PR


カテゴリ:映画

映画のカテゴリ記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2019-01-11 映画
映画「十二人の死にたい子どもたち」で13番目となっていた死体役を演じるのは「とまん」だと情報解禁になりました。…ん?誰だって???調べると、まーキレイなお顔。 View this post on Instagram ☁️ hi 2019 ☁️ 写真集 映画 ドラマ 舞台 たくさんの”とまん”が待ってます。 ☁️ 今年もよろしくお願いします。 とまん / TOMANさん(@_sweatm)がシェアした投稿 - 2019年 1月月1日午前3時49分PST とまん1993年9月14...

記事を読む

2018-12-23 映画
昼頃、映画「十二人の死にたい子どもたち」の公式Twitterが投稿した不思議な投稿。#十二人の死にたい子どもたち #廃病院集合 #しにたい12 pic.twitter.com/npAu98O1z7— 映画『十二人の死にたい子どもたち』 (@shinitai12movie) 2018年12月23日数字が並んでいて、なんだろうな?と思っていたら「これ、4を繋ぐと4番の橋本環奈の名前になる」というツイートを見かけました。へぇーと思ってやってみるとカタカナでハシモトカン...

記事を読む

2018-12-22 映画
レンタル開始時によくバナーを見かけた、松坂桃李主演映画「娼年」をTSUTAYA TVのポイント消費のためにレンタルしてみました。U-NEXTでは2018年の1位となった作品だそうです。ジャケットの松坂桃李は色っぽくて素敵な雰囲気。娼年映画の冒頭、話し方や美術や色味の感じがクラシカルなので、昭和のお話なのかな?と思っていたら、今時のお話でした。で、松坂桃李が大学生役。…もう大学生には見えないよね?原作は石田衣良の小説です...

記事を読む

2018-12-09 映画
「ウォールフラワー」と並んで賞賛されていたエズラ・ミラー出演作「少年は残酷な弓を射る」をアクトビラで観ました。少年は残酷な弓を射る(字幕版)…この美少年を演じた子が、あの「ウォールフラワー」の演技して、更にコミコンであんなに弾けてたの?なぜか幼い頃から作家の母エヴァにだけ反抗を繰り返してきたケヴィン。美しく賢い、完璧な息子へと成長する中、ついにエヴァのすべてを破壊する事件を起こす。その裏にある思い...

記事を読む

2018-12-05 映画
2日前に1を観たばかりで、早速2の「ファンタスティック ビースト黒い魔法使いの誕生」を映画館に観に行ってきました!レディースデイだったのと、前日と放映時間が変わって19時半の会があったので、六本木へ!で、率直な感想は…思ってたのと、違う!1の感想に書きましたが、私あまりハリポタ興味無いんです…だから、ハリポタみたいに仲間が死んだり、味方だと思ってた人が敵だったって感じじゃなく、ニフラー可愛い!魔法動物たち...

記事を読む

1/19新宿ピカデリーで十三番「とまん」“生”実演開催〜十二人の死にたい子どもたち

  •  投稿日:2019-01-11
  •  カテゴリ:映画
映画「十二人の死にたい子どもたち」で13番目となっていた死体役を演じるのは「とまん」だと情報解禁になりました。

…ん?誰だって???

調べると、まーキレイなお顔。



とまん

1993年9月14日 (年齢 25歳)
宮城県生まれの身長163 cm



あら、真剣佑と同じ日に写真集お渡し会やるの??




でもまだAMAZONや楽天ブックスではタイトルが(仮)になっていて、表紙画像が出てないんですね。





●2/9新田真剣佑の新宿福家書店写真集お渡し会イベント内容予想~2千人以上会える?


名前に何か聞き覚えある気がするな〜と思ったら、ジェンダーレス男子特集に出てきていた人のようです。

私も以前ブログで紹介していました。

●ホントに人気?原宿系ジェンダーレス男子は可愛い?ダサい?

「こんどうようぢ」とかとよく出てる人らしい。

去年2月からプラチナムプロダクション(菜々緒や木下優樹菜が在籍する事務所)に移籍していて、アニメ系ドラマのお仕事もしているそうです。

宮城県出身者って線の細いキレイな顔した男の人多いですよね。

九州の血を持ち、男らしい肉体にキレイな顔し、父親から「日本の侍になれ」と育てられた新田真剣佑とは、割りと真逆の立ち位置にいる男性な気が。

過去にお母様がインタビューも受けていますね。



お母さんに下の欲望の話されるとか、つらみ…
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4を繋ぐと #橋本環奈 の名前「ハシモトカンナ」になる! #しにたい12

  •  投稿日:2018-12-23
  •  カテゴリ:映画
昼頃、映画「十二人の死にたい子どもたち」の公式Twitterが投稿した不思議な投稿。



数字が並んでいて、なんだろうな?と思っていたら

「これ、4を繋ぐと4番の橋本環奈の名前になる」

というツイートを見かけました。

へぇーと思ってやってみると

ハシモトカンナ

カタカナでハシモトカンナと書かれていました!
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「娼年」ネタバレ感想~松坂桃李エロいだけで「正しい恋愛のススメ」のパクリ?

  •  投稿日:2018-12-22
  •  カテゴリ:映画
レンタル開始時によくバナーを見かけた、松坂桃李主演映画「娼年」をTSUTAYA TVのポイント消費のためにレンタルしてみました。

U-NEXTでは2018年の1位となった作品だそうです。

ジャケットの松坂桃李は色っぽくて素敵な雰囲気。


娼年

映画の冒頭、話し方や美術や色味の感じがクラシカルなので、昭和のお話なのかな?と思っていたら、今時のお話でした。

で、松坂桃李が大学生役。

…もう大学生には見えないよね?

原作は石田衣良の小説です。


娼年 (集英社文庫)


映画自体の感想を一言でいえば、つまらない!

単に、松坂桃李が18歳以下は視聴NGの映画に出て、肉体を披露し、そういうシーンを演じまくったってのに驚くだけ。

「あの美少女アイドルが、脱いで本格派女優に!」的な感じですね。

でももう、ほら、私もいい歳した大人ですから、単に服の有無じゃなく、その時の演技も評価対象になるじゃないですか。で、

「またコレ?テクニックなさ過ぎない?」

というワンパターンな演出に飽きてきます。


ストーリーを一言でいえば、

「やる気のない下がダラシない大学生が、美しいおばさま社長からスカウトされてボーイズクラブの会員になり、様々な女性達と関係を持つうちに感情が芽生えて成長する」

というもの。

原作が小説なのでアレですが、この「やる気のない少年がボーイズクラブに」ってのは、一条ゆかりのマンガ「正しい恋愛のススメ」とソックリ。


正しい恋愛のススメ 1 (集英社文庫(コミック版))

むしろ「正しい恋愛のススメ」の方がスリリングで面白いです。

「親子丼」(母と娘の両方と恋愛関係になる)も設定としては近いですね。

で、出会う女性たちがそれぞれドラマを抱えていて、それに接しているうちに感情が芽生えていくところも似てます。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エズラ・ミラーが美しく怖い映画「少年は残酷な弓を射る」ネタバレ感想

  •  投稿日:2018-12-09
  •  カテゴリ:映画
「ウォールフラワー」と並んで賞賛されていたエズラ・ミラー出演作「少年は残酷な弓を射る」をアクトビラで観ました。


少年は残酷な弓を射る(字幕版)



…この美少年を演じた子が、あの「ウォールフラワー」の演技して、更にコミコンであんなに弾けてたの?



●エズラ・ミラー可愛いすぎ!真剣佑オススメの映画「ウォールフラワー」ネタバレ感想

日本のカメレオン俳優って言葉が薄っぺらく思えるよ…。


このイギリス映画の原題は「We Need to Talk About Kevin」

直訳すると「私たちはケヴィンのことを話さなければならない」でしょうか。

主人公はケヴィンの母親で、彼女がケヴィンに振り回されるお話なのですが…

めちゃくちゃ怖いです。

エズラ・ミラーは、それはそれは美しいお顔立ちなので、それがまた恐怖心を煽ります。

以下はネタバレで簡潔に内容を書きます。


世界中を旅していた美しい女性作家エヴァは、熱烈に愛し合った男性と危険日に関係を持って妊娠。

望んだ妊娠では無く、妊婦である自分にも戸惑っていたけれど、夫となったフランクリンは大喜び。

可愛い男の子の誕生も夫は喜びましたが、エヴァは呆然とした顔をしていました。

子供が産まれても嬉しくない。

それでも、彼女なりに息子に母親らしく接しようと努力するのですが、幼い頃から息子のケヴィンは反抗的な態度を取り続けていました。


幼い息子にボールを投げても無視。

「ママって呼んでごらん」

と言っても無視。

自閉症を疑ったけれど、医師の診断は問題なし。

しかしいつまでもオムツが取れず、本当は分かっている算数の問題もワザと間違えてみたり、食事を投げつけたりして、その都度呆然とするエヴァに不敵な笑いを投げかけてきました。

そのくせ、父親には子供らしく甘える。

ずる賢く、ワザと母親に反抗的なケヴィン。


しかし妹が産まれると、嫉妬心からエヴァに甘えるようにもなりました。

父親からは弓と的のセットを買ってもらい、庭で親子で弓の練習を楽しそうにするケヴィン。

やっと、息子と親子らしく過ごせる。

それから時は流れ、美しい少年に成長したケヴィンは、間も無く16歳。

妹を召使いのように扱ったり意地悪をしまくりますが、それでもエヴァは息子とそれなりにうまくやっていく努力をしていました。


素直で可愛い妹はケヴィンに懐いていて、両親にも懐く普通の女の子。

クリスマスにはケヴィンは本格的な弓を、妹は可愛いハムスターをプレゼントしてもらいました。

しかしケヴィンは妹のハムスターを排水溝に捨て、その上パイプ掃除の薬剤が鍵付きの棚に置かれているのを見て、その薬剤で妹が義眼になるほどの怪我を負わせます。

本人は故意ではないフリをしているけれど、ワザとだとしか思えないエヴァ。

それまでエヴァがケヴィンに悩んでいるのを軽く流していた夫も、エヴァに離婚を切り出します。

「とにかく夏休みまでは今のまま過ごそう」と夫から言われていたある日、ケヴィン宛に荷物が届きました。

中には自転車にかけるような鍵がたくさん入っています。

「安くネットで買ったから、学校で売ろうと思って」

そうケヴィンは話していましたが、仕事中のエヴァの元に「ケヴィンの高校で大事件が起きた」と連絡が入りました。

慌ててエヴァが高校に着くと…

ドアにはあのケヴィンの買っていた鍵がかけられていて、警察がそれをチェーンソーで壊して開けたドアから、ケヴィンが出てきました。

彼は鍵をかけた学校で、同級生達を無差別に弓で射る、という大事件を起こたのです。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンタビ2「黒い魔法使いの誕生」ネタバレ感想~原爆を出すのは無しだろ…

  •  投稿日:2018-12-05
  •  カテゴリ:映画
2日前に1を観たばかりで、早速2の「ファンタスティック ビースト黒い魔法使いの誕生」を映画館に観に行ってきました!



レディースデイだったのと、前日と放映時間が変わって19時半の会があったので、六本木へ!

で、率直な感想は…

思ってたのと、違う!

1の感想に書きましたが、私あまりハリポタ興味無いんです…

だから、ハリポタみたいに仲間が死んだり、味方だと思ってた人が敵だったって感じじゃなく、

ニフラー可愛い!魔法動物たち可愛い!ニュート可愛い!

って楽しめるファンタビは好きだなーって思って、大画面で動物達を観てホッコリしようと思ってた…のに…

ジョニデ(グリンデルバルド)祭な映画じゃないすか!


エズラ(クリーデンス)はキレイでしたね。

速攻でネタバレしますけど、ダンブルドアの弟ってのは本当なのかな?グリンデルバルドに最後言われてたけど。

でも私、ハリポタちゃんと観てないから、へーって感じ…。

1は「魔法動物可愛いよー」ってお話で、

2は「で、ハリポタのお話と繋がる物語が今から始まるよ」ってお話な感じなので、ここで振り落とされたらあと3作についていけない…

というか、私が生きてる間にあと3作終わるの?

ニュートどんどん年取るけど良いの?

ジョニデお爺ちゃんになっちゃうよ?


クリーデンスがサーカスにいるって設定も、不思議な魅力的なサーカスの映像が観られるのかな?と思ってたら、単にサーカスの檻の中で河童の世話させられてただけだし…

クリーデンスが何か見世物やるのかな?と期待してしまってたわ…

リタが死んでしまったのも、クイニーがグリンデルバルドについて行ってしまったのも、

あーあー、やっぱりそうなっちゃうかー…と…
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます