子育て支援=独身者の老後を支える労働源支援

PR
本日は区長選ですが、まだ行ってない上に、今からお出掛け。

そもそも、ウチの区で誰が立候補してるのかもよく分かりません。

朝と帰りに駅で通勤の邪魔をする街頭演説はチラホラと見かけました。

酷い人とか、横断歩道の入り出口真ん中にスピーカー置いて一人で演説していて、蹴っ飛ばしたろうかしら、と思いましたわ。

さすがに誰かから注意されたのか、1回しかそんな人は見かけませんでしたが。

でも、電車時間に合わせてこっちは駅に行ってるのに、その進路に立ちはだかり、目の前にビラを渡そうと出てくる立候補者には、絶対に当選して欲しくないわ。

となると、やはり当選回数の多いベテランさんは、街頭演説も慣れたものでスマートですね。

応援者も決して邪魔にならないよう、でもアピールしようとしていました。


が、いかんせん私の家から駅までの間に、立候補者のポスターが掲示されたパネルが無いので、誰が立候補しているのか分かりません。

職場の近くにはあるので

「NHKから国民を守る党」

があるのは知ってます。

いやー、私ここ数年NHKにハマってるからさー、応援出来ないわ。

チコちゃんも好きだし、好きなイケメン俳優たくさん起用してくれるし、面白い企画番組やドラマがたくさんあって、民放より全然面白いんだもの。

彼らの訴えが何か分からないけど、そういう他者批判を党名にする人たち、私は怖いかな。
PR

で、それ以外の人達は、兎にも角にも「子育て支援」に夢中。

分かるけど、でも、結局お金をばらまくより、親の仕事環境やマナーを改善するのも大事なんじゃないの?

子育て支援」イコール、子供のいない独身の老後を支える労働源支援ですからね、独身にとっては。

そう言ったら不愉快になるママさんパパさんもいると思いますが、納税者としてはそうなるわけで。

でも街頭演説とかだと、間に合わせのように

「保育園を増やします」
「子育て支援金を増やします」

と言ってて、そういうことかな?と思ってみたり。


現実問題、物価がどんどん上昇していて、景気もそんなに良くない上に、消費税増税。

少子高齢化も問題だと思うけど、このままだとアラフォー独身は間違いなく国の負担になります。

自分の老後は自分で、と思っても、子育て支援で税金たくさん払ってるからー、とか思う人も出てくる未来が見えるわ…

色んな生き方を認める社会になりつつも、少子高齢化も問題となっている今。

こちらも好きでアラフォー独身をやってる訳ではないので、責められるのも辛いわ…

子育て支援を訴える党には、イコール大人の労働環境、増税をなんとかして欲しいものですが、その辺をどう考えてる人がウチの街で立候補してるんだろ?

何となく、震災以降は「投票へ行こう」と言う人が多かったけど、ここ数年また関心が薄れてきている気がします。

はてさて、私はどの党に投票したら良いのやら…
関連記事
☆世界でひとつの美白メカニズム。
透明感あふれるような肌を目指す集中美白美容液
ポーラ ホワイトショット
urarara0724
Posted by urarara0724
投稿 2019年04月21日
最終更新 2019年04月21日

0 Comments

comment