PR


カテゴリ:映画

映画のカテゴリ記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2017-07-17 映画
池袋の新文芸坐で「湯を沸かすほどの熱い愛」と「彼らが本気で編むときは、」の2本立てを1,350円で観ました。新文芸坐は初めて行きました。小汚い昭和な建物を想像していましたが、割とキレイ。席数も多く、普通に映画館。2本の映画を交互に上映していて、間に15分くらい休憩を挟みます。ポップコーンは売ってないけど、食べ物も飲み物も豊富に売ってるし、喫煙所もあるし、扱ってる映画も厳選されてて、サブカル好きには堪らない...

記事を読む

No Image

2017-07-07 映画
観に行こう行こうと思って、結局行けなかった映画「彼らが本気で編むときは、」。●生田斗真に桐谷健太に斎藤工も!?3次元ゲイ映画にホントに腐女子は萌えるのか?を昨年書いていて、2017年2月25日公開だったのに、公開中は映画館に行く気分じゃなかったんです…で、そろそろオンデマンドで観られないかな?と思って調べたら、発売は9月6日なんですね。映画「彼らが本気で編むときは、」 [ 生田斗真 ]楽天ブックスの予約で現在8位と、...

記事を読む

2017-06-29 映画
ジャニオタの友人と、滝沢秀明主演映画「こどもつかい」を観てきました。【映画パンフレット】 『こどもつかい』 出演:滝沢秀明.有岡大貴.門脇麦21時20分開始と時間が遅かったのもあると思いますが、渋谷でレディースデーなのに、席はガラガラ。私の目的は、ホラー好きというのと、タッキーのおもしろパフォーマンスを観ること。そして観終わったあと友人と「いやー観て良かった!笑えた!映画館に行って良かったね!」と同意し合...

記事を読む

No Image

2016-11-23 映画
SNSで日々大絶賛のクチコミが拡まり、新宿渋谷では立ち見が出ているという映画「この世界の片隅に」を、池袋ヒューマックスで観てきました。この世界の片隅に(上) [ こうの史代 ]能年玲奈改め、のんが主人公の声優を務めていることでも話題になっていましたね。原作は広島出身で、以前も原爆症で苦しむ女性を描いた「夕凪の街 桜の国」が映画化された漫画家、こうの史代さんの同名漫画です。私はほとんど前情報を調べず、友達に...

記事を読む

No Image

2016-09-09 映画
高校生の頃、夜は赤坂泰彦のミリオンナイツを聴くのが日課でした。その中では色々な人気曲がかかっていて、その内の一つに、あのゴジラの音楽に合わせて「ゴジラ、ゴジラ、ゴジラとメカゴジラ」から始まり、「モスラ、モスラ、モスラとメカモスラ」や「サザエ、サザエ、サザエとメカサザエ」、「イクラ、イクラ、イクラとメカイクラ」と色んなものに「メカ」をつけて歌うという迷曲がありました。あれって何だったんだろう??と思...

記事を読む

号泣「湯を沸かすほどの熱い愛」ネタバレ感想~ラストがヒドイ

  •  投稿日:2017-07-17
  •  カテゴリ:映画
池袋の新文芸坐で「湯を沸かすほどの熱い愛」と「彼らが本気で編むときは、」の2本立てを1,350円で観ました。



新文芸坐は初めて行きました。

小汚い昭和な建物を想像していましたが、割とキレイ。




席数も多く、普通に映画館。

2本の映画を交互に上映していて、間に15分くらい休憩を挟みます。

ポップコーンは売ってないけど、食べ物も飲み物も豊富に売ってるし、喫煙所もあるし、扱ってる映画も厳選されてて、サブカル好きには堪らないはず。

今まで知らなかったのが惜しまれます。

友人に言ったら、高田馬場にも同じような2本立ての映画館があるそうで。

ここはアレですか、マルハンがパチンコで儲けながら、道楽として映画館もやってる感じ?

映画とパチンコは繋がってる業界だし。


さて、まず観たのは「湯を沸かすほどの熱い愛」。

最近杉咲花ちゃんがおしゃれイズムに出た時も紹介されていました。

いやー彼女の演技は本当に素晴らしい!可愛い!

美人顔じゃないけど、話し方や表情が秀逸。

ストーリーは、1年前に夫(オダギリジョー)がフラッといなくなってしまったので、銭湯を閉めてカフェでパートをしている宮沢りえ演じる母が、癌で亡くなるまでの数ヶ月のお話です。


イジメにあう娘を叱咤激励する宮沢りえ。

家ではワガママを言ったり泣いて叫ぶ娘は、学校では何も言えず、黙って耐えてしまいます。

そして、自分が癌で余命いくばくもないと知った宮沢りえは、探偵を雇って夫を探し出すと、夫は小学生の女の子と2人で暮らしていました。

昔一度だけ関係を持った女と再会したら
「あなたの子よ。一緒に暮らしたい」
と言われ、家庭を捨てて女と子供アユコと暮していたら、女はいなくなってしまっていました。


自分が癌であることを夫に告げ、夫はアユコを連れて家に帰ってきて、4人で銭湯を再開します。

母に捨てられたアユコ。

でも実は杉咲花ちゃん演じる娘も、オダギリジョーが最初に結婚した聾唖の女性の子供で、母に捨てられた子でした。

そして宮沢りえ自身も、その昔母に捨てられた子供だったのです。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【半額以下】7/17〜20 生田斗真主演「彼らが本気で編むときは、」池袋・新文芸坐でまだ観られる!

  •  投稿日:2017-07-07
  •  カテゴリ:映画
観に行こう行こうと思って、結局行けなかった映画「彼らが本気で編むときは、」。

●生田斗真に桐谷健太に斎藤工も!?3次元ゲイ映画にホントに腐女子は萌えるのか?

を昨年書いていて、2017年2月25日公開だったのに、公開中は映画館に行く気分じゃなかったんです…



で、そろそろオンデマンドで観られないかな?と思って調べたら、発売は9月6日なんですね。


映画「彼らが本気で編むときは、」 [ 生田斗真 ]

楽天ブックスの予約で現在8位と、やはり人気の模様。

うー観たい!今観たい!

と思って公式サイトを見てみたら、

7/17〜20に池袋の新文芸坐で上映されることが分かりました!

しかも2本立てで、宮沢りえ主演の「湯を沸かすほどの熱い愛」も観られて、お値段1350円!安い!


湯を沸かすほどの熱い愛 DVD 通常版 [ 宮沢りえ ]

「湯を沸かすほどの熱い愛」も映画館で予告を見て気になっていたので、一緒に観られるのはいいわ〜。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【腹筋崩壊!】滝沢秀明主演「こどもつかい」が笑えて良い!ネタバレ感想

  •  投稿日:2017-06-29
  •  カテゴリ:映画
ジャニオタの友人と、滝沢秀明主演映画「こどもつかい」を観てきました。


【映画パンフレット】 『こどもつかい』 出演:滝沢秀明.有岡大貴.門脇麦

21時20分開始と時間が遅かったのもあると思いますが、渋谷でレディースデーなのに、席はガラガラ。

私の目的は、ホラー好きというのと、タッキーのおもしろパフォーマンスを観ること。

そして観終わったあと友人と

「いやー観て良かった!笑えた!映画館に行って良かったね!」

と同意し合いました。

ちなみに、怖さは大したこと無いですね。ちょっとビックリ驚かせるシーンがあるくらい。


ストーリーは、ネタバレも何もない感じなのですが…

虐待されている子供がいると、「こどもつかい」が現われ、子供が一瞬姿を消す。

そして戻ってきた子供たちはみんな、不思議なよく聞き取れない歌を口ずさむようになる。

子供が戻ってきてから3日後、その子に恨まれていた大人は「トミーの呪い」をかけられて死ぬ。

身近な人が次々犠牲になり、そして主人公(門脇麦)もターゲットとなり、恋人と共にトミーの呪いを解く為に立ち向かう。

トミーは数十年前に火事になり、子供たち7人と共に犠牲になった伊勢にあったサーカスの人形遣い。

子供たちが歌っていたのは、そのサーカス団のテーマ曲だったのでした。

火事で犠牲になった7人の子供たちの使い手は、黒いマントを来た謎の男(滝沢秀明)。

実は主人公も子供の頃、トミーの呪いに加担していた過去があり…




と、子供の虐待に関する問題に焦点を当てているのが主軸なのですが…

いやー滝沢秀明のおふざけが過ぎたパフォーマンスが、それはそれは面白い!

タッキーはサーカスで使われていた人形だったので、癪に触るようなセリフや動きをするのですが、もーそれはそれは素晴らしく笑えます!

あの「せいせいするほど愛してる」のエアギターを思い出してしまいました!


せいせいするほど、愛してる Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 武井咲 ]

こういうのを本気でやり切るから、タッキーは好き!

ちなみに謎の歌の「おいない」は、もしかしたら京都弁の「来なさい」かも?

子供を呼び寄せる歌という意味かもしれません。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京で話題!こうの史代「この世界の片隅に」映画ネタバレ有感想

  •  投稿日:2016-11-23
  •  カテゴリ:映画
SNSで日々大絶賛のクチコミが拡まり、新宿渋谷では立ち見が出ているという映画「この世界の片隅に」を、池袋ヒューマックスで観てきました。


この世界の片隅に(上) [ こうの史代 ]

能年玲奈改め、のんが主人公の声優を務めていることでも話題になっていましたね。

原作は広島出身で、以前も原爆症で苦しむ女性を描いた「夕凪の街 桜の国」が映画化された漫画家、こうの史代さんの同名漫画です。


私はほとんど前情報を調べず、友達に誘われるがまま行ってきました。

いや、facebookやTwitterで感想は流れてきていました。

結構50~60代の著名な方も拡散していました。

でもイマイチ把握しないまま出掛けたため、最初にこうの史代の絵と分かった時点で

「第二次大戦の話かな?」

と思いました。


ストーリーは、1人のボーッとした呑気な性格で、絵を描くのが大好きな女性・浦野すずの幼少期から結婚、戦後までを描いたものになります。

子供の頃、お使いで街に行って迷子になったすずは化け物に攫われ、一緒に攫われた少年と一緒に逃げ出したことがありました。

それが夢だったのか?現実だったのか?

それは本人にもよく分からなくなっていました。


すずが19歳、数えで18歳のときに、「嫁にもらいたい」と、見知らぬ男性とその父親がやってきました。

すずの名前と、顎のホクロを頼りに探し出してきたのは、あの日の少年だった人でした。

すずは縁談を受け入れ、広島市江波から呉にお嫁入りすることになりました。


夫の北條周作も、その両親も優しく、すずはボーッとしながらも精一杯家事をこなし、楽しく暮らしていました。

周作と義父は海軍の元で働いていました。

義姉の徑子はハッキリした物言いをするキツイ人で、早くに恋愛結婚した夫を亡くしていました。

途中から徑子は折り合いの悪い婚家に息子を残したまま、娘の晴美を連れて出戻ってきましたが、

すずは晴美と仲良くなり、徑子の嫌味もボーッと天然で受け流しながら平和に暮らしているうちに、徐々に空襲が呉にも度々起こるようになってきました。


配給が減っても、すずは持ち前の明るさと工夫で雑草や知恵を使いながら食事を作りました。

畑に水をやり、海に浮かぶ海軍の船を眺め、時々その様子をスケッチしたり。

どんなときでも、家族は仲良く、笑い声が絶えない暮らし。


ある日、うっかり砂糖を水桶に沈めてしまったすずは、闇市に砂糖を買いに行った帰りに迷子になり、遊女のリンと出会いました。

すずの描いた西瓜やキャラメルの絵を喜んでくれたリンは、幼い頃に祖母の家で出会った少女が成長した子でした。

お互いそうとは気付かないながらも、すずはリンとの出会いがずっと心に残りました。


すずには海軍に入った幼馴染の水原哲という青年がいました。

哲がすずの家にお風呂を借りにきたとき、

夫はすずと哲を敢えて2人きりにし、哲はすずに関係を迫りました。

そのときすずは

「ずっとこうなりたいって思ってたことに気付いた。

でも、今は夫のことが好きだ」

と気付き、哲とは膝枕をしながら話すだけに留め、もう生きては会えないかもしれない哲を見送りました。


ある日、以前街に出掛けたことを喜んでいたすずのために、周作はすずにお使いを頼んで時間を作り、仲良く街を歩きながら、2人が初めて出会った橋に着きました。

「この世界の片隅にいる私を見つけてくれて、ありがとう」

すずと夫は、お互いに愛し合っていることを確認しあいました。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴジラ、ゴジラ、ゴジラとメカゴジラ♪「福岡市ゴジラ」ご存知ですか?

  •  投稿日:2016-09-09
  •  カテゴリ:映画
高校生の頃、夜は赤坂泰彦のミリオンナイツを聴くのが日課でした。

その中では色々な人気曲がかかっていて、その内の一つに、あのゴジラの音楽に合わせて

「ゴジラ、ゴジラ、ゴジラとメカゴジラ」から始まり、

「モスラ、モスラ、モスラとメカモスラ」や

「サザエ、サザエ、サザエとメカサザエ」、

「イクラ、イクラ、イクラとメカイクラ」と

色んなものに「メカ」をつけて歌うという迷曲がありました。


あれって何だったんだろう??と思ってググったら、かつて坂本龍一のラジオ番組で投稿されたデモテープの中から、選ばれた曲だけがCD化された「DEMO TAPE‐1」というアルバムに入っている「福岡市ゴジラ」という曲だったということが分かりました。

このCD、一応廃盤となっていますが、まだAmazonで販売されています。


DEMO TAPE‐1

この曲、あまりにも頭に残っているので、シン・ゴジラを観ていたときも、脳内でずっとこの歌詞が流れていました。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます