PR


カテゴリ:マンガ

マンガのカテゴリ記事一覧。
No Image

2016-12-26 マンガ
同人誌を描いている友人と、ネット内に溢れる著作権侵害や、アフィリエイト会社の規約違反をするサイトの話をしていたら「私はヤフオクで18禁の同人誌が出品されていたら、通報することにしてるよ」と言っていました。なんでも、18禁と書かれている文字を隠したり、合成で消して出品している人たちがいるそうです。「そもそもヤフオクとかで転売しないでって注意書きされてる同人誌もあるんだけど、それでも出品しちゃう人がいるん...

記事を読む

2016-12-24 マンガ
発売予定日から半年遅れで、やっと無事出版されました!砂とアイリス 3 [ 西村 しのぶ ]梶谷先生となぎさの関係がどうなるのか読みたかったので、ワクワクとページを開いたら…初っ端から、すでにベッドイン後!「ヤバイ、チョー楽しかった…」と笑うなぎさと、抱き寄せる梶谷先生。もうしてしまった、のね…。梶谷先生の癒しムードで、その後の逢瀬でもついつい寝落ちしてしまうなぎさ。でも、「先生と車には乗らない」「先生のとこ...

記事を読む

2016-12-17 マンガ
今年は吉野朔実さんと雨宮まみさんという、大好きなお二人が亡くなってしまって、とても悲しかったです。吉野朔実さんの遺作となった「いつか緑の花束に」は、いつか単行本に収録されるのかな?と思いながらときどきチェックをしていたつもりだったのですが、先程Amazonを見ていたら、見逃してしまっていたことに気付きました!12月9日にすでに発売されていたんですね。吉野朔実作品集 いつか緑の花束に (Flowersコミックス) この...

記事を読む

2016-12-11 マンガ
今日も飯田橋の東京大神宮へ行ってきました。で、JR駅の改札を出たら、なんだか気になる看板が?思わず引き返して、パシャリ。竹書房というと、昔なんか激しめのBL本が出ていた記憶があります。そしてこの看板の絵はなんかネットで見かけたことあるな、と思ってググったら、判明しました!まず、この看板の絵は「ポプテピピック」という大川ぶくぶさんのマンガのものだそうです。ポプテピピック【電子書籍】[ 大川ぶくぶ ]この漫画...

記事を読む

No Image

2016-12-03 マンガ
東京タラレバのドラマ配役が発表されました。あまりに原作と合っていなくて、ガッカリというか、頭にきます。主人公の倫子が吉高由里子って時点で、嫌な予感はしていました。結婚に焦っているアラサーには全く見えませんからね。話し方とか雰囲気も全然違うし。案の定、ネイリストで元彼だったバンドマンのセカンドに成り下がる香が榮倉奈々、父の居酒屋を手伝うサバサバ系美人だけど不倫にハマる小雪が大島優子、辛口でアラサーた...

記事を読む

冬コミ目前!18禁同人誌の転売を通報し、トレパクや権利侵害に気を使う昨今の同人作家の苦労

  •  投稿日:2016-12-26
  •  カテゴリ:マンガ
同人誌を描いている友人と、ネット内に溢れる著作権侵害や、アフィリエイト会社の規約違反をするサイトの話をしていたら

「私はヤフオクで18禁の同人誌が出品されていたら、通報することにしてるよ」



と言っていました。

なんでも、18禁と書かれている文字を隠したり、合成で消して出品している人たちがいるそうです。


「そもそもヤフオクとかで転売しないでって注意書きされてる同人誌もあるんだけど、それでも出品しちゃう人がいるんだよね」

とのことなのですが、ヤフオクの規定はどうなっているんでしょう?

調べたら、18禁のモノは専用カテゴリーで販売しないといけないので、普通に同人誌カテゴリーで出品すると、違反通告を受ける可能性があるそうです。

しかしそのカテゴリーで出品すると、見てくれる人が少なく、安値で落札されてしまう。

ので、ワザと18禁の文字を消して出品している人がいるんだとか。


「それって、通報されたら出品取り消しにちゃんとなるの?」

と聞いたら

「1人からの通報だと、対応されなかったり、対応が遅いことがあるね。

でも複数人が通報したら、すぐに取り消されていたことがあるよ。」


と言っていて、友人は仲間たちと情報収集しながら、連携して取り締まりをしているそうです。


その理由は、そもそも二次創作物はグレーな存在なので、自分たちの活動が規制されていく可能性のある危険分子を排除していくためだそうです。


コミックマーケット 91 カタログ

他にも仲間内で著作権侵害をしている人がいないか監視し合い、揉めないように穏便にやり取りするようにしているんだとか。


例えば、友人は聖闘士星矢にハマっているのですが、聖闘士星矢関連で活動をしている人が、鎧のパーツをモチーフにしたアクセサリーを作り、Twitterで告知していたそうです。

しかし、明らかにそのパーツは原作のモノをそのまま忠実に再現したモノだったため、

「個人使用はともかく、それを販売するのはダメだと思いますよ」

という意見が出てきたそうです。

その上で、「1日だけそういうリアルな二次創作物を販売できるイベントがあるので、そこで販売してはどうですか?」

というアドバイスも出たとか。


他にも、同人作家同士でかなり気を遣いあっていて、資料写真のポーズのトレースなどもしないよう気を付けているのだとか。

ただ、こういうトレパク問題は難しいですね。

ユーリ!!! on ICEのポールダンスのカットや、ヴィクトルの部屋がトレパクだと話題になったそうなんですが、

いやーでも資料無いと描けないし…


ユーリ!!! on ICE 2(スペシャルイベント優先販売申込券付き) [Blu-ray]

とは思いますが、amanaのサイトを見たところ、

構図のトレースは翻案権(二次的著作物を創出する権利)ないし複製権の侵害にあたる可能性があると書かれていました。

●アマナイメージズ 写真を安全に使うには ケーススタディ

PIXTAShutterstockの画像をトレパクってのは、苦情が来る可能性があるな、とは思っていましたが、翻案権や複製権っていう権利もあるんですね。

ってか検証サイト、PIXTAの画像をそのまま貼ってたけど、それも違法なんですけどね。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

待望の、西村しのぶ「砂とアイリス」3巻ネタバレ有り感想

  •  投稿日:2016-12-24
  •  カテゴリ:マンガ
発売予定日から半年遅れで、やっと無事出版されました!


砂とアイリス 3 [ 西村 しのぶ ]

梶谷先生となぎさの関係がどうなるのか読みたかったので、ワクワクとページを開いたら…

初っ端から、すでにベッドイン後!

「ヤバイ、チョー楽しかった…」

と笑うなぎさと、抱き寄せる梶谷先生。

もうしてしまった、のね…。


梶谷先生の癒しムードで、その後の逢瀬でもついつい寝落ちしてしまうなぎさ。

でも、「先生と車には乗らない」「先生のところには泊まらない」というマイルールだけは守り、あくまでもプライベートな空間には入り込まない、としているのですが…

西村しのぶワールドでは、こういう女性は奔放ながらも自立している、カッコイイ女、なんですが、

うーん、でも、不倫だし、君、彼氏いるし…。


そして、梶谷先生との逢瀬の後に彼氏が泊まりに来ても、何も罪悪感も持たず、癒やしの時間を過ごします。

彼氏に同棲を提案されたけど、悩みつつも結論は出さず。

親友の永野にも、梶谷先生とのことは内緒。

そして、梶谷先生と逢瀬をしている合間も、仕事はしっかり楽しくやっています。


財団の所有品を見せてもらいに行ったら、偽造品だと分かってしまってハラハラしたり、

助成金申請の書類を3通書いて、無事1ヶ所から奨励金12万円を受け取ることもできました。

ちゃんとバリバリ働いて、キャリアを積み上げていってます。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉野朔実の遺作「いつか緑の花束に」と今市子の新刊2冊を購入

  •  投稿日:2016-12-17
  •  カテゴリ:マンガ
今年は吉野朔実さんと雨宮まみさんという、大好きなお二人が亡くなってしまって、とても悲しかったです。

吉野朔実さんの遺作となった「いつか緑の花束に」は、いつか単行本に収録されるのかな?と思いながらときどきチェックをしていたつもりだったのですが、先程Amazonを見ていたら、見逃してしまっていたことに気付きました!

12月9日にすでに発売されていたんですね。


吉野朔実作品集 いつか緑の花束に (Flowersコミックス)


この「いつか緑の花束に」は雑誌で読んでいたのですが、他に収録されているお話の中には読んでいないものが入っています。

収録されているのは

「MOTHER」「いつか緑の花束に」「龍のお使い」「運命の人」「花のようだった」と、

ツートーン・ショートコミック4編(「みどりいろの猫」「Joker」「水瓜」「蝙蝠の慶福」)

プラスでMOTHER続編の未公開ネーム100P超とインタビューとのことなので、単行本にまとめるにあたり、敢えて100ページものネームを掲載することになったようですね。

今Amazonでポチったので、届き次第また感想をアップします!

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ポプテピピック」のポプ子に壊された飯田橋の竹書房、ねんどろいどにも登場!?

  •  投稿日:2016-12-11
  •  カテゴリ:マンガ
今日も飯田橋の東京大神宮へ行ってきました。

で、JR駅の改札を出たら、なんだか気になる看板が?

思わず引き返して、パシャリ。




竹書房というと、昔なんか激しめのBL本が出ていた記憶があります。

そしてこの看板の絵はなんかネットで見かけたことあるな、と思ってググったら、判明しました!

まず、この看板の絵は「ポプテピピック」という大川ぶくぶさんのマンガのものだそうです。


ポプテピピック【電子書籍】[ 大川ぶくぶ ]


この漫画の中で竹書房をディスるネタがいくつかあり、竹書房を竹書房を暴力団と揶揄したりした挙句、最終回にはビルを破壊するシーンがあったんだそうです。



ただ、その後また新たな連載が始まったそうなので、大川さんと竹書房はそんなに険悪なワケではなく、あくまでもネタなのかもしれませんね。


そしてこの看板に対する大川さんのコメントは



と、竹書房の開き直りっぷりに呆れている模様。


ちなみにこのキャラたちのネンドロイドが12月9日に予約開始したばかり!


【同時予約購入特典付き】ねんどろいど ポプ子 ピピ美 2体セット 【予約品】 【2017年6月発売予定】

そしてそして、このねんどろいどには破壊される「例のビル」こと、この竹書房も付属されるんだそうです!

そのことを素直に喜ぶ竹書房…



お巫山戯にも程があるでしょ!?

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京タラレバ娘のドラマ配役がヒドイ!吉高由里子、大島優子、榮倉奈々じゃないだろ!

  •  投稿日:2016-12-03
  •  カテゴリ:マンガ
東京タラレバのドラマ配役が発表されました。

あまりに原作と合っていなくて、ガッカリというか、頭にきます。

主人公の倫子が吉高由里子って時点で、嫌な予感はしていました。

結婚に焦っているアラサーには全く見えませんからね。

話し方とか雰囲気も全然違うし。




案の定、ネイリストで元彼だったバンドマンのセカンドに成り下がる香が榮倉奈々、

父の居酒屋を手伝うサバサバ系美人だけど不倫にハマる小雪が大島優子、

辛口でアラサーたちの傷を抉りながらも、倫子と一夜を共にする金髪モデルのKEYが、坂口健太郎、

昔倫子が振ったプロデューサーで、倫子の弟子の若いマミちゃんと冒頭で付き合いだす冴えないマジメ大人しい良い人系の早坂さんが、鈴木亮平、

と、全く原作を無視して、とりあえず数字取れそうで、知名度高くて、スケジュールが合う人をおさえましたってだけの配役になったそうですよー。


言っておきますが、選ばれた俳優さんたちは私は好きです。

みなさん、合う役柄を演じてるときはすごく良い!

俳優だから1つのカラーだけじゃなく、新境地の役に挑むこともあるでしょう。

そして、こういうとき大抵

「私のイメージに合わないって言いだすヤツは絶対いる」と馬鹿にしたように上から目線で言うヤツはいます。

イメージどうこう、は以前

●「原作ファンは必ず実写化に文句を言う」って偏見がムカつく
●またマンガ原作映画が失敗?「秘密」の生田斗真が酷い!

でも書きました。

自分なりに合う配役を考えない人は、愛より金って感じの思考停止してる価値観なんでしょ?

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます