもでも、この元彼以上に面白いネタ作ってるかもしれないしな…

なんて思ってしまう、性格の悪い私でした。
関連記事
☆世界でひとつの美白メカニズム。
透明感あふれるような肌を目指す集中美白美容液
ポーラ ホワイトショット
urarara0724
Posted by urarara0724
投稿 2019年04月24日
最終更新 2019年04月24日

0 Comments

comment