PR


カテゴリ:マンガ

マンガのカテゴリ記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2017-09-03 マンガ
まとめサイトで紹介されていたホラー漫画、めちゃくちゃ面白かったので、誰が描いているマンガか調べてみました。Twitterで9.5万リツイートされていたマンガはこちらの「怪談囃子」です。「月刊コミック@バンチ10月号」絶賛発売中!夏にピッタリなホラー読み切り、『怪談囃子』で涼しくなりませんか? pic.twitter.com/V4gEgDf2aO— @バンチ/ゴーゴーバンチ/くらげバンチ (@Bunch_Shincho) 2017年8月22日描いているのは「...

記事を読む

2017-09-02 マンガ
twitterから利用規約変更のお知らせが届きました。●サービス利用規約読むと、Googleの規約を読んでる私には問題は感じられません。そもそも、twitterは埋め込み機能を使えば転載OK、でも元ツイートが無断転載や猥褻や脅迫のモノはそもそもtwitterの規約違反。twitterの規約違反したツイートは通報出来るし、twitterの判断でアカウント凍結出来るってやり方でしたし。でも著作権や問題のある表現に対してよく認識していなかった、グ...

記事を読む

No Image

2017-09-02 マンガ
最近オタクがビジネスの餌食になっていることに、同人誌描いてる友人が怒っています。確かに、BLって言葉が出来てから、どんどんオタクにすり寄ったビジネスが増えてる気がします。真木よう子の件、色々Yahoo!ニュースのコメント欄を見ていると、全くコミケのことを知らずにイメージで書き込んでる人が多いんだなぁ、そりゃムラ意識っぽく見えるだろうなぁ、と思ってます。地方で生まれ育ったオタクは、地元の小さな即売会に参加...

記事を読む

No Image

2017-08-28 マンガ
やはり真木よう子が冬コミに出るのを諦めた、と発表しましたね。彼女の話は、要約すると●テレビや紙面では事務所に所属しているので規制が入るので、自由に作ってみたかった。●ファンに直接会いたかった。●事務所的に勝手にファンクラブは作れないから、ファンミーティングは出来ない。●コミケの趣旨などを理解していなかった。すみません。ということで、別の方法でフォトブックの販売をする予定だそうです。●ワタクシの気持ちを...

記事を読む

No Image

2017-08-27 マンガ
起きたら友人から、真木よう子の冬コミ参加が何故ダメなのか、LINEが来てました。経緯はこちら↓●驚!オタクは真木よう子を知らないらしい!冬コミ参加はアリ?ナシ?「思いを語り合いたい」それがオタク。「内容やテイストの問題でなくて、やり方がマズいと思うのよ。自費でなくキャンプファイアで資金集めてプロ雇って最初から利益上がる計算でやっちゃうとこが。コミケをビジネスに利用してるとこがあかんと思うし反感買う理由な...

記事を読む

【爆笑】Twitterで話題の幽霊タクシーマンガ「怪談囃子」おおのこうすけ

  •  投稿日:2017-09-03
  •  カテゴリ:マンガ
まとめサイトで紹介されていたホラー漫画、めちゃくちゃ面白かったので、誰が描いているマンガか調べてみました。

Twitterで9.5万リツイートされていたマンガはこちらの「怪談囃子」です。



描いているのは「おおのこうすけ」さんでした。

おおのこうすけさんのTwitterがありました。アシスタント歴9年なんだそうです。



で、「怪談囃子」が掲載されているのは月刊@バンチ10月号とのこと。





amazonで買う

雑誌には他の怪談も載ってるんですね!読みたい!

PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter利用規約変更で怒ってPAWOOに移行しても、禁止事項も凍結も条件は同じ

  •  投稿日:2017-09-02
  •  カテゴリ:マンガ
twitterから利用規約変更のお知らせが届きました。



●サービス利用規約


読むと、Googleの規約を読んでる私には問題は感じられません。

そもそも、twitterは埋め込み機能を使えば転載OK、でも元ツイートが無断転載や猥褻や脅迫のモノはそもそもtwitterの規約違反。

twitterの規約違反したツイートは通報出来るし、twitterの判断でアカウント凍結出来る


ってやり方でしたし。


でも著作権や問題のある表現に対してよく認識していなかった、グレーゾーンだと思って違反していた人たちは

「twitterおかしい!」

となってるようですね。

しかし、Googleもそうですが、著作権違反を正式に通報するときに住所氏名を記入して裁判覚悟で訴えると、自分の個人情報が相手に開示されるのは危ないですね。

●著作権に関するポリシー

企業として訴えるなら良いけど、個人で活動している同人作家さんだと、

「勝手に私の絵を無断転載された!通報!」

ってした時に、氏名が相手に開示される可能性があります…

だから泣き寝入りしなきゃいけないってのも変な話なんですが、

「そもそも個人情報を悪用する人は存在してはならない」

って性善説のもの決められてるのが、ねぇ。

一応裁判までいかない範囲で通報も出来ますが、確実に消させるなら裁判覚悟するしかないようです。


で、無断転載というよりも、自分の絵を公開してアカウントのされるのを怖れた方々が、今pixivが管理しているpawooに移行しているそうです。



ただ、pixiv自体が同人誌同様グレーゾーンだから、いつ変わるか分からないサービスだと思うのですが…

私はpixivはつづ井さんのマンガ読むくらいしか利用してませんが、友人はここで趣味の合う友達を見つけているそうです。

●腐女子のつづ井さん - 無料マンガサイト pixivコミック

19話も無料で読めるし、2巻以降のお話もちょっと公開されてますよ〜。



amazonで買う


でもこのペースだと3巻は当分出なそうだな…
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミケがムラ意識強くてオタクの聖地な理由

  •  投稿日:2017-09-02
  •  カテゴリ:マンガ
最近オタクがビジネスの餌食になっていることに、同人誌描いてる友人が怒っています。

確かに、BLって言葉が出来てから、どんどんオタクにすり寄ったビジネスが増えてる気がします。

真木よう子の件、色々Yahoo!ニュースのコメント欄を見ていると、全くコミケのことを知らずにイメージで書き込んでる人が多いんだなぁ、そりゃムラ意識っぽく見えるだろうなぁ、と思ってます。


地方で生まれ育ったオタクは、地元の小さな即売会に参加するところからスタートします。

他の人が描いた同人誌を読んで、刺激を受けて、自分も売って。

今はpixivとかあるから事前に自分アピール出来るけど、昔は一覧の中の小さなコマの絵だけで判断されて、あとはブースで見てもらう感じで、なかなか最初からは売れません。

コンビニでコピーしたり、自宅プリンターで出力してホチキスで留めた同人誌を、1冊300円とかで売ります。

ジャンルは、好きなマンガやアニメやゲームやタレント等々。

定期的にファンが買ってくれるようになると、オフセット印刷で1冊500円とか800円で売れるようになります。

で、地元でもかなり勢いのある上手い人達は、都心のイベントに出たり、夏コミ冬コミに出るようになります。

各地で行われているイベントの頂点に立つのが、夏コミ&冬コミです。


プロの漫画家でも、オフセット印刷した同人誌の売れ残りが段ボールに入って自宅に置かれていて、通販している方もいます。

もちろん、コミケですぐに売り切れてしまう大手サークルもいます。

私が知ってる範囲だと、高河ゆん、雁須磨子、よしながふみ、島本和彦は出てるけど、今市子は買うのと友達のサークルを覗くだけなはず。

コミケの様子は今市子が描いてます。


萌えの死角【電子書籍】[ 今市子 ]


これはマンガや小説の話なので、今はコスプレとか評論とか絵本とか色々売ってる方がいるので、経緯は人によって違う部分もあるかとは思います。

でも、「コミケはオタクの聖地」と言われるのは、コミケに出るまでの過程がとても大変なものだし、そこまで登り詰めた人が集結しているから、なのです。

だから、「皆様に会いたい!」って気持ちだけで芸能人が出ようとすると、叩かれるのです。

「いや、お前、コミケに集結した人達に、何への愛を見せたいの?自己愛?」と。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真木よう子「コミケはOKでファンミは事務所的にNG」の違いがわからない

  •  投稿日:2017-08-28
  •  カテゴリ:マンガ
やはり真木よう子が冬コミに出るのを諦めた、と発表しましたね。

彼女の話は、要約すると

●テレビや紙面では事務所に所属しているので規制が入るので、自由に作ってみたかった。

●ファンに直接会いたかった。

●事務所的に勝手にファンクラブは作れないから、ファンミーティングは出来ない。

●コミケの趣旨などを理解していなかった。すみません。


ということで、別の方法でフォトブックの販売をする予定だそうです。

●ワタクシの気持ちを皆様に


すぐに取りやめたのは良い判断だと思うのですが、私はやはりモヤリとするのです。

それは「ファンクラブを作らなくても、ファンミーティングは出来るよね?」ということ。

何故個人でファンミーティングを出来ないのか?というと、それは警備等の問題なのではないでしょうか?

個人で警備員を雇うことはダメで、コミケのスタッフに守ってもらうのならOKって、どういうこと?

まぁ私は擁護派を敵に回したくは無いのですが、でもTwitterで色んな人の意見を見てみても、そこに触れてる方があまりいないんですね。

もちろん芸能人は勝手にどこかに出場したりしちゃいけないのは分かります。

やついフェスの時も、やついさんが気軽に親しいミュージシャンに出場をお願いし、お相手も快く個人的にOKしてしまい、後で事務所同士でやり取りするのが大変だったそうです。

●レキシ人気すごかった!【やついフェス】

スケジュールとかあるから、そりゃ勝手に出場を気軽にはできないですよね。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何故真木よう子の冬コミ参加がオタクに叩かれるのか

  •  投稿日:2017-08-27
  •  カテゴリ:マンガ
起きたら友人から、真木よう子の冬コミ参加が何故ダメなのか、LINEが来てました。

経緯はこちら

●驚!オタクは真木よう子を知らないらしい!冬コミ参加はアリ?ナシ?

「思いを語り合いたい」

それがオタク。

「内容やテイストの問題でなくて、やり方がマズいと思うのよ。

自費でなくキャンプファイアで資金集めてプロ雇って最初から利益上がる計算でやっちゃうとこが。

コミケをビジネスに利用してるとこがあかんと思うし反感買う理由なのよ。

それ同人誌なん??同好の士が集まって作る本と違わん??ってなるから…

本人は「ファンに会いたい」って言ってるけど、芸能人のファンミーティングならコミケでやるのは話が違うしね…」


と友人は言っていますが、この件はヤフコメとか見ても色々ポイントはあるようですね。


それに対する私の返信は

「ヤフコメでも利益出すのアカン書かれてたな。

でも、好きなアニメがそのやり方で薄い本出しても文句出ないと思うの。

「商業じゃ出来ないもの作るんだ」

って言えば、お金出して応援したいファンはいると思うし。

真木よう子の企画は、商業でも出来る内容じゃね?と思うの。

あと、叶姉妹はマナー守ってる、とかも読んだけど、それもあるだろうけど、叶姉妹とか西川貴教とか小林幸子は本人が「創作物」だと思うから、まだ分かるのよね。」


です。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます