「サークラ女」(サークルクラッシャー)を海外では「YOKO(オノ・ヨーコ)」と呼ぶ

PR
「サークルクラッシャー」って聞いたことありますか?

主に大学生のサークルや同好会の中で、小悪魔的に男たちと関わる内に、全員の人間関係を崩壊させる女、という意味で使われることが多いそうですが、そういう色恋を交えなくても、それまで平和だった場をぶっ壊す人のことを指す言葉だそうです。



例えば、仲良い男友達の内の一人に彼女が出来て、その彼女が男を振り回している内に、男友達みんなのテンションが下がって微妙な空気になる、なんてこともある。

空気が読めない、とかではなく、それぞれのやる気を削いだり、疑心暗鬼にさせたり、あっちこっちで文句を言ったり騒いだりすることで、場の空気を悪くする人もいますよね。

女性を指して使われることも多いけど、男性でもこういう人いるような?

で、海外では女性のサークルクラッシャーのことを「ヨウコ」と呼ぶそうです。


忘れがたき日々 ジョン・レノン、オノ・ヨーコと過ごして

そう、ジョン・レノンと付き合いだし、ジョンをメロメロにしたことにより、徐々にビートルズがバラバラになった…といわれているオノ・ヨーコの名前だから…
PR

ちょうど今「女が女に怒る夜」というTV番組でもサークラ女(サークルクラッシャー)が取り上げられていますが、この場合は

「サークル内の男全てと関係を持つ女」

という、男心を弄ぶ女、として紹介されています。

でもそれ以外でも、こういう皆んなの関係をぶっ壊す女っていうのはいそうですね。

私としては、男女という関係だけでなく、女同士でも

●自己中な女も、偽善者なフリして徒党を組む女も、どっちも怖い

で書いたような揉め事を拡大させる女ってのもサークラ女に思えます。

正義感を振りかざしているようで、皆んなの悪意をどんどん引き出しちゃう女とかね。


私は集団行動をほとんどしないで過ごしてきたけど、でもグループ内の男と次々関係持つ女ってのは見たことあったなー。

ドリカムとか好きな子だったんですけどね。

●都合よく扱われていた相手を切った事例〜アラフォー女性が友人と縁を切る理由2

で書いた女の子も、ケロッと次々人を渡り歩ける感じの子でしたが、いやはや、女は怖い!?

でもただ人の心を弄ぶ女と、オノ・ヨーコは違うかなって気がします。

才能があって、魅力的な女性のオノ・ヨーコと、単に異性の気持ちを弄ぶだけの女は、一緒にしたら失礼ですよねぇ。
関連記事
urarara0724
Posted by urarara0724
投稿 2019年01月21日
最終更新 2019年01月21日

0 Comments

comment