PR


タグ:雁須磨子

雁須磨子のタグが付いた記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2018-09-19 マンガ
大好きな漫画家、雁須磨子さんの新作「あした死ぬには、」。こちらウェブ連載で、現時点で3話まで公開されています。(但し1話と最新話のみ無料、前話は次話更新日正午で公開終了)私は気付くのが遅く、2話は読み逃してしまいました…内容紹介文はこちら。20代ほどがむしゃらじゃない、30代ほどノリノリじゃない。40代で直面する、心と身体の変わり目。突然の病気、更年期障害、取れない疲労、美容の悩み、お金の不安、これからの人...

記事を読む

2017-12-12 アウト×デラックス
この週末はアウト×デラックスを一気見してました。いや~どの回も面白い!マツコデラックスってある日急にワイドショーのコメンテーターとして出てきたな~と思ってたんですが、たまたま私が持っていた、雁須磨子さんのインタビューエッセイマンガに昔登場されてました!「カリスマ探訪記」というコミックスです。カリスマ探訪記 (ジェッツコミックス)もう絶版になっているコミックスなので、ネットじゃないと手に入らないかもしれ...

記事を読む

No Image

2016-09-05 アラフォー腐女子向け
最近新しいBL全然読んで無いので、BLマンガ喫茶で最近のBLをちゃんと読んでる友人に「今市子や雁須磨子みたいな、面白いキュンとするホンワカしたBLのオススメを教えて」と頼んだところ、厳選した3冊を教えてくれました。この3冊、どれもすっごく良かった!のでご紹介します!笑いたい人にオススメのハイテンションギャグ学園系BLそんな目で見てくれ/ 毛魂一直線 そんな目で見てくれ【電子書籍】[ 毛魂一直線 ]【エロ】ほぼ無し。...

記事を読む

No Image

2015-08-03 マンガ
昨日買った雁須磨子さんの新刊名前をつけて保存しますか? (KCデラックス BE LOVE)良かった!帯には「“家族”をこじらせたひとたちへ」と書かれていますが、母娘のお話が多い短編集です。5話それぞれの感想を書きます。「名前をつけて保存しますか?」真面目過ぎる姉のお話。彼と結婚して、それから?どうなる?両親の熟年離婚、妹の不倫。家族というものに色々悩み、結婚に踏み切れない主人公。「お姉ちゃんがどんなに頑張ったって...

記事を読む

No Image

2015-06-13 マンガ
今更ですが、高河ゆんさんの「恋愛」文庫版2巻を買いました。REN-AI【恋愛】完全版(2)(秋田文庫73-2)前半は初期の連載途中までのもの、後半は再連載のモノが載っています。いやー…再連載の方のファンの方もいるんでしょうけど…ヒドイ!話がかなり変わりすぎ、キャラも変わりすぎ!これを時代に合わせたと思ってるなら、こんなのが良い時代だったわけないだろ!読者馬鹿にしてんの?と思ってしまいました。初期のキャラの魅力...

記事を読む

【無料】リアルな40代女性の悩みを描く雁須磨子「あした死ぬには、」

  •  投稿日:2018-09-19
  •  カテゴリ:マンガ
大好きな漫画家、雁須磨子さんの新作「あした死ぬには、」。

こちらウェブ連載で、現時点で3話まで公開されています。
(但し1話と最新話のみ無料、前話は次話更新日正午で公開終了)

私は気付くのが遅く、2話は読み逃してしまいました…

内容紹介文はこちら。

20代ほどがむしゃらじゃない、30代ほどノリノリじゃない。40代で直面する、心と身体の変わり目。

突然の病気、更年期障害、取れない疲労、美容の悩み、お金の不安、これからの人生プラン……私のあしたはどうなるの!?

切実に生きる女子たちの「40代の壁」を描くオムニバスシリーズ開幕!

偶数月第4水曜日更新。

あした死ぬには、


タイトルが衝撃的ですが、内容はとても日常的な感じです。

1話は独身の職場でストレスを抱えていて、体調を崩す女性のお話。

主人公は映画のPRをするお仕事をしています。

仕事は好きだけど、年上同僚男性が家庭の事情で突然遅刻をしてきたり、頭の回転が悪くて仕事が出来ないのでイライラ。

気の良い後輩女性にフォローされながら仕事をしている内に、原因不明の体調不良を感じるようになってきた…

この体調不良は、もしかして更年期?

と戸惑う様子には共感しました!

この、社長と仲良しだけど仕事が出来ない男性、性格は良い方なのでしょうが、家庭の事情で遅刻が続くのはアレですね…

最近書いた

●Twitterで夫の愚痴ばかり言う、RTする主婦にウンザリ

でも触れましたが、奥さんは旦那さんに「仕事より家庭を優先してほしい」って思っているかもしれないけど、その旦那さんの能力次第では、職場により一層負担を強いることがあるってのが、リアル。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツコは昔パン工場で働いていた!雁須磨子「カリスマ探訪記」ネタバレ感想

この週末はアウト×デラックスを一気見してました。

いや~どの回も面白い!

マツコデラックスってある日急にワイドショーのコメンテーターとして出てきたな~
と思ってたんですが、

たまたま私が持っていた、雁須磨子さんのインタビューエッセイマンガに昔登場されてました!

「カリスマ探訪記」というコミックスです。


カリスマ探訪記 (ジェッツコミックス)


もう絶版になっているコミックスなので、ネットじゃないと手に入らないかもしれませんが、

このコミックスの中では、雁須磨子さんが、マツコデラックスや内藤ルネ、やなせたかし等色んな方にインタビューしたり、断食道場や富士登山に挑むエッセイコミックスで、すごく面白いです!

インタビューの時、マツコ・デラックスは最初スッピンの男性の姿で現れたそうです。

それがメイクして着替えたら、美しい姿に変身!

当時のマツコはまだテレビに出て大人気になる前だったので、「ドラァグクイーン」として登場していました。


アタシがマツコ・デラックス!


パン工場で働いていた時は、パンをふわっと優しく掴むのが大変だったそうです。

でも「そんなことも、この先全部機械ができるようになるんだから!人間にしか出来ないことなんて無いのよ!」と雁須磨子さんにバシッと言い切っていた感じは、今のマツコと変わってないな〜って感じでしたね。

このパン工場で働いていた過去って、その後テレビとかで全然マツコは話してませんね。

ちなみに、インタビュー時に現れたマツコの姿の絵は、確かにマツコすっぴん写真としてネットに出ているのと同じ感じでした。

もうこの「カリスマ探訪記」は絶版になっているのでなかなか手に入らないと思いますが、かなり貴重なエッセイだと思います!

他の方のインタビューも面白いですよー。

雁須磨子さんは以前ご紹介した菅野彰さんのお友達なので、菅野さんのエッセイにも度々登場されてます。


海馬が耳から駆けてゆく (1) (ウィングス文庫)

かなり雁須磨子さんは天然な方らしくて、珍道中のようにでかけた真夏の温泉の話とか、菅野さんのお母さんからも
「須磨ちゃんと二人でベトナムに行くなんて…」
と咎められた話とか、このエッセイの人柄以上にぽわっとした方なんだなぁ、とクスッと笑ってしまいました。

菅野彰さんについてはこちら

【爆笑】エッセイ~菅野彰さん~
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【厳選BL】今市子や雁須磨子好きにオススメのホンワカ系3冊

最近新しいBL全然読んで無いので、BLマンガ喫茶で最近のBLをちゃんと読んでる友人に

「今市子や雁須磨子みたいな、面白いキュンとするホンワカしたBLのオススメを教えて」

と頼んだところ、厳選した3冊を教えてくれました。

この3冊、どれもすっごく良かった!のでご紹介します!


笑いたい人にオススメのハイテンションギャグ学園系BL
そんな目で見てくれ/ 毛魂一直線


そんな目で見てくれ【電子書籍】[ 毛魂一直線 ]

【エロ】
ほぼ無し。

【あらすじ】
お金持ちの集まる高校で、自他共に認める美形で頭脳明晰の生徒会長・大和三門。

入学式で見かけた笑顔が可愛い1年生・根崎春に一目惚れし、お誘いをかけてもサラッとかわされ大ショック!

しかも根崎は異様に長い前髪で目を隠してるし、いつも無表情で全然笑わない。

原因は、根崎はものすごい三白眼で、あまりの目付きの悪さにコンプレックスを抱いていたから。

そんな根崎に無理矢理近付く三門と、弟の影清。

でも三門には好きな人がいて、その人にだけ満面の笑みを見せてるみたい…。

【感想】
とにかく常にハイテンションなギャグ系BLです。

三白眼がネタになるのは「少年三白眼」を思い出しますね。

表紙は一見リヴァイのような根崎。

この大人しめのマイペースな根崎が、グイグイくる三門に徐々に心を許し、最後はラブラブになるのですが、まーかわいいかわいい!

