コロナは怖いけど、美味しいコーヒーは飲みたい東京都民

2020年04月18日
オススメ 0

PR
ここ3週間くらい、大好きな猿田彦珈琲の豆を切らしたまま過ごしていました。

ドリップコーヒーを飲んだり、スーパーやコンビニでコーヒーを買ったりしていましたが…

もう限界!

毎朝起きたら猿田彦珈琲のクラシックフレンチ(今は「クラシックエディション」に名前が変わりました)を淹れて飲むのが日課なのです。

実家では毎朝父が珈琲豆を挽き、母が珈琲ポットにタップリと注ぎ、それを皆んなで飲む、という家庭で育ったため、朝のコーヒーが無いと生きていけません。

しかも親は京都や神戸から珈琲豆をお取り寄せするタイプだったので、私もインスタントでは満足できないカラダになっています。

猿田彦珈琲と出会う前は、スターバックスで豆を買っていました。

でもスターバックスの豆はちょっと味が濃いというか、ガツンと強い感じがします。

カルディで豆を買ったこともありますが、選んだ豆のせいもあるけど、ちょっと酸味があって薄い気がする…

で、恵比寿に猿田彦珈琲が出来た時に試しに買ってみたら、めっちゃくちゃ美味しくて感動したのです。

しかも恵比寿本店は店員さんが皆んな感じ良くて、テイスティングも出来て、すごく良いお店。

色んなお店がコラボを申し出たりしていて、最初は断っていたそうですが、その後ジョージアでコラボしてましたね。


たった一杯で、 幸せになる珈琲 10時間でマスター! 猿田彦珈琲の家コーヒー入門

なので今は全国的に有名店になっていますが、そうなっても店舗は全然調子に乗らず、変わらず美味しい珈琲を用意してくれています。

北欧のようなおしゃれな店内で、壁には猿田彦神社の御札が貼られていて、店員さんが感じ良くて、もちろん味も良いって…

もう…好き!

以前親にも飲ませてあげようと用意したら、最初は

「え〜ママ、珈琲にはこだわりがあるから〜」

なんて言ってたくせに

「これは香りも良いし、美味しい!」

と感動して、今ではうちの親も猿田彦珈琲で豆を買っています。

そんな生活を何年もしていたら、もう猿田彦珈琲の無い毎日なんて送れません。

が、今はもうサロン系も休業に入ってしまっているので、恵比寿に立ち寄らなくなってしまっていました…

オンラインショッピングでも買えるけど…でも休日の今日買いたくて、今日は某支店の方に行くことに。

気付いたら支店がめっちゃ増えてるんですね。
PR
店内でゆったりと珈琲を楽しむオシャレなお客さんがたくさんいて、ちょっとビックリしました。

私…どすっぴんで行っちゃった…

入り口でアルコール消毒液を使い、前の人とはソーシャル ディスタンスを守り、ペーパーフィルター用に豆を挽いてもらって帰りましたが、やっぱりまだまだ東京ではカフェを楽しむ方、多いんですねぇ。

道中の電車もガラガラだったから、ご近所の方たちなのかしら?

スターバックスは休業を発表していますが、こういうのは経営者の判断、難しいでしょうね…

私も今は在宅勤務にしてるけど、出勤してる時は普通にフランチャイズ店でお茶してたし。

ただ…あの店内にいる方の何人くらいが、つい先日近くの別のお店でコロナ感染者発生していること、知ってるのかしら…?

注文時以外は他人と話すことないし、良いだろって思って出掛けてしまったけれど、段々と判断基準がわからなくなってきました。

休日に珈琲を楽しめない生活なんて、やっぱり辛い。

でもオンラインショッピングもあるんだから、豆を買うだけなら、今度はオンラインショッピングも使おうかなぁ。


ちなみにこのカフェオレのもと、も激ウマなのでオススメです。


猿田彦のカフェオレのもと ディカフェ

大好きなお店だから、店員さんやお客さんがコロナに感染して問題になって欲しくないなぁ。

そして私だけでなく、まだまだ多くの東京都民が、コロナは怖いけど美味しい珈琲は飲みたいんだな、と分かりました。


ちなみに道中、複数家族で10人くらい集まって鬼ごっこするパパさん集団を見かけました。

子供の感染者はまだ少ないけど、パパさん達は濃厚接触して大丈夫な状態なの?本当に?

昨日もTwitterで話題になってたけど、「密」の認識が人によって違いすぎて戸惑います…

私、多分そこまで怖がったり警戒していない方だと思うんですが、それでも最低限のリスク、注意した方が良いこと、は調べてるけどなぁ。

パパさんたちは、なんのために在宅勤務が始まってたり、保育士さんの感染が報道されていたり、緊急事態宣言が出てるのか、まだ分かんないのかな?

何だかんだ言っても、生活を大きく変えたくない部分はたくさんあります。

美味しい珈琲は、まだまだ飲みたい。

だからこそ、感染者をこれ以上増やさず、でも我慢もし過ぎず、過ごしていきたいなぁと思っています。
関連記事