ストーカーでオムツ姿の高良健吾⁉︎映画「アンダー・ユア・ベッド」7/19公開が観たい

PR
高良健吾の舞台挨拶を観に行ったので、世間の評判はどんなものなのかしら?とTwitter検索していたら、7/19に公開の映画「アンダー・ユア・ベッド」の告知ツイートが出てきました。

これ、R18なのですが…高良健吾がストーカーになる、というだけでなく、かなり猟奇的な感じっぽくて、観たい!

あらすじは、学生時代に唯一自分の名前(とは言え下の名前ではなく「三井くん」という名字)を呼んでくれた女の子 佐々木千尋のことが忘れられない男の話。

11年振りに再会した千尋の変貌に驚き、そこからストーキング開始。

ついには千尋の自宅に潜り込み、ベッドの下で彼女の生活を監視するように…

どうも千尋は彼氏だか夫だかからDVを受けているようなのですが、三井はベッドの下にずっと居られるように、オムツを履くシーンがありました。

予告を見る限りでは、この千尋と男性の間で事件が起こってしまうようです。

予告動画、怖いのが苦手な方は観ないでくださいませ…



原作は納得の「角川ホラー文庫」


アンダー・ユア・ベッド (角川ホラー文庫)

この映画自体が『ハイテンション・ムービー・プロジェクト』という、ホラー系の映画企画の一環のものだそうです。

こちらは第二弾で、第一弾の「殺人鬼を飼う女」は現在公開中。

タイトルがすごいから、どういう映画なんだろ?と気になってる作品でしたが、こういうプロジェクトのものだったんですね。
PR

いやー着流し姿の色っぽい高良健吾を「多十郎殉愛記」で担当した直後に、オムツ姿を観ることになるとは…

多十郎では褌姿で女性をザワつかせ、今度はオムツ姿…

高良健吾、攻めてるな!

●高良健吾「多十郎殉愛記」舞台挨拶ネタバレ感想~ザ・古臭い幕末チャンバラ映画

しかしアレですよね、この都市伝説みたいな、ベッドの下に誰かがいる…ってやつ、出来るお家あるんですか?

私はベッドの下に衣類を収納してますけど、キチンと収納するスペースのあるお家なら、泥棒もストーカーも入り込めるんでしょうけども…

そんな広い家に住んでるお友達、私の周囲にはいないわぁ。

高良健吾みたいなイケメンが、学生時代から誰にも相手にされなかったわけないだろ!

って気もしますが、でもこういう陰湿な役も似合いますよね。


最近あんまりテレビで見かけない印象だったのですが、調べたら

「ドラマが嫌いなわけではないけど、3ヶ月予定を埋めるのが厳しい」

という理由で、連ドラには出ていないそうです。

新田真剣佑が連ドラに出ないのもそういう理由なのかしら?

この土日はHuluで「きみはいい子」も観ました。

新米教師役の高良健吾も良かったです。

これからもうちょい、彼の出演作も追ってみようと思います!
関連記事
☆世界でひとつの美白メカニズム。
透明感あふれるような肌を目指す集中美白美容液
ポーラ ホワイトショット
urarara0724
Posted by urarara0724
投稿 2019年04月15日
最終更新 2019年04月15日

0 Comments

comment