2019/2/3新田真剣佑ファンミーティング東京2部のレポ

2019年02月03日
新田真剣佑 0
PR
本日は待ちに待った、新田真剣佑ファンミーティングでした!

場所は東京、ベルサール汐留。



グッズ購入列開始が11時半、12時から販売。

1部は開場13時半、開演14時。

2部は開場17時半、開演18時。

イベント自体は1時間で、

●真剣佑と司会者さんのトーク

●ファンクラブで今度やりたいことアンケート

●質問コーナー

●プレゼントコーナー

●全員とハイタッチ

プレゼントやお手紙は、ハイタッチの前にスタッフにお渡しする流れでした。


1部はTwitterを見ると「早く行き過ぎても周囲の迷惑になるから…」と11時過ぎに会場に行かれた方がいるようです。

私から見たら、それでもめちゃくちゃ早いですよ!

あと汐留のあの辺はオフィス街だから、周囲の迷惑は土日はあまり無さそう?

と思っていたら、なんと1部でフーディーと写真集は売り切れ、2部での販売は無しとなったというツイートを見かけました。

私はポストカードだけ買うつもりだったのですが、ファンミ終了後に買おうと思ったら、ポストカードも売り切れ!

ということで、大阪や名古屋に行かれる方は、2部参加でも1部開始前にグッズを買わないとダメみたいです。

いや、東京の人数が多過ぎたからかな?微妙ですね。


さて、今回のファンミーティングレポを始めます。

席数は36列26番まであり、36列目のみ20人だったため計930席でした。

席とステージの間は数メートル、ステージの段差は30cmくらい。(設置された階段は2段)

ステージにはスクリーンがあり、開始前は出演CMが次々と流れていました。

ステージ左側にはパーテーションがあり、この中にいる様子は1部開催直前に真剣佑がInstagramストーリーでアップしていましたね。

まず司会者の方の挨拶があり

「まっけーん!キャー!と言って迎えて下さいね。

一度練習しましょう」

と練習がありました。

で、1部の方がツイートしていたのと同じく、真ん中あたりのドアから登場!

真剣佑の服装はグッズの黒フーディー、パンツは黒で、ビニールっぽい加工が付いてたり、パンクっぽい感じ。

で、腰からは現在制作中のグッズというタオルを背面に引っ掛けていました。

スニーカーはちょっと厚底っぽいハードな感じで、黄色っぽかったかな?

左手に司会者さんがいて、真剣佑は中央に立ってました。


いやー、まぁ、もう、テレビと同じ顔してますよね、ホント。

はー、イケメンだなぁ、とボーっと見てしまいました。

皆んなの顔が並んでたり、挙げた手が並んでる絵面が気持ち悪いって言ってましたが、そりゃそうだろうなぁ。

こんなに大人数の前に立つのは初めてかも?と言ってました。

写真集で1番好きなのは、「シーツの中にいる写真」。

あまり中身を公表していない段階では言えなかったけど、カメラマンの桑島さんの一緒にシーツの中にいたので、それを見たスタッフさんが笑ってた。

皆んなが好きな写真はプールと聞き「裸だからでしょ?」とバッサリ。

リセットゲームのCMがスクリーンで流れた時には

「他の共演者の顔が写っていないのは、まだ未定だからです」

と話していて、映画化は本当にありそうな雰囲気の物言いをしていました。

「十二人の死にたい子どもたち」の時は

「このベッドが気持ち良くて、空き時間に寝ちゃった」

と話してました。

あと「フルニトラゼパム」という薬名がなかなか覚えられなくて、「フルーツ、フルーツ、って、そこまでしか覚えられなかった」と話してました。


ファンクラブでやりたいことアンケートは、

1握手会
2サイン会
3フォトブック
4皆んなで沖縄ツアー
5大成くんとのコラボイベント

があり、アンケートを取るまでもなく5番の話題に。

この5番は1部の時と変えられていたそうです。

そのことにビックリする真剣佑。

1部ではハワイに行きたいという話題が出たけど、本当にハワイに行くのは無理だろうということで、沖縄にスタッフが変えたのだとか。

その場で大成くんに写メを送り、折り返しで電話が来たので、2人でFaceTimeで話していました。

ポストカードを買った人用のイベントも企画しようと思ってるそうです。


質問コーナーは「列」と「10桁」「1桁」の番号を真剣佑が引き、当たった人を真剣佑が迎えに行く、という進行で、5人くらい当たっていました。

覚えている限りだと

●もう一度再演したい役は無い、どれも大変だったから。

でも「フルニトラゼパム」をやっと覚えたから「十二人の死にたい子どもたち」はまたやりたい。

●サロン・デュ・ショコラは城田優に連れていってもらった。

今までそんなイベントがあるのを知らなかった。とても美味しかった。

●1部と2部の間に渕野右登くんが楽屋に来ていた。

●グッズは友達とデザインしたけど、友達の名前はまだ内緒。

●「二つの祖国」はこの間撮影が終わった。

英語で話すシーンもある。

●「仰げば尊し」のメンバーの中で今も親友と呼べるくらい、何でも話せるのは、草野大成くんと石井杏奈ちゃん。

●バレンタインの思い出は、高校時代に男子3人からガチのチョコをもらったこと。

体を作り込んでいたので、そっち系の人から好かれた。

●アメリカにはホワイトデーという文化は無く、男女がお互いにチョコや花を贈り合う。

●お母さんの手料理はどれも美味しいけど、粕汁が好き。

●「相席居酒屋」に行ってみたい。地方ロケの時に行こうとしたけど、スタッフから全力で止められた。

「あれってランク付けられるんでしょ?」

と興味津々なご様子。

●インフルエンザはA型で37.2度くらいしか熱が出なかったけど、マネージャーと病院に行っていたので誤魔化しようがなく、舞台挨拶は休むことになった。

「予防注射って、あれ何の意味があるの?」

と言ってましたが、インフルエンザには型がたくさんあり、予防注射は「今年流行りそうな型」を予想して作ってるので、その予想が外れたら意味ないんですってね。

●インフルエンザの時に大成くんがオジヤを作りに来てくれた。

大成くんはインフルエンザになったことがない。

●QALBの赤のフーディーを着ていた方に「お揃いだね!それどうしたの?」と質問。

ファンクラブの壁紙を見て買ったと言われて喜んでいました。

グッズのフーディーを着ていた方にも「お揃いだね」と言ってました。

●緊張していた方に「水飲む?」と自分の水を差し出そうとしてお断りされ、その後自分で飲んでいた。

●1番好きな男性の顔は山崎賢人。すごくキレイ。

●英語で応えた方のことを外国の方だと思って英語で話し続けたら、日本人の「ミユキ」さんと分かり、めちゃくちゃ恥ずかしそうだった。

●花粉症ではない。

●猫アレルギーだけど猫を2匹(ベンガルだったかな?違ってたらすみません…)飼おうと思っている。

猫アレルギーが出ると目の辺りが酷いことになる。

このアレルギーの件ですが、私は花粉症も猫アレルギーも持ってるので、司会者さんが「猫アレルギーは治る」って言ってたけど、甘く見ない方が良いと思うな…と心の中でつぶやいてしまいました。


この当たった人を迎えに行く時、私は端の席だったので、何度か真剣佑がすぐ横を歩いて行きました。

2回くらい目があったな、と思ったけど、いやー、イケメンだな、ホント、としか感想出てこないわぁ。

最後はガラガラとボールを引かず、ジャンケン大会となりました。

が、ジャンケンに勝った方がいるのかいないのか分からなくて、後方に走っていって、分からなくて、再度ジャンケンをしたりしてましたね。
PR

プレゼントコーナーでは「十二人の死にたい子どもたち」のポスター2人分と、グッズのトートバッグにサインをしてお渡し。

私の後列の方が当たったのですが、列を通り過ぎてスタスタと真剣佑が歩いて行ってしまうので、思わず「この列、この列」と言ってしまいました…

いや、そこまで通り過ぎなくて良いだろってくらい歩いて行っちゃってたから…

ステージから身軽に飛んで何度も会場を行き来していたので、ポソリと

「今日はジム行けないな…」

と呟いていました。

質問コーナーもプレゼントコーナーも、当たった方は階段でエスコートして手を引かれていて、でも皆さん遠慮がちな、恐れ多い!って感じのご様子で微笑ましかったです。


最後に男子を指名して前に呼び、この子はエスコートに加えてハグもされていました!

17歳の男の子で「リョウマ君」という名前を聞いて「竹内涼真!」という真剣佑。

将来の夢は

「家族を養えるようになること」

と言っていて、真剣佑も会場みんなもホッコリ。

「僕もそうなれるよう精進します!」

と返していました。

リョウマ君はお母さんと来ていて、お母さんは男の子より後列でした。

2人とも当たるなんてすごい!

この男の子の顔を見て「弟に似てる!」と言っていました。

また背の高い子だったので2人で並んで背比べしてましたが、真剣佑の方がちょっと高いくらいだったかな?

テニス部という彼に

「この間の大阪なおみさんの試合すごかったよね!

家を出なきゃいけない時間だったんだけど、友達が2人家に来ていて、一緒に観てた」


と話してました。


最後は会場の様子を動画に収めてから一旦終了し、ステージにパーテーションが組まれました。

この会場の動画はInstagramのストーリーにアップされてましたが、ピントがボケボケで良かった…私写り込んでるわ…

一応「写っちゃいけない人は下を向いて」とは言ってました。

プレゼントは一度スタッフに渡した後カゴに入れられてましたが、全員持参ではありませんでした。そりゃそうか。

ハイタッチはブロック毎に順に並び、パーテーションの前にいる真剣佑と両手でハイタッチ。

私の前の方が言った言葉に「嘘!」と驚いていたけど、聞き取れませんでした。

で、私の番なので一応一言いったけど、その間もう次の人の方を見ていて、目を合わせてもらえませんでした。

顔ごと横向いてて、話したことも全く聞いてない感じで、あからさまだったわー。

ババアが行ってごめんよ…。

真剣佑の手は、少しひんやりしていました。

しかし、あんなに近くで真剣佑を長時間見られる日はもう来ないな、というくらい前方で見てしまったので、こちらとしては大満足です。

他の方は返事もらえたり、ちゃんと目を見てもらえたようですね。

次は「十二人の死にたい子どもたち」舞台挨拶で真剣佑と会えます!というか見られます!

こんなに短期間でまとめて会えることはもうないだろうから…インフルエンザに気をつけて楽しみます!
関連記事
ベストコスメ45冠受賞!【POLA】リンクルショット

コメント0件

コメントはまだありません
更新順
  1. NEWER ENTRY

    2/17まで!新田真剣佑2019カレンダー完全受注生産の予約受付中

  2. OLDER ENTRY

    浅草の待乳山聖天で節分会法要を体験&切り札を買った!

同カテゴリ
新田真剣佑
  1. NEWER ENTRY

    2/17まで!新田真剣佑2019カレンダー完全受注生産の予約受付中

  2. OLDER ENTRY

    新田真剣佑のファンはプレゼントやお手紙を渡すのが普通?