岩館真理子「アマリリス」ネタバレ感想〜ほのぼの爆笑おしゃれマンガ

PR
何度引っ越しても手元に残している珠玉のマンガをご紹介します。

岩館真理子「アマリリス」


アマリリス 1【電子書籍】[ 岩館真理子 ]











ヤングユーで1999年~2005年まで連載されていたマンガです。


主人公は、元編集ライターで、今は実家が開いたお花屋さんで店長をしている20代後半の桃田さん。

桃田さんは一見清楚なお嬢さんで、元同僚の赤井さんと徐々に相思相愛になっていきます。

と書くと恋愛モノみたいですが、ものすごくドタバタしたギャグマンガ。

桃田さんの趣味はホラー、ゾンビが大好きなオタク。

赤井さんへの気持ちも、奥ゆかしそうに見えて図々しかったり、嫉妬に狂ったり、意地悪だったり。

一見爽やかな赤井さんも、恋愛経験が豊富すぎる割にマイペース。

花粉症でボーッとしすぎて彼女の誕生日を忘れて振られたり。


二人の距離は縮まったり、離れたり

の間に、元会社の上司たちや、赤井さんの元カノや、それぞれの家族など、個性的な面々が登場して面白い会話を繰り広げます!

岩館真理子さんは最近全然お見かけしませんが、ふわふわヒラヒラちょっと残酷なポエムのようなマンガから、マイペースな人たちのドタバタしたギャグマンガまで、幅広く描いていて大好きです!

一時期絶版となっていた漫画も、最近は電子書籍化されたので助かってます!

最近は「アリスにお願い」や「キララのキ」も買いました。

どの作品も面白いし好きですが、私は特にこの「アマリリス」のギャグとロマンチックさと人間模様のユーモアさが大好きで、疲れているときに読むとホッとして、何度も大笑いしました。

だって主人公が好きなイケメンの赤井さん、冒頭では花粉症で鼻水垂れ流しまくってるんですもの!
「アマリリス」は20年前のマンガですが、でももうこのくらいの頃のマンガって今読んでも古臭くないし、絵もキレイだし、全然時代を感じさせませんね。

私が好きなシーンは、

ホワイトボードに仕事中なのに、人物相関図を書きながら悶々とする桃田さんに、弟のつよしが面白がって隣に

「フタマタ」

とツッコミを書くのですが、それを見て

「つよし、二股くらい漢字で書けないの?」

と百田さんが漢字を書き出します。

「姉ちゃん 連絡先ボードをこういうことに使わないでくれよ」

と言いながら

メイワク」と書く弟に

迷惑」と書くと

ユウウツ」と返され、

「憂」のあとに悶々とする桃田さん。


そこに電話がかかってきて、通話中の弟は姉を食い止めるために

「こんな感じじゃない?ねぇ?」

と鬱を見せる姉に

チミモウリョウ」と書く。

でも、ゾンビやホラー好きな桃田さんは得意満面に

「魑魅魍魎も髑髏だって書けちゃうんだから」

とドヤ顔ではしゃぐのですが、その横で

「店長、ボード使いたいんですけど…」

と可愛いバイトさんが、魑魅魍魎や髑髏が書かれたボードに困惑するという、たった数ページのネタです。

こういう小ネタがいっぱいある!

これはドラマにしても良さそうなのになー。

心の声が面白いからドラマ向きじゃないかな?

このマンガ、友達に貸すとすごく評判良いです!

ので、マンガ好きとお友達になったらまずこれを貸したりしています。

是非機会があったら読んでみてくださいませ!
関連記事
urarara0724
Posted by urarara0724
投稿 2019年03月22日
最終更新 2019年03月22日

0 Comments

comment