ブロガー

1年前くらいに、副業を考えていた男性にアフィリエイトブログを勧めていました。

その後しばらくは細々と日々のことを書き、同じ立場(イクメン)からコメントが来る、と聞いていました。

先日「まだブログやってる?」と聞いてみたら

「いや、もうやってない。

コメントとか、うぜーな、って思ってさ。

なんかさぁ、決めつけで色々書いてきたり、コイツら暇なんだなって思ったら面倒になって」と言うので

「あー、普通◯◯すべき、とか正論や持論押し付けてくるやつね。

私はそういうのスルーして、コメントを公開しなかったりするよ。

中にはちゃんとした人もいるけど、変な人も多いからね」と言うと

「なんかもう、その判断するのも面倒になったんだよね」

とウンザリした顔をしていました。


まぁ家事育児に関しては、持論があって、更に他の価値観を否定する人もいるでしょうね。

始めたてのブログほど、粘着質にコメントしてくる人が出たりしやすいかも?

このブログも初期はセクハラ的なことをコメントしてくる男性がチラホラいました。

●ちょっと落ち込んでることと、セクハラの思い出

最初は応援している風なこと書いてくるけど、徐々に本性を現してきて、そんな人に読まれてるなんて嫌だなぁと思ってました。

そういうコメントが来なくなったのは、無料ブログから有料版に変え、独自ドメインにしてからですね。

「何だ、日記じゃなくて、アフィリエイトブログか」

と分かると、変な男性は来なくなりました。


そういうコメントだけが理由ではないでしょうが、これまでいくつもの愛読していたブログが終わるのを見てきました。

でも私は現時点でこのブログを4年やってますが、飽きてはいないし、まだ当分続けるんだろうなぁ、と思っています。

日々何かあったらネタにする、というのが習慣化しているので、

「書くことが無い」

と思わないし

「書く時間が無い」

ということも思わない。(暇人だから)

まぁアフィリエイトを兼ねているので、モチベーションが保てているのもあります。


ちなみにアフィリエイトで稼いだ総額は100万円を越えています。

月100万円以上って方もいますが、そんなすごい稼ぎはありません。

4年間やって、1社が今年で100万円を越えたんです。

他のASP足すとトータルで150万円くらいかな?

こうやって実入りがあると、変なコメントが数件くるくらいでブログ止める気にはなりませんね。

ブログを止めろ!とか言われたり、アフィリエイトなんてーとか、あんなこと書くなんてーとか書きこまれたことはあるけど、その数人がこの収入を今後支給してくれるわけじゃないなら、意見を聞き入れるメリットは無い。

●月収200万→20万→5万⁉︎アフィブログはやはり不安定?
●久々に楽天でお得に購入しつつ、2018年ブログアフィリエイトについて考察

で書いたように、かなり稼いでいた方も今年は激減している状況みたいだけど、私は好きなことを書き、お小遣い程度の収入があるの、とてもありがたいです。

別にアフィリエイトをやっていなかったとしても、好きなことを書くだけで楽しいと思えていたら、変なコメントが来るくらいでブログを止めるのはもったいないなぁと思います。
PR

私がアフィリエイトをしていて嬉しいのは、自分が本当に好きなものを紹介して、その商品が売れたときです。

●男だらけのビジュアルコメンタリ― ネタバレ感想~真剣佑出演映画「OVER DRIVE」特典映像

で書いた新田真剣佑の出演作「OVER DRIVE」記事からは、発売日以降に3本売れました。

コアなファンなら事前に予約をしているので、発売日以降に豪華版が売れたということは

「あ、発売してるんだ。通常版と豪華版、どっちか買おうかな?」

と思った方がこの記事を読んで、豪華版を買おうと思ってくれたということ。

そもそも「レンタルで良いかな」って思う人がほとんどだろうに、豪華版を買おうと思ってもらうのって、宣伝広報が必要だと思うのです。

でもってネットだと100人が読んで1人買うかどうか。

微々たるものでも、売れるのに力を貸せたなら、うれしい。

いや、ジャニーズファンみたいに「みんなの力でスターに!」みたいな気持ちは無いのですが、そもそも真剣佑記事のアクセス数は、このブログ内では圧倒的に少ないですからね…

好きじゃなきゃこんな風に書いて宣伝したいと思ってませんよ…


他の新田真剣佑ファンからは「まっけんをネタにお小遣い稼ぎしてる」と白い目で見られるかもしれません。

でもそういう人はうちのブログを読まなきゃ良いだけだと思うし、その人達が私に何かしてくれるわけではないので、例えコメント欄に「ブログ止めろ」と言われても、その主張が理にかなっているかどうか判断して決めると思います。

真剣佑のことを書く前から

●KYS(自殺しろ)ってコメント来たけど通報すべき?

で書いたようなコメントまで来たことありますし、先日もTwitterで出しましたが、松坂桃李主演映画のネタバレ感想記事に「事務所にスクショをメールした」と愉快犯的なコメントを書き込まれました。



●「娼年」ネタバレ感想~松坂桃李エロいだけで「正しい恋愛のススメ」のパクリ?

このコメント主はTwitter経由で来てたので、ツイッター検索で「松坂桃李」を探してた人なのかな?

トップコートには表立ったメール窓口無いのに、なんなんだろう…

しかも松坂桃李をディスってるのはコメント主の方だし?

その後コメント確認にも来ていないようなので、何が目的だったのか分かりかねます。


ブログ友達のずずずさんともお話したことありますが、ブログをやっていると、普通の人なら日常生活で言われることの無いような言葉を、匿名だからと投げつけられることがあります。

でも炎上で話題になった芸人さんや弁護士がその後それを元に講演会をしたりテレビに出ているように、Hagexさんみたいな事件にならない限りは、そのコメントさえネタにしてしまうのが芸人ブロガー。

●驚!有名まとめサイト管理人Hagex(岡本顕一郎)さんが亡くなった…

こちらもコメントする側も、対面じゃないからこそ書いてしまうことがある。

ブロガーはASPとの規約というルールがあるけど、コメントを書き込む側には倫理観しか線引が無いので、平気でマナー違反も法律違反もやらかす。

こちらとしては「こういう民度が低い人が世の中にはいますよ」とネタにして、同じことをする人を増やさないよう努めるのが良いのかなと思っていますが、Hagexさんの事件があって以降は今まで以上にコメント削除、アクセス禁止の対応を早めにするようにしています。

っていうか私、そこまで変なコメント来るような炎上芸ブログはやってませんけども…


私は個人的には、変なコメントがくることも、ブログの文句を言われたりすることも、アクセス数と報酬と同じく数字として捉えています。

そういう数字的なもので「このネタは読みにきてくれる人がいるな」とか「共感してくれる人がいた」とか嬉しい反応も残っています。

「検索結果の邪魔だからブログ消せ」って書き込まれた時もあったな〜。

でも中村倫也がトークライブで

アンチがいるのは一人前の証拠。僕はまだアンチがいないから、一人前じゃありません」

と言っていたので、そういう考え方もあるのね、と思いました。

まぁ中村倫也にアンチがいないのは、彼はアンチが沸かない存在だからだと思うけど。


そういうアンチが沸かないブログをやりたいか、少人数アンチが湧いても好きなことを書きたいか、儲け至上主義でいきたいか。

そういう方針を検討し、目標と自分の信念を持ってやっていくのがブログ運営。

私は来年には、一時期より落ち込んでしまっているアクセス数を戻したいですね。

そのために、過去記事の内部リンクがまだSSL化対応していないのを直したり、リンク切れになってるバナーを外したり、薄っぺらい記事を直し、更に日々新たな記事も書く。

まだまだ手探り状態で、ブログ内の記事全てうまく機能させられていません。

でもブログをやってるお陰で流行を知ったり、記事にするために色々調べたり、出かけたり、もう趣味と生活の一部になってるので、ホント、自分と価値観の違う人のコメントくらいで止める気は無い。

リアルな生活の方で変化があったら、ブログを止めることもあるかもしれませんけどね。

3年以上ブログを運営している人って、もうアフィリエイトすることだけが目的じゃなく、書くのが好きって人が多いように感じます。

アフィリエイト目的だけの人は、バンバン大量にサイト作って捨てていくみたいなんですよね…

●お金のためなら何でもする男、は好き?

それはそれで、信念があるってことでもありますが。

なんにせよ、せっかくブログをやるのであれば、無理せず目標を持って、楽しんでやっていくのが良いんじゃないかな。

で、気が合わない人からのコメントは冷静に俯瞰的に見て判断し、相手と真剣に向き合うことにメリットがあるか?を考えてみると、変に疲れたりしないのかなぁと思います。

と聞いて「お、ブログやってみるかな?」と思う方がいましたら、こちらをどうぞー。

●今年からブログアフィリエイトをしようと思っている方へ~独自ドメイン変更後にやるべきだったことメモ~
●2018年個人ブログにGoogleアルゴリズム変動がいかに影響したか
●昨日のブログアクセス数は9,500人でした
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加