以前同僚から借りて読み、あまりにも面白くて自分でも買った、本屋さんの実情を紹介する久世番子のエッセイ漫画「暴れん坊本屋さん」。


暴れん坊本屋さん・完全版 ~平台の巻~ (ウィングス・コミックス)

amazonで買う


このマンガの中に、幼稚園・小学校・中学校・高校と同級生だったという、あの芥川賞作家中村文則が登場します。


土の中の子供 (新潮文庫)

番子さんが「中村に先を越されたー!」と中村文則の芥川賞受賞のことを書き、便乗して自分のマンガも売ろうとするネタがあったのですが、その後2人は対談をし、交流を再開したそうです。

最近になって中村文則の小説を人から借りたので、そう言えば久世番子さんの同級生だったよな〜と思い出し、2人の交流を検索してみたら、対談を見つけました!

この対談がとっても面白い!

中村 『よちよち文藝部』(以下『よち文』)には僕も登場してるね。太宰治の回の三ページ目に。

久世 「太宰が欲しがった芥川賞を君がもらうなんて…太宰にゆずりなよ芥川賞!」と私が中村くんに言う(笑)。

中村 このカットはフィクションでも何でもない。そのまんまだったよ。似たようなことを言われた。
久世 言ったかな。

中村 番子さんさあ、僕に若干敵意持ってるでしょ(笑)。

2012年 12月号
【対談】 中村文則×久世番子 文藝とか文豪のこと
作家と漫画家。二人は同級生。お互いの新刊をめぐって、初対談。


この対談だけでなく、Twitterでも面白い交流が紹介されていました。


そっと、どころかあからさまに、中村文則氏に嫉妬する番子さん。



「バーカ」って…笑

いい年して元同級生にこんなメッセージを残すって、面白い!

しかも何年か会っていなかったのに、このメッセージを残すなんて…!

コレ以外に2人のやり取りはネット上では見つかりませんが、それでも十分笑わせて頂きました。
PR

久世番子さんは、申し訳ないけれど、ストーリー物よりもエッセイの方が面白いです。

今ツイッター上で展開している「クリスタはじめて物語」は、クリスタが何か分からない私にも笑えます。



クリスタってマンガを描くソフトなんだろうな、と思っていたのですが、調べたらこのソフトなんですね。


CLIP STUDIO PAINT PRO


まだ中村文則氏の本を読み始めていないのですが、そろそろ読もうと思います。(借りっぱなしだし…)

ピース又吉氏からも大絶賛されていて、そして苦しくて読むのが辛くなるお話がある、と言われる中村文則氏。



けれど御本人は暗い人どころか、明るく楽しい方なんですね。

久世番子さんの「暴れん坊本屋さん」はだいぶ前の本な上に有名作なのでご存知の方が多いと思いますが、まだ読んだこと無い、という方は是非読んでみることをオススメします!

知らなかった本屋さんの裏話も面白いし、何よりギャグがすごい!

お陰で私の中では、中村文則氏は愉快な人として記憶されております。

同級生が二人共こんなに有名人になるなんて、スゴイですね!
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析