PR


カテゴリ:マンガ

マンガのカテゴリ記事一覧。
No Image

2017-04-15 マンガ
読みました。はぁ、ほとんど話か進んでないっちゃーないですね。ドラマ化の影響もあって、ちょっと引き伸ばし作戦入ってるのかな。東京タラレバ娘8巻【電子書籍】[ 東村アキコ ]いや、KEYが以前撮影した伊豆にいるのが分かり、みんなで駆けつけ、やっと早坂さんと幸せになれたのに…と戸惑う倫子を皆んなが後押しして、で、KEYに「私のこと好きなの?」と聞いて、その後答えないKEYに「あんたこそ、タラレバ男よ!」と吐き捨てて走...

記事を読む

No Image

2017-04-08 あなたのことはそれほど
間も無くドラマ開始の「あなたのことはそれほど」ですが、ネットの予想では有島と美都は結婚する?とか書かれているものもありましたが、多分それは無いと思います。これまでのいくえみ綾さんのマンガは、登場人物全員が、前向きになるハッピーエンドが多いからです。主人公の片思いは実る、もしくは実らなくても、前を向いて笑顔で歩んでいくそれがいくえみ綾さんのマンガ。読者が驚く大どんでん返しや、誰かが不幸になったまま終...

記事を読む

2017-04-08 あなたのことはそれほど
フィールヤング最新話のネタバレ感想です。Kindleで買って読みました。FEEL YOUNG(フィールヤング) 2017年 05 月号 [雑誌]※amazonだと表紙画像がまだ出ていません。楽天ブックスの画像がこちら。表紙が波瑠と東出君なんですが、そもそも原作のことを考えたら、有島より涼ちゃんが目立つって微妙だわーもういいけど。予告のダッサイ古臭い演出に幻滅してます。あ、いくえみ綾のファン=ババアでバブル世代、とでも勘違いしてるのね...

記事を読む

2017-03-19 マンガ
私は本屋で目立つ位置に置かれていたのでこの本を読もうと思いましたが、今話題の本だったようで、直近で読んだ方の感想がたくさんネットにありました。カルト村で生まれました。【電子書籍】[ 高田かや ]そして、その感想たちを読むうちに、私の中にまた疑問が生まれてきました。それは、真っ向からこのヤマギシ会を「気持ち悪い!」と一刀両断する人たちの思考です。私もマルチや宗教やヤマギシ会は否定的です。しかし、「何故?...

記事を読む

2017-03-19 マンガ
本屋で見かけて、気になったから楽天koboで買って読んでみました。カルト村で生まれました。【電子書籍】[ 高田かや ]間違って続編の「さよなら、カルト村」を先に買ってしまい、そちらを先に読んだ上で、「カルト村で生まれました。」を読みました。さよなら、カルト村。 思春期から村を出るまで【電子書籍】[ 高田かや ]カルト村=ヤマギシ会というコミューンで生まれ育った高田かやさんの、カルト村での生活を描いたエッセイコ...

記事を読む

No Image

2017-03-13 マンガ
成田美名子さんのマンガは10年ほど前に、既刊全てではないですがあらかた読みました。その中でも特に好きなのが、こちらの「NATURAL」です。NATURAL1【電子書籍】[ 成田美名子 ]現在連載中の「花よりも花の如く」とリンクしているお話。花よりも花の如く 16 [ 成田美名子 ]どうリンクしているか?というと…「NATURAL」の主人公の山王丸ミゲール(ミカエル・ミケ)は弓道とバスケットをやっている高校1年生のペルー人の男の子。ミゲ...

記事を読む

No Image

2017-03-08 あなたのことはそれほど
1つ前の記事にも書きましたが、「あなたのことはそれほど」の新刊5巻が4/25に発売されます! 4巻に収録されていたのは●あなたのことはそれほど【2016.8月号】ネタバレ感想まででした。ということで5巻に収録されるのお話のネタバレを以下にまとめていきます!section20妊娠していなかったことが分かり、美都は「自分は選ばれなかった」ということに苦しみました。●あなたのことはそれほど【2016.12月号フィールヤング】最新4巻続き...

