「ソーシャルモンスター」とは、「SNSで炎上芸をするインフルエンサー」のことらしい

PR
お金を手にした女性

はあちゅうのファッション妊活の件をTwitterで見ていたら、「ソーシャルモンスター」というキーワードを使っている方が何人もいました。

どうも「モンスターペアレント」と同じような感じで、ソーシャル(英語で「社会の」「社会的な」といった意味)な場で自己中心的かつ理不尽な行動をする人、に使う言葉のようですね。

この場合のソーシャルはブログ・Twitter・Instagram・YouTubeのようなSNSのことを言っているのだと思います。

つまりはSNSで「炎上芸」と言われることをする人。

「ソーシャルモンスター」でWEB検索をすると、普通にオンラインゲームのページが出てきますが、Twitter上では2011年には使われている単語でした。



この時点では、「粘着」と呼ばれるネットストーカーや、罵詈雑言コメントを書く人、「当たり屋」と呼ばれるような自分から火の中に飛び込んで騒ぐ人のことを指していたのかな?

その後もポツポツと使われていた単語だったけれど、サイトやブログなどでは使われないままで、今回はあちゅうの件で使用者が一気に増えたキーワードのようです。

レディ・ガガもソーシャルモンスターと言われていた時期があるようなのですが、そのことが書かれたブログは削除されていて読めませんでした。


「インフルエンサー」と、今使用されている「ソーシャルモンスター」は、一見似ているようで違う気がします。

「インフルエンサー」は世間に与える影響力が大きい人のこと。

「ソーシャルモンスター」はインフルエンサー兼、モラルのない言動をしている(と一部の読者・視聴者から思われる)人のこと。


そして「ソーシャルモンスター」はその言動で炎上し、様々な人から罵詈雑言のコメントを投げつけられても、それもネタにして投稿を続ける。

この行動の原動力は「承認欲求」のためだけ、という人もいるのかもしれないけど、基本的には「お金を稼ぐため」という人の方が多いでしょうね。
PR

ちょっと面倒なのが、ネットで広告収入を得る人に不満を抱く「嫌儲」と呼ばれる人がまだまだ多くいること。

ネットで広告収入を得ている人の中には

●わざとアクセス数稼ぎにモラルに欠ける言動をし、広告収入を得ようとする

●有益な情報を発信し、アクセスを稼いで広告収入を得る

の2パターンがいるのですが、後者まで叩く人には

「有益な情報を無料で読めて当たり前、と思ってるんですか?

しかも、あなた自身は1円もその広告報酬を支払っていませんよね?」

と思ってしまいます。

はあちゅうのブログが炎上したら、アクセス数が増え、ブログに貼られた広告バナーがたくさん踏まれる。

炎上していても彼女に共感した人は著書を買う。


旦那観察日記~AV男優との新婚生活~ [ はあちゅう ]


今回のファッション妊活を批判している人は、1円も払わず、無料で目にした不愉快なことに怒っている。

ここが「ソーシャルモンスター」が開き直れる根拠です。

どんなに自分が発信したものを読んで傷ついた人がいても、騙されたと思う人がいたとしても、書かれていたことが法に触れることでなければ、何も問題ない。

読者が減ることになればデメリットの方が大きくなってしまいますが、今ちらっとTwitterを見ただけでも、彼女を擁護している女性は何人かいました。

「妊娠している女性を叩くなんて酷い!」

って感じで、矛盾点も全部はあちゅうの言葉通りに解釈し、一切違和感を感じていないようです。

そういうピュアな人のことを「信者」と呼ぶ人もいるのですが、でもまぁ、表面的にキレイで優しい言葉を並べるのが良いことだって信じている人もいますしね。(私は違うけど)

そういう色んな人の感情を動かすところが「モンスター」と呼ばれる所以かもしれません。


「ソーシャルモンスター」は誰でもなれるものではありません。

そもそも多くの人から注目されていなければ、誰にも存在を気付かれないから。

はあちゅうやイケダハヤトは、インフルエンサーになれた上に、息が長いのがスゴイと思っています。

アレだけ過去に炎上していたら、いつ終わってもおかしくないのでは?と思う人の予想を裏切り、全然元気に活動されていますもんね。

今回のはあちゅうの件は、Hagexさんがご存命だったら、きっといろいろ考察してまとめていたんだろうな、と思いました。

●驚!有名まとめサイト管理人Hagex(岡本顕一郎)さんが亡くなった…


Hagexさんは過去にはあちゅうのこと、書いてましたしね。

●はあちゅうのセクハラ告発大炎上まとめ(追記あり)


私のような弱小ブロガーからみたら、はあちゅうさんは目指す位置にいる方ではないけれど、羨ましい成功者だとも思います。

数日前からさんざん時系列おかしいとか色々言われていても、「皆んなにお祝いしてもらえて嬉しい~幸せ~」って投稿できるの、すごいよ…。

妊活ブログをキッカケにはあちゅうさんを知った女性も多かったようで、新規獲得できるジャンルに手を出して成功されたことにも感心しました。

彼女のバイタリティがあれば「ソーシャルモンスター」なんかじゃなく「ソーシャルエンジェル」にもなれるんでしょうに、なんだか…色々と残念ですね…

ただ、今現在彼女のことを叩いている全ての人のことも「ソーシャルモンスター」のように、身勝手な人だと決めつけてしまうのは、私には乱暴に見えてしまいます。

関連記事

●はあちゅうのセクハラ私刑は売名行為?#MeToo 運動に違和感
●セクシー男優と結婚した「はあちゅう」の体張った芸人魂は好き?嫌い?
●はあちゅう「ファッション妊活」炎上が生まれた理由
関連記事
☆世界でひとつの美白メカニズム。
透明感あふれるような肌を目指す集中美白美容液
ポーラ ホワイトショット
urarara0724
Posted by urarara0724
投稿 2019年04月02日
最終更新 2019年04月02日

0 Comments

comment