「凪のお暇」原作1&2巻ネタバレ感想、中村倫也・黒木華・高橋一生はミスキャスト?

PR
中村倫也が7月開始の漫画原作ドラマ「凪のお暇」に出演することが発表されましたね。

元々このドラマの主演が黒木華だと発表された時に、中村倫也ファンの間で

「元彼の慎二役は、中村倫也かも?」

と噂されていました。

ので、元彼役が高橋一生だと分かった時には

「なんだー。っていうか、高橋一生は原作の設定と合わない!ミスキャスト!」

と、原作ファンが怒っているのを見かけました。

その後、隣人の安良城ゴン(あらしろ・ごん)役が中村倫也だと発表になった時には

「わーい!って言うか…中村倫也がゴン?

いやいや、慎二が中村倫也で、ゴンが高橋一生だったらともかく…配役逆!」


というコメントがたくさん溢れていてビックリ。



私は中村倫也も黒木華も高橋一生も好きなので、この3人の共演は嬉しいです。

このツイートの中村倫也の可愛さよ…

でも「そもそも凪は黒木華じゃない」「全員顔が地味過ぎる」「高橋一生だと老けすぎ」とか、ミスキャストに怒る言葉が頻発していて、

「えードラマ開始前に原作読んだら、イメージと違う!ってイライラしちゃうかもしれないし、読まない方が良いかな?」

と思ってしまいました。

しかし、その流れの中で

「俳優ファンには、原作ファンの気持ちは分からない!

アンタたちはどうせ原作とかけ離れていても、なーんにも気にしないんでしょ?

好きな俳優だけ出てれば喜ぶ、何も考えてない人達だから」


というような言葉が書かれているのを見て、イラッとしました。

いやいやいや、「俳優ファン」ってだけで人をカテゴライズしないでくれない?

こっちは俳優ファンになる前から漫画好きだわ。

じゃあ、俳優ファンが原作を読んで、その後ドラマを観てどう思うのかを、書き残してやろうじゃないか!

という気持ちで、楽天KOBOで一気に1〜5巻まとめ買いしました。


ちなみにレンタルで読もうかとも思ったのですが、48時間400円だったので、なら楽天KOBOで10%オフクーポン使って買ったほうが良いや、と思いましたが、1円でも安く、と思うのであればレンタルもオススメ。

凪のお暇 レンタル


凪のお暇 1【電子書籍】[ コナリミサト ]
●Amazon凪のお暇 1 (A.L.C. DX)
無料立ち読み

えー、1巻の1円(エピソードは1話ではなく1円でカウントされています)を読んだ時点で「高橋一生は違うだろ!」と思いました…

原作はいわゆる少女漫画ではなく、青年コミック寄りの女性マンガなんですね。

ストーリーの筋もありながら、レシピなど節約術&ひと手間で楽しい生活が送れる知恵もありつつ、アラサー女子のコミュニケーションや自立心の教訓もある、ホッコリしながら為になる系の漫画です。

以降、1巻ずつネタバレ感想を書いていきます。


1巻

職場で「空気読んでこ」と自分に言い聞かせながら、大人しく皆んなに合わせ、それゆえ馬鹿にされて都合良く扱われている大島凪28歳。

趣味は節約で、買った豆苗の根を育てたり、電気や水道代を安く済ませるのが楽しみ。

でも同僚で営業部の若きエース我聞慎二とコッソリ付き合っていて、彼と結婚したら今の冴えない生活も終わる、と期待していました。

しかし、慎二が同僚に「今の彼女は貧乏臭くて生理的に無理だから、結婚なんて考えられない」と笑って話しているのを立ち聞きしてしまい、ショックで過呼吸を起こして倒れてしまいます。

自分を抑え込んでいた生活に嫌気がさした凪は、仕事を辞め、家賃3万円台のボロアパートに引っ越し、貯金100万円でしばらく自由に生きることに決めました。

今まで月イチストレートパーマ&毎朝ブローでサラサラストレートヘアにしていた髪も、地毛の天然パーマくるっくるのままに。

クーラーのない蒸し暑い部屋、同じアパートのお婆さんは釣り銭探しやパンの耳をもらいに行ったりしてるし、隣人はタトゥーをして昼間から家にいるし、何だか怖い。

今までは空気を読んで他人に合わせ、人の影に隠れていた凪ですが、勇気を出して話しかけてたり、思っていたことを口にしていくようになり、他人は見た目では分からないと知っていきます。

隣人のゴンは、イベントオーガナイザー。

いつも自室には多くの人が来ていて、人との距離が近い人たらし。

見た目は怖いけど言葉は優しくふんわりしていて、確かに中村倫也に近いかも!

ハローワークで失業保険をもらう手続き紹介もあります。

凪はハローワークで坂本さんという同世代の女性とも仲良くなりました。

親しくなってすぐに、パワーストーンブレスの購入に勧誘されてしまいましたが、それもキチンと断り、その上で友人として付き合い続けられることになります。

突然凪の家まで来て、凪の新しい生活に土足で踏み込むような真似をし、「お前は絶対に変われない」と呪いのような言葉を吐いた慎二は、実はまだ凪のことが大好きなツンデレクズ野郎。
PR

2巻



慎二の気持ちと、隣人のゴンと、反対隣の母子家庭の小学生うららちゃんとのエピソードが詰まった巻です。

凪のまっすぐサラサラストレートヘアに一目惚れした慎二は、空気を読んで相手をうまく操るのが上手い営業マン。

相手に何の感情もないからこそ、上辺だけいくらでも合わせられる。

そんな彼は、必死に貼り付いた笑顔で人に合わせる凪に、人間味を感じていました。

付き合ってすぐの頃、朝そっと起き出して、グシャグシャの髪を一生懸命まっすぐに整えている凪を姿をのぞき見て

「健気!可愛い!こいつを守っていきたい!」

と思っていたけれど、それを口に出して伝えずにいました。

凪の貧乏くさい、でも美味しい料理が好きだった慎二。


その頃凪は、お隣のゴンに少し惹かれつつ、うららちゃんと親交を深めていました。

凪の頭を犬のように撫でるのが好きで、いつもクールで大人びたうららちゃん。

お父さんが亡くなり母子家庭ですが、美人で儚げな優しいお母さんのことが大好き。

凪も母子家庭で育ったため、親近感を感じていました。

最初は大人っぽい達観した子だと思っていたうららちゃんも、実は周りの空気を読み、そしてお友達と自分を比較して自分を卑下しないよう、嘘をついてまで我慢をしている子でした。

うららちゃんのお母さんは、お父さんが働いていた職場に勤めています。

気弱そうなのでママ友からチクチクと嫌味を言われているうららちゃんママを見て、凪は「他人の無責任な決めつけ、心配したフリの下世話なおせっかい」にイライライライラ…

でも、実はうららちゃんのお母さんは工事現場でクレーンを運転する、カッコいい職長だと分かり、そしてうららちゃんがお母さんを誇りに思っていることが分かり、晴れやかな気持ちになりました。


そして、またも慎二が凪に会いに来ます。

実は凪が過呼吸を起こしたあと、慎二はすぐに凪に謝ろうと思っていました。

でも出張が続き、電話やメールではなくキチンと会って謝らないと、と思っている間に、凪は仕事を辞めて引っ越してしまっていたのです。

凪の好きな北海道土産を持って家に行きましたが、その頃凪はゴンとバーベキュー(ワンバーナーと缶詰とパンを使ったワンコインの節約BBQ)をしていて不在。

凪はゴンと、慎二は上の階のおばあちゃんと話をし、その会話の中で凪と慎二が言葉足らずですれ違ってしまっていたことが分かりました。

凪には冷たく見えた慎二の態度も、本当は慎二に悪意など無く、キチンと理由のあるものだったのです。

その後凪・慎二・ゴン・うららちゃん・おばあちゃんでトランプをしました。

場の空気をまとめてしまう慎二を見て気後れする凪。

慎二に意地の悪いことを言われましたが、でもゴンはそれをうまく優しく笑いに変えてくれて、とっても素敵…。

それに嫉妬した慎二は、帰り道にゴンの前で凪にキスをし、凪は思いっきり慎二を引っ叩きました。


この話を聞いた坂本さんは、凪には「新しい恋が必要!」と言いだし、お見合いパーティーに参加することになりました。

凪は気弱そうに相手に合わせて頷くだけなので、ちょろいと思われてモテモテになります。

その会場には凪の元同僚で気の強い女性がいて、帰り道に一緒にお茶することになるのですが、上から目線で失礼なことを言う元同僚に、凪はビシッと言い返してやることが出来ました。

ヤリたいだけの男も、男を肩書で見る女も、どっちも浅ましい、でも、浅ましいのは自分も一緒。


お見合いパーティーの相手の肩書を慎二と比べてしまっていた自分に気付き、凪は落ち込みました。

「慎二のどこが好きだったのか、私ひとつも思い出せない」

結局、凪は慎二の肩書が好きだった…のか?

というところで2巻は終わり。


閑話休題。

3巻以降のネタバレは次に書きます。

とりあえずここまでの感想を書くと…

ドラマは「きのう何食べた?」のように、1話に色々なレシピ紹介を入れた作りになりそうですね。

簡単節約レシピ系漫画は多いですが、そこにメンタル的なものも混ぜ込んだお話なので、大学生〜社会人にウケが良いドラマになりそうな気がします。

ただ…高橋一生はミスキャストだーーーーー!

ごめん、高橋一生、私はあなたのこと好きよ。

でも慎二は凪と同世代、20代後半の設定じゃないと、話の辻褄が合わない!

「凪は吉岡里帆、慎二は向井理が良かった」

という感想を見かけましたが、それは「きみが心に棲みついた」のイメージが強かったからでしょうね。

佐藤健・三浦春馬・松坂桃李あたりの世代がマッチしていたのでは…


黒木華が凪なのは、私はそんなに違和感ありません。

もっと巨乳な方が絵に近いから吉岡里帆も良いけど、オドオドしつつしっかりしている役は、黒木華が上手く表現しそうな気がします。

っていうか蒼井優もイメージ近いですね。

似たようなお話「100万円と苦虫女」って映画出てたしね。

中村倫也のゴンは、絶対キュンキュンさせてくれること間違いないので、ドラマ録画しなくては…

「んふふっ」

って笑う倫也さんの顔がもう目に浮かびますもん。

慎二も出来るけど、でもゴンが合ってるなーとは思います。

でも何故…高橋一生にした…あの人今38歳よ?

ただ、私はそこまでこのドラマは、原作に忠実にしなくても良いタイプだと思うので、ドラマ用に設定を多少変えても良いかなー。

設定よりも、レシピや感情の動きが大事なんだろうし。

「きのう何食べた?」も原作とちょいちょい変えてるけど、視聴者にはウケてますからね。

ということで、ここまで面白く読み進められたので、3巻以降も読んだらネタバレ感想書いていきます!
関連記事
☆世界でひとつの美白メカニズム。
透明感あふれるような肌を目指す集中美白美容液
ポーラ ホワイトショット
urarara0724
Posted by urarara0724
投稿 2019年06月19日
最終更新 2019年06月19日

0 Comments

comment