室生犀星の短編小説「蜜のあわれ」ご存知ですか?


蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ (講談社文芸文庫)


蜜のあわれ

私がこの小説を知ったきっかけは、確か授業かテストに抜粋が載っていたからです。

そこはかとなく漂う耽美な世界に惹かれて、文庫を買って全文読みました。


主人公は作家のおじいさん。

多分犀星自身がモデル。

おじいさんの元にフラリと現れる少女、実は金魚が人間の姿になっています。

お話は全て2人の会話のみで進むのですが、この金魚少女が純情で天真爛漫で妖艶で粋でコケティッシュで、すっごく可愛くて魅力的!

自分のことを「あたい」と呼ぶちょっと蓮葉なとこもかわいい!

2人は恋愛関係のような、親子のような、まぁ実際は飼い主とペットなんですが、雑談の中にも時々色っぽい会話をしていきます。

おじいさんの昔の女性が現れて、金魚少女が嫉妬したり。

このお話が来年二階堂ふみ主演で映画公開されるそうです!

二階堂ふみの演技力は確かだし楽しみ!

●二階堂ふみが映画「蜜のあわれ」で妖艶金魚に変身

でも金魚少女、吉高由里子の方がイメージに近いかな?

和風な顔立ちで飄々としててセクシーさのあって甘えたしゃべり方とかは吉高さんっぽい気も。
PR

私は吉行淳之介の長年の愛人だった宮城まり子さんのエッセイがとても好きなんですが、この宮城まり子さんもこの金魚少女を演じたことがあるそうです。

宮城まり子さんのこのエッセイは、以前ラジオで小西真奈美さんが朗読していて知ったんですが、

こちらも可愛くて可愛くて素敵!

宮城まり子さんは室生犀星とも森茉莉とも交流があったそうで、いろんなエピソードが書かれていました。


淳之介さんのこと (文春文庫)

このエッセイに関してはまた今度改めて書きます。

長年不倫している女性は必読のエッセイだと思います。

なにしろ宮城さん、結局最後まで吉行淳之介が離婚できず、他にも次々と愛人を作るけれど寄り添い続け、吉行淳之介の母のあぐりさんとも、娘とも交流を持ち、ガンの闘病から最後まで看取った方。

でも天真爛漫でかわいらしい。

これは男性が側においておきたく女性の理想像でしょう。

宮城まり子は「蜜のあわれ」がラジオドラマ(だったかな?)になるときに

「これはあなたが演じたほうがいい!これはあなただよ」

と知人に言われて、演じることになったそうです。

この可愛い金魚少女を、二階堂ふみがどう演じるのか楽しみです!

あんまり変にいかがわしい感じにはせずに純文学の世界を残しながら映像化してくれるといいなぁ。

公開されたらまた感想を書きます!


関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加