タバコ&煙管描写はマンガもNG?時代に逆行する「りぼん」に違和感

PR
今Yahooニュースで、少女漫画雑誌「りぼん」でタバコ描写が禁止になったというニュースを見ました。

キッカケは津山ちなみさんのツイートだそうです。



私は津山ちなみさんのマンガを読んだことがなかったのですが、こちらの「ハイスコア」という作品の中に、煙管を吸うレイジというキャラがいるようです。


HIGH SCORE 17【電子書籍】[ 津山ちなみ ]

で、3年ほど前から煙管から煙が出る描写がNGになり、今回はついに煙管を持たせることさえNGになったと…



ちなみに「りぼん」で初めて男性キャラクターにタバコを吸わせたのは、一条ゆかりだそうです。


有閑倶楽部 1【電子書籍】[ 一条ゆかり ]

ご本人が以前エッセイで語っていました。

「有閑倶楽部」なんて、高校生が飲酒喫煙に不純異性交遊に留まらず、海外のマフィアとやり合ったり、警察を騙して大金をせしめたりしてたんですけども…。

それまで少女漫画の可愛い世界全開だった「りぼん」に大人の風を吹かせたのは一条ゆかりだったのに、ココへ来てまた規制という、時代に逆行した流れになるのは残念だなぁ。

まぁ過去に「りぼん」でタバコ描写がNGだったのは「子供向けのものだから」で、今回の規制は「世界的にタバコ描写がNGだから」という違いがあるかもしれませんが、うるさい世の中にまた逆戻りなのかー。

先日のドラマ「いだてん」に公益社団法人 受動喫煙撲滅機構が謝罪文を要求したニュースには笑ってしまいました。
PR

ちなみに津山ちなみさんは、リボン編集部が某テーマパークとやり取りをし、最小限の修正で表現できるように戦ってくれたこともツイートされています。



「りぼん」はあくまでも品行方正なものしか掲載しないわけじゃない、何でも世間の言いなりにはならず、表現の自由は守る姿勢をまだ持っているんですね。

しかし「タバコを描写すべき」とは思わないけど、煙管や煙は演出の小道具として使えるのにね。

CLAMPの「×××HOLiC」なんて、煙管NGになったらこんな幻想的な世界観の絵もダメになっちゃう…


×××HOLiC1巻【電子書籍】[ CLAMP ]

喫煙者としては、分煙には大賛成です。

臭いが嫌だと言う嫌煙の気持ちは分かります。

別にあの臭いが好きで吸ってるわけじゃない、というより、臭いはカットしたタバコが出てほしい。

健康に害が無く、味は今のまま、無臭のタバコが開発されれば全て問題なくなるのでは…。

でもiQOSはまだまだ不味い…。


そしてドラマや映画やマンガの中では、やはりキャラクター設定だったり、絵の表現としてのタバコの意義もあると思うなぁ。

「タバコ描写はカッコいいっていう価値観自体が許せない」

って方々もいるのでしょうけどね。

昔の手塚治虫のマンガでは、人種差別表現があって、そこが近年改変されていますが、それは仕方ないかなと思います。

それを読んで傷つく人がいるのは、良くない。

でも、子供がタバコを吸うシーンはダメだろと思うのですが、大人が吸う表現まで規制をするのはなぁ…

せっかく一条ゆかりが過去にOKに変えた表現を、またNGに変える。

歴史モノでさえもタバコ表現に文句をつける。

そうやって好き嫌いで嗜好表現に規制をかけることが、先進的だとは思えないんですけどね。


ちなみに私がタバコを吸い始めたキッカケは、好きな男が吸っていて、喫煙所で少しでも話したくて吸い始めたことです。

ので、マンガや映画の影響ではありません。

自分が吸い始めるまでは、友人が吸っているの嫌だったし。

人それぞれタバコを吸う理由やキッカケは違いますが、今の御時世「なんかマンガでキャラがタバコ吸っててカッコいいから」なんて理由で吸う子供、ほぼいないと思うな…

大声で「りぼん」の編集部に訴えたいわけではありませんが、今後は「ちびまる子ちゃん」のお父さんやおじいちゃんがタバコを吸うシーンもNGなんだ?と思うと、つい失笑してしまいます。

子供は自分で考えることができない馬鹿だ、と思っている大人が増えているってことなんですかね?

でもこのニュースをキッカケに、色んな人が持論を語り、そこで整合性を見つけていけたら良いのかな、と思います。

あくまでも私個人の意見ということで…
関連記事
☆世界でひとつの美白メカニズム。
透明感あふれるような肌を目指す集中美白美容液
ポーラ ホワイトショット
urarara0724
Posted by urarara0724
投稿 2019年03月19日
最終更新 2019年03月19日

0 Comments

comment