映画1,900円は高すぎ!まぁ定価では観ていないけど…

PR
TOHOシネマズが6月1日から今より100円値上げする、というニュースで今日はザワついていました。



1,900円は…高すぎでしょ…

まぁ現時点でも1,800円で観ることはほとんどありませんけども。

大抵は、レディースデイか1日の映画の日に1,100円で観ています。

もしくは、直前にチケット大黒屋とかで前売り券を買うとか。

最近はそれに加えて、ムビチケを買ったりもしています。

ムビチケは公開前日までしか買えませんが、会社で加入している福利厚生では公開後も買えるものもありました。

「十二人の死にたい子どもたち」の時に初めてムビチケを買ってみていて、今は「美人が婚活してみたら」のムビチケをお取り寄せ中です。


『美人が婚活してみたら』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

でもムビチケは1,400円なので、レディースデイの方が安いけど…

そして、「美人が婚活してみたら」はできれば初日舞台挨拶に行きたいけど、舞台挨拶だとムビチケが使えません…


いやーでも、ついこの間までレディースデイは1,000円だったのが100円値上げしたな、という感覚でいるので、1,900円は一気に倍額になったかのような気がしてしまいますね。

そんなに映画って贅沢品だったっけ?

円盤買った方が安くてお得な気持ちになって、ますます映画館に行く人が減りそうな気がするのですが…

実際Twitterやヤフコメを見ると、

「こんなに値上げしたら、ますます客足が遠のく」

と予想している方が多かったです。

まぁ今も、よほど人気の映画以外はガラガラってことが多いですけどね…

こんなに人が入っていないのに上映する意味って?って思う時もしばしば。

友人たちともLINEでこの件を話したのですが、

「今だってムビチケ高いと思ってるのに」

「上映期間短いし、丁度よい時間には上映していなくて見逃すこと多いし、ますます映画館に行けなくなっちゃうよ…」


と不満が噴出しました。
PR

私は最近「チワワちゃん」と「十二人の死にたい子どもたち」の舞台挨拶に行きましたが、生で芸能人を観て、裏話を聞けて、2,000円はめちゃくちゃお安くお得に感じました。

プラス200円で舞台挨拶あったら、そりゃそっちの方が断然良いですよね。

ま、チケット取れない可能性が高いですけども。

最近はチケットぴあで舞台挨拶しているものが無いか、マメにチェックしています。

チケットぴあ 舞台挨拶icon

そういう経験をしてみると、ただ映画を1本観るだけで1,900円は高いよなー。

オンデマンドでレンタルすると、新作で500円くらいですし。

推しが出ている映画は早く観たい、映画館で観たいって思うけど、何となく観たいな〜くらいだと、レディースデイか前売り価格で観たいのが本音。

どうせなら試写会で無料で観たい…


なんて言ってたらいけないんでしょうけど、東宝の値上げの理由が「人件費」と言われてしまうと

「え?なにかサービスしてもらってるっけ?」

と思ってしまいます。

もちろん座席のお掃除とかチケットのもぎりがあると思うけど…スタッフ多すぎない?って思う時もあるし…。

都内は映画館が多いから

「渋谷は時間が合わない、新宿も微妙…じゃあ六本木で観るかー」

と選択肢が多いけれど、地方だとそんなに選べないというのも大変ですよね。

高校生の頃は、映画を観るための交通費で電車賃600円くらいかかってたしなぁ。

このままだとオタクしか映画館に行かなくなっちゃうから、上映する映画を厳選するとか、時間帯を仕事終わりに丁度良い時間に設定するとか、してもらえたら良いのにな…

17時台の次が21時台、とかだと平日観に行くの辛いんですもの。


とかワガママ言っておいて、年に何回映画館に行ってるんだ?と聞かれたら…数ヶ月に1度しか行ってません…

たった100円の値上げと思うか、これまでの積み重ねで数百円も上がっていると見るか?

私はやはりどうしても「高すぎ!」と思ってしまうので、満員御礼の映画の上映時間と、ガラガラで人がロクに入らない映画の上映のバランス、何とかならないのかなぁと思います。

映画館の土地代も高いだろうな、と思うと、もっとたくさんの人が映画館に行かないといけないと思うけど…つまらない映画も多いもの…

映画館まで足を運ぶ理由は、大画面で楽しみたい、というのと、いち早く観たい、というののどちらかがポイントだと思います。

そこを満足させてくれる映画がたくさん生まれて、映画館が活気づいたら良いのでしょうか…

ま、それって映画館の努力じゃなくて、制作陣の努力なんだと思うけども…

仕事終わりにフラッと映画館に行って、予想以上に良い映画に感動する、なんて機会が今後減らないと良いな、と思います。

私にできることは、推しが出ている映画をいち早く観に行くことだけ。

映画館側も大変なのだと思いますが…さすがに2千円越えるような未来は、来ませんように…
関連記事
☆世界でひとつの美白メカニズム。
透明感あふれるような肌を目指す集中美白美容液
ポーラ ホワイトショット
urarara0724
Posted by urarara0724
投稿 2019年03月18日
最終更新 2019年03月18日

0 Comments

comment