PR


タグ:デザイン

デザインのタグが付いた記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2018-12-15 美術・デザイン
デザイナーの皆さんは、ストックフォトにはお世話になってますよね。デザイナーじゃなくても、最近はクリスマスカードや年賀状づくり、ブログやサイト運営用に写真を購入している方は多いのではないでしょうか?私が社会人なりたての頃は、分厚いカタログから借りたい写真を選んで、とりあえずそれをスキャニングしてラフ制作、ちゃんと使いたい場合はその写真の番号をファックスしてポジを郵送してもらって、それを製版入稿してい...

記事を読む

2018-11-25 新田真剣佑
今月は新田真剣佑がCUTとGQに掲載されています。私は掲載誌を買い始めるとキリが無いから、買わない派。でもDA PUMPファンの友人が「DA PUMP載ってるGQ買ったら真剣佑出てたから、後でバラした時に真剣佑のページあげるね」と連絡をくれました!ラッキー!GQ JAPAN 2019年1・2月合併号 No.186【電子書籍】ヤツは掲載誌を買う派で、大量の雑誌は保管できない為、推しの部分だけバラしてファイリング保管するのです。ちなみに雑誌を...

記事を読む

2018-10-23 新田真剣佑
昨日docomoとGATSBYのTwitterで、新田真剣佑が演じるdocomoキャラクター「ドニマル」と、GATSBYキャラクター「MACKENYU COP」がコラボしました。迷子になって砂漠をウロウロするドニマル。あれ!!ここはどこ!?全然うまくいかなかったオーディションの帰り道、トボトボと歩いてたら知らない街に来ちゃった…ここどこ…#まいごのドニマル pic.twitter.com/pc9zxAmrbP— ドニマル (@d_donimal) 2018年10月21日周囲にはGATSBY TO...

記事を読む

2018-09-16 東京散歩
ここ数年ずーっと、渋谷駅の改築工事が続いてダンジョン化しています。私は明治通り沿い、渋谷警察の向かい側にあるマツエクに通っているのですが、駅からそちらに向かう陸橋の位置が何度も変わり、どこが登り口か分からないし、遠回りをしなくちゃいけないし、改札に行く道もどこだか分からない…と大混乱が続いています。それでも、ヒカリエが出来たり、新南口が出来たり、少しずつ何か新しい建物が出来ているな〜と思っていたら...

記事を読む

2018-08-26 オススメ
実名を書くのはどうかとも思いますが…Twitterを始めてすぐの時からフォローしていた、コピーライターであり「ほぼ日」を運営している、あの徳川埋蔵金でも有名な糸井重里のフォローを外しました。【ちょっとずつ、時代は変わっている。なかなか見えにくいように変わっているので、知らないうちに、「変わったこと」だったはずのものが、「当たり前のこと」に思われていたりする。モノもだけど、モノと人間の関係のほうが進化してる...

記事を読む

Shutterstockでのレンフォト購入でお小遣い稼ぎする方法〜デザイナー必見!

デザイナーの皆さんは、ストックフォトにはお世話になってますよね。

デザイナーじゃなくても、最近はクリスマスカードや年賀状づくり、ブログやサイト運営用に写真を購入している方は多いのではないでしょうか?

私が社会人なりたての頃は、分厚いカタログから借りたい写真を選んで、とりあえずそれをスキャニングしてラフ制作、
ちゃんと使いたい場合はその写真の番号をファックスしてポジを郵送してもらって、それを製版入稿していました。

それが徐々にROM付きになってきて、次にネットでダウンロードできるようになっていきました。

広告ばりばりのところに勤めていたときはamanaを使用することが多かったです。

あとはゲッティとかアフロとか。

でも、今はめっちゃお安いShutterstockをメインで使ってます。





ここ、最近初めて使ったんですが、amanaで売ってる写真の角度違いとかあるんですね。

なのにお値段はamanaの1/20くらい!

amanaは元値が高い上に、使用媒体によってお値段が変わるものが多いです。
(RMライツマネージドとRFロイヤリティフリーの2種があり、RMだととてもお高くなります)

ゲッティやアフロはamanaよりは安いけど、解像度の高さによってお値段が変わるし、Shutterstockの数倍はします。

PIXTAも安価なコースがありますが、やはりサイズによってお値段が変わります。



でもShutterstockは6千円で5枚ダウンロードでき、1枚1200円で買い取りのロイヤリティフリー!

あと、Shutterstockは外資系の会社なので外人さんが撮影した写真が豊富。

めっちゃ美人の外人モデルさんの写真がいっぱいあるし、クオリティもamanaとあまり遜色ありません。

しかも、A8.netのセルフバックが受けられます!
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新田真剣佑 掲載のCUT…雑誌のレベル落ちててガッカリ

今月は新田真剣佑がCUTとGQに掲載されています。

私は掲載誌を買い始めるとキリが無いから、買わない派。

でもDA PUMPファンの友人が

「DA PUMP載ってるGQ買ったら真剣佑出てたから、後でバラした時に真剣佑のページあげるね」

と連絡をくれました!ラッキー!


GQ JAPAN 2019年1・2月合併号 No.186【電子書籍】

ヤツは掲載誌を買う派で、大量の雑誌は保管できない為、推しの部分だけバラしてファイリング保管するのです。

ちなみに雑誌をバラす時はソルベントを使うと良いです。


MITSUWA(ミツワ)ソルベント(溶解液・剥離材)丸缶(280ml)

ノリ剥がしのデザイン用品ですが、速乾性があるので雑誌に溢れてもボコボコになりません。

ゴキブリ殺虫剤としても使えるらしい。


ということでGQはもらえるけど、CUTと言えば学生時代から憧れていた素敵雑誌。

デザインがカッコイイのですが、当時は中島英樹さんがアートディレクションをしていました。

ヴァネッサパラディとか当時人気の外国人ミュージシャンや俳優が掲載されていて、写真もカッコイイ、デザインもカッコイイ、で、インタビュー内容も良い雑誌で、大抵のデザイン事務所は毎号買っていたものです。

ので「真剣佑出てるなら久々に買おうかな?」と思って、本屋に行ってとりあえずチェックすることにしました。


まずは男性誌コーナーでGQをチェック。

なるほど、これはDA PUMPファンの友人は買うわ。

中に掲載されている真剣佑の写真は、すでにSNSでチェックしていたものでした。







スタイリストさんがアップしてるのですが、うーむ、今のご時世、SNSで写真確認出来ちゃったら雑誌売れないんじゃないの?と思ってしまうけど、まぁ良いや。

ハウススタジオで撮影していたのだと思いますが、カッコイイー。


お次は映画関連雑誌コーナーでCUTをチェック。


Cut 2018年 12 月号 [雑誌]

真剣佑が着ていた黄色いパーカー姿はSNSでチェックしていたもので、ホテル撮影された写真でした。

インタビュー内容は…なんか似た話をもう散々あちこちで読んでるなぁ。

ライターは事前に過去のインタビュー記事をチェックしてないの?

●【WEBマガジン】新田真剣佑の公式で観られる記事&画像まとめ
●新田真剣佑の公式で観られる記事&画像&動画まとめ~女性ファッション誌編
●【男性誌】新田真剣佑の公式で観られる記事&画像まとめ

でまとめてるから、この辺読んで、そこに出てない質問して欲しいんですけど。

写真はちょっとあざといピュア系な感じで、私が思っていたCUTクオリティではありませんでした。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新田真剣佑演じるGATSBYとdocomoドニマルのキャラをコラボさせたのは、電通のCD佐藤雄介氏

昨日docomoとGATSBYのTwitterで、新田真剣佑が演じるdocomoキャラクター「ドニマル」と、GATSBYキャラクター「MACKENYU COP」がコラボしました。

迷子になって砂漠をウロウロするドニマル。



周囲にはGATSBY TOWNのキャラクターが?

これは現在新宿駅に貼られているポスタービジュアルです。





MACKENYU COP登場!



迷子のドニマルを助けてくれました!



docomoではTwitter、GATSBYではポスターでコラボしたんですね。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渋谷に偽オシャレロハス系ビル「渋谷ストリーム」がオープン!でも渋谷川、臭い…

ここ数年ずーっと、渋谷駅の改築工事が続いてダンジョン化しています。

私は明治通り沿い、渋谷警察の向かい側にあるマツエクに通っているのですが、駅からそちらに向かう陸橋の位置が何度も変わり、どこが登り口か分からないし、遠回りをしなくちゃいけないし、改札に行く道もどこだか分からない…

と大混乱が続いています。

それでも、ヒカリエが出来たり、新南口が出来たり、少しずつ何か新しい建物が出来ているな〜と思っていたら、今度は「渋谷ストリーム」が完成しました。

ここ、水曜日に通ったときにはまだ通路が閉鎖されていましたが、土曜日に行ったらオープンして賑わっていました。

渋谷川は脇からシャワワワワーーと流水が流れ



夜にはライトアップしています。



渋谷川って今ウィキペディアを見たら、東急百貨店東横店の地下に隠れていた時にはほとんど水が流れていなくて、そして川ではなく下水道扱いだったのですね。

今は浄化水が流れていて、「これで渋谷川は復活!」と、まるでとってもロハスで素敵なことのようにネットには書かれてますが…

めっちゃ臭い。

9/30までツナグアカリというイベントで黄色いランタンが吊るされていて、とってもオシャレ〜なのですが

うん、めっちゃ臭い。


渋谷ストリームは、渋谷再開発でロハスで素敵な街にするぞ〜オシャレな若者が集うぞ〜的な感じの建物です。

インスタ映えしまくりそうなライトアップが仕込まれた階段は、





光が動いてキラキラ〜。水曜日は青いライトでしたが、昨日の夜はオレンジだったので、色が変わるんですね。


オフィスゾーンやホテルゾーンがあるそうですが、一般人が入れる飲食店もたくさんあります。

全体的に、そこそこお金に余裕があって、オシャレなものが好きな人が気軽に入れるお店が多いかな。



渋谷川沿いのオープンテラスで食事をしたり、こんなインスタ映えするレモネードのお店に行ったりできる!



ブランコに乗ってレモネードを飲むとか、もう、ビックリですよ。

結構昼間はこのお店とても混んでました。

電気使いまくってて、2011年の東日本大震災の後節電で真っ暗だった渋谷を見ていた身としては

「え、ここまた節電することになったら、どうするんだろ?」

という気持ちでいっぱいです。

ライトアップの電力は、どうなってるんだい?

あんなに節電、節電いってたじゃない?
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糸井重里のTwitterフォローを外した理由〜ほぼ日と偽善と炎上

実名を書くのはどうかとも思いますが…

Twitterを始めてすぐの時からフォローしていた、コピーライターであり「ほぼ日」を運営している、あの徳川埋蔵金でも有名な糸井重里のフォローを外しました。



私はこのブログと連携しているアカウントと、プライベートアカウントは分けています。

プライベートアカウントは鍵付きにしているのですが、Twitterを放置している友人や、縁の切れた友人、元彼繋がりの人等とのやり取りも無くなり、新規の繋がりも出来ないので、ほぼ誰とも関わらない状態になってます。

ので、たまーにしか返信も来ない場で、ぶつぶつとブログに書けないことをつぶやいたり、友人や有名人のツイートをチラチラ見てはいますが、段々とチェックする時間も減りました。


そんな状態の私のタイムラインには、毎日大量の糸井重里のツイート、RTが流れてきていました。

中には面白いネタもあり、へー知らなかった!と思うこともあります。

でも、段々と「何かがおかしい?」と思うようになりました。

東日本の震災以降から、人情派のツイートが増えたとは思ってました。

ほぼ日の話ではなく、「命」「親切」「真っ当に生きたい人が耐えている怒り」等、いわゆる「道徳的」なことを書いたRTが多いな、と。


そして、そういう「道徳的」なことと結びついた「ビジネス」のツイートも目にしました。

最初は「良いこと…なんだろうな」と思っていました。

しかし徐々に「親切の押売り」をされている気持ちにもなってきていました。

中二病の人は「偽善者」という言葉を使うのが大好きですが、さすがに私ももういい大人だし、

「偽善者って言葉使うの、カッコ悪い」

と思うので使いません。

でもまぁ、それに近い感覚ではあります。

疲れている時に良い人アピールされると、

「うるさいなぁ、イライラすることくらいあってもいいじゃん!」

と思春期のように思ってしまいます。



でもそれでも、まだフォローを外しませんでした。

クリエイティブの端っこにいる人間として、糸井重里のフォローをしておくのは必要なこと、勉強の一部だと思っていたからです。

全てに目を通さないどころか、糸井重里のRTを読み飛ばす為に他の人のツイートまで読み飛ばすようになっても、まだフォローを止めなかった私が

「もう、フォロー外そうかな…」

と思ったのは、この一ヵ月以内のことです。

キッカケは一つのRTでした。


「私は民間の保育士で25年のキャリアがあるのに、残業が少ない月の手取りは15万円くらいしかありません。

これを安過ぎると思う人は拡散して下さい」


というような内容でした。(細かい数字は合っていないかもしれません)

一見安いと思いましたが、ボーナスの有無が分からず、また手取りということは月収25万円近いのでは?と思うと、地方の事務職より高い月給の可能性もあるのでは?

その元ツイートを開いてみると、返信欄には私と同じ意見と、

「安過ぎる!日本おかしい!政治家の給料減らせ!」的なのと

「これパクツイじゃん」

というツイートの3種に分かれていました。

元々は数年前に誰かがつぶやいたツイートをコピペした、パクツイアカウントのツイートだったんです。

パクツイアカウントは色んな人のツイートをコピペしているだけで、発言主では無いのに、返信欄には同情や共感の声が続々と届いていました。

それは糸井重里のRTも影響していたことでしょう。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます