PR


カテゴリ:オススメ

オススメのカテゴリ記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2018-06-24 オススメ
我が家のお向かいに、数年前にファミリー向けマンションが建ちました。それまで陽当たり良好で、夏には2回洗濯物が乾かせるくらいだったのに、今では昼間も電灯が必要です。洗濯物に陽が当たる時間も昼間の数時間だけになってしまいました。そして、夜と休日には乳幼児の泣き声が連鎖で続き、子供を叱るママさんの声まで響いてきます。正直、キツイ!私は比較的子供好きな方だし、子供は泣くものってのは分かります。が、1家庭の騒...

記事を読む

2018-06-21 映画
やっと、新田真剣佑と東出昌大ダブル主演の映画「OVER DRIVE」を観てきました!ええ、もちろん新田真剣佑が観たかったからです。ラリーとか興味ないし、映画ポスターとかいかにも少年漫画ノリっぽくて、最初は映画館に行くつもりはありませんでした。が、予告映像の真剣佑がカッコよくて、夢にも出てきたので舞台挨拶に申し込んだらハズレ、でもやっぱり映画館に行こうと思ったわけです。予告を観たら、確かにこの映像で内容がある...

記事を読む

No Image

2018-06-09 オススメ
今テレビで「海街ダイアリー」を観ていたら、速報で「東海道新幹線で刃物を振り回し、数人が怪我をする事件が発生。犯人は身柄を確保されました」というテロップが流れました。…私、数時間前に東海道新幹線に乗ってた…調べたら、新大阪行きの新幹線内で斧?を振り回した20~30代の男がいて、数人の方が被害に遭い、1人は意識不明だそうです。犯人は小田原駅で確保されたとのこと。こういう言い方は不謹慎だと思いますが、「自分が...

記事を読む

2018-06-06 オススメ
同僚からこちらの「ホワイトシップ印」のツナ缶を頂きました!同僚はあまりの美味しさに、わざわざお取り寄せしているものなんだそうです。こちら、静岡県清水市で生産されているのですが、以前テレビでも「普通のツナ缶とは作り方が違う!」ということで工場が紹介されていたのだとか。4缶それぞれ違う種類のものをもらったのですが、単にパッケージ違いかと思っていたら、オイルの種類が違っているものだったようで、しかもかな...

記事を読む

2018-05-24 オススメ
今Yahoo!ニュースを見ていたら、群馬県邑楽町で野生化した孔雀が出没した、というニュースが出ていて、笑ってしまいました。その理由は、群馬県では孔雀を飼育している家庭が意外と多い、ということを、世間一般の方は知らない様子だったからです。のでYahoo!ニュースでもわざわざトピックスに選ばれたのでしょうが、実は群馬県では、逃げた孔雀が町中に出没することは時々あるんですよ〜。住宅街にクジャク出没 飼育から逃げ出し...

記事を読む

向かいのマンションから子供たちの泣き声がし続けて辛い

泣く赤ちゃん

我が家のお向かいに、数年前にファミリー向けマンションが建ちました。

それまで陽当たり良好で、夏には2回洗濯物が乾かせるくらいだったのに、今では昼間も電灯が必要です。

洗濯物に陽が当たる時間も昼間の数時間だけになってしまいました。

そして、夜と休日には乳幼児の泣き声が連鎖で続き、子供を叱るママさんの声まで響いてきます。

正直、キツイ!


私は比較的子供好きな方だし、子供は泣くものってのは分かります。

が、1家庭の騒音ならともかく、複数家庭から連続で声が聞こえ続けるのは、ホント辛いですよ。

せめて窓を閉めて欲しい、と思うのは勝手なんだろうけど…

でも、1人の赤ちゃんの泣き声で、他の家の子も泣き始め、それが聞こえて他の家の子も泣き出す状態なのは、お互いどう思ってるんでしょうか?


同僚のアラフォー独身女性は、子供嫌いな上に頭痛持ちで、泣き声が聞こえてくると頭痛が酷くなって辛いそうです。

私は現時点では、まぁこちらが窓を閉めるしかないか、と思う程度ですが、そうやって体に変調をきたしてしまう人もいて、そういう人が

「家の隣に保育園を作られたくない」

と言うのは、仕方ないのかなと思えてきます。

会社員ならともかく、日中家にいる方だったら、大勢の子供たちの声が聞こえ続けるのは辛いでしょうし。


もちろん、「お互い様で、自分だって子供の頃は騒音を出してたんだろ!」と言われたら、「はい」としか言いようがありません。

私は田舎の社宅育ちで、複数の棟がある所だった為、子供たちは社宅の敷地内で遊びまくってました。

芝生で四つ葉のクローバーを探したり、バッタを捕まえたり、空き家のベランダに捨て猫や捨て犬を隠して育てたりしてました。

ちなみに、捨て犬は速攻で大人たちに見つかり、社宅仲間のおばさんが結婚している娘家庭に引き渡してくれました。

私が大学生の頃には、社宅を出たおばさんのお家がその捨て犬の子供を飼っていて驚いたなぁ。

当時は、子供の声は騒音だ、なんて発想自体ありませんでしたが、今思えば嫌だったお宅もあったでしょうね。

私も高校生の時は、休日に昼間外で騒ぐ子供たちを「うるさいなぁ」って思っていたし。
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新田真剣佑の半裸を堪能!映画「OVER DRIVE」ネタバレ感想

  •  投稿日:2018-06-21
  •  カテゴリ:映画
やっと、新田真剣佑と東出昌大ダブル主演の映画「OVER DRIVE」を観てきました!



ええ、もちろん新田真剣佑が観たかったからです。

ラリーとか興味ないし、映画ポスターとかいかにも少年漫画ノリっぽくて、最初は映画館に行くつもりはありませんでした。

が、予告映像の真剣佑がカッコよくて、夢にも出てきたので舞台挨拶に申し込んだらハズレ、でもやっぱり映画館に行こうと思ったわけです。




予告を観たら、確かにこの映像で内容がある程度推測が出来ると思うのですが、でも、予想以上に面白かった!

ラリー試合のシーンの映像はすごくワクワクして、カッコいい!と思ったら、この監督は「海猿」の方なんですね。

「MOZU」の演出とかも関わっている方のようで、カメラワークがすごく良いです。

開催場所も東京の首都高、群馬の嬬恋、北九州の観光地内など、いわゆるサーキットとは違って街中を全速力で走るラリー、今まで興味がなかったけど、面白いなーと思いました。

ということで簡単にネタバレ感想を書きますね。


喧嘩っ早くて怖いもの知らず、チャラくて性格のキツイ天才ドライバーを演じているのが新田真剣佑。

このドライバーの兄で、少しでも速く走れる車のために研究し、整備する頼れるメカニック兼エンジニアを演じているのが東出昌大。

子供の頃に二人はよく自転車で山道を駆け下りる競争をしていて、当時から無茶な運転をして崖から落ちたり野原に突っ込んで自転車を壊していた弟に、兄は

「すぐに直してやるから」

と言って、スピカレーシングファクトリーの整備工場内で修理してあげていました。

二人には競争をする前に、手を上下左右に叩き合う合図がありました。これが二人の絆の証として、後半にも出てきます。

この兄弟にはかつて幼馴染の女の子がいて、二人共その子のことが好きでした。

弟は告白をしましたが、兄のことが好きだと振られてしまい、咄嗟に

「兄貴には他に好きな女がいる」

と嘘をついてしまったことにより、悲劇が起こります。
(ちなみにこれは後半で明かされることで、兄はそれまでこのことを知りませんでした)


一緒にいるのは辛いから、と幼馴染は海外留学を決め、そしてそこで銃乱射事件に巻き込まれて亡くなってしまいました。

亡くなる直前に書かれたクリスマスカードには、兄のことばかり書かれていて、弟にはたった一言

「絶対に世界一になってね」

と書かれていただけ。

彼女に絶対に世界一のドライバーになると宣言していた弟は、その約束を守るため、これ以上嘘をつかないために、命を削ってレースに臨んでいたのです。

そんな事情があったとはつゆ知らず、常にイライラして身勝手な振る舞いをする弟に対し、兄はあくまでもメカニックとして付き合い、いがみ合うことも多々ありました。

車のことを労らずにただひたすらに走行する弟には、首位を争うライバル・シグマのドライバー(北村匠海)に勝って、海外のレーシングチームと契約をする野望があり、この映画ではその全試合の様子が描かれています。


こんな兄弟の元にスポーツマネージメント会社から来たのが、一応のヒロイン森川葵なのですが、この子はヒロインと言うか、兄弟が別々の場所でそれぞれ吐露する話を聞く役として必要なだけであり、特にロマンス的なことはありません。

兄にときめいてる風なシーンはありましたが、兄の方はただ仕事仲間の一人として、彼女のことを励ますくらいでした。

各レースで1位になれたり、トラブルが起こってリタイアしたり、首位争いで激しい攻防があるのですが、クライマックスでは車ごと海に落ちてしまいます。

原因は他社の車がトラブルで停まっているのを避けたためで、その日のレースはノーカウント、翌日に持ち越しとなったのですが、車自体が海の底に沈んでしまっているため、もう走行不可能だと思われました。


が、夜に海から車を引き上げ、兄達メカニックが制限時間を超える整備をして朝までに車を直しました!

子供の頃のように手の合図をし合う兄弟。

制限時間を超える整備はペナルティとして5分課せられるのですが、弟はそれを物ともせず走り抜け、優勝!

その後弟は海外でも勝ちまくり、海外のレーシングチームと契約を決めました。

そしてラストには、子供の頃のようにまたあの山道を自転車で駆け下ります。

最後にもまた、あの手の合図をして。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東海道新幹線で殺傷事件犯人を目撃し、笑いながらツイートした女性が酷い

今テレビで「海街ダイアリー」を観ていたら、速報で

「東海道新幹線で刃物を振り回し、数人が怪我をする事件が発生。

犯人は身柄を確保されました」

というテロップが流れました。

…私、数時間前に東海道新幹線に乗ってた…

調べたら、新大阪行きの新幹線内で斧?を振り回した20~30代の男がいて、数人の方が被害に遭い、1人は意識不明だそうです。

犯人は小田原駅で確保されたとのこと。


こういう言い方は不謹慎だと思いますが、

「自分が乗ってた車内じゃなくて良かった」

と思ってしまいました。

で、この件をTwitterで検索していたら

「小田原駅ついたらたまたま人刺した犯人見ちゃった。笑 血まみれwww」

とツイートをした女性のスクショが流れていました。

この女性は現在アカウントを鍵付きにしているため、そのツイートはここに貼れませんが、美容師をしている若い方でした。


今現在、この事件の詳細は分かりません。

無差別なものだったとしたら、ものすごく怖いし、被害に遭われた方が軽症であって欲しいと思います。
(23時51分に被害者の方が亡くなった速報が流れました)

被害に遭っていなくても、目撃した方達はとても怖かったでしょう。

でも、確保された血まみれの犯人を見て、笑ってツイート出来る人もいるんですね…
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お取り寄せ必須の美味しいツナ缶「ホワイトシップ印」をもらった

同僚からこちらの「ホワイトシップ印」のツナ缶を頂きました!



同僚はあまりの美味しさに、わざわざお取り寄せしているものなんだそうです。

こちら、静岡県清水市で生産されているのですが、以前テレビでも

「普通のツナ缶とは作り方が違う!」

ということで工場が紹介されていたのだとか。

4缶それぞれ違う種類のものをもらったのですが、単にパッケージ違いかと思っていたら、オイルの種類が違っているものだったようで、しかもかなり良いお値段のするものでした!


由比缶詰所 特撰まぐろ油漬ファンシー・フレーク ヒラ3号缶 90g 4種セット


由比缶詰所 ギフトセットA まぐろ 油漬 15缶セット ツナ缶 ホワイトシップ 箱入 包装 お土産 御歳暮 中元 内祝 父の日 のし 熨斗対応可 手提げ袋付き【ギフト包装】


清水市出身の人に話したところ

「あーホワイトシップ印は美味いよ!

アレは普通のツナ缶と違って、1年熟成されて作られてるんだよね。

綿実油とは、綿の実から採れる高級サラダ油のタイプと、100%ピュアオリーブオイルを使ってるタイプがあって、あれだけで酒のツマミにするのも良いし、軽く温めてアヒージョみたいにするのも美味いよ」


と教えてくれました。

ただ、直営店と一部の店舗でしかお店では買えないので、それ以外の地域ではやはりお取り寄せするしかないそうです。

なので浜松市出身の友人に話しても、ホワイトシップ印のことは知りませんでした。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

群馬県で孔雀が野生化ニュース、に爆笑!その理由は「群馬県では普通のこと」だから

孔雀


今Yahoo!ニュースを見ていたら、群馬県邑楽町で野生化した孔雀が出没した、というニュースが出ていて、笑ってしまいました。

その理由は、群馬県では孔雀を飼育している家庭が意外と多い、ということを、世間一般の方は知らない様子だったからです。

のでYahoo!ニュースでもわざわざトピックスに選ばれたのでしょうが、実は群馬県では、逃げた孔雀が町中に出没することは時々あるんですよ〜。

住宅街にクジャク出没 飼育から逃げ出し野生化か


私が通っていた高校では、囲われた校舎の中庭で、孔雀が何羽も放し飼いにされていました。

昔どこかから友好の証でもらった孔雀が繁殖し続けているそうで、校内や合宿所には孔雀の剥製もありました。

繁殖時期には、それはそれは鳴き声がうるさい!

オスがパーっと羽根を広げた姿は、最初はキレイだな〜とも思いましたが、見慣れてしまえば何とも思いません。

テストの最中にキーキー鳴いてる声はうるさいし、羽根をバサバサさせてるし、時々飛んで脱走していくこともありました。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます