愚痴は誰にも言わず、心の中の箱に入れれば無くなる…?

2019年05月05日
ストレス・鬱 0
PR
ゴールデンウィークもあと1日になってしまいましたね…

本日は友人と浜離宮恩賜庭園に行ってきました。

知人の霊能者が「浜離宮恩賜庭園はすごいパワースポットだよ」と話していたので、そのパワーを存分に浴びることにしたのです。

友人の娘ちゃん小学2年生と一緒にお出かけのつもりでしたが、娘ちゃんは祖父母たちに会いに行って疲れているとのことで、今日は来ませんでした…

もう母親の友達と一緒に遊ばない年になってしまったのかしら…

でも久々に友人と仕事のこと、日常のことなどゆっくりアレコレと話せて、コレはコレで楽しかったです。

こんなキレイな花を見ながら、仕事や日常の愚痴をガンガン言い合いました。





「こんなパワースポットで、こんな愚痴ばっかり話していいのかな…?」と私が言うと

「むしろ、こんな清々しい場所で吐き出すのが良いんだよ!」と友人が言ってくれてホッ。

実はブログにも書けず、誰にも言えずにずっと心の中に閉まっていた悩みのような愚痴のようなことも、初めて他人に話して聞いてもらってしまいました。


友人に娘ちゃんの近況を聞いてみたのですが、いやー最近の子だからか、都会の子だからか、私が子供の頃とは全然違いますね。

まず、すでに同級生には登校拒否児がいるという話を聞いてビックリしました。

お母さんも働いているお家なのだそうですが、お母さんが側にいないと嫌、と言うので1年生の時は授業にお母さんが付き添ったりもしたけれど、毎日お母さんが登校するわけにもいかず…で、学校に来なくなってしまったそうです。

友人は「親が甘やかし過ぎだと思う」と言っていましたが、私は

もしかしたら発達障害がある子かもしれないから、そう言い切るのもどうかなぁ。

親がそういう病院に連れて行ってるか分からないけど、我慢すれば、頑張れば他の子と同じように出来るはずって思い込みが子供を追い詰めることもあるみたいだし」

と話すと

「あーそういう可能性もあるのかー、視野が広いねぇ」

と言われました。

が、別に私の視野が広いわけではなく、以前

アスペルガー診断チェックをオススメする理由

先日書いた●ネット民が大批判しているマンガ「クロエの流儀」、面白い!にリンクを貼った●最低!「嵐のチケット譲ります ってTwitterで呟いた結果」が酷すぎるから、アスペルガー診断チェックにアクセスしている方が増えています。アスペルガーについては↓●「透明なゆりかご」試し読み&沖田×華エッセイを無料で読んでみましたで沖田×華さんの著書をご紹介していますが、こういう目に見えず、普通に日常生活を送れているようにも見...



で書いたように、子供に障害があると気付かないまま時間が経ってしまっていたママさんが過去に身近にいたからです。


友人の娘ちゃんは元気に楽しく小学校に通えているかな?きっと可愛いからモテモテだろうな、と思っていたのですが、やはり色々人間関係でトラブルがあるようです。

「こちらから聞かないと言わないんだけど、ちょっとイジメというか、仲間はずれにされることもあるみたい。

でも、『そんなことあったの?悲しくなかった?』って聞いたら『悲しかったけど、でもそういう時は心の箱の中に仕舞っちゃうの。そうすると、そのうち悲しい気持ちが無くなるから』って言っててさぁ」

と、大人顔負けの考え方で乗り越えているそうで、その発想にビックリしました…!

