38歳美容シリーズ?です。
今回はシミ!

前回記事はこちらです。

●女が38歳から急激に老ける理由と解決法〈前置き〉
●女が38歳から急激に老ける理由と解決法〈マッサージ〉

あなたは彫りの深い縄文顏ですか?

のっぺりした弥生顏ですか?

縄文顏の方は、シミに悩んでいませんか?

以前ポーラの美白サイトに書かれていましたが、
縄文顏の方はシミが出来やすいんだそうです。

顔立ち以外にも、耳垢がしっとりしてるかどうか、でも分かるとか。

美白サイトに関してはこちらに書きました。

●POLAからすごい美白美容液が出るらしい


私は以前はシミよりニキビ跡に悩んでいましたが、今はニキビ跡もシミになりました…。

レーザートーニングと、普通のシミを焼くレーザーと、両方やった体験はすでに

●レーザー体験記

にまとめてます。

レーザーをするにも、事前に飲む美白は必須!

肝斑にレーザーを当てると逆に濃くなってしまうため、レーザー前にトランサミンを飲むよう指示されます。

●美肌薬は風邪薬にもなる!

でも書きましたが、風邪のときにも処方される、炎症を抑えるお薬です。


あとは
●POLAインナーロックが中国人に大人気らしい!

で紹介したインナーロックが今爆発的に売れていて販売個数制限までされている状態なんだそうです。



●要注意!POLAインナーロック(美白丸)のニセモノが出回ってる!

で書いたように偽物が出まわるくらい人気だそうで…

顔は白いけどカラダは黒い、ってのも嫌なのでこういう飲む美白はすごく良いなと思います。
PR

シミはだんだん

あってもなくても変わらなくない?

って諦めの気持ちが生まれてきたり、

どうせ手入れしてもまた出てくるし…

とキリが無いのですが、

大きいシミが頬にガッツリ、っていつかなるかもしれない…と思うと、早目に手入れをしないといけないなーと思いつつ、

毎年うっかり焼けをしてしまいます…

日焼け止めに関しては、以前

●南国の海に入っても、絶対に日焼けしない方法は?
で書きましたが、塗り直しをついサボッてしまいますよね…


カリスマ美容部員さん曰く、
「夏の化粧は、崩れたらより崩して直せ!」

という言葉があるそうで、

一度洗顔してまた塗るなんて出来ないーというときには、

スポンジに下地をつけて、メイクの上からガシガシ塗り直し、そこにファンデーションを再度塗るのでOKだそうです。


日傘をさしても照り返しがあるし、室内にいても紫外線A波が入り込んでくるし、なんかもうホントいやになってきますね…

でも、ご存じの方も多いと思いますが、紫外線は肌を黒くするだけでなく、
肌細胞を老化させてシミ・シワ・たるみを作る元凶!

私も中学生の頃から

「色の白いは七難隠す」

をモットーにして来ましたが、そろそろ糖化による黄ぐすみまで出てきてしまっていてこれまで以上に気をつけないといけないなぁと思っています。


しっかし糖化ってなんなんでしょうね…

古いお米が黄色くなるように、焼き過ぎたパンが黒くなるように、肌もくすんでいくって…

最終的には糖化対策として作られたPOLAのB.Aクリームを使わないといけないんでしょうけど、まだクリームにそこまでお金、かけられないよぅ。

この記事は美白ネタを今まで散々書いてきていたのでリンクばっかりですいません…

お時間あるとき読んでいただければ幸いです。

ちなみにPOLAの回し者なわけではないのですが↓この日焼け止めはすごく良かったです。



からだ用日焼け止めは安いアネッサとかでいいけど、顔はやはり良いのを使わないと怖いですよねぇ。


白く浮かないとか乾燥しないとか最近の日焼け止めはみんな色々言っていますが、塗ったら肌がよりキレイになる美容液効果のある日焼け止めが一番安心できるなぁ〜と思います。

ちなみに日傘に関してはもし可愛い日傘に興味があったらこれも読んでみてくださいませ!
最近すごく注目されてるブランドで、検索で来る方がすごく多くなってきてます。

●国立新美術館で見つけた可愛い傘
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加