記事を読む

2017-03-08 あなたのことはそれほど
昨夜はドラマカルテットが野球の延長で遅れたため、すっかり疲れてフィールヤング発売日を忘れていました…ということで早速楽天KOBOで購入~。ドラマ化のご挨拶が載っていましたが、波瑠も東出くんもいくえみ綾さんも、コメントが所詮他人事、というか、あまり乗り気でない印象を受けました。いくえみ綾さんは「誰にも感情移入しないで書いているので。ドラマになったときにどうなるのか楽しみにしています」波瑠は「美都に共感は...

記事を読む

2017-03-06 マンガ
前巻の、実家がゴミ屋敷になってしまっている生徒杉浦さんのお家の片付けをしながら、ボケてしまっている?お父さんを見つめていくお話と並行して、連絡がうまく取れず、すれ違ってしまう葉月と憲人のことを描いた「Something Old Something New」と、楽の不思議な力と彩紀とのことを描いたスピンオフ「左目の女の子」の二本が収録された16巻でした。花よりも花の如く 16 (花とゆめCOMICS)改めて15巻から読み返したのですが、葉月...

記事を読む

No Image

2017-03-06 マンガ
久々に本屋に行ったら、「大奥」の最新刊14巻と、成田美名子の「花よりも花の如く」16巻が出ていました。花よりも花の如く 16 (花とゆめCOMICS)「花よりも花の如く」に関してはまたのちほど書きます!やっぱり本屋に行かないとダメですね…最近楽天koboでばかり買っているので、最新刊の電子書籍化が遅いものは発売日を見逃してしまいます。さて、大奥14巻はあの菅野美穂&宮崎あおいが演じた篤姫の役として、十三代将軍徳川家定の...

記事を読む

新刊、東京タラレバ娘8巻ネタバレ感想~倫子とKEYがまたヤッた

  •  投稿日:2017-04-15
  •  カテゴリ:マンガ
読みました。


はぁ、ほとんど話か進んでないっちゃーないですね。

ドラマ化の影響もあって、ちょっと引き伸ばし作戦入ってるのかな。


東京タラレバ娘8巻【電子書籍】[ 東村アキコ ]

いや、KEYが以前撮影した伊豆にいるのが分かり、みんなで駆けつけ、

やっと早坂さんと幸せになれたのに…

と戸惑う倫子を皆んなが後押しして、

で、KEYに「私のこと好きなの?」と聞いて、その後答えないKEYに

「あんたこそ、タラレバ男よ!」

と吐き捨てて走り去り、早坂さんに嘘のLINEをしているところをKEYが追ってきて

「携帯捨てろ」

って言われて、腕掴まれてチューされて、そのまま海辺でヤる。

で、ヤってる最中にタラとレバが倫子たちの上京したての頃からの生活を回想する。

という巻だったので、倫子とKEYは急展開っちゃ急展開の巻ではありました。


でもー倫子たちの回想、いらねー。

もうすでに十分語ってきてたじゃーん。

その分、倫子とKEYのこれからが読みたいー。

倫子とKEYはヤッちゃった後で、どんな顔して皆んなと合流するの?

あと、早坂さんには何て説明するの?

でもドラマも倫子とKEYがくっついた感じで終わりましたよね。


しかし、当たり前だけど、少女マンガですね。

実際には女友達って、あんなに友達の人生に介入しませんよね。

あ、でも3人は同僚とか他の友達がいない感じだから、あんなに介入する?

いやいや、でももうちょっと女友達ってドライじゃないかなぁ。

不倫やセカンドやってるのを香も小雪もすぐには報告しなかったみたいな、やっぱりリアルタイムではガンガン本音ぶつけられない遠慮とかもある気がしますが。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのことはそれほど、最終回予想~美都は新たな恋をする?

間も無くドラマ開始の「あなたのことはそれほど」ですが、ネットの予想では

有島と美都は結婚する?