「え、何その考え方、誰から教わったの?確実に母親じゃないけど、旦那さん?」と聞くと

「いやー旦那さんでも無いし、分からないの。

こちらとしては1人で抱え込んでるのは心配だから、愚痴があるなら吐き出して欲しいんだけどね」

と言っていましたが、でも前々から娘ちゃんは大人びたことを言う子だってエピソードを色々聞いてはいました。

何しろ夫婦喧嘩をしていると

「パパとママは育った土地が違うんだから、価値観が違うのは仕方ないでしょ」

と言いながら喧嘩の仲裁をするそうなんです。
PR

母親である友人は、一見穏やかで優しい明るいタイプですが、実際にはヒステリックなところもあるし、愚痴もそれなりに言う方です。

娘ちゃんはどちらかと言えば、性格は旦那さん似なのかな?という印象なのですが、ついこの間まで赤ちゃんだった子が私より大人な性格に育っていて、何だか色々ビックリ。

冒頭の登校拒否児のことで友人が不満めいたことを言うと

「他所の家のことなんだから、気にしても仕方ないでしょ!もうその話は止めて」

と、娘ちゃんと旦那さんから言われるそうです…。

共働きの家庭なので、娘ちゃんは学校が終わると学童に行っています。

「学校でお友達が出来た?」

と聞くと

「ううん、出来ない。学童で1年生の子から『友達になろう』って言われたけど、でもあの子は他にちゃんと友達がいて、私のことは繋ぎなだけだと思う。

他にも話す子はいるけど、私の中では友達って呼べるほどの仲じゃないな。

友達と遊ぶより、家で一人で遊ぶ方が好き」

と言っていて、家に帰るとずーっとお絵かきをしているそうで…大人としては心配だけど、自分が子供の頃を思い出すと好きにさせてあげたい気もしますね…

しかし「繋ぎなだけの友達」なんて、少女漫画で中高生が気付いてショックを受けるシーンがあるような話なのに、もう小学校2年生でその真理に気付いているなんて…すごい…

私自身はやはり小学校1〜2年生の時に仲間はずれにされて悲しかった思い出は未だにあるし、親がそれを察してスポーツクラブに入れたり、子供会のキャンプのようなところに行かされたこともありました。

私は友達とうまくいかない、というのは寂しかったし、孤独感は未だに持っていますが、それを小学校2年生の娘ちゃんはもう乗り越えている…!

まぁ娘ちゃんも完全に孤独なわけではなく、それなりに一緒に遊ぶお友達もいるそうなのですが、最近は気軽にお友達の家に行くのも憚られる状況だそうですね。

学校と学童で他人とずっと一緒にいるのに疲れてしまう、ということもあり、鍵っ子になって家にいたい、と言っているそうで、こういうのは何が正解なのか大人でも分からないなぁ、と思いました。


ちなみに娘ちゃんが学校でされた意地悪の中には、男女間のもつれもありました。

保育園の頃に相思相愛だった男の子がいたけれど、小学校ではクラスが分かれてしまったそうです。

で、その男の子がクラスメイトの女の子から好かれ、「もうこの子と仲良くしないで!」とライバル女子から突き飛ばされてしまったのだとか。

友人がそれを知ったのは、手に傷があったので「どうしたの?」と聞いたら「こんなことがあった」と話してくれたからで、自分から親に言わないところも大人…いや、親としては心配だけども。

娘ちゃんが倒れているのに、男の子はライバルに手を引かれてその場を去っていってしまったそうです。

それでも娘ちゃんは「私はそんなことがあっても、○君のことが好き…!」と泣いていたそうで、それには両親共々「なんて一途な子…」と驚きつつ、軽く引いたと話していました。

ちなみに、そのライバル女子からその後「友達になろう」と言われたけれど、娘ちゃんはキッパリと「嫌」とお断りしたそうです。

…すごい…小学2年生って、もう本当に人間だわ…


いやー、人の成長って早いものですね。

私には、嫌なことを心の箱の中にしまって忘れる、なんてこと、そうそう出来ないよ…

でもこういう嫌なことの乗り越え方って人それぞれで、口にすることで余計にストレスが溜まるタイプの人もいるので、何が正解か本当に分かりません。

別の友人のお母さんは、ストレスが溜まると家の裏で、延々と不要なお皿を地面に叩きつけて割っていた、という話も聞いたことあります。

イライラした姿を人に見せず、自分なりにストレス解消する方法を見つけるのは、大人でも難しい。

話を聞く限りでは、娘ちゃんは母親より大人な性格に思えます。

もちろん本人からではなく、母親を通して話を聞いているからそう思う部分もあるんだと思いますが。

それでも、夫婦喧嘩の仲裁をしたり、お友達に対して達観した価値観を持っていたり、私が子供の頃よりずーっと大人な子に育っているわぁ。

テレビの影響もあるのかもしれませんが、この娘ちゃんと同じ年の別のお家の女の子は、すでに「パパはキモい」と思春期の女子のようなことを言うそうですし、何だか年々子供の精神年齢が上がっているのか?と不安になりますね…

もうゴールデンウィークが終わってしまい、また私もストレスが溜まる日々が始まってしまいますが…私も娘ちゃんを見習って、たまには嫌なことを心の箱の中に仕舞おうかな…

と思いつつも、長らく仕舞っていた愚痴を友人に聞いてもらって、スッキリさっぱりした気持ちにもなれたので、臨機応変に使い分ける方法を見出したいと思います。

…今度娘ちゃんに方法、聞いてみようかしら…
関連記事
ベストコスメ45冠受賞!【POLA】リンクルショット

コメント0件

コメントはまだありません
更新順
  1. NEWER ENTRY

    中村倫也主演映画「星ガ丘ワンダーランド」ネタバレ感想

  2. OLDER ENTRY

    クリーニングに出すかアイロン掛けするか、どちらが良い?

同カテゴリ
ストレス・鬱
  1. NEWER ENTRY

    目の前のことをコツコツって言われても、仕事が何も無い人はどうすれば?

  2. OLDER ENTRY

    5月病?辞め癖?本気で今の環境が辛い?の見極め方