この夏休みの海外旅行で1番人気だったのはタイだったとか。なので、

女一人旅でも大丈夫な、バンコクのタクシーの乗り方

を書いておきますね。

「ボラれる」って色々ガイドブックにも書かれてますが、ホントです。

なので、まずは手を上げて止まったタクシーに、乗り込む前に

「○○に行きたいんだけどハウマッチ?」
(例:ワット・ポーに行きたいんですが、いくらですか?
I want to go to Wat Pho.How much ?)

と聞くか
「メーター使って良い?」
(Can I use the meter?)

と聞きます。

車は日本製のものが多く、メーターの位置は日本のタクシーと同じです。

英語がほとんどわからないタクシー運転手も多いですが、メーターを指差しながら聞けば通じます。


私が大人気観光スポット、ワットポーに向かうときに最初に駅で会ったタクシーは

「100バーツ!メーター?ノー!みんなこの値段だよ!」

と言ってきて、しかもいかにもガラが悪いおじさんだったのでパス。

そこで一旦タクシーが怖くなってしまい、iPhoneのマップを片手になんとか歩けないかな?それともバスを使おうかな?と思いながら歩いてみたのですが、やっぱり暑いし遠いし、バスは乗り方がよくわからないから無理…

あ、スマホは絶対に使えた方がいいので、Wi-Fiの契約をしていってくださいね!

私が契約して行ったのはエクスコムグローバルでした。



但しこの後数年してから

●海外用ポケットWi-Fi~カード不正利用されました~

で書いた事件がおきましたが…まだ継続して運営されてるので、その後はセキュリティが強化されていると思います。


次に通りがかったタクシーを止めてみて

「How much ?」と聞いたら

「メーター使うよ」

と自分から言ってくれ、40バーツで目的地に到着!

危うく最初のタクシーに60バーツぼられるところでした…。


帰りのタクシーも1台目は「100バーツ!」でお断り。

次に来た運転手さんは自分からメーターを使ってくれたし、良い方でした。

もうこればっかりは運なので、絶対にボラレたくないならば何度もタクシーを止めて交渉するしかありません。

が、運転手さんの外見でも割りと判断できます。

いかにも運転手がガラが悪そうなおじさんだったり、車がボロボロなのは危険。


タクシーは大抵ボロくなった日本車です。

自動でドアは閉まらないので、ついいつものノリで

バンッ!

と半ドア防止に勢いよく閉めると、ものすごい音がします…

「わぉ!なんで日本人はみんなそんなに勢い良くドアを閉めるの?」

と聞かれてしまいました。

この運転手さんは日本企業の工場に18年勤めたらしく、日本語もちょっと話せる方でした。


さて、タクシー運転手さんとの会話手段ですが、
40代以上のおじさんの英語の発音はかなり独特です。

「クリスマス」を「キッスマス」と言われて、頭が?になりました。

というか、英語を一切話さないおじさんもいます。

バーで出会った30歳前後の青年たちは私より英語ペラペラだったので、教育方針が途中で変わってるっぽいですね。

↓こういうアプリ入れておくと便利です。



基本的には、肌が浅黒くて東南アジアって感じのおじさんは、あんまり英語話せないかも。

黄色人種の肌色の人は英語話せる印象でした。


そうそう、この国では、黄色人種と、肌が黒い人が混ざっていて、路地裏で屋台やったり、マッサージ師やったりする人は、色が黒い人が多かったです。

出稼ぎみたいな感じなのかな?

たまたまバーで知り合って友達になった青年たちは黄色人種で、みんなiPhone持ってるし、サイアム大学卒業しててバーを経営してるとかで、日本人と変わらない感じでした。

未だにFacebookで繋がっていて、時々メッセンジャーで話をしたりしてます。

日本のお酒を飲んでる写真をアップしていたりして、楽しいですよー。


話戻ってタクシーですが、

大抵のタクシー運転手は地図が読めません。

普段自分が通るとこしか運転しないらしい…

駅から遠いホテルに帰るためにタクシーを止め、ホテルで渡された地図入りのカードを見せたのですが、

場所分からないからダメって乗車を断られたときは、泣きそうになりました。

ただでさえタクシー少なくてやっと見つけたのだったのに…
PR

英語が通じない、地図が読めないだと、アウトです。

やっと捕まえたタクシーも

「うーん、よくわかんないけど、多分平気」

って感じだったので、iPhoneのMAPアプリ見せながら頑張りました。

ホント、MAPのアプリは便利ですね〜!

英語が通じなくても、アプリを見せれば分かってもらえます。


あーそうそう、慣れたつもりで地図見せずに駅名言ったら、違う場所に行ってしまったことがありました。

これは私が、もう慣れたしなんとかなるだろ〜と、調子乗ってしまってました。

じゃあ、と地図を見せても、おじさんは私が何を言ってるか分からない。

騙されてるかと思いそうな状況ですが、おじさんはため息をつきながら窓を開け、路上で屋台やってる女の子に

「ちょっと聞いてやってよ」

みたいなことを言ったらしく

「Where do you want to go(どこ行きたいの?)」
と小学生くらいの女の子が英語で聞いてくれました。

その子に地図を見せながら駅名を伝えると、その子がタイ語でおじさんに伝えてくれました。

「あ~!」

疲れ果てた顔で進路変更してくれるおじさん。


しかし、着いた駅が同じ名前の国鉄。私が行きたいのは地下鉄。

「ちがうー!」とおじさんにアピールすると、なんか言ってるけどわかんない。

ため息をつきながらおじさんは少し車を進めてから停めました。

国鉄と地下鉄はかなり近かったのでした。

でもちゃんとメーター分しか払わなかったわ~。

お金数えるのに100バーツ札出したときに「それで良いよ!」と笑顔で言われたけど、きっちり50バーツ払っておしまい。


基本的にタイって親日家なんですって。

なので、
「日本人だ!騙そう!」ってしてくるのはタイ人じゃない
ってタイの青年は言ってました。

私を詐欺に引っ掛けようとした人は「ドバイ人」って名乗ってたけど、真相は分かりません…

観光地だからぼろうとするのは、日本でもありますからね。

タクシーは最初に見極めれば基本的には安全だと思います。

騙そうとする人は明らかに服とか身だしなみが汚れてるから、分かりやすいかも。

これが実際にタイで女一人旅したときのタクシー経験です。みなさまのお役にたてたら嬉しいです!

タイ行きの航空券はDeNAトラベルで買いました。



一人旅ならこちらで航空券とホテルのパックを買うのが一番お安いですよ!但し、私はうっかりミスで無駄にお金を使うハメになりましたが…

それはこちらに書いています…

●格安航空券でぎゃふん!パスポートと航空券のヘボン式表記を間違えたらどうなる?


よろしければこちらもどうぞ!

●タイ旅日記~ミニ動物園にプールもあるコテージホテル「ブリタラ リゾート アンド スパ」~
●タイ旅行日記~ウィークエンドマーケットでチェンマイ刺繍のブーツなど可愛いアイテムゲット~
●ガイドブックは必要か否か

飛行機の気圧に弱くて耳が痛くなる方はこちらもどうぞ!

●飛行機は耳が痛くなる!って方へ
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加