とにかく笑えるので、BL慣れしていない人にもオススメ!

絵は表紙よりも中はちょっと雑な感じですが、それはそれでギャグなので気にならないかな?


純文学好きにもオススメの、時を越えた純愛学園系BL
金持ち君と貧乏君/秀良子


金持ち君と貧乏君【電子書籍】[ 秀良子 ]

【エロ】
無し

【あらすじ】
お金持ちの集まる高校で、勝手に天然水など売って金儲けしようとしているぶっきらぼうタイプの貧乏学生・三崎。

三崎になんやかんやちょっかいを出す理事長の孫・春人。

2人の祖父は戦時中にほんのりお互い好意を抱いていた過去があり、理事長は祖父にそっくりな三崎に「出世払いでいいから」と学費を免除してくれていました。

三崎を好きな春人、その気持ちに気付いている三崎、三崎に好きだった祖父を重ねる理事長の三角関係!

【感想】

祖父たちの、戦時中にほんのりとお互いへの好意をほのめかすシーンにキュンとします。

「月が綺麗ですね」=「愛しています」
という夏目漱石の言葉を使った告白は、純文学好きには堪りませんね!

ニコニコホンワカした理事長が、時折少年時代の恋を思い出して泣いてしまうのが切ない!

絵はザクっとした感じですが、言葉少ない登場人物たちの感情が伝わってきて良いです。


ホンワカマイペース可愛い大人系BL
よろめき番長/依田沙江美


よろめき番長【電子書籍】[ 依田沙江美 ]

【エロ】
ちょっと有

【あらすじ】
日本茶のお店で優雅に働く、大人しくて潔癖症でマイペースな美青年・若葉。

偶然交通事故で出会った年下の編集者・吉川。

頑ななようで流されやすい若葉は、グイグイ迫る吉川に翻弄されながら、徐々に2人は恋人関係になるけど、なかなか若葉は気を許してくれてないみたい…?

【感想】
とにかく若葉のマイペースぷりにイライラハラハラしながら笑えます!

30歳で恋愛未経験の若葉と、ゲイを自覚している23歳吉川の恋ですが、そのまったりホンワカした空気も良い!

どうしても他人が受け入れられない、引きこもりな若葉に、吉川がグイグイ直情的にアプローチしていくのは可愛いかったー。

絵は表紙はメルヘンチックな感じですが、中はそうでもないです。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母娘の関係に悩む人にオススメ!雁須磨子「名前をつけて保存しますか?」

  •  投稿日:2015-08-03
  •  カテゴリ:マンガ
昨日買った雁須磨子さんの新刊


名前をつけて保存しますか? (KCデラックス BE LOVE)

良かった!

帯には
「“家族”をこじらせたひとたちへ」
と書かれていますが、
母娘のお話が多い短編集です。

5話それぞれの感想を書きます。


「名前をつけて保存しますか?」

真面目過ぎる姉のお話。

彼と結婚して、それから?どうなる?

両親の熟年離婚、妹の不倫。

家族というものに色々悩み、結婚に踏み切れない主人公。

「お姉ちゃんがどんなに頑張ったって、一人でこの家をしあわせにすることはできないんだよ」

「しあわせになってよ」

と泣きながら妹に言われるシーンはすごく良かった。

姉妹で洋服の色を取り合うというお話はよく見ますが、妹の泣きそうな顔を見て譲るお姉ちゃんってシーンが、主人公の性格をよく現していてうまいな~と思いました。


「それから誰も」

突然娘が引きこもりになったお母さんのお話。

自分の娘だけど、帰宅したら鏡が破られてたり、暗闇にジッと立つ姿にゾッとするお母さん。

それでも日々パートに出かけ、一見普通に過ごしていて。

少しずつ前に進む母娘の姿を重苦しくなく描いていますが、

こういう一見普通そうな人が悩みを抱えるお話を描くの、雁さんはホントうまいなー。


「手の鳴るほうへ」

母からの重たい愛情に悩む娘、散々傷付けてくる母から逃げ出す娘のお話。

うちの母もちょっとおかしいから、感情移入がすごく出来ました。

子供を支配しようとする母親って、本人は全然悪気が無いから怖い。

娘も重く受け止めちゃうし。

私はもう母に何でも話すのは止めました。

弱味を見せたら、後日それを攻撃のネタにされたので。

親には常に味方でいてもらいたいのに、難しいですね…
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性漫画家は結婚・出産してはいけない!のか?

  •  投稿日:2015-06-13
  •  カテゴリ:マンガ
今更ですが、高河ゆんさんの「恋愛」文庫版2巻を買いました。


REN-AI【恋愛】完全版(2)(秋田文庫73-2)

前半は初期の連載途中までのもの、

後半は再連載のモノが載っています。

いやー…

再連載の方のファンの方もいるんでしょうけど…

ヒドイ!
話がかなり変わりすぎ、キャラも変わりすぎ!

これを時代に合わせたと思ってるなら、
こんなのが良い時代だったわけないだろ!読者馬鹿にしてんの?
と思ってしまいました。


初期のキャラの魅力が、再連載には全然ないんですよ。

わかりやすーく、単純ーに、品が無くなっちゃってる。

私は初期の、両親にアイドルになるのを反対された久美が、割れたコップを掴んで

「肉親だって僕が今どのくらい痛いかなんて分からないでしょう!」と叫び

「じゃあ…誰か分かる人がいるって言うのか…」と狼狽えたお父さんに

「いる!」と言ったあと、心の中で

「ダメだ…ごめん…傷付けた」


と打ちひしがれるところが好きでした。

あのシーンには、久美の激しさと、親の気持ちを考える優しさがあった。


そういうのが、再連載には無い!

理真もふんわりした優しい品の良さが無い!

高河ゆんさんは、結婚して出産したあとに、絵が崩れまくってファンを失望させたことで有名な方ですが、

私は今連載してる(未完にまたなるんじゃ…とファンにヒヤヒヤされてますが…)
LOVELESSはすごく好きなので、よくあれだけ堕ちたところから、また以前の魅力的なマンガが描けるようになったなー!と驚きました。


LOVELESSファンブック (ゼロサム)


タイトルの「女性漫画家は結婚・出産してはいけない!のか?」ですが、結婚出産してつまらなくなった漫画家の中でも一番私が失望したのは、安孫子 三和さんでした。


みかん・絵日記 1 (白泉社文庫)

子供の頃大好きだったみかん絵日記を、大人になってから再読したとき、

1巻のおじいさんの話にやっぱり大号泣して読み進めていき、

作者が結婚出産後の話を読んだら…

陳腐すぎ!子供向けにしても酷すぎ!

超能力を持った赤ちゃんを預かっててんてこ舞いって、何それ…


みかん・絵日記 特別編 2 (白泉社文庫)


で、あとがきに
「うちの子供がかわゆ〜てかわゆ〜て、モデルにしちゃいました~きゃはっ」

って…脳内お花畑全開…


思うに、結婚出産をして子供と接するうちに、子供にわかりやす~く、視野がせま~く物事を考えたり伝えるようになってしまい、女性漫画家はダメになるのかもしれません。

が、もちろん結婚出産しても魅力的なままの女性漫画家さんもいらっしゃいます。

おかざき真里さん、


阿・吽 2 (ビッグコミックススペシャル)

二ノ宮知子さん、


おにぎり通信 2 〜ダメママ日記〜 (愛蔵版コミックス)

東村アキコさん、

東京タラレバ娘(2) (KC KISS)

伊藤理佐さん、


おかあさんの扉4 セクシー四歳児 (オレンジページムック)

清水玲子さんは、


Deep Water〈深淵〉 (花とゆめCOMICSスペシャル)
私が愛読している既婚子持ちの漫画家さんです。


ただ、おかざき真里さんは元々仕事に対するポテンシャルが高くて、己を高める努力をする訓練をしてきている方だし、

二ノ宮知子さんは一家の大黒柱として働いてるし、

東村アキコさんも以前は別居婚だったし、

伊藤理佐さんは旦那さんが吉田戦車さんで、仕事に対するモチベーションを落とさずいける状況の方ですね。

清水玲子さんはかなり基盤を築いてからのご出産だったからか、変わらず描かれてますね。

高河ゆんさんも旦那さんは漫画家だけど、ゆんさんのような知名度のある方じゃない。

普通に結婚して、主婦になって、ママになっても、独身時代のように繊細さのあるストーリーや、面白さを追求できる方は、少ないんじゃないでしょうか?
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます