水戸の褌姿で飛脚をしていた「アウトデラックス」出演高校生・塙佳憲の今

2019年03月30日
マツコ・デラックス 0
PR
2015年の2月5日、アウト×デラックスに「水戸から来た飛脚」として高校生の塙佳憲くん(当時17歳)が出ていました!

中2でプログラマーと「飛脚堂」という会社を始め、褌姿で荷物を運んでいる、という紹介で、バイタリティと格好に驚いたなぁ。



この出演時に塙くんはお土産で「茨城名物なっとうスナック」を渡し、マツコは

「あたしこれ大好きなのよ~!サービスエリアで買えるのよね?」

と大喜びしてました。


メーコウ 茨城名物なっとうスナック梅味 12本【入数:12】【smtb-s】

が、なんとマツコ、この納豆スナックを以前ディスっていたんですけどね…

●番組でヤラセ発言?マツコデラックス「なっとうスナック」をディスっていた…

まぁ相手が高校生だったから、気を使ったのね、きっと。


2015年の放送当時にこの番組のときの内容をブログに書いていたのですが、もうアクセスも集まらなくなってきているし、どうしようかな~と思いつつ、この塙くんが今どうしているのか調べてみました。

ら、慶応大学の学生さんになっていました!

飛脚堂のサイト自体は2017年で更新が止まっていましたが、上京したので水戸での飛脚は出来なくなったから、かな?

でもグラフィックデザイナーとしての活動は今もしているようです。

また、ベンチャーな活動も積極的にしているようで、中高生の頃から変わらずに色んなことをし続けていて、眩しい!


PR

テレビに出た当時はワッと人々の関心も集まるけれど、4年も経てば忘れてしまいがち。

それでも塙くんの褌姿は強烈だったので、覚えている方も多いのではないでしょうか?

私は基本的には大学生がベンチャーやっているのって、成功する人ももちろんいるだろうけど、失敗したらキツイだろうな~という目で見てしまっています。

中学生から茨城県で一人でベンチャーな活動を始めた彼のことを、アウトデラックス放送当時は「今だけなんだろう」と思った方も多かったのでは?

でもその後もずっと色んな活動をしていて、慶応大学にも進学していて、本当に頭の良い人なんだなぁと驚きました。

グラフィックデザインの方向に進むのではなく、慶応大学の総合政策学部に進学したことにより、デザイナーとしてではなく起業家として色んなビジネスに関われる方向に進んだなんて、すごいなぁ。

単に「褌姿で荷物を運ぶ、面白い高校生」という記憶だったけれど、改めて今を調べてみて、「あの人は今?」的な発見がありました。

ということで、2015年当時はこの記事は単に納豆スナックを紹介するだけのものだったけど、新たに加筆修正致しました。

いつかまた塙くんがテレビやネットでさらに取り上げられて、過去のアウトデラックス出演が話題になる日も近いかもしれませんね。
関連記事
ベストコスメ45冠受賞!【POLA】リンクルショット

コメント0件

コメントはまだありません
更新順
  1. NEWER ENTRY

    2年ぶりに女性向け恋愛育成ゲーム「ときめき彼氏」を立ち上げてみた

  2. OLDER ENTRY

    オリ禁の意味は「オリキ禁止」=手紙やプレゼントの直接手渡しはNGって意味?

  1. OLDER ENTRY

    新宿「珈穂音(カポネ)」のロールキャベツ感想~マツコの知らない世界