とか書かれているものもありましたが、多分それは無いと思います。

これまでのいくえみ綾さんのマンガは、登場人物全員が、前向きになるハッピーエンドが多いからです。


主人公の片思いは実る、もしくは実らなくても、前を向いて笑顔で歩んでいく

それがいくえみ綾さんのマンガ。

読者が驚く大どんでん返しや、誰かが不幸になったまま終わるお話、というのは無かった気がします。

多分後味の悪い終わり方は、いくえみ綾さんは好きじゃない。

となると、主婦からブーイングが出そうな有島と美都の結婚というのは、無いかな。


ただ、今は涼ちゃんは怖いし、美都は孤独。

美都は友達の香子と仲直りをし、有島のことは諦めて前に進もうとするとは思いますが、

2人ともハッピーになる終わり方にはなるはずです。

となると、涼ちゃんの母親への想いなどを美都と話し合い、その愛を受け入れてやり直すことになるか、

涼ちゃんは美都を諦め、他の女性と再婚するか?

涼ちゃんは1人でも楽しく暮らしていく、というラストが想像しにくいです。


涼ちゃんが望む幸せは、父が母を愛したように、自分も妻を愛すること。

でももしかしたら、年老いた父親と暮らすようになる、とかして、女性ではなく親に寄り添うことで満足感を得る可能性もありますね。

美都と母親は似ている感じでしたが、全く違う穏やかなタイプの女性と出会い、そういう幸せもある、と気付く可能性もありますが。

» 記事の続きを読む


PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月号あなたのことはそれほどネタバレ感想~有島がんばれ!

フィールヤング最新話のネタバレ感想です。

Kindleで買って読みました。

FEEL YOUNG(フィールヤング) 2017年 05 月号 [雑誌]

※amazonだと表紙画像がまだ出ていません。
楽天ブックスの画像がこちら。



表紙が波瑠と東出君なんですが、そもそも原作のことを考えたら、有島より涼ちゃんが目立つって微妙だわーもういいけど。

予告のダッサイ古臭い演出に幻滅してます。

あ、いくえみ綾のファン=ババアでバブル世代、とでも勘違いしてるのねー。

以下ネタバレ感想です。


マンションのご近所さん星野さんの奥さんは、相変わらず旦那さんの言葉のDVを聞き流しながら、

「あの夫婦、もしかして別居したのかも?」

と話します。

有島は4時に目覚ましをかけ、車で片道2時間かけて麗華の実家に行き、娘の寝顔を見ながら
「あこしゃ~おはよう」
と声をかけます。

訝しがる麗華に
「亜胡は俺の娘だから、会う権利がある。

いってきますを言いにきた」

と言い、また車で仕事に向かいました。


仕事が終わると、また車で麗華の実家に来て、亜胡に

「ただいま」

と言い、また食事もせずに東京の家に帰る。

そして、また翌朝には4時に起きて、麗華の実家へ。

そんな生活を3日続け、有島は疲れ果てながらファストフード店でハンバーガーを食べながら携帯を開き

「離婚した」

という美都からのメールに吹き出します。

» 記事の続きを読む


PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「カルト村で生まれました。」の他の方の感想を読んで

  •  投稿日:2017-03-19
  •  カテゴリ:マンガ
私は本屋で目立つ位置に置かれていたのでこの本を読もうと思いましたが、今話題の本だったようで、直近で読んだ方の感想がたくさんネットにありました。


カルト村で生まれました。【電子書籍】[ 高田かや ]

そして、その感想たちを読むうちに、私の中にまた疑問が生まれてきました。

それは、真っ向からこのヤマギシ会を「気持ち悪い!」と一刀両断する人たちの思考です。


私もマルチや宗教やヤマギシ会は否定的です。

しかし、「何故?」と問われたときに「普通じゃないから」という答えで終わらせるのは、それはそれで「洗脳」のような気がします。

「みんなと違うからおかしい」

そういう集団心理の怖さは、魔女狩りのような盲信的なものを感じます。

「法律で禁止されているから」

というようなことも、そもそもその法律に納得出来ているか?というと、あまり深く考えていず、

「だって親や先生が言ってたから」

というような、思考停止を感じます。


多分、宗教だのマルチだのやってる人は、このような「集団心理」はおかしい、という価値観で、また別の小さな集団に所属しているのではないでしょうか?

そうなると、ただの数の違いが問題なだけ。

「自由と平和」とは、カルトだろうが何だろうが、自分の意思で選ぶことが出来、そして自分と違う価値観の人を否定しないことから生まれるのではないか?

なんて考えてみても、そりゃ私だって「普通じゃない」と思うことをしている人は怖いです。

何故?と考えると

「意思疎通が出来ず、突然刃物を振り回して来そうな怖さがあるから」

という、被害を受けたら嫌だ、という気持ちから生まれてくる感情な気がします。


作者のかやさんが幼少期に受けていた体罰は、許せないモノです。

「大人が笑いながら猫の首を絞めていた」

というエピソードがあり、それを批判している感想もありました。

しかし、田舎では子猫を生き埋めにしたり、川で流すなんてことは、いまだにあると聞きます。

伊藤理佐や伊藤三巳華も、祖母が子猫を処分していたとエッセイコミックスで描いていましたが、最近でもまだ田舎ではそういうことはある、と先日耳にしたことがあります。


視えるんです。3【電子書籍】[ 伊藤三巳華 ]


そうなると、このヤマギシ会の大人だけでなく、今存命中の一般の人の中にも、この猫に関してはそこまで異様さは感じないでしょう。

私が子供の頃も、怪談のようなノリで野良猫に毒団子を食べさせる話は物語の中にありました。

犬猫は絶対的に守る、可愛がるもの、という思考は、割と最近の発想な気がします。


そもそもこのヤマギシ会がやっていたことは、江戸時代や戦時中なら当たり前にあったこと。

今はそんなことはしていないから「おかしい」と思うけど、当時はそれが「普通」だった。

じゃあ全てが過去より今の方が良くて正しいか?って言うと「古き良き日本」とかも言うじゃないですか?

無農薬野菜のこととかロハスな思考は、むしろ一般よりヤマギシ会の方が早く取り入れていた部分もあるようです。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマギシ会の話「カルト村で生まれました。」高田かや、ネタバレ感想。

  •  投稿日:2017-03-19
  •  カテゴリ:マンガ
本屋で見かけて、気になったから楽天koboで買って読んでみました。


カルト村で生まれました。【電子書籍】[ 高田かや ]

間違って続編の「さよなら、カルト村」を先に買ってしまい、そちらを先に読んだ上で、「カルト村で生まれました。」を読みました。


さよなら、カルト村。 思春期から村を出るまで【電子書籍】[ 高田かや ]

カルト村=ヤマギシ会というコミューンで生まれ育った高田かやさんの、カルト村での生活を描いたエッセイコミックスです。


「カルト村で生まれました。」は主に小学生時代の話。

「さよなら、カルト村」は中学校、高等部のお話でした。

※ヤマギシ会とは…
日本各地や海外に「村」があり、独自のルールを設けて自給自足する集団。

入会時に財産は会に渡し、無報酬で酪農や会計や掃除などをする代わりに、生活に必要なものは支給される。

生産した農作物は「一般」にも販売。

子供にも労働させたり、退会時に財産が返却されずに裁判を起こされたことがあり、問題視された。


ヤマギシ会は以前ネットでヒッピーについて調べてたときに知りました。

友達が反原発の集団にカブれて、

「何で私はこんなに、友人が賛美する集団が気持ち悪いんだろう?」

と思って、その嫌悪感の理由について考えようと思って調べていくうちに出てきたヤマギシ会。

反原発集団とヤマギシ会はまた別物な気もしますが、私が「気持ち悪い」と思う共通点として、

集団で自分たちの信じる平和な桃源郷を盲信し、それを一致団結して布教しようとする人たちに対して、

新興宗教のような、閉鎖的で強制的な思考停止のような怖さがある気がします。

しかしまぁ、よく知りもしないで批判は良くない。

どうもヤマギシ会の農作物自体は、村の近隣では評判が良いという噂もあるし。

ということでちょっと関心はあったんです。


作者のかやさんは19歳で両親と妹と共に「村」を出ていて、描いている当時35歳の既婚女性だそうです。

両親が大学生時代に学校でヤマギシ会の募集ポスターを見かけ、大学中退をして入会し、その後2人が結婚してかやさんが生まれたため、かやさんと妹さんは「村」の中で生まれ育ったとのことでした。

幼少期の話のメインは

●親と離れて子供たちは集められ、世話役の大人たちに体罰を受けながら、従順な人間になるよう教育されたこと

●1日2食な上に、叱られると食事抜きにされ、空腹だったこと

●朝から子供たちは労働をさせられていたこと

●お金は持たされず、全て支給品を使っていたこと

など、まるで戦時中の疎開した子供のような環境で育ったということでした。


かやさんは「一般」の小学校、中学校に通い、村独自の「高等部」に進んだのち、一時中退。

「実習生」と呼ばれるはぐれ者の立場になった後、高等部に復学。

卒業後に「村人」になるか「一般」に出るかを選ぶ時に一般になると決め、

ちょうどその頃、「優秀な大人は一般に出る」というような村の意思があったようで、両親も一緒に村を出ることになったそうです。

両親が村を出るのは、会自体の人が増え過ぎてしまっていたからかも?とのこと。


全体的には、100%ヤマギシ会を否定はしていなくて、
「私には合わなかった」
という描き方はされています。

子供への労働や体罰は許し難い話なんですが、江戸時代の農民とか、戦時中の疎開中の子供の感覚に近い、というか、

これはこれで、農業に長けた人たちや、一部の人にとっては、アリなシステムかも?と思える部分はありました。

「洗脳」というと怖いイメージがありますが、そもそも「自由」を必要としていない人には、全員で助け合う生活は安心感がある気もします。


かやさんも子供の頃は
「村の中にいれば皆んながいるし、楽だからずっといたい」
と思っていたそうです。

それでも本を読むのが好きで、村では禁止されていた学校の図書館にそっと出入りし、たくさんの本を読むようになり、自分の意思を持つようになったそう。

そうやって自分なりの考えを持つことを会は禁止していたため、「個別ミーティング」と称して個室に閉じ込められたりもしていたそうです。


発言するときは、村の大人が満足する、従順な回答ができなければダメ。

その従順のルールも、未来のことを想像したり、夢見がちになることはダメで、

「みんなと一緒にいるのが幸せであり、成長」
という、とても閉鎖的な価値観だったとか。


そしてかやさんが村を出る決意をしたのは

「子供の頃、ずっと両親と過ごしたかった。

…なんでそれが出来なかったんだろう?」

という疑問を持ったことと、

「村の仕事で得られるのは自分の成長と言われているけど、一般の仕事は金銭がもらえる。

一般の方が分かりやすい」

と思ったことだそうです。


「何もやりたいことがない」
「競争社会で生きていけない」
という人にとって、他者に決められたルールにただただ従っていればいい、システマチックな生活は、ラクチンな気がします。

私はそもそも集団行動が嫌いだし、自由な行動が出来ないのは嫌だけど、その分他人との摩擦や、自分の将来に対する不安があります。

今現在も会はあるようですが、誰でも入会出来るワケでは無いようで、

「ホームレスになるよりマシかもー」
ってノリでは入れないようです。


農家の方々が全国や世界で一つの会社として仕事をする、と思えば、これは災害時にかなりメリットがあるシステムですよね。

○県の農場が台風で大被害を受けた、って時にも、別の地域の人たちと助け合える。

決められた仕事さえしていれば、料理や洗濯や掃除をしなくて良い。

ただただ従順に、会の方針に合わせた発言や行動をすればいい。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成田美名子「NATURAL」全5巻ネタバレ感想

  •  投稿日:2017-03-13
  •  カテゴリ:マンガ
成田美名子さんのマンガは10年ほど前に、既刊全てではないですがあらかた読みました。

その中でも特に好きなのが、こちらの「NATURAL」です。


NATURAL1【電子書籍】[ 成田美名子 ]

現在連載中の「花よりも花の如く」とリンクしているお話。


花よりも花の如く 16 [ 成田美名子 ]


どうリンクしているか?というと…

「NATURAL」の主人公の山王丸ミゲール(ミカエル・ミケ)は弓道とバスケットをやっている高校1年生のペルー人の男の子。

ミゲールが通っている弓道場が「修道館」。

この「修道館」は「花よりも花の如く」の主人公榊原憲人の実家。

憲人の弟・榊原西門はミゲールと修道館で顔見知り、というか、西門が目をかけて可愛がってイジメている仲良し。

西門は養子先の青森にミゲールやバスケット部の仲間を招待し、ミゲールは神社の祭りで弓を引いたりしますし、榊原高則じいちゃんとも仲良くなり、じいちゃんはミゲールたちのバスケ指導のために上京し、憲人の家で西門と一緒に同居するようになります。

でもって、憲人の妹の「彩紀」はミゲールに片思いをして、失恋してしまいます。

また、「花よりも花の如く」の中で青森で勾玉を作るシーンでは、ミゲールの義姉の理子が相談に乗って材料を送るシーンもありました。

憲人が一時期付き合っていた女性もこちらに出ています。


ただ「NATURAL」には憲人は一瞬しか出てきません。「NATURAL」は「花よりも花の如く」より前のお話で、この時点ではまだ彩紀は中学3年生。

「花よりも花の如く」の最新刊16巻では彩紀はもう大学卒業なので、7年くらい開きがあります。

で、「NATURAL」の中で彩紀は西門に「私のお兄さんなんでしょう?」と聞くシーンがあるのですが、彩紀が中学を卒業するまでは西門が養子に出たということは内緒になっていたんですね。

そこで、西門が実の母に「お母さん」と初めて呼びかけるシーンで、彩紀が「お兄ちゃん」と言って西門に抱きつくと、憲人が「おと~うと」と西門に呼びかけたあとに「…べつに楽しくないな」と言うシーンがあります。


「NATURAL」のネタバレありのあらすじですが、物語は山王丸理子(りこ)の家にお父さんがペルーから男の子を連れ帰ってきて「弟だよ」と言うところから始まります。

理子は幼少期を海外で過ごしていて、日本の生活は窮屈だと思っていて、時々未来の映像が見える女の子。

お父さんは単身赴任先のペルーから帰国するとき、家政婦をしていた女性の息子だったミゲールを養子として預かり、日本に連れてきたのでした。

理由は、ミゲールのお父さんが顔見知り程度だった少年ファビアンにハメられて、反社会組織の疑いをかけられ、2年間拘束されることになってしまったときに、

怒り狂ったミゲールが友人の銃でファビアンを撃ってしまったからでした。

「このままペルーにいたら、自分の家族が報復されるかもしれない」

そう考えたミゲールは、自分はその紛争の中で命を落としたことにして、日本に連れていって欲しい、と理子の父親に頼んだのです。


この事件はミゲールの心に深い傷となり、「自分は怒り狂ったときに何をしでかすか分からない」という不安が常にミゲールにつきまといます。

しかし、そのミゲールの怒りというのは、自分自身のことではなく、仲間や家族が狙われたときに発揮されるものでした。

それに気付いたバスケ仲間達は、どんどんお互いに話し合い、心を開き合い、お互いのことをもっと知ろうとし、優しく気遣い合い、バスケも友情も熱く頑張っていく…という、キラッキラの青春ストーリーがメインのお話です。


この青春ストーリーに加え、西門と一緒に青森を周る観光的なお話あり、

ミゲールと理子の恋の進展あり、

ミゲールを狙うファビアンと、守ろうとする仲間たちと西門のサスペンス的要素あり、

理子に恋してる?かのように見えて、実は西門はマザコンだったというお話あり。

と、かなり盛りだくさんな物語で、読んでいてワクワクするし、何しろミゲールが優しくてカッコよくて可愛い!

は~あんな義理の弟、欲しいわ~

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4/25発売「あなたのことはそれほど」5巻収録全話ネタバレまとめ

1つ前の記事にも書きましたが、「あなたのことはそれほど」の新刊5巻が4/25に発売されます!



4巻に収録されていたのは

●あなたのことはそれほど【2016.8月号】ネタバレ感想

まででした。

ということで5巻に収録されるのお話のネタバレを以下にまとめていきます!


section20

妊娠していなかったことが分かり、美都は「自分は選ばれなかった」ということに苦しみました。

●あなたのことはそれほど【2016.12月号フィールヤング】最新4巻続きのネタバレ感想


section21

麗華に家を出ていかれた有島。地元まで迎えにいきましたが、麗華は冷静に今は戻らないということを伝えました。

美都は涼ちゃんから「離婚届は記入して郵送してくれたら出しておきます」というメールを受け取りました。

●あなたのことはそれほど【2017.2月号フィールヤング】ネタバレ感想&ドラマ化決定情報


section22

美都と親友の香子の出会いは中学2年のとき。

キッパリと自分の信念を持つ美都に、一見サバサバキャラで弱みを見せられない香子は、バランスの良い友情を保ってきていました。

妊娠していなかったことが分かり、ファミレスでやけ食いをしている美都を外から眺め、美都がずっと有島のことを好きだったことを香子は思い出したのでした。

●あなたのことはそれほど【2017.3月号】ネタバレ感想

» 記事の続きを読む


PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新あなたのことはそれほど【2017.4月号】ネタバレ感想~香子も気付いた涼太の怖さ

昨夜はドラマカルテットが野球の延長で遅れたため、すっかり疲れてフィールヤング発売日を忘れていました…

ということで早速楽天KOBOで購入~。

ドラマ化のご挨拶が載っていましたが、波瑠も東出くんもいくえみ綾さんも、コメントが所詮他人事、というか、あまり乗り気でない印象を受けました。

いくえみ綾さんは
「誰にも感情移入しないで書いているので。
ドラマになったときにどうなるのか楽しみにしています」


波瑠は
「美都に共感はできませんが、4人のキャラクターのどこかに自分を見つけてもらえたら、きっと楽しんでいただけると思います」

東出くんは
「原作は未読で、読んでみて『この役か~』と思いましたが、共演者の名前を聞いて楽しみになりました。
4人共あまりにキャラクターとかけ離れているので混乱されるかと思いますが、ご覧いただければ」


と、要約するとこんな感じのメッセージでした。

これもう、キャストさえも原作と自分が合ってないって自覚してるって…どうなの?


FEEL YOUNG (フィールヤング) 2017年 04月号 [雑誌]


ここからネタバレ感想です。

涼太は香子と会い、連絡を無視したことを謝罪し、離婚届の証人を頼みました。

香子は記入された生年月日を見て、翌日が涼太の36歳の誕生日だと気付きます。

「彼女からの誕生日プレゼントが離婚届ですよ。

ひどい女でしょう?」

と涼太は苦笑いしました。


翌日、同僚の女性から
「誕生日おめでとうございます」
と、お土産を誕生日プレゼントと兼ねたキャラクターうなぎいもストラップをもらった涼太。

その女性ともう一人が給湯室で

「びっくりしたーお誕生日って…」
「うちの犬と同じ誕生日だから覚えてて。
それに…奥さんが出てったってウワサを聞いて」
「マジで?それで同情してお土産かー」
「だって誕生日ですよ?さみしいじゃないですか」

と話していたのを、涼太は立ち聞きしてしまいました。

そして、そのとき飲み終わった缶コーヒーをゴミ箱に捨てた後…

もらったストラップもゴミ箱に捨ててしまいました。

» 記事の続きを読む


PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「花よりも花の如く」16巻成田美名子、ネタバレ感想

  •  投稿日:2017-03-06
  •  カテゴリ:マンガ
前巻の、実家がゴミ屋敷になってしまっている生徒杉浦さんのお家の片付けをしながら、ボケてしまっている?お父さんを見つめていくお話と並行して、

連絡がうまく取れず、すれ違ってしまう葉月と憲人のことを描いた「Something Old Something New」と、

楽の不思議な力と彩紀とのことを描いたスピンオフ「左目の女の子」

の二本が収録された16巻でした。


花よりも花の如く 16 (花とゆめCOMICS)


改めて15巻から読み返したのですが、葉月ってクールビューティな外見に似合わず、察してちゃんですよね…。

仕事でテンパっているのもあるとはいえ、憲人の電話に折り返ししなかったり、メールに返信しなかったり。

優しさのある素敵な美女で頑張り屋さんって部分と、嫉妬したら冷たい態度を取る部分があって、

同じ女性として葉月の気持ちは分かるけど…。


でも、「明日会いたい」っていきなり言って、ダメならいきなり電話切って…

後から憲人が「あ、俺の誕生日だったからか」と気付くって、どうなの?

その後謝罪のメールしたのに返信無し。

今回はじっちゃんがお舞台に葉月を呼んでくれて、そこで
「メールありがとう」って葉月が照れながら言って和解ってなってましたが、

「いや、彼の誕生日を祝いたいってのはこちらの勝手な気持ちなんだから、察して欲しかったならハッキリ言えば?

てか思い通りに祝えないから怒るってどうなの?」

と発言小町なら葉月は叩かれまくりますよ!


少女マンガだから、偶然のタイミングや周囲の協力で和解出来たりしてるけど、憲人も割と悩みながらも状況見つつですぐに動かないし、現実の恋愛だと難しそうだな~と思ってしまいます。

付き合う前から喧嘩が多いし、付き合ってからもあまり会ってないし。

お互い家同士の付き合いもあるし、仕事に理解があるから、結婚するんだろうなぁとは思いますが、

この2人を参考にしてしまうと、現実の男性だと愛想を尽かされそうな気がします。


ゴミ屋敷のお父さんは、結局痴呆というほどのことではなく、徐々にシッカリしてきて良かったです。

戦中戦後を知っている人だから、物を再利用するつもりでどんどん溜め込んでしまう、というのは実際にありそうです。

が、ボケに関しては、かなりこれは良いケースなんでしょうね。

憲人に対して礼儀正しいし、猫を可愛がったりしてたし、

奥さんのことを愛していたんだなー

と伝わるお話でしたが、実際に痴呆だったとしたら、こんな風に順調に片付けをさせてくれなかったでしょうね。


じっちゃんが青森に帰る日も近付いてきていて、すでに荷物整理を始めてします。

西門も居なくなるの、寂しい…。

杉浦さんはお舞台に旦那さんが来てくれた上に、妊娠発覚。

子供が出来たから大団円、に実際だとなるのか微妙なラインですが、事情がわからないので何ともはや…。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大奥14巻ネタバレ感想よしながふみ~篤姫ならぬ胤篤登場

  •  投稿日:2017-03-06
  •  カテゴリ:マンガ
久々に本屋に行ったら、「大奥」の最新刊14巻と、成田美名子の「花よりも花の如く」16巻が出ていました。


花よりも花の如く 16 (花とゆめCOMICS)

「花よりも花の如く」に関してはまたのちほど書きます!

やっぱり本屋に行かないとダメですね…

最近楽天koboでばかり買っているので、最新刊の電子書籍化が遅いものは発売日を見逃してしまいます。


さて、大奥14巻はあの菅野美穂&宮崎あおいが演じた篤姫の役として、十三代将軍徳川家定の三人目の正室として胤篤が輿入れします。


大奥 14 (ヤングアニマルコミックス)

今和泉忠敬(いまいずみただすみ)はイケメンで聡明で女好き。

今和泉家は島津家の御一門。

その島津家の養子になり、家柄を上げてから徳川家定の正室になり、次の将軍を一橋慶喜にするよう働きかけろと指示され、輿入れすることになります。


宮﨑あおい主演 大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集 DVD全7枚セット【NHKスクエア限定商品】


徳川家定は実の父に手篭めにされていた女性。

先の2人の正室は、嫉妬した父に毒を盛られて亡くなっていました。

病弱で頭も顔も悪い、と父親に悪評を流されていた家定。

娘を独り占めしたくてそんな悪評を流した父親、気持ち悪…

でも、実際の家定は美人で聡明。

大奥総取締は瀧山、浅野ゆう子が演じていた役ですね。


家定と胤篤は、最初は家定が警戒していましたが、胤篤の優しさや思いやりや聡明さで、徐々に家定は胤篤を信頼していきます。

冷え性の家定にカラダが温まる生姜糖を渡したり、散歩に連れ出したり…

老中の阿部正弘は病をおしてアメリカとの交渉をしていました。

阿部正弘と井伊直弼が討論するシーンでは、

「戦国時代に徳川家に貢献したかどうか?」

という家柄で幕政に関われるかどうか決まる日本はダメだ、とキッパリ言い切る、カッコ良い女性の阿部正弘。


しかしその時すでに阿部正弘の病は重く、政務につけなくなります。

その後、やや体力が回復してから、阿部正弘は最後の挨拶をしに登城。

元気になって馬に乗る家定を見て、喜びの涙を流します。

そして「私は上様の代わりに全ての病と業を背負って先に逝きます。

これで上様は必ず幸せになれます。

本当に良かった」と笑い、その様子に家定も涙を流しました。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます