きのう何食べた?3話感想~ジルベールは英語じゃなくフランス語だろ!?

PR
ドラマ「きのう何食べた?」3話、ついにジルベールが登場しました!

が、その話の前に、ちょっと良いですか?

2話のラスト、佳代子さんが「その見た目で43歳?気持ち悪い」ってセリフの時に、

「その顔で…アレでしょ…ねぇ…きもちわるーい」

と、ゲイだということも含ませる言い方をしたの、すごくモヤモヤしています。

原作ではそんなこと言っていないし、そもそも佳代子さんはそんな言い方はしない人なのに…

原作通りにしろ、とは言いませんが、原作には無い、ゲイを特別視した演出を混ぜるのは止めてほしいかなぁ。

そう思っていたら、3話でもシロさんのお母さんがエクレアを受け取りながら

「女の子みたい…」

という時の雰囲気、ちょっと嫌そうな空気が流れていて、え?となりました。

あの時のシロさんのお母さんは、悲しそうに微笑んでたはず。

なのに、ため息をつくような言い方をされると、視聴者側の印象はずいぶんと変わってしまうんだけどな…

そして「もし娘がレズビアンだって言ってきたら…」という時の佳代子さんも、無神経そうに笑いながらシロさんの肩を叩いてたり、なんかなぁ。

小日向さんをシロさんに紹介する時の旦那さんも、

「ゲイなのね」

をワザワザ2回言ったりして、なんかやっぱり差別的…


小日向さんとシロさんが話すシーンも、小日向さんが何だかいかにもゲイって感じの雰囲気作ってたりさぁ…

想像シーンのワタルくんを外人さんにして、英語で話させる演出は、とても分かりやすかった…けど…

ジルベールはフランス語を話すはずですけども???

だって「風と木の詩」の舞台はフランスですから。



シロさんと握手する時の小日向さんも、生真面目なキャラではなく、いかにもゲイっぽい感じにしているし、なんかモヤモヤするなぁ。
PR

もちろん、その後のお料理シーンは、やっぱりホッコリして良かったです。

ケンジ可愛いし、シロさんも素敵!

キチンと原作を大事にしながら実写化している方だと思います。

それでも、ちょいちょい余計なアレンジをして、ゲイを変にネタにするのは止めて欲しいです…。

あと、楽しみにしていたシーンが無くなっていました。

シロさんのお父さんのガンが分かり、シロさんが電話を切った後に

「ケンジー」「シロさーん」

とお互いに名前を呼び合うところが、無言になっちゃってましたね…

あの、お互いに自然に気遣い合う感じが良かったんだけどな。


シロさんがお父さんのガンについてスマホでググるところも、原作には無かった部分ですね。

一見飄々とした感じで受け止めるのが、シロさんの性格、というか、その後のエピソードに繋がっていくんだけど…

何だかテレビ用としてなのか、過剰な演出がチラホラと入ってるの、ちょっと悲しいです。

ジルベールを検索するシーンを入れたのは、知らない視聴者もいるだろうから仕方ないと思うけど…

そして「大事な話をしてくれない」とケンジが店長に言うシーン…あれホントいらなかった。

あの時、ケンジはそっと見守っていて、そこに愛情を感じたのに。

シロさんから「何かあったら話を聞いてくれ」と言われてデレデレするケンジも、解釈違いすぎて悲しい…

そして、リアルなジルベールは今夜は出ませんでしたね。

そこまで一気に端折らないか、やっぱり。

全体的には、原作と切り離したら良いドラマだと思うんですけどね。

んー、これ以上変に演出足して、キャラクターを別物にし過ぎたり、ゲイをネタにし過ぎない方向で続いてくれることを願います…!
関連記事
☆世界でひとつの美白メカニズム。
透明感あふれるような肌を目指す集中美白美容液
ポーラ ホワイトショット
urarara0724
Posted by urarara0724
投稿 2019年04月20日
最終更新 2019年04月20日

0 Comments